コロナ 雇用 調整。 自宅研修も金額アップ!!「雇用調整助成金」の教育訓練:新型コロナ特例

【2020年6月22日最新】社労士に聞く雇用調整助成金【新型コロナ支援策】

コロナ 雇用 調整

新型コロナウイルスの影響で業績が悪化し、 やむを得ず従業員に休業を命じなければならない状況にある会社・個人事業主の方が増えています。 厚生労働省は、2020年4月1日から、会社・個人事業主が支払う休業手当額の一定割合を政府が肩代わりする制度 「雇用調整助成金」の特例措置を実施しています。 雇用調整助成金は、従業員に直接支給されるものではありませんが、会社側が従業員に支給する休業手当の原資になるため、雇用を維持しやすくなります。 従業員の解雇はなんとしても避けたい事業者にとって、ぜひとも活用したい助成金制度です。 しかし、助成金について調べようと厚生労働省のホームページ上を見ても、「説明が複雑でよくわからなかった…」ということもあるかもしれません。 そこで今回は、従業員に対する一時的な休業を検討している会社・個人事業主の皆さまに向けて、雇用調整助成金に関する情報をわかりやすく解説します。 最新の情報は、よりご確認ください。 (記事最終更新日:2020年4月13日) 目次 1. 雇用調整助成金とは? 雇用調整助成金は、景気変動などによって、会社の業績に悪影響があった場合に、会社側が行った雇用調整(休業・教育訓練・出向などの措置)に対して助成金を支給することにより、従業員の雇止めや解雇を防ぐためにあります。 今回の特例措置は、 新型コロナウイルスの影響により業績が悪化したなどの理由によって、事業主が従業員を休ませた場合に、その支払った休業手当の一部を助成するものです。 この記事では、新型コロナウイルスによる業績悪化を受けて従業員を休業させた場合を想定して解説します。 雇用調整助成金の申請はいつ行えばいいの? 今回の雇用調整助成金の特例措置の実施期間( 緊急対応期間)は、2020年4月1日から6月30日までです。 雇用調整助成金の申請は通常1ヶ月ごとに行いますが、緊急対応期間においては複数月をまとめて申請することができます。 雇用調整助成金の対象となる事業者は? 雇用調整助成金の対象となるのは、 雇用保険の適用事業主で新型コロナウイルスの影響を受ける会社・個人事業主(全業種)です。 緊急対応期間においては、 事業所設置後1年未満の事業主も助成対象となります。 同じく緊急対応期間においては、 風俗関連事業者も限定なく助成対象となります。 厚生労働省は、以下のような理由で休業などを行った事業者が助成対象になるとしています。 取引先が新型コロナウイルスの影響を受けたため、受注量が減り、事業活動が縮小した• 行政からの営業自粛要請を受け、自主的に休業を行い、事業活動が縮小した• 市民が外出を控えたため、客数が減少した• 風評被害による観光客の減少で、客数が減少した• 従業員が新型コロナウイルスに罹り、自主的に事業所を閉鎖したため事業活動が縮小した Q3. 助成金の支給は何を基準に決めるの? 「 生産指標」という基準が支給要件として定められています。 生産指標とは販売量、売上高などの事業活動を示す指標のことです。 緊急対応期間において、生産指標要件は、従来の「1ヶ月10%以上低下」から 「1ヶ月5%以上低下(直近1ヶ月の売上が5%以上減少)」へと大幅に緩和されています。 自身が生産指標の要件を満たすかどうか調べたいときは、 計画届を提出する日の前月の生産指標と前年同月の生産指標を比較しましょう。 このとき、5%以上減少していれば助成金の対象となります。 対象となる従業員は? 通常は雇用保険に6ヶ月以上加入している従業員が対象となりますが、今回の特例では対象者を拡大し、 加入期間が6ヶ月未満や被保険者でない人であっても適用となります。 つまり、 新入社員や派遣社員、契約社員、パート従業員、アルバイト(学生を含む)を休業などさせた場合であっても、助成金給付の対象になるということです。 いずれも、通常時と比べ大幅アップとなっています。 受給できる金額は? 前年度に支払った給与総額から1人あたりの平均給与額を計算し、その額に助成率を乗じた額(上限8,330円)となります。 たとえば、平均給与額が15,000円で休業手当を9,000円(平均給与額の60%)支給した場合、8,100円(休業手当の9割)が助成されます。 上記の条件で、従業員30人を10日間休業させた場合の助成額は、次のようになります。 支給限度日数は? 支給限度日数は、これまでの1年100日、3年150日に加えて、 緊急対応期間(2020年4月1日から6月30日まで)の日数も含まれます。 申請書類はいつまでに何を提出しないといけないの? 雇用調整助成金を受けるには、「 計画届」と「 支給申請」を提出しなければなりません。 現在は 計画届の事後提出が認められています。 事後提出の期限は6月30日 火 までです。 計画届や支給申請の様式は、からダウンロードできます。 またお近くのハローワークや労働基準監督署でも配布されています。 (参考) 厚生労働省ホームページ() 雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)令和2年4月15日版 ( ) くらしのマーケットに出店しませんか? 「客足が減っている」「閑散期対策をなんとかしたい」 集客にお困りのあなたに、ぜひご利用いただきたいのが、予約サイト「」。 くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のサイトです。 初期費用・月額費用は完全無料! コストをかけずに集客を始めることができます。 ネット集客が初めての方にも安心! ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。 ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。 安心してスタートできます。

次の

雇用調整助成金利用促進事業 新潟市

コロナ 雇用 調整

助成金の計算方法 助成金額は次の手順で計算します。 1で求めた金額に、休業協定で定めた休業手当の支給率を掛ける• 3に休業手当を支払った延べ日数・時間を掛ける *H31年度分が確定していない場合はH30年度分を利用して計算します。 この計算方法がわかりにくい場合は、「 」という記事内に簡単に計算できるエクセルシートがあるので、それを使って試算してみてください。 雇用調整助成金の助成額を3つのモデルケースで紹介 ここではよりわかりやすくするために、雇用保険被保険者数を8人・年間の所定労働日数を265日に固定し、1人1日当たり助成額目安は2020年4月1日以降の最大助成率である10分の9を使って計算しています。 (3月31日までは3分の2助成) 【モデルケース1】 前年度の賃金総額が1,500万円の企業さまの場合(正社員が少なくアルバイトが多い場合) モデルケース3の内訳• 前年度1年間の雇用保険料の算定基礎となる賃金総額:3,500万円• 前年度1年間の1ヶ月平均の雇用保険被保険者数:8人• 前年度の年間所定労働日数:265日 上記で計算すると、平均賃金は16,509円になります。 正社員の割合が多い場合だと平均賃金が高くなるために、どのような支給率でも助成金額の上限を超える計算となりました。 雇用調整助成金はアルバイトやパートの割合が多い企業さまだと低くなる傾向がありますので注意してください。 従業員を1日休ませた時にいくらの助成金額が出るかを把握した次は、実際にいくら休業手当を支払うか(支給割合)についても決定する必要があります。 雇用調整助成金の休業手当の金額を決める方法は? 休業手当については、平均賃金の60%以上を支払わなければいけないと定められています。 (労働基準法第26条) 平均賃金の計算方法は• 原則1を用いて計算し、月給以外の人については1、2のどちらか高い方が平均賃金となります。 (目安として3ヶ月労働日数が54日以下の場合2の方が高くなります。 弊社がおすすめする2つの計算方法から、どのように休業手当の金額を決めるべきなのかを紹介しますので参考にしてください。 基本給30万円+諸手当5万円で直近3ヶ月で105万円支払った従業員の場合 基本給が30万円で残業手当や営業手当などで5万円ほど支給し、毎月35万円(3ヶ月で105万円)の給与を得ていた従業員をこの部分でモデルケースとして採用します。 休業手当のルール 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上を支給することが唯一のルールです。 最低ラインの金額をクリアしていれば、どのような金額に設定にしてもよいということで、多くの企業では、休業手当の算出に基本給を用いて計算されています。 固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法1は、「固定的に支払われる賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 従業員側の理解のしやすさ、給与計算担当の管理のしやすさがこの計算方法のメリットで、 変動的に支払われる賃金• 実残業手当• 業績給• 歩合給• 指名手当…など このように業績や結果によって毎月変動する金額は、休業手当の計算に含めないというルールにすることでわかりやすさを重視することができます。 ただ、毎月のお給料で上記変動部分の割合が大きな会社さまの場合は、固定的に支払われる賃金をベースにして計算すると従業員の立場からは不公平に感じやすいので注意すべきでしょう。 変動的に支払われる賃金が多い会社さまにおすすめなのが、 3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する ネクサス社会保険労務士法人おすすめの計算方法2は、「3ヶ月の平均賃金を使って休業手当の金額を算出する方法」です。 業績給や歩合などの割合が多い従業員を多く抱える会社、重要なポストにいる従業員の給与の中で変動的に支払われる賃金の割合が高い会社におすすめの計算方法です。 このような傾向が強い会社では固定的に支払われる賃金を基準にせずに過去3ヶ月の平均賃金を用いた計算をする方法がよいでしょう。 基本給20万円+歩合給のような給与設定の場合は、• 1ヶ月前、45万円(基本給20万円+歩合給25万円)• 2ヶ月前、20万円(基本給20万円+歩合給0万円)• 3ヶ月前、40万円(基本給20万円+歩合給20万円) 合計105万円の給料の場合、最初に求めた通り平均賃金は11,667円となり、この金額を基準として支給率を掛けて休業手当を計算するという方法です。 変動的な手当が多い企業などは、この計算方法を採用することで従業員の不平を減らすことができますので、総合的な判断を行ってください。 雇用調整助成金の休業手当の支給割合は変更できないのか? 新型コロナウィルスの影響はまだどこまで続くかわかりませんし、経営状況が時間とともに刻々と変わっていくという場合もあるでしょう。 そうなると気になるのが、雇用調整助成金の休業手当の支給割合を変更できないのかということ。 休業手当の支給割合 給与の締め日ごとに休業協定を締結し、休業手当の支給割合を変更することができます。 初月は80%支給して1ヶ月毎に70%、60%と変更させても問題ありませんので、経営状況や社会情勢に合わせて調整してください。 (注、新たな休業協定が必要です。 ) 給与計算期間ごとに計画を提出する必要があるので、そこで休業手当の支給割合を変更することができます。 雇用調整助成金の休業手当の金額の決め方の記事まとめ この記事では新型コロナウィルス関連で雇用調整助成金を利用する場合に、どのように支給割合や金額を決めるべきかということについて解説してきました。 休業手当の最低保証額は過去3ヶ月の平均賃金の60%以上なので、これを上回ればどのような金額を設定しても問題ありません。

次の

自宅研修も金額アップ!!「雇用調整助成金」の教育訓練:新型コロナ特例

コロナ 雇用 調整

雇用調整助成金とは 雇用調整助成金とは経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用維持を図った場合に、 休業手当、賃金等の一部を助成するものです。 簡単に言えば店舗や工場を一時的に縮小したり、休業したりするときなどに従業員を休ませたりして雇用の維持を図っている場合に 休業手当、賃金等の一部を助成してくれる仕組みです。 雇用調整助成金で多い勘違い 雇用調整助成金で多い勘違いが、自分が直接もらえるものだというものがあります。 雇用調整助成金は従業員が休んだ場合などの休業手当、賃金を助成してくれる仕組みですが、あくまでも もらえるのは会社側なんですよ。 会社が休業手当、賃金を支払ったらそれをあとから助成してくれるのです。 つまり、会社が払った300,000円の休業手当のうち国から270,000円、会社負担が30,000円となります。 通常なら休業を余儀なくされた上に6割の休業手当を支払っていたら会社が持ちませんが、国から援助されることでなんとか雇用を維持してくれよってことですね。 雇用調整助成金には上限がある ただし、この雇用調整助成金には厄介なルールがあります、 それが雇用調整助成金の上限です。 それがかなり厳しいのですよ。 従業員一人1日あたり8,330円が上限 なんです。 それ以上はいくら高額の給料を払っている人に休業手当を出してももらえないんですよ。 多くの正社員は上限以上の休業手当となるでしょうからその超過部分はすべて 会社持ち出しとなります。 雇用調整助成金の入金日 さらに会社にとって厳しいのが資金繰りの話です。 休業手当を従業員に払ってから会社に雇用調整助成金が入っていくるのが 申請してから約2ヶ月後なんです。 さらに会社はややこしい書類をたくさん出さなければなりませんから不備があればさらに遅くなるケースも。。。 つまり、その間のお金は会社の持ち出しなんですよ。 休業でただでさえ入金がないのにです。 雇用調整助成金があるからたくさん休業手当出して当たり前と考えるのはちょっと厳しい話なのです。 新型コロナウィルスが蔓延したことでかなりの申請件数になっているそうなのでその2ヶ月後に入るのかもちょっと心配な状況です。 (厚生労働省ではもっと早く支給できる努力をしているそうです) 休業手当について ちなみに会社からが支払う休業手当は「 使用者の責に帰すべき事由による」休業をさせた場合に会社が払う必要がある手当です。 なお、休業手当の金額は会社により異なってきます。 ただし、最低基準があり、以下の通りです。 休業手当の支払いについて、不可抗力による休業の場合は、使用者に休業手当の支払義務はありません。 具体的には、例えば、海外の取引先が新型コロナウイルス感染症を受け事業を休止したことに伴う事業の休止である場合には、 当該取引先への依存の程度、他の代替手段の可能性、事業休止からの期間、使用者としての休業回避のための具体的努力等を総合的に勘案し、判断する必要があると考えられます。 緊急事態宣言下(休業要請)の休業 さらに緊急事態宣言が行われての休業ですから休業手当を支払うを払わなければならないのかは判断が分かれることになります。 ちなみに東京新聞が厚生労働省へ取材した際は以下のような回答となっていました。 (後日、厚生労働大臣が総合的に判断すると訂正しています) 新型コロナウイルス感染の拡大で、安倍晋三首相が改正新型インフル特別措置法(新型コロナ特措法)にもとづき緊急事態宣言を出し、ライブハウスや映画館などが営業停止した場合の社員への休業手当について、厚生労働省は二日、本紙の取材に「 休業手当の支払い義務の対象にならない」との見解を明らかにした。 雇用調整助成金は休業手当等を出した場合に会社に入るもの• 雇用調整助成金の入金は申請してから2ヶ月後と資金繰り上厳しい• 休業手当の最低基準は6割。 それ以上出している会社は好意である。 緊急事態宣言での休業は休業手当の支払い義務は微妙なところである。 つまり、雇用調整助成金があっても 休業時に会社が休業手当や給料を出すのはかなりしんどい、会社の負担になっていますよってことです。 よくうちは休業手当6割しか出してくれないという不満を言われる方もお見えですがこういう実情があることを理解していただきたいところですね。 こちらの記事も合わせて御覧ください。

次の