須磨 品詞分解。 【最新】 天野 篤 須磨 久善

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 須磨

須磨 品詞分解

須磨の秋の品詞分解がわかりません。 至急教えてください。 須磨には、いとど心尽くしの秋風に、海はすこし遠けれど、行平中納言の、「関吹き越ゆる」と言ひけむ浦波、夜々はげにいと近く聞こえて、またなくあはれなるものは、かかる所の秋なりけり。 御前にいと人少なにて、うち休みわたれるに、一人目を覚まして、枕をそばだてて四方の嵐を聞きたまふに、波ただここもとに立ちくる心地して、涙落つともおぼえぬに、枕浮くばかりになりにけり。 琴をすこしかき鳴らしたまへるが、我ながらいとすごう聞こゆれば、弾きさしたまひて、 「恋ひわびて泣く音にまがふ浦波は 思ふ方より風や吹くらむ」 と歌ひたまへるに、人びとおどろきて、めでたうおぼゆるに、忍ばれで、あいなう起きゐつつ、鼻を忍びやかにかみわたす。 「げに、いかに思ふらむ。 我が身ひとつにより、親、兄弟、片時立ち離れがたく、ほどにつけつつ思ふらむ家を別れて、かく惑ひあへる」と思すに、いみじくて、「いとかく思ひ沈むさまを、心細しと思ふらむ」と思せば、昼は何くれとうちのたまひ紛らはし、つれづれなるままに、色々の紙を継ぎつつ、手習ひをしたまひ、めづらしきさまなる唐の綾などに、さまざまの絵どもを描きすさびたまへる屏風の面どもなど、いとめでたく見所あり。 人びとの語り聞こえし海山のありさまを、遥かに思しやりしを、御目に近くては、げに及ばぬ磯のたたずまひ、二なく描き集めたまへり。 「このころの上手にすめる千枝、常則などを召して、作り絵仕うまつらせばや」 と、心もとながりあへり。 なつかしうめでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、近う馴れ仕うまつるをうれしきことにて、四、五人ばかりぞ、つとさぶらひける。 なぜ古文をすべて品詞分解しようとするのでしょう? それより、まずは信頼のおける現代語訳を手元において、古文を照らし合わせてみるほうが、よっぽどスマートだろうと思います。 学校の授業で『須磨の秋』をやっているなら、その先生に頼めばいいだろうと思うのですが、源氏物語は有名作品ですから、ネットや図書館・本屋さんでも現代語訳をたやすく手に入れることができますよ。 ネットで見られるものとしては、これなどがあります。 sainet. html 自然な訳文にするために少しばかりの意訳はあるようですが、まずまず信頼のおけるものだろうと思います。 知恵袋の規制の都合でURLのアルファベットは全角ですので半角に戻してアクセスしてください。 学校の図書室や地元の図書館・本屋さんでは、古文と現代語訳が両方掲載されている書物を置いていることもあるでしょう。 どうしてそういう訳になるのか納得のいくところは、品詞分解をしないで、そのままドンドン読み進めてしまって構いませんが、なかには、どうしてそういう訳になるのか納得いかない箇所や、理解できない箇所が出てくるだろうと思います。 そこでいったん立ち止まって、知らない単語を辞書で引いたり、当時の社会の様子や習慣などを調べたり、注釈を参照したり、教師の助言を仰いだりするなかで、必要があれば、品詞分解するなど文法の考え方を当てはめてみるのもいいでしょう。 古文のなかから、うまく読めないところを抜き出して、必要があるときにだけ文法で分析すれば良いのです。 全文を品詞分解することはありません。 至急教えて欲しいと慌てることもありません。 古文というのは、落ち着いた気持ちでじっくり読んで味わうためのものであって、あわただしく文法のトレーニングをするためのものではありませんからね。 なお、snowbird4037という回答者は、古文で書かれた文学作品を読んで味わうのではなくて、道楽で文法の理屈を言いたいだけの「文法ヲタク」という生き物になります。 手頃な文法の質問がありさえすれば、手当たり次第に回答していく習性があるようですから、いつでも便利に使えることでしょう。

次の

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

須磨 品詞分解

メニュー• 読み物• 淡路島 通ふ千鳥の 鳴く声に 幾夜ねざめぬ 須磨の関守 ちょっと差がつく 『百人一首講座』 【2000年12月30日配信】[No. 011] 【今回の歌】 源兼昌(78番) 『金葉集』冬・270 淡路 (あはぢ)島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守 (せきもり) 寒い日が続きます。 シューベルトの歌曲に「冬の旅人」というものがありますが、こんな時期に荒涼とした海辺を歩く旅人は、何を想っているのでしょうか。 現代語訳 (冬の夜)淡路島から渡ってくる千鳥の鳴き声に、幾夜目を覚まさせられたことだろうか、須磨の関守は。 ことば 【淡路(あはぢ)島】 兵庫県の西南部沖に位置する島です。 【かよふ】 「通ってくる」の意味です。 他に「(淡路島へ)通う」や、「(淡路島と須磨の間を)行き来する」などの意味である、という説もあります。 【千鳥】 水辺に住む小型の鳥で、群をなして飛びます。 歌の世界では、冬の浜辺を象徴する鳥で、妻や友人を慕って鳴くもの寂しいもの、とされていました。 【いく夜寝覚めぬ】 いく晩目を覚まさせられたことだろうか、の意味。 「ぬ」は完了の助動詞の終止形です。 本来は「いく夜」と疑問詞が入るので、「ぬる」が正しいのですが、語調の面から「ぬ」にしたと思われます。 【須磨の関守】 須磨は、現在の兵庫県神戸市須磨区で、摂津国(現在の兵庫県)の歌枕。 すでに源兼昌の頃にはなくなっていましたが、かつては関所が置かれていました。 関守(せきもり)とは、関所の番人のことです。 作者 源兼昌(みなもとのかねまさ。 生没年未詳。 12世紀初頭の人)。 宇多源氏の系統で、従五位下・皇后宮少進にまで昇った後、出家しました。 多くの歌合せに出席して、「兼昌入道」などと称しています。 鑑賞 摂津国須磨(現在の神戸市須磨)といえば、平安時代は流謫の地で、在原業平の兄、行平が流れ住んでいた場所です。 その故実に基づいて創作されたのが、源氏物語の「須磨の巻」。 老いた光源氏は退隠していたこの須磨で、友千鳥もろ声に鳴く暁はひとり寝覚の床もたのもしという歌を詠みます。 この歌は、それを踏まえた歌なのです。 荒涼とした須磨で、海向かいに見える淡路島から千鳥が渡ってくる。 その寂しい鳴き声に、関守がつい眠りを妨げられ目覚めてしまい、真夜中に自分の孤独な境遇をひっそりと実感する。 なんと寂寞とした歌なのでしょう。 ただし、兼昌は実際に須磨の地でこの歌を詠んだのではなく、歌合せの「関路ノ千鳥」という題から創作したものです。 現在の須磨と淡路には、明石大橋が架かっており、車で島まで渡ることができます。 須磨から西の明石までの海岸線は美しく、新幹線などの車窓から海を見ながらの旅も楽しいものです。 小倉山荘「メールマガジン」登録• 【特典1】メールマガジン会員様限定のクーポンなどをお送りいたします。 【特典2】新商品や無選別など販売情報をいち早くご案内いたします。 【特典3】京都情報や百人一首など特別コンテンツの配信いたします。

次の

百人一首の意味と文法解説(78)淡路島通ふ千鳥の鳴く声に幾夜ねざめぬ須磨の関守┃源兼昌

須磨 品詞分解

本当に。 いかに=副詞、どんなに、どう。 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「いかに」を受けて連体形となっている。 基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」 はらから(同胞)=名詞、兄弟姉妹。 同じ腹から生まれて来たということで兄弟姉妹 「本当に、(この人たちは)どう思っているのだろう、私一人のために、親兄弟、かた時も離れにくく、 ほどにつけつつ思ふ らむ家を別れて、 かく惑ひ合へ る。 」と 思すに、 らむ=現在推量の助動詞「らむ」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 かく(斯く)=副詞、こう、このように る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 思す=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の連体形。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 どの敬語も、その敬語を実質的に使った人間からの敬意である。 それぞれに応じて大事に思っているだろう家を離れて、このように一緒にさまよっている。 」とお思いになると、 いみじく て、「いと かく思ひ沈むさまを、心細しと思ふ らむ。 」と 思せ ば、 いみじく=シク活用の形容詞「いみじ」の連用形、(いい意味でも悪い意味でも)程度がひどい、甚だしい、とても。 かく(斯く)=副詞、こう、このように らむ=現在推量の助動詞「らむ」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 基本的に「らむ」は文末に来ると「現在推量・現在の原因推量」、文中に来ると「現在の伝聞・現在の婉曲」 思せ=サ行四段動詞「思す(おぼす)」の已然形。 「思ふ」の尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ひどくかわいそうで、「たいそうこのように(自分が)思い沈んでいるさまを、(この人たちは)心細いと思っているだろう。 」とお思いになるので、 昼は何くれとたはぶれごと うちのたまひ紛らはし、 つれづれなる ままに、いろいろの紙を継ぎ つつ手習ひをし 給ひ、 うちのたまひ=ハ行四段動詞「うち宣ふ(うちのたまふ)」の連用形。 「言ふ」の尊敬語。 「うち」は接頭語で、「少し、ちょっと」などの意味がある。 おっしゃる。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意 つれづれなる=ナリ活用の形容動詞「徒然なり(つれづれなり)」の連体形、何もすることがなく手持ちぶさたなさま、退屈なさま ままに=~にまかせて、思うままに。 ~するとすぐに。 (原因・理由)…なので。 給ひ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の連用形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 昼はあれこれと冗談をおっしゃって気を紛らわし、退屈であるのにまかせて、さまざまな色の紙を継いでは歌をお書きになり、 めづらしきさま なる唐の綾などにさまざまの絵どもを書きすさび 給へ る、屏風のおもてどもなど、いと めでたく、見どころあり。 なる=断定の助動詞「なり」の連体形、接続は体言・連体形 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 動作の主体である葵の上を敬っている。 作者からの敬意。 る=存続の助動詞「り」の連体形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 めでたく=ク活用の形容詞「めでたし」の連用形、みごとだ、すばらしい。 魅力的だ、心惹かれる 珍しい唐の綾織物などにさまざまな絵などを興にまかせて描いていらっしゃる、屏風の表の絵などは、とてもすばらしく、見どころがある。 人々の語り 聞こえ し海山のありさまを、はるかにおぼしやり しを、御目に近くては、 げに及ば ぬ 磯 いそ のたたずまひ、二なく書き集め 給へ り。 聞こえ=補助動詞ヤ行下二「聞こゆ」の連用形、謙譲語。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 し=過去の助動詞「き」の連体形、接続は連用形。 もう一つの「し」も同じ。 げに(実に)=副詞、なるほど、実に、まことに。 本当に ぬ=打消の助動詞「ず」の連体形、接続は未然形 給へ=補助動詞ハ行四段「給ふ(たまふ)」の已然形、尊敬語。 動作の主体である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 人々がお話し申し上げた海山の様子を、はるかに遠いものと想像していらっしゃったが、間近にご覧になっては、実に想像の及ばない磯の風景を、この上なく上手に描き集めなさっている。 「このころの上手に す める 千 ち 枝 えだ 、 常 つね 則 のり などを 召して、作り絵 つかうまつら せ ばや。 」と、 心もとながり合へ り。 す=サ変動詞「す」の終止形、する。 める=婉曲の助動詞「めり」の連体形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。 婉曲とは遠回しな表現。 「~のような」と言った感じで訳す。 召し=サ行四段動詞「召す(めす)」の連用形。 尊敬語。 お呼びになる。 取り寄せなさる。 「飲む・食ふ・乗る・着る」などの尊敬語であったり、いろいろな意味がある。 つかうまつら=ラ行四段動詞「仕うまつる(つかうまつる)」の未然形、「仕ふ・す・行う・作る」などの謙譲語。 お仕えする、お仕え申し上げる。 して差し上げる、~し申し上げる。 動作の対象である光源氏を敬っている。 光源氏にお仕えしている人たちからの敬意。 せ=使役の助動詞「す」の未然形、接続は未然形。 「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。 ばや=願望の終助詞、接続は未然形 心許ながり合へ=ハ行四段動詞「心もとながり合ふ」の已然形。 心許ながる(こころもとながる)=ラ行四段動詞。 じれったく思う、待ち遠しく思う り=存続の助動詞「り」の終止形、接続はサ変なら未然形・四段なら已然形 「このごろ世間で名人だとされている千枝・常則などをお呼びになって、(光源氏の描いた絵に)彩色を施させ申し上げたいものだ。 」と、じれったく思い合っている。 なつかしう めでたき御さまに、世のもの思ひ忘れて、近う慣れ つかうまつるをうれしきことにて、四、五人 ばかり ぞ つと 候ひ ける。 なつかしう=シク活用の形容詞「懐かし(なつかし)」の連用形が音便化したもの、親しみが感じられる、親しみやすい。 心惹かれる様子だ、慕わしい。 めでたき=ク活用の形容詞「めでたし」の連体形、みごとだ、すばらしい。 魅力的だ、心惹かれる つかうまつる=ラ行四段動詞「仕うまつる(つかうまつる)」の連体形、「仕ふ・す・行う・作る」などの謙譲語。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ばかり=副助詞、(程度)~ほど・ぐらい。 (限定)~だけ。 ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 係り結び。 つと=副詞、じっと、ずっと、つくづく。 さっと、急に。 候ひ=ハ行四段動詞「候ふ(さぶらふ)」の連用形、謙譲語。 お仕えする、(貴人の)お側にお仕えする。 動作の対象である光源氏を敬っている。 作者からの敬意。 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形。 係助詞「ぞ」を受けて連体形となっている。 係り結び。 (光源氏の)親しみやすく立派なご様子に、世の悩みも忘れて、おそば近くにお仕えするのをうれしいこととして、四、五人ほどがいつもお仕えしていた。 続きはこちら -.

次の