あのねママ聞いてお手伝いをするから。 訪問販売をしていた父から聞いた話

【アニメ】あのね、ママ聞いて【歌ってみた】

あのねママ聞いてお手伝いをするから

「あのママさん苦手……」もし、ママ友や園のママさんにそんな印象を抱かれていたらどうしますか? 実は、自分が知らないうちにひんしゅくを買っている……というママさんは少なくありません。 そこで今回は、子育てママが気をつけるべき「ひんしゅくを買う行動」について紹介していきます。 お金持ち自慢 「最近ウチの子、オシャレに目覚めてお金がかかるの」「最近おもちゃを買ってばっかりで……」「この前〇万円も無駄遣いしちゃって……」など、こうしたお金のお話はあまりママさんに受けが良くはありません。 そういった話を聞く側としては「お金持ち自慢かな」「お金があることをアピールしているのかな」など、あまりいい気分にはなりません。 子どもとの服装のお揃い 子どもとの服装のお揃いはとても可愛らしいですし、仲良しな雰囲気も感じます。 しかし、頻繁にお揃いのファッションでいたり、明らかに「仲良しアピール」を狙っていると、「そこまでアピールしなくても……」なんて、ちょっと引いてしまうのだそうです。 外出のたびにお揃いファッションを取り入れているママは、気を付けた方が良いかもしれません。 子どもの可愛さ自慢 「昨日ウチの子がぬいぐるみ相手にお医者さんごっこしてたのが可愛くて~」「ドレス着せてみたら本当のお姫様みたいに見えちゃって~」など、子どもの可愛さ自慢をしてしまうママはいませんか? ママから見れば子どもが可愛いのは当然のこと。 ただ、それをいちいち他のママに話してしまうと、「自慢かな?」とひんしゅくを買うことになってしまうかもしれません。 出来のいい子自慢 「いつもお手伝いしてくれるの」「自分のことはきちんとやるから、全然手間がかからないの」など、自分の子どもの出来の良さを自慢してしまうママはいませんか? 子育てに奮闘しているママからすれば、イライラする発言の一つでもあるので、自慢したい気持ちはぐっとこらえた方がいいかもしれません。 外出自慢 「週末は〇〇に行った」「この前旅行先で~……」など、外出時の話をすることは多いと思いますが、あまり頻繁に話していると、聞く側は「外出の自慢」と捉えてしまうことがあります。 楽しいお話をする分には問題ありませんが、いちいち「どこで何をした」「頻繁に外出をしている」などのアピールはしない方がいいかもしれませんね。 SNSの投稿内容のほとんどが子ども自慢 「息子が絵画で賞をとりました」「幼稚園の運動会で娘が3位に入賞しました」など、SNSで子どもの活躍を自慢してしまうママはいませんか? 実はこうした内容は他のママからひんしゅくを買いやすい内容の一つです。 頻繁に自慢気味な投稿をするのではなく、どうしても発表したいことに絞って投稿すると良いかもしれませんね。

次の

掃除のお手伝い!子供にお願いする時はどうするのが正解?

あのねママ聞いてお手伝いをするから

産後の手伝いどうしよう・・産後の家事が不安なママへ。 家事代行サービスを利用してみるのは・・・? こんにちは!LEIです。 産前から準備しておきたい!産後の生活をより良いものにする企画。 産前準備シリーズ第4段。 今日は、「利用して良かった!この家事代行」と題して、 わたしの産後の生活をかなり楽にしてくれた、家事代行サービスについてお話します。 「家事代行サービス・・・」て敷居が高いように思われるかもしれませんが、 家事代行サービスの市場規模は、約980億円(経済産業省が2012年に発表した統計)。 将来的には約6,000億円にまでになると言われています(数年後に約6倍・・・ってどんだけ) 事実、家事代行サービス各社では、産前・産後に特化したプランも用意されているところもあり、空前の家事代行サービスブームにあります。 一方、厚生労働省の統計によると、 家事や育児を頑張りすぎて産後鬱になるママは、10人に1人居ると言われているくらいですから。 「まだ大丈夫」「産後ダイエットになるし」なんて無理して子育てや家事をしようとすると、産後うつまっしぐら・・・なんてなりかねません(わたしがそうでした・・・失笑) 産後の身体は思うように言うこと聞いてくれない・・・ でも赤ちゃんの世話や最低限の家事はしないといけない・・・ わかってるんですけどね。 産後3か月くらいは、本当に無理は禁物。 ママの身体は子育てをするためにも、何よりも大事です。 「産前の今使わなくても・・・」と思うけれど、産前の時間がある今だからこそ、リビングはもちろんのこと、普段掃除できないお風呂やキッチン、トイレなどの水廻り。 そしてコンロなどの火廻り、網戸やサッシなどの窓際などを徹底的にキレイにしてみてください。 生まれて間もない赤ちゃんと生活するのに、ほこりがたまってるのって、何かと気になるのは・・・わたしだけ? 一度利用しておくと、スタッフさんも家の勝手がわかってくださってるのと、顔見知りになってるので、産後利用するときに、子育ての悩みなどかなり親身に相談に乗ってくれます(本物の「お母さん」みたいで安心できるんですよ・・・これが) あ、もちろん「「そんな馴れ馴れしく相談なんていらない」って場合でも大丈夫です。 そもそも家事代行サービスってどんなことをしてくれるの? 家事代行サービスとは、 わたしたちが日ごろ行っている家事、いわゆる掃除や料理、洗濯などの一般的な家事をわたしたちに変わってしてくれるサービスです。 最近では、「子どもの塾の送り迎え」「体調不良時の病院の付き添い」など、家事代行と言うよりも、「ベビーシッター」としての役割をするサービスを提供する、家事代行サービス会社も増えています。 わたしはまだベビーシッターの利用はしたことはないんですが、海外では当たり前のように利用されてますよね(日本では抵抗があるんでしょうか)。 ちなみに、わたしは数ある家事代行サービスの中でも、 casy(カジー)を利用しています(理由は下記参照)。 実際に利用してみた!わたしのcasy利用体験記 実際にわたしがCasyを利用したとき、お試しで2時間利用しました。 対応してくださったのは、スタッフのYさん(いつもお世話になってます)。 家政婦歴40年超という、掃除のエキスパート・・・ その腕前は以下の通り。 汚れてる(汗) 特に利用して良かった!と思ったのが、キッチンとお風呂! キッチンは・・・ミルクや離乳食など、赤ちゃんの口に入るものを作るとなると、キッチン台やシンクの汚れが気になるし、コンロにこびりついた汚れなども気になってくる・・・ お風呂は赤ちゃんと一緒に入る時に、やっぱり床とか汚れが気になるんですよね・・・ ・・・いや、本当に利用してて良かった。 わたしがcasyをおすすめする理由3つ 1.スタッフの質がかなり高い(プロ意識が高くて親切) おそらくどこの家事代行サービスでも、スタッフ採用時には面談や試験を行っていると思います。 わたしがCasyをおすすめする理由の1つが、スタッフの採用時の試験内容が日経DUALに載せられていたのを読んで、 「普通に掃除するだけじゃないのね・・・」と、自分が納得出来るものだったから。 会社の一社員として、名刺やマニュアルが手渡されて社内教育がしっかりしていると感じられたんです。 そんな「会社を代表して掃除をします」と言うスタッフさんなら、安心ですよね。 2.訪問スタッフのプロフィール(評価)が事前に確認できる 他の家事代行サービスにあるんでしょうか?(見たことないですが) Casyは利用3日前くらいになると、 訪問スタッフのプロフィールとその人の仕事の評価が送られてきます。 「どんな人が来るのか」「その人の仕事ぶりはどんなものなのか」事前にわかっていると安心出来ますよね(特に小さい子どもが居る家庭なら尚更) 画像は我が家の担当スタッフYさん。 家事歴42年。 家事と子どもが大好きで、ずっと家政婦として働いて来られたそうで、我が家に来て頂いたときも、掃除しながら子どもの相手をしてくれています。 3.朝8時から夜8時まで幅広い時間帯で対応可能 これが本当に助かるんです。 わたしが初めて利用したのが、朝9時(早いかな・・・とも思ったんですが) どうせなら、朝掃除する前の汚いところを見ていただいて(汗)「すみません、ウチこんなに汚れてますが・・・」ってところで、あるがままの我が家を見ていただきました。 って言っても、相手はプロですから、多少の汚れや散らかし具合なんてなんのその。 「大丈夫ですよ!お任せくださいな!」ってあれよあれよと言う間にキレイにしてくださいました・・・ (脱帽) 産後10日ほどで、実家から大阪の自宅に戻り、互いの両親にはヘルプを出せず、まわりにママ友も居ない状況で、子育ても、家事も、何でも自分でしないといけない状況に追い込まれて、わたしは産後うつになりかかっていました。 そんなとき、casyのYさんには本当に自分の母親のように助けられました・・・ あの時、casyを使っていなかったら、孤立無援状態で、完全に育児ノイローゼになっていたと思います。 「人に家事を頼むなんて!」と全く家事代行サービスに無縁だったわたしでも、実際に利用してみると、掃除の技術はもちろんのこと、スタッフさんの人柄に助けられました。 産後の家事心配だな・・・と思う人は、まず登録してみることをおすすめします。

次の

娘『お手伝いするからお小遣いがほしい・・・』とお手伝いを始めた。その使い道を娘に聞いてみると・・・

あのねママ聞いてお手伝いをするから

「あのママさん苦手……」もし、ママ友や園のママさんにそんな印象を抱かれていたらどうしますか? 実は、自分が知らないうちにひんしゅくを買っている……というママさんは少なくありません。 そこで今回は、子育てママが気をつけるべき「ひんしゅくを買う行動」について紹介していきます。 お金持ち自慢 「最近ウチの子、オシャレに目覚めてお金がかかるの」「最近おもちゃを買ってばっかりで……」「この前〇万円も無駄遣いしちゃって……」など、こうしたお金のお話はあまりママさんに受けが良くはありません。 そういった話を聞く側としては「お金持ち自慢かな」「お金があることをアピールしているのかな」など、あまりいい気分にはなりません。 子どもとの服装のお揃い 子どもとの服装のお揃いはとても可愛らしいですし、仲良しな雰囲気も感じます。 しかし、頻繁にお揃いのファッションでいたり、明らかに「仲良しアピール」を狙っていると、「そこまでアピールしなくても……」なんて、ちょっと引いてしまうのだそうです。 外出のたびにお揃いファッションを取り入れているママは、気を付けた方が良いかもしれません。 子どもの可愛さ自慢 「昨日ウチの子がぬいぐるみ相手にお医者さんごっこしてたのが可愛くて~」「ドレス着せてみたら本当のお姫様みたいに見えちゃって~」など、子どもの可愛さ自慢をしてしまうママはいませんか? ママから見れば子どもが可愛いのは当然のこと。 ただ、それをいちいち他のママに話してしまうと、「自慢かな?」とひんしゅくを買うことになってしまうかもしれません。 出来のいい子自慢 「いつもお手伝いしてくれるの」「自分のことはきちんとやるから、全然手間がかからないの」など、自分の子どもの出来の良さを自慢してしまうママはいませんか? 子育てに奮闘しているママからすれば、イライラする発言の一つでもあるので、自慢したい気持ちはぐっとこらえた方がいいかもしれません。 外出自慢 「週末は〇〇に行った」「この前旅行先で~……」など、外出時の話をすることは多いと思いますが、あまり頻繁に話していると、聞く側は「外出の自慢」と捉えてしまうことがあります。 楽しいお話をする分には問題ありませんが、いちいち「どこで何をした」「頻繁に外出をしている」などのアピールはしない方がいいかもしれませんね。 SNSの投稿内容のほとんどが子ども自慢 「息子が絵画で賞をとりました」「幼稚園の運動会で娘が3位に入賞しました」など、SNSで子どもの活躍を自慢してしまうママはいませんか? 実はこうした内容は他のママからひんしゅくを買いやすい内容の一つです。 頻繁に自慢気味な投稿をするのではなく、どうしても発表したいことに絞って投稿すると良いかもしれませんね。

次の