あずま しく ない。 「あずましい」の意味とは?方言?標準語に変換すると?使い方や例文を紹介!

「あずましい」の意味とは?方言?標準語に変換すると?使い方や例文を紹介!

あずま しく ない

北海道の方言で有名なものは、「なまら(とても・非常に)」「けっぱる(頑張る)」などでしょうか。 ここでは、北海道で使われている、「あずましい」のような形容詞の一例をご紹介します。 あやつける:かっこつける。 …「何、あやつけてんの?(何、かっこつけてるの)」• きかない:勝気。 わんぱく。 …「なまらきかねぇわ(とても勝気な人だな)」• こわい:疲れた。 …「こわいこわい。 (疲れた疲れた)」• :ばか。 まぬけ。 …「はんかくせーんでない?(バカじゃないの?)」• みったくない:醜い。 …「あの子、みったくないわ。 (あの子、醜いわね)」 北海道弁の中には、「北海道から離れている地域だけど、私の住んでるあたりでも使うよ」というものもあるかもしれません。 それは、北海道にはいろいろな地域の人が入植してきた歴史があり、日本全国の言葉が持ち込まれてたことによるものだと考えられます。

次の

『あずましくない。』by umineko0723 : 楽食中華 飛燕 (ひえん)

あずま しく ない

北海道の方言で「あずましい」という言葉があります。 「心地よい、すっきりとした、釈然とした、安堵した」というような意味です。 今日は朝からとんでもない話を書くに当たって「あずましくない」という言葉が頭に浮かんだので、その言葉のご紹介から書き始めます。 日経BP社から「china2049」という本が出版され、ニクソン政権からオバマ政権までCIAで対中防衛政策を担当したマイケル・ヒズベリーという男が、途方もないことをしでかし乍ら何の反省もなく、イケしゃぁしゃぁとこんな内容の本を出すことにすごく腹が立ちました。 皆さんもきっと気分を悪くされると思いますので、あらかじめご納得の上、お読みくださるのをやめるのであれば、ここでストップしてください。 結論から言えば、今日の日本が中国や韓国からいじめられて、「集団的自衛権行使容認」などで一年もかけて国論を二分してガタガタやっているのは『茶番にすぎない』といえるほど、「アメリカに日本は馬鹿にされている」ことがハッキリしました。 ここは本気で日本は怒り、アメリカに怒鳴り込むべきで「希望の同盟」などとのんきなことを言っている場合ではありません。 それは「1973年にニクソンが中国と結んだ秘密協定によって中国の軍事力を底上げし、多くの武器を輸出して今日の人民解放軍を強化した。 しかもこれは現在も継続中」というのです。 本の内容を抜粋して、要点を書きます。 ・1973年、ニクソン大統領が米国の法律や規制を避けるために、イギリス経由で中国に軍事技術やハードウエアを売却した。 冷戦時代のソ連に対抗するため、中国の強化を狙って、レーダー装備などを支援した。 ・1979年カーター政権のモンデール副大統領が訪中時に、国防省とCIAは軍事機材を軍用輸送機で中国に運んだ。 ・1981年レーガン大統領はNSDD(国家安全保障決定令)11条に署名。 人民解放軍の戦闘能力を国際レベルに引き上げ、先進的な空軍、陸軍、海軍、ミサイルの技術を中国に売却することを国防省に許可。 ・1984年レーガン大統領はNSDD140に署名。 強く安全で安定した中国はアジアと世界平和を保つ力になるはずなので、中国の近代化を助けようとして、「中国に武器を輸出し、軍事力強化支援をし、台湾への武器輸出を削減する」指示を出した。 ・1985年10億ドルを超える6つの主要な武器システムを中国に売った。 (ここに書かれていることはCIA,FBI,国防省が認めた内容だけで、これ以外に公表していない極秘の軍事援助がたくさんあり、しかもいまだに継続中だといいます} 【ここが重要】==この内容は日本政府に伝えてはいない。 その理由は・・・。 ・日本は憲法で軍隊は持たないと公言している。 ・日本版CIAといえる組織もない。 ・いくら同盟国でもこのような国に教える義務はない。 ・中国が日本には秘密にしてくれと強く言っているが、日本政府から正式に要請されたことはない。 ・その結果、今日中国は東シナ海で防空識別圏を敷き、南シナ海で人工島を自国の領土と主張していることにつき、「韜光養晦に引っかかった」という軽い認識で、このままいけばあと5年でアメリカはGDPで中国に抜かれ、2049年までには中国がアメリカを抜く確率は5割を超えるというものです。 ここまでが本の中身の要点ですが、ここから見えてくるのは「危機を作り出すアメリカ!放置した日本!してやったりの中国!」という構図が見えてきます。 そこには「日米同盟の存在」など毫も考えられていません。 中国をのさばらせたのはアメリカであり、その片棒を担いで塩を送り続けたのは日本であり、その結果日米ともに「天に向かって唾を吐いた」のが今日の姿であることに気が付くべきで、早急に日米は今後の方策を検討すべきであり、その前にこのバカげた「中米秘密軍事同盟」を破棄するようアメリカに迫ることのほうが、「集団的自衛権行使容認」よりもはるかに優先すべき内容ではないかと思います。 タネ本はこちらです。 2020年• 07月• 08月• 09月• 10月• 11月• 12月 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年•

次の

【ポッドキャスト番組紹介】『三十代あずましくない乙女たち』

あずま しく ない

休暇を取って、引っ越し第一弾。 搬入が完了したのが午後2:30。 急いでシャツのアイロン掛けを済ませ、ネクタイとジャケットを着用し県庁へ。 国体の強化会議。 成年チームの絵図を説く。 状況は厳しいがやるしかないでしょう。 夕飯は外で済ませて帰宅。 玄関前のこの形状だと日没後はバックでうまく車庫入れできそうにない。 明るい内にちょっとラインを作っておかないとダメだな。 部屋にはいると、こちらはこちらでパンダだらけ。 とにかくおちつかない。 まあ、広くなったのでそこはよしとしよう。 電気と水道はON。 ガスはONだが、この地域は都市ガスなので、ガス器具の変換が必要で一週間は使えないという誤算。 鍋でもないのにカセットコンロの登場です。 料理はしばらく不便だな。 ネットどころか、まだ電話も移設できていないので、ブログは携帯からか、予め書いておいて朝アップロードとなるでしょう。 一息ついて、TVをつけたら、バスケットボールのWリーグのセミファイナル。 トヨタ対シャンソン。 バスケの試合は久しぶり。 しばらくみないうちに、リーグ一位はトヨタという状況になっていた。 そのトヨタは常葉で高校三冠だった三浦選手が今やスタメンで副将。 相変わらず鋭いドライブを持っています。 その高校時代ウィンターカップの準決勝で競ったカタリナ出身の川井選手はシャンソンの控え。 シャンソンは藤生選手がキャプテン。 月日の経つのは早いものです。 トヨタのエース鈴木選手にはシャンソン若手のホープ藤吉選手がマッチアップ。 デフェンスにはまだまだ難があるので、少々厳しいスタートとなった。 両チーム、ファウルも辞さない激しさで、前半から消耗戦。 2Qでシャンソンが引いたゾーンDをトヨタが攻めあぐねて、何と得点はフリースローの1点のみ。 一時は20点以上開いたのだが、4Qでトヨタの猛追と、シャンソン石川のファウルアウトで7点差まで詰まるものの、シャンソンの逃げ切り、3年ぶりのファイナル進出を決めました。 相澤、石川、渡辺らベテランの底力にも感心しましたが、今日見ていての収穫は川井、藤吉ら若手の成長。 点差があったとはいえ川井選手も4Qで試合を任されるようになったのだなぁ。 そうそう、藤吉選手の後ろからのシュートチェックにはビックリしました。 女子ではなかなかできないものです。 高田選手も早くこういう大舞台で活躍して欲しいものです。 さあ、明日は職場復帰。 学年末試験まで秒読みになってきたので、厳しく攻めきりたいと思います。

次の