消毒用エタノール 酒税。 手指消毒用のアルコールも掃除用のアルコールも同じ?

消毒用アルコールを飲むのは危険!エタノールだけではない!

消毒用エタノール 酒税

ご質問には「局方消毒用エタノール 医薬部外品 」とありますが、局方(日本薬局方)は医薬品の規格集ですので、「局方で部外品」というのは無いのではないでしょうか? ご質問に挙げられた順番とは逆ですが、下の方から説明します。 エタノールと水の混合物で、他のものは含んでいません。 IPAもエタノールと同じように消毒効果がありますが、エタノールと違うのは「臭くて飲めない」ということです。 エタノールはお酒の主成分です。 お酒ではなくても、お酒として飲めるものには「酒税」という税金がかかりますので、その分高くなります。 「これはお酒ではなく、飲めません」ということをハッキリさせるために、飲めない物を混ぜてしまう方法があります。 これを変性アルコールと言います。 IPAを入れた変性アルコールにすることで、酒税がかからなくなりますので、値段が安くなります。 IPAも食品に使える成分ですから、安全性には何の問題もありません。 ちなみに、「料理酒」には塩が入っていますよね。 アレも「酔っ払うためのお酒とは違う」ということを明確にして、酒税を外すためのものです。 皮膚のかぶれなどを消毒するのには使えますが、深い傷口の手当てには使えない、というのがタテマエです。

次の

無水エタノールに酒税?って…マジですか。 : またたび 回覧板 にゃんにゃんフォスターズ~猫の会

消毒用エタノール 酒税

スポンサードリンク 無水エタノールと消毒用エタノールの違いは? インフルエンザや風邪対策、感染症、食中毒の予防などで「アルコール消毒」が必要な時、 ドラッグストアに行くと、『 無水エタノール』と『 消毒用エタノール』を示されて、どっちがいいのか迷うこともあるかと思います。 消毒に使ったり、掃除に使ったり、コスメ作りに使ったり、と幅広く使われているエタノール。 エタノールというのは、 アルコールのことです。 アルコールとは? 「アルコール」・「エタノール」・「エチルアルコール」・「酒精」、これらはそれぞれ呼び方は違いますが、いずれも同じものです。 一般的にはアルコールといえばエチルアルコールを指します。 アルコールは、炭化水素の水素原子を水酸基で置換した化合物の総称。 ちょっと難しいですね。 お酒=アルコール という方がわかりやすいかもです。 アルコールはお酒の成分と同じなので口に入っても安全です。 アルコールに引火して火事になる、などアルコールは燃えやすいことでも知られていますね。 アルコールの特徴と性質• お酒と同じ成分なので安全• 無色透明• 芳香がある• 揮発しやすい• 致酔性がある(飲むと酔う・酔いに到らしめる)• 引火すると青白い炎を出してよく燃える• 悪臭やすすを出さない• 殺菌・消毒効果がある• 油をよく溶かし、水となじむ• マイナス114度以下でなければ凍らない エタノールとは? 「 エタノール」は国際化学命名法の呼び名です。 同じものを指す「 エチルアルコール」は慣用名(一般的に使われている)、「 酒精」は日本語の名称です。 先述のように、「アルコール」・「エタノール」・「エチルアルコール」・「酒精」といろんな呼び方をされていますが、どれも同じものです。 無水エタノールとエタノールと消毒用エタノールの違いは? エタノールを購入しようと、いざ買いに行って初めて、エタノールに種類があることを知る人も少なくありません。 無水エタノール、 エタノール、 消毒用エタノール。 これらの違いは アルコール濃度の違いです。 日本では国が制定した規格に合格したエチルアルコールを、アルコールの濃度によって、次の3種類に分けています。 酒税(しゅぜい)は、酒税法(昭和28年2月28日法律第6号)に基づき、酒類に対して課される日本の国税である。 消費税と同様に、間接税、流通税に分類されるものである。 無水エタノールは、要は純度の高いアルコール。 酒税相当額が課税されるんですね。 一方の消毒用エタノールは、アルコールを水で希釈している上に、消毒目的であれば、お酒として飲める必要はないということで、イソプロパノールなどの添加物を入れて飲めなくしているものがあります。 こういった 飲用目的とならないものは酒税が免除されるので、その分値段に違いが出ているというわけです。 添加物が入っていない消毒用エタノールもありますが、その分酒税がかかるので、無水エタノールほどではなくてもそれなりの価格です。 スポンサードリンク 無水エタノールと消毒用エタノールの使い分けは? エタノールは濃度が違うと性質が変わってしまうので、用途や必要に応じて使い分ける必要があります。 前述したエタノールの性質のひとつに、 「 油をよく溶かし、水となじむ」 というのがあります。 その性質を利用して、 無水エタノールは、手作り化粧品を作る時によく使われます。 化粧水や香水作りなどに、精製水を加えて必要な濃度に調整します。 アロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。 殺菌消毒効果が最も高いとされる濃度になっている消毒用エタノールは、主に容器や器具、指先など皮膚の消毒、掃除などに使われます。 また、水にも油にも溶けやすいということは、水溶性の汚れにも油汚れにも使いやすいということでもあります。 無水エタノールは、水分がほとんど含まれていない揮発性の液体なので、パソコンや電子機器などの水を使えない製品の掃除にも利用できます。 無水エタノール:化粧水や香水作り、水が使えない家電製品などの掃除• 消毒用エタノール:身体の消毒、キッチンなどの除菌・消毒、カビ掃除 無水エタノールは消毒に効果がないの? 結論から言うと、 無水エタノールには消毒の効果はありません。 「 エタノールの濃度が高いのにどうして?」 わたしも以前は、アルコール(エタノール)の濃度が高いほうが消毒の効果があると誤解していました。 エタノールは、濃度が高ければ高いほど蒸発しやすいと言われています。 使ってみるとわかりますが、無水エタノールは99. 5パーセントのエタノール液体なので、蓋を開けているとすぐに蒸発してしまいます。 無水エタノールでは、すぐに蒸発してしまう上、皮膚の細胞膜への浸透率が低いので、ほとんど消毒効果がないのです。 インフルエンザなどのウイルスに対して、効果を発揮する前に蒸発してしまっては意味がありませんよね。 エタノールに水を加えることで効き目と揮発性を安定させ、殺菌消毒効果が最も高い濃度になっているのが消毒用エタノールというわけです。 両方購入しなくても、無水エタノールから、消毒用エタノールを作ることができます。 無水エタノールを消毒用エタノールにする作り方 無水エタノールは精製水で薄めることで消毒用エタノールにすることができます。 市販の消毒用エタノールには、水が約20パーセント含まれています。 なので、無水エタノールを精製水で薄めるその割合は、無水エタノール8に対して精製水2となります。 『 無水エタノール:精製水 = 8:2』 これで、無水エタノールを消毒用エタノールにすることができます。 精製水は500mlで100円前後で購入できます。 イオン交換樹脂により精製し、UV殺菌した化粧用に精製した水もあります。 手など身体に付けるものは精製水を使うのがベストですが、キッチンまわりなどの汚れには、精製水でなく水道水でもかまいません。 ただ、精製水に比べると水道水は不純物が多いので、大量に作って長期間使うというのには向いていません。 無水エタノールと消毒用エタノールの違いは?代用方法と使い分け方のまとめ 「アルコール」・「エタノール」・「エチルアルコール」・「酒精」、これらはそれぞれ呼び方は違いますが、いずれも同じものです。 「エタノール」は国際化学命名法の呼び名です。 日本では国が制定した規格に合格したエチルアルコールを、アルコールの濃度によって、次の3種類に分けています。 1~95. 9~81. 無水エタノール:化粧水や香水作り、水が使えない家電製品などの掃除• 消毒用エタノール:身体の消毒、キッチンなどの除菌・消毒、カビ掃除 となります。 両方購入しなくても、 『無水エタノール:精製水 = 8:2』 で、無水エタノールを消毒用エタノールにすることができます。 エタノールは消毒や掃除など、幅広い場面で活躍します。 無水エタノールと消毒用エタノールの違いを知っておくと、生活の中で使い方の応用もきくようになるので便利ですよ。 正しく使うためにも、製品に記載されている取り扱いの注意点をしっかりおさえた上で、暮らしの中に上手に取り入れてみてくださいね。

次の

消毒用アルコール

消毒用エタノール 酒税

日本では、工業用エタノールは、「アルコール事業法」という法律で、製造・輸入・販売・使用が規制されています。 当法では「エタノール」のことを「アルコール」と称しており、法的には「特定アルコール」と「一般アルコール」に分類されます。 「特定アルコール」は酒税相当加算額を含む高い物で、事業法上の許可なしに、自由に販売・購入・使用ができます。 一方、「一般アルコール」は免税の安い物ですが、販売、使用に際し事前に事業法上の許可を取得しなければなりません。 質問者が使用されている無水エタノールは、特定無水アルコールを原料とする「試薬」あるいは貴社が特定アルコールとして購入された物だと思います。 貴社で、今後無水エタノールの使用目的、使用方法(使用原単位他)が一つに限定できるのであれば、所定の手続きをして「一般アルコール」の使用許可を取得されることをおすすめします。 許可は一用途につき一件取得する必要があります。 そうすれば、1L当たり約1000円の酒税相当加算額を免除された割安な無水エタノールが入手可能となります。 荷姿は1斗缶、ドラム、ローリー等が可能です。 但し、使用事業許可の登録免許税が一件につき¥15000必要で、許可取得後は毎年5月に前会計年度の受入、使用、在庫実績等を所管の経済産業局に報告する義務が生じます。 詳細は、経済産業省のホームページで、「アルコール事業法の手引き」をご参照下さい。 無水エタノールが高価なのは酒税がかかるからです。 工業用のエタノールは、他のアルコール メタノールやイソプロピルアルコール が加えて飲用に適さないようにしてあるため安価なのです。 --変性アルコール 工業用エタノールを購入して分別蒸留や共沸を使用してエタノールを分離するのが良いでしょう。 必要なら金属ナトリウムなどを使用して完全に脱水します。 なお、最近は変性アルコールでない工業用アルコールも経済産業省から認可された専門業者で販売されていますが、やはり変性アルコールよりは高価です。 詳しくは エタノール - Wikipedia をご覧ください。 私はでっかいフラスコと蒸留塔を組み合わせて精製して、その後ベンゼンとの共沸を利用して使用していました。 手間さえ惜しまなければ電気代はペイします。 Q 豆乳と無水アルコールで脱毛ローションを作ろうと思っています。 早速薬局を回りましたがやはりどこも売り切れ。 もともとそんなに売れるものでもないので店の在庫は少ないし 入荷するのはいつかも未定という状態です。 ネットで検索してみてて気づいたのですが 「無水アルコール(無水エタノール)」と記載されているのを 見かけたのですが、無水アルコールと無水エタノールとは 同じものと考えてよいのでしょうか? 同じものなら、無水アルコールはどこを探しても見つけられないので、無水エタノールで代用してみようかと思っています。 どなたか詳しい方がいらしたら、同じものなのかどうか 教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量でも体内に入ると失明したり、死亡したりします。 皮膚からも吸収されるので、注意が必要です。 工業用アルコール(これもエタノールです)には、飲みものなどに転用されないように、少量のメタノールが混ぜてあります。 ローションは体につけるものですから、メタノールを含むものは絶対に使ってはいけません。 薬局で買えば、間違いはないと思いますが。 「無水」ということについてですが、薬局で普通に売っているエタノールは70%の消毒用エタノールと、99. 5%エタノールの2種類だと思います。 化学の実験室でも、「100%エタノール」と言っても、実際には99. 5%のもので代用できる場合が多いです。 その意味では、No. 2さんのおっっしゃるように、「無水=99. 5%以上」と言うのは正しいです。 しかし、本当に水を完全に除いた、厳密な無水エタノールと言うのも、たしかに作られてはいます。 特殊な目的のためには、本当の「無水」エタノールが必要な(つまり、0. 5%の水でも邪魔になる)場合もあるのだと思います。 このような「本当の」無水エタノールは、当然、99. 5%のものよりも高価であると思います。 豆乳ローションの作り方がわからないので、何ともいえないのですが、厳密に無水でないといけないのか、99. 5%でも良いのか、確認する必要があるかと思います。 つまり、豆乳ローションのレシピの中で、「無水」という言葉を、どれくらい厳密な意味で使っているのか、ということです。 既にお二人の方がおっしゃっている通りだと思いますが、ちょっと気になったので。。。 エタノールはアルコールの一種で、最も代表的なアルコールです。 アルコールにはたくさんの種類がありますが、エタノールはお酒に含まれるアルコールで、化粧品その他、いろんな物に使われます。 殺菌用に使われるのは、70%エタノールです。 日常的には、「アルコール」と言ったら、普通はエタノールのことだと思ってよいでしょう。 似た名前のもので、「メタノール」と言うのがあります。 これは大変有毒で、わずかな量... A ベストアンサー 聞き齧りの部分もありますので、「自信なし」としておきますが、 酒税の掛かっていない純エタノールは手に入らないと考えた方が 現実的と思います。 工業目的に使用する時、エタノールのコストに占める酒税の割合は バカになりません。 しかし、課税を逃れるためには、エタノールの 出入りの管理が非常に厳しいそうです。 特定の製品を定常的に製造 する工場なら免税エタノールの価値があるものの、少量多品目を 製造する工場の場合は、酒税の掛かったエタノールを購入した上で プロセス内でリサイクルするか、変性エタノールを使用するのが 普通のようです。 「実験用のエタノールはメタノールが入っている」は良く聞く話ですが、 嘘ではないが、ホラの部分もあります。 上述の変性エタノールのことを 指しているのでしょうが、変性エタノールとして流通しているのは、 必ず2種(以上)の成分が添加されています。 メタノールとは限らず、 酢酸エチル、イソプロパノール、アセトンとか、いろいろです。 代表的な商品名「ソルミックス」のメーカーさんのページを紹介します。 ちなみに、薬局で売っている消毒用エタノール(日本薬局方の規格品 も試薬屋さんが売っている「いわゆる」実験研究用のエタノールも、 その製造流通過程で酒税が掛かっているはずです。 aruhan. html 聞き齧りの部分もありますので、「自信なし」としておきますが、 酒税の掛かっていない純エタノールは手に入らないと考えた方が 現実的と思います。 工業目的に使用する時、エタノールのコストに占める酒税の割合は バカになりません。 しかし、課税を逃れるためには、エタノールの 出入りの管理が非常に厳しいそうです。 特定の製品を定常的に製造 する工場なら免税エタノールの価値があるものの、少量多品目を 製造する工場の場合は、酒税の掛かったエタノールを購入した上で プロセス内でリサイクルす... A ベストアンサー No3です。 私はオーディオのコネクタなどを、無水エタノールで拭いていました。 金属があれば水分の少ない、無水エタノールがいいでしょうね。 水分が残るのはまずいですからね。 レンズなどはあまり詳しくありませんが、水分が残るととカビなどの発生も考えられるんではないでしょうか。 殺菌は必要ないですから、、消毒用ではなくて無水エタノールがいいんではないでしょうか。 ちょっと違いますが、天体望遠鏡の清掃のサイトを見つけました。 ご参考になるように思います。 1度ご覧くださいね。 web. infoseek. html Q 現在、主にアウトドアで使用するアルコールランプで「燃料用アルコール(エタノール5%・メタノール95%)」を使用しているのですが、メタノールは揮発性が強く、吸引したり飲んでしまったりすると危険(発ガン性がある)だと聞きました。 それで質問なのですが、たまに室内でアルコールランプを使うことがあるのですが、窓は開けているものの、火を点ける前などどうしてもある程度のメタノールを吸ってしまっていると思います。 このような状況でも、燃料用アルコールは人体に対して有毒なのでしょうか?それとも、「燃料用」はメタノールをいくらか希釈している分、そこまで神経質にならなくて良いのでしょうか? また、もし「消毒用」と間違えて「燃料用」アルコールで怪我の消毒をしてしまえば人体に対してどのような影響が及ぶでしょうか? 上記質問について教えて頂けましたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願いします。 A ベストアンサー #2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。 劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。 アルコールランプについて 窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。 蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。 また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。 あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。 点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。 なるべく吸ったり、触ったりしないようにしてください。 万が一酩酊感があったら直ちに風通しのいいところへ行き、メタノールを遠ざけてください。 場合によっては医師の診察を受けてくださいね。 消毒用として 絶対に使ってはいけません。 ただ、痛みが走るので致死量や失明に至るまで傷口を漬けておくことはできないと思います。 急性メタノール中毒は工業レベルの長時間・大量使用による吸引や誤飲などです。 もちろん体との相性もあると思いますが、アルコールランプ用燃料で頻度も少なく、取り扱い方が正しければ神経質になる必要はないと思います。 とはいえ危険物であることだけはお忘れなく。 #2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。 劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。 アルコールランプについて 窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。 蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。 また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。 あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。 点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。 なるべく吸ったり、触ったりしないようにし... A ベストアンサー 炎色反応だったんですね。 メタノールを使う理由は簡単です。 酒税がかからない分「安いから」です。 質問者さんの場合は、「燃料用アルコール」もしくは「無水エタノール」で問題ありません。 (燃料用アルコールがオススメです) 入手方法は薬局で購入です。 ドラックストアやホームセンターでも構いません。 >エタノールが入ると煤が出るとか何か・・・ 炭素分子が1つ多いだけですから問題になる範囲ではないと思われます。 メタノールとエタノールの比較実験でしたら試薬の入手にはこだわるべきです。 しかし、今回は燃料としての利用ですからメタノールでもエタノールでもこだわる範囲ではないと思います。 手順書と違う結果になったら、「手順書ではメタノールを使っていてこういう結果が紹介されていた。 しかし私の実験では~という結果になった。 この結果がエタノールとメタノールの差による物なのか、追実験して調べて見る必要がある」という考察も導けますし、自由研究提出後の自主的な研究テーマとして取り組むこともできるでしょう。 A ベストアンサー 医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。 一方50%の場合この表示はありません。 city. nagoya. htm このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。 正確には消防署に問い合わせるべきと思いますが、参考まで。 消防法 十三 アルコール類とは、一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコール(変性アルコールを含む。 )をいい、組成等を勘案して総務省令で定めるものを除く。 危険物の規制に関する規則 第一条の三 4 法別表備考第十三号の組成等を勘案して総務省令で定めるものは、次のものとする。 一 一分子を構成する炭素の原子の数が一個から三個までの飽和一価アルコールの含有量が六十パーセント未満の水溶液 医薬品の消毒用イソプロパノールのラベルには、70%の場合「火気厳禁 アルコール類 水溶性 危険等級II」の表示があります(規則第四十四条による表示)。 一方50%の場合この表示はありません。 city. nagoya. htm このページの確認試験フローと合わせて考えてみると、アルコール類の例外規定ではねられたものは別の類の規定を考えることなく、危険物非該当としていいようです(やたらわかりにくい法律ですね)。 正確には消防署に問い合わせるべきと思います... Q こんにちは。 最近、楽器、PCなどをいじっているのですが、 よく、接点洗浄とかで、 無水アルコール、とか、洗浄用アルコール とか、メタノール変性アルコールとか、 いろいろ出てきます。 普通に、述べられていますが、学校の 実験以来、見たことも、聞いたことも、 ないものばかりです。 結局これらを手に入れるには、 何を、どこで、手に入れればいいのでしょうか。 また、いろいろありますが、違いは なんなのでしょうか。 アルコール下さい、 では、だめですか。 ウェットティッシュなどは、水と、 エタノールが成分になっていますが、 これではダメですか(水が入っているから)。 手軽に手に入りませんか。 何か分かる人が、いましたら、 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 接点のクリーニングなら無水アルコールが良いですね。 これは99%以上の純度のアルコールです。 ですから無水。 皮膚の消毒とかならこれを水で薄めて使うか、消毒用にすでに60%程度に薄まった消毒用アルコールとかがあります。 まあ、消毒用とかでも良いとは思いますが、無水アルコールなら使用後に錆の心配が少ないので、こちらの方が良いかもしれませんよ。 ウエットティッシュだと、水分の比率が高すぎてクリーニング効果があまり期待できませんので、無水アルコールの方が良いですよ。 無水アルコールならちょっとした薬屋さんで売っていますから。 なければ取り寄せも可能ですし、棚になくても在庫であったりしますから。 早速家のキッチンや棚など色々なところを、素手で拭き掃除しましたところ、キレイにはなるものの、匂いがキツくて、気になってネットで調べたところ、 なんと!人体に影響がある!らしい、とのこと。 ちなみにHUMCOというメーカーのものです。 7ドルぐらいでした。 A ベストアンサー IPA・イソプロパノール・2-プロパノール・イソプロピルアルコール 同じ物ですが製品の成分などでは表示が違いますね、 色々な物の成分に含まれていると思うので、毒性はそれほど強いとは思われません。 拳銃の国で酔っ払って撃たれては困るので強い酒を売らないのかもしれませんが、 購入が難しいのであれば、 換気に注意して内臓への影響を回避することで使用がよいのでしょうね。 飲用不適にする混入物のアルコールの使えるものがあればよいのでしょうが。 現状ではIPAで、 昔は注射のときのアルコール脱脂綿を匂っている子供もいましたから、(アルコールとIPAで少し臭い違いますよね) 神経質になる必要もないかもしれませんが、からだにはストレスを与えない方が得ですから。 粘膜まわりなどは高濃度でなくて、必要最低限濃度に薄めて使用ください。

次の