ガレリア axv。 【ガレリア XV レビュー】ドスパラのミドルスペックゲーミングPC【最高コスパのデスクトップ】

ゲーミングPC(デスクトップ)の通販・価格/性能比較|パソコン通販のドスパラ【公式】

ガレリア axv

マルチスレッド性能が高いCPU「AMD Ryzen 7 2700X」搭載• RTXシリーズで低価格のGPU「GeForce RTX2060」搭載• メモリとストレージ容量も完璧 マルチスレッド性能が高いCPU「AMD Ryzen 7 2700X」搭載 CPUは人間でいう頭脳の役割をしており、計算処理をする一番大事なパーツになります。 CPU「AMD Ryzen 7 2700X」はRyzenシリーズのハイエンドCPUであり、 8コア16スレッドという高いマルチスレッド性能が特徴です。 Intel製のCPUと比べると 第9世代のCore i7シリーズと同等性能になりますが、 同時に複数の作業をする場合や動画のエンコードでは、 Ryzenシリーズの方がコストパフォーマンスは高いです。 RTXシリーズで低価格のGPU「GeForce RTX2060」搭載 GPUはビデオカードやグラフィックボードのことで、ゲーム用途なら最も重視すべきパーツです。 GPU「GeForce RTX2060」は、RTXシリーズのローエンドモデルで 低価格がのが魅力ですが、 リアルタイムレイトレーシングやDLSSに対応しているのが最大の特徴です。 リアルタイムレイトレーシングは、レイトレーシング(映画で実物そっくりの世界を描画する技術)をリアルタイムに演算する技術で、 映画並みの描画がゲームでも実現します。 ただし、リアルタイムレイトレーシングやDLSSは、 ゲーム側が対応していないと大きな効果は得られないようなので注意が必要です。 尚、スペックとしては旧世代で売れ筋のGPU「GeForce GTX1070Ti」より少し高い性能ということで、2019年の売れ筋GPUの一つになりそうです。 メモリとストレージ容量も完璧 メモリは作業をするデスクのようなもので、大きいほど作業がはかどるパーツです。 (例えばWebブラウザを何個も同時に開くなど) 初期構成でメモリ「16GB」のため、 容量不足に悩む心配はほぼないでしょう。 また、ストレージはパソコンのデータを長期間保管するパーツで、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)があります。 ドスパラ「GALLERIA AXV」はこんな人におすすめ!• RyzenとRTX2060搭載のゲーミングPCが欲しい• 2019年の売れ筋構成のゲーミングPCが欲しい• リアルタイムレイトレーシングやDLSSを体験したい• ゲームだけでなく、動画編集なども行う• ストレージはSSD搭載で、容量もできるだけ多い方がよい 最後に 今回はドスパラ「GALLERIA AXV」について解説しました。 2019年のRyzen搭載でスタンダードモデル、そして売れ筋構成のゲーミングPCなら、ドスパラ「GALLERIA AXV」がおすすめですよ! 特に今までGPU「GeForce GTX1070Ti」搭載のゲーミングPCを購入しようと検討していた人なら、このゲーミングPCの方がいいでしょう。 RyzenとRTX2060搭載のゲーミングPCを探している方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

次の

ゲーミングPC「ガレリア」(デスクトップ・ノートパソコン)2020|パソコン通販のドスパラ【公式】

ガレリア axv

【更新:2020年3月30日】 この記事では、GALLERIA AXF(以下ガレリア AXF)のスペック、外観、性能、ベンチマークを紹介します。 ガレリアシリーズで人気No1のガレリア XF。 そこにAがついたガレリア AXF。 構成的には、CPUがインテルかAMDかの違いと考えて良いです。 ガレリア AXFは第3世代 Ryzen 7 3700Xを搭載。 Core i9と同等レベルの性能を持ちながらも、安価でコスパが良いと人気のCPUです。 グラボには、RTX 2070 Super 8GBを搭載。 フルHD画質なら最高設定でとても快適にプレイできる性能です。 そのため、PUBGやフォートナイト、Apex Legendsを144fpsでプレイしたい方におすすめの1台となっています。 20万円以下の予算なら間違いなくおすすめできる高性能&最強コスパのゲーミングPC! ガレリア AXFのスペック OS Windows 10 Home 64ビット オフィスソフト Office なし CPU AMD Ryzen 7 3700X 3. 6GHz-4. 2 x2 入出力ポート 前面:USB3. 0 x2 背面:USB3. 1Gen2 x2 Type-A USB3. ブラックカラーで統一され重厚感も。 剛性もしっかりしており、外部からの衝撃にも耐えれる作り。 電源ユニットを下部に配置する低重心デザインで、グラつきやガタツキを抑えて安定した設置ができます。 サイズや約14kgという重さからパソコンデスク上に設置すると圧迫感あり。 デスクしたに設置したほうがいいでしょう。 0x2 ・SDカードリーダー ・オーディオジャックIN ・オーディオジャックOUT ・リセットボタン ・電源ボタン ・HDDとPOWERのLEDライト ユーザビリティを考えたインターフェイスの配置です。 マイクやヘッドホンは正面から挿すとケーブルの長さ的にベスト。 USB-Aポートも2つあるので、スマホ等の充電にも使えます。 正面から向かって右側(CPU裏)にも、エアフローを考慮したスリットがありました。 排熱がうまくいかないと動作に影響するので、対策されているのでしょう。 こちらは正面から向かって左側。 サイドケースファンは、最大140mmを2基取り付けできるスリットがあります。 カスタマイズでも選べますが、エアフロー的にサイドファンをつけなくても大丈夫です。 もし後から自分で追加するなら、ファンには向きがあるので吸気か排気でチェックが必要です。 ホコリ対策として、なども一緒に購入するといいでしょう。 重厚感のあるケースです。 1 Gen1 x2 ・USB 3. 1 Gen2 Type-A x2 ・WiFiアンテナ取付口 ・USB 3. WiFiアンテナも取り付けできるので、LANケーブルが届かない部屋でもインターネットは可能です。 グラフィックボードのコネクタは、主流のHDMI(2. 0)x1, DisplayPort(1. 2)x3です。 これだけのポート数なら最大4つのモニターと接続できます。 どちらも144Hzのモニターと接続して使えます。 モニター側もDisplayPort 1. 4に対応していればOKです。 PC内部です。 ケーブル類は結束バンドで整理され、キレイにまとまっています。 パソコンの大敵はホコリですが、ゲーミングPC到着後すぐにフィルターを取り付けることである程度、ホコリの侵入を防げるのでおすすめです。 5インチベイは4スロットの空きがあります。 HDDは、データ保管向きのWD Blue 2TBです。 ツールレス設計のため、取り付けに工具などは必要なし。 SSDは500GB。 転送速度も速いM. 2タイプで、高速のNVMe接続です。 アクセスが多くなるソフトやゲームクライアントはSSDに入れて、HDDはデータ保管用として使うと良いでしょう。 LEDイルミネーション対応のAMD純正クーラーを搭載。 トップとリアファンに囲まれるように設置されてるので、排熱効率は高いです。 グラフィックボードは、NVIDIA GeForce RTX2070 Super 8GBを搭載。 メーカーはPalit製でシングルファンです。 気になるのがそのスペック。 ガレリア AXFの構成での話ですが、FF15のような重いゲームはフルHDで快適、WQHDでやや快適判定に。 PUGBやフォートナイト、Apex LegendsだとフルHD+最高設定で144fps、WQHD+最高設定で100fpsを超えるフレームレートで動作しました。 144Hzゲーミングモニターでプレイしたい方におすすめです。 電源はSilverStone製の650W 静音電源。 電力変換効率は80PLUS BRONZEです。 最大87%の変換効率。 この構成であれば、650Wで十分余裕があり、安定動作が見込めます。 電源については、ドスパラの公式サイトで詳しく説明されていますのでご覧ください。 振動の抑制やエアフローを最適化してくれます。 ゲームしながらの動画配信やボイスチャット、その他ツール併用時でも快適なプレイ環境を実現しています。 メモリースロットは4つ。 うち2本を使用しており、最大64GBまで増設できます。 マザーボードは、ASRock X570 Phantom Gaming 4を採用。 インターフェイスは以下となります。 ・PCI-Ex16 x2 ・PCI-Ex1 x2 ・メモリスロット x4 最大64GB ・SATA 3. 0 x 7 ・M. 2 x 2 PCI-Ex16の1つはグラボで使用、M. 2の1つはSSDで使用。 拡張性は十分で、HDDやSSDの増設はまだまだ可能です。 2合わせて) また拡張カードやサウンドカードも増設できます。 ディスプレイは別売り。 ガレリア AXFと一緒に使うなら144hz&1msのゲーミングモニターがおすすめです。 CrystalDiskMark CドライブのSSD(NVMe接続)をCrystalDiskMarkで計測。 シーケンシャル速度は3477. OSやゲームクライアントの立ち上がりはかなり速いです。 Dドライブの2TB HDDも計測してみました。 スタンダードモデルの「WD Blue」を採用。 データ保管向きのHDDです。 WDシリーズは、AKIBA PC Hotline! さんの記事が参考になります。 基本的にカスタマイズは必要ありません。 実際にPUBGやフォートナイトをプレイしてみましたが、最高設定で144fps以上と文句ない性能です。 ガレリア AXFを1台持っていれば、しばらく買い替えの必要なく、長く使えるゲーミングPCとも言えます。 ただクリエイティブ用途やたくさんソフトを立ち上げて使うならメモリを32GBほど増設すると良いでしょう。 ・コスパ最強モデルの1台 ・第3世代 Ryzen 7 3700X搭載 ・GeForce RTX 2070 SUPER 8GB搭載 ・フルHDならほとんどのゲームを最高設定動作 ・人気のバトロワを144fps以上で動作 ・ゲーム配信やゲーム実況向き ・予算があれば、メモリを32GBに ガレリア AXFのいいところは、バランス・コストパフォーマンス・性能のどれをとっても素晴らしいところです。 ドスパラ人気No1のと迷うところですが、インテル製のCPUにこだわりがないならガレリア AXFを選ぶと良いでしょう。 また購入時の無料アップグレードパーツや価格差を見て判断するのも良いと思います。 以上から、フルHDゲーミングはもちろん、それ以上の解像度でも快適な動作が保証されたゲーミングPCがガレリア AXFです。 実況や録画配信なども同時になんなくこなす性能です。 本体価格は165,980円(+税)ですが、キャッシュレス還元が(最大7. 5%還元 13,692円相当獲得)あるため、お得に購入可能です。 さいごにガレリア AXFが気になっていた方、ガレリア XFと迷っていた方、これからPUGBやフォートナイト、Apex LegendsをフルHD+144fpsでプレイしたい方はぜひ、ガレリア AXFをチェックしてみてくださいね。

次の

[B!] ガレリアAXVをレビュー:コストバランスに優れたゲーミングPC

ガレリア axv

上の画像はBattlefield Vのデモムービーですが、従来のGPUとの違いは一目瞭然。 炎の描写が車体にもしっかり表現され、よりリアルになっているのがわかりますね。 さらにRTコアのほか、AI機能に対応した 【Tensorコア】を搭載しているのもポイント。 Tensorコアを活用したアンチエイリアス技術 【DLSSモード】では、AI機能を用いてジャギー 輪郭のギザギザ を効率よく処理することで、従来のTAAやFXAA方式よりもフレームレートが向上します。 さらにVRAMが大容量の8GBになり、メモリのバス幅も広くなるなど、 限りなくRTX 2070に近い仕様となっています。 もともとRTX 2060がハイスペック寄りのグラボにも関わらずメモリ周りが貧弱だったので、しっかりそれを克服した形なります。 なお、ベースはRTX 2060なのでSLIには非対応です。 ベンチマーク Core i7-9700K・16GBメモリの組み合わせで実際の性能をチェックしてみましょう。 3DMark おなじみのベンチマークソフトです。 まず現在主流のDirectX11をベースにしたFire Strikeですが、 RTX 2070と瓜二つのスコアをマークしています。 CUDAコアは少ないですが、ほとんど影響ないようですね。 もはやRTX 2060とは別物で、フルHDでは約113%、4Kでは 約128%の性能と大きく差をつけています。 次に最新のDirectX12をベースにしたTime Spyをチェック。 こちらもRTX 2070とほぼ同じ。 またRTX 2060に対しても、WQHD・4Kいずれも 約113%としっかり差をつけています。 最後はDXR リアルタイムレイトレーシング 性能を測定するPort Royalをチェック。 RTX 2070と若干差がついてますが、ほぼ誤差レベル。 RTX 2060に対しては 約112%の性能と、上のテストと同じような感じになっています。 FF14漆黒のヴィランズ 続いて実際のゲームでチェックしていきましょう。 まずはおなじみのMMORPGゲームから。 解像度をあげようがRTX 2070とは約1~2%しか差がつかず、 RTX 2070そのものですね。 一方RTX 2060に対しては、フルHDでは約103%とほぼ同じですが、 WQHD・4Kでは約113%のスコアとなり、負荷が上がると仕様の差がきっちり表れます。 Apex Legends こちらも同じく重量級のFPSゲームですが、最新のDirectX12をベースにしており、DXR&DLSSに対応しています。 RTX 2070とほぼ同じパフォーマンスですが、RTX 2060との差が大きくつくのが特徴。 平均fpsはフルHDで約109%だったのが、4Kでは 約130%までに拡大します。 コア数はもちろん、 メモリ周りの強化がしっかり効いてますね。 こちらはフルHD・DXR機能を有効にした際の結果ですが、かなり重く、fpsはガクッと落ち込んでしまいます。 なんとこのモードでは、わずかながら RTX 2060 SUPERがRTX 2070を逆転しています。 また、RTX 2060に対しては平均fpsが 約114%としっかり差をつけており、さらに 最低fpsも60以上をしっかりキープ。 安定感もバツグンです。 ちなみに、WQHD以上ではDLSSに対応しています。 DLSSではシャープネスを自由に設定することができ、控えめな「0. 3」に設定しています。 DLSSモードでもRTX 2070とほぼ同じ。 RTX 2060と比較すると、平均fpsはWQHDで約119%、4Kでは 約123%となり、高解像度での安定感はやはり上。 それにしてもモンハンではDLSSがよく効きますね。 平均fpsは約40~50%も伸び、安定性は格段に上がります。 4Kは流石に無理ですが、WQHDならド安定で楽しむことが出来ます。 モンハンを楽しみたいのであれば、DLSSに対応したRTXシリーズがイチオシです! 消費電力 Time Spy実行時の消費電力を計測しました。 RTX 2070に近い仕様なので、やはり消費電力もRTX 2070寄りです。 ただコアが少なく、TDPもFE版に比べ10W低いため、実際の消費電力も11W低くなっています。 ほぼ同等のパフォーマンスにもかかわらず、消費電力が少ないので、 ワットパフォーマンスはかなり優秀! 結局RTX 2060 SUPERはどうなの? RTX 2060から最大30%も性能が向上し、 そのパフォーマンスはRTX 2070そのもの。 もはやRTX 2060の面影はありません。 また、RTX 2070に比べワットパフォーマンスも優れており、 RTX 2070キラーにもなっています。 搭載モデルの価格もRTX 2060よりもやや高め、RTX 2070安い価格設定となっており、 3兄弟の中では一番美味しいグラボです。 WQHDをメインに、軽めのゲームを4Kで楽しみたい方にオススメ。 RTX 2060 SUPER搭載のおすすめゲーミングPC icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、 参考 までにご覧ください。 AMD製CPU搭載モデル インテルCPUを凌ぐ高いパフォーマンスとコスパが魅力の【Ryzen 3000シリーズ】をピックアップしました。 icon-check-circle インテル製CPU搭載モデル 総合力ではAMD製CPUに軍配が上がりますが、 ゲームならインテル製CPUが一歩リードしています。 本体イメージの確認にどうぞ。 サポート&保証重視ならG-Tuneがおすすめ 第9世代の8コアCPU・Core i7-9700KとRTX 2060 SUPERを搭載した、4K入門に最適なミドルタワーモデル。 【K】付きのCPUなので、オーバークロック 自己責任 でさらに性能を引き出すこともできます。 大容量の16GBメモリにデュアルストレージ構成の、ポイントをおさえた初期構成が魅力的。 SSDは通常タイプよりも4~5倍高速の NVMeタイプを採用するこだわりよう。 また、ケースの完成度が高いのもポイント。 ケース内部は電源とストレージを上部に集約した、 【チャンバー構造】になっており、エアフローがとてもスムーズ。 さらに、フロント部分に HDMI端子がついているので、VR機器の取り回しもかんたん。 ちなみにG-Tuneは保証が充実しているのもポイント。 他社だと本体価格の10%かかることを考えると、はるかにおトク。

次の