甘い もの が やめ られ ない。 【ダイエット】甘いものをやめる方法【精神論ではなくガチで】

甘いものをやめると痩せる?午後おやつをやめて4キロダイエット

甘い もの が やめ られ ない

甘いものが食べたくなる理由 砂糖の過剰摂取 砂糖中毒 甘いものを食べないとイライラする、すぐに甘いものが欲しくなる、甘いものがないと不安になる、落ち込みやすい、こんな症状はありませんか? もし、このような症状があるなら「砂糖中毒」になっている可能性があります。 砂糖には、依存性があることを知ってますか?砂糖を摂取すると、脳内ではアルコールやコカインと同じような作用が起こることが分かっています。 砂糖を摂ると、脳内麻薬と呼ばれているホルモン、エンドルフィンが分泌されます。 甘いものを食べると、ほっとするのは、このためです。 砂糖を摂取することで、さらに満足感を得ようとします。 また継続的に摂取することで、これまで以上の量を摂取しないと満足できなくなり、摂取が途切れると不安やイライラしたりなどの症状が現れます。 血糖値の大きな上昇 また、砂糖を摂取すると血糖値が急激に上がります。 しかし、インスリンの大量分泌され、急激に血糖値が大きく下がります。 このため、血糖値を上げようと、また食べたくなるのです。 ダイエット中に飲み人も多い、カロリーゼロ飲料水。 これに含まれている人工甘味料もインスリンを過剰分泌されることがわかっています。 つまり食べても、また食べたくなります。 炭水化物の摂り過ぎ 炭水化物の摂り過ぎも、砂糖と同様、血糖値を大きく上げます。 特に白米や白い食パンなど精製された食品は血糖値が上昇が早く、その後インスリンの過剰分泌により大きく下がるため、何かを食べたくなる衝動に駆られます。 別腹 「お腹いっぱい。 」なんていう人もいますが、これも甘いものがやめられない理由の一つです。 甘いものが大好きな人は、お腹がいっぱいでも、食べられてしまいます。 これは、好きな食べ物、美味しそうな食べ物を見ると、脳が満足感を得られると判断して、胃の中にスペースを作ってしまうんです。 食後なのに甘いものを食べてしまうのはこのためです。 疲労感やストレスが溜まっていると、別腹が生まれやすいです。 ストレス 不安や寂しさなどの不安を食べることで満たそうとするため、食べ過ぎてしまうことがあります。 特に甘いものは、脳で快感を得やすい食べ物なので、ストレスで甘いものに手を出しやすいのです。 甘いものを口にすることで、一時的に満足感は得られるのですが、ストレスの根本的な解決がされていないと、また甘いもので満たそうとする悪循環が生まれます。 栄養の偏り 偏った食事をしていると、栄養素が不足し、その不足分を得ようとして、しっかり食べても食べ足りない感覚に襲われます。 甘いものを欲する場合、たんぱく質や脂質、ビタミンB群が不足していることが考えられます。 ダイエット中だからとむやみに食事の量を減らしたり、脂を必要以上に避けていると、逆に甘いものを欲し、太りやすくなってしまいます。 睡眠不足 夜更しをしたり睡眠時間が短いと、睡眠の質が下がります。 そして、普段よりも食欲が増してしまいます。 またグレリンが増えると高カロリーのものを欲するようになります。 生理とホルモンバランス 女性は生理前になるとホルモンバランスの変化によって、食欲も旺盛になります。 例えば、生理前によるストレスや食欲増進の働きのあるプロゲステロンが活発になる、感情をコントロールする脳内物質セロトニンが少なくなるなどが、甘いものを食べたくなる原因と考えられます。 Sponsored Link 甘いものをやめる方法 砂糖抜き 砂糖中毒の疑いがあるなら、日常生活から砂糖の摂取をやめてみましょう。 これまで口にしていた甘いものを絶つことはとても勇気のいることです。 まずは3日間だけ挑戦してみましょう。 3日間だけでも砂糖を断つと血糖値が安定して精神的にも落ち着いてきますし、味覚もリセットされるので、これまでよく食べていたものも甘く感じることでしょう。 どうしても断つことができないという人は、お菓子からフルーツに変える、清涼飲料水からお茶か水にする、など普段よく口にしているものを別のものに変えてみましょう。 関連記事 よく噛む 噛むという行為は、早食いを防止し満腹感を得られやすくなります。 また噛む行為はセロトニンの分泌量を増やすとも言われています。 一口で20~30回を意識してみましょう。 歯ごたえのあるものを食べるだけで自然と咀嚼回数も増えます。 間食にアーモンドなどのナッツ類にすれば、タンパク質や良質や脂質、ビタミン類も補給できて満腹感も得られるでしょう。 関連記事 バランスの良い食事 バランスの良い食事で栄養をしっかり摂ることで、不思議とこれまでよりも甘いものが食べたくなくなります。 これまで炭水化物を中心に食べてしまっていたなら、炭水化物を少なめにしてタンパク質や脂質をしっかり摂取しましょう。 関連記事 水を飲む 喉が渇いていると、以外にも甘いものが欲しくなることがあります。 甘いものが食べたくなったら、まずは水分をしっかり補給してみましょう。 その時はもちろん、砂糖が入っているような清涼飲料水ではなく水か無糖のお茶です。 睡眠をしっかりとる 睡眠をしっかり確保することで、甘いものへの欲求が緩和されるという研究結果があります。 睡眠時間が4時間以下の人は太りやすいという研究結果もあります。 余計な食欲を抑えるために、夜更かしせずに、睡眠時間をしっかり確保しましょう。 関連記事 食事以外でストレス発散 ストレス発散に甘いものを食べることは手っ取り早いのですが、それでは悪循環が生まれます。 食べること以外でもストレス発散は可能です。 運動をする、読書をする、お風呂に入る、音楽を聴くなどでストレスは発散されます。 自分の好きなこと、楽しいことをしてみてください。 まとめ いかがでしたか?女性特有のカラダの機能があるため、甘いものを食べたくなることは仕方のないことです。 甘いものを食べ過ぎてしまったことに罪悪感を持つと、それがストレスとなり、より甘いものを食べたくなります。 時には食べ過ぎてしまっても大丈夫です。 しかし、砂糖の摂り過ぎ、偏った食事、睡眠不足などは、甘いものがやめられない理由だけでなく、太る原因や肌荒れ、大きな病気にもつながることもあります。 心当たりのある人は、少しずつ改善してみましょう。 生活習慣をなかなか変えられず、甘いものがやめられない。 そして、自己嫌悪に…。 そんな時は、サプリメントを利用するのも良いでしょう。 以下の記事では、今人気のサプリメントをご紹介しています。

次の

甘いものがやめられない3つの理由と対処法【管理栄養士より】

甘い もの が やめ られ ない

甘い物がやめられないけど、ダイエットして痩せたい!パンとスイーツのような甘い物大好き女子が、ぽっこりお腹やぷよぷよの太ももから脂肪を落としてスリムになれるのか?3つの方法で挑みます! 甘い物がやめられない!という女性は年齢を問わず多くて、中年女性になったから、甘い物を食べなくなったというのは、極少数派のようです。 甘い物は中毒性があるのかも知れません。 甘い物大好き! 特に、おしゃれなパンやスイーツのような甘い物がやめられない!という女性は多く、ダイエット中なのに口寂しくて、ついつい甘い物を食べちゃうという話が後を絶ちません。 ちょっとだけなら大丈夫とご褒美スイーツを食べたり、SNSに綺麗で美味しそうなスイーツ画像をアップするのが好きだったり、甘いパンだけで食事を済ませたりしていませんか? 血糖値をなるべく上げずにおやつを食べるコツ 特集 甘いものが好きな人のための血糖対策を考えました。 引用元: ダイエット方法 甘い物が大好きでやめられない!というアナタが、ダイエットして痩せるにはどうすれば良いのか?甘い物がやめられないとダイエットは無理なのか?それでも痩せる方法を考えます。 方法1:和食 甘い物がやめられないアナタのダイエット方法一つ目は、和食です。 甘い物が大好きなアナタは、甘いパンを主食にしたり、パンとパスタ、菓子パンとサンドイッチのような食生活をしていませんか? これだと、糖質過剰で太っちゃうのは当たり前です。 炭水化物をダブルで食べるなんてのは論外とも言えます。 ですので、甘いパンが中心だった食生活を和食に変えます。 この際に、白米を選んでしまうと糖質が多いので意味がなくなります。 白米ではなく、糖質が少なく、高栄養で食物繊維も多い、発芽玄米をメインにする和食にするのがポイントです。 方法2:炭水化物 甘い物がやめられないアナタのダイエット方法二つ目は、炭水化物です。 ん?パンや白米、発芽玄米の話は聞いたよ!と思うかも知れませんが、ここでいう炭水化物は、炭水化物を完全カットはダメってやつです。 炭水化物を抑えれば自然と糖質制限になるので、ダイエットになるんだから、完全カットすれば更に痩せるんじゃないの?って思いますよね!でも、ここに大きな落とし穴があるんです。 落とし穴 炭水化物を完全カットすると次のような落とし穴が待っています。 ですので、完全にカットするのではなく、抑え目にする程度にするのがダイエット成功のポイントですよ!• 満足感、満腹感が減るのでドカ食いの原因になる。 糖質が足りない為にストレスが溜まり、食べ過ぎの原因になる。 食物繊維も一緒に減るので、便秘の原因になる。 方法3:ビタミンB 甘い物がやめられないアナタのダイエット方法三つ目は、ビタミンBです。 甘いパンやスイーツを食べちゃうのはある程度、仕方がありません。 食べるな!っていうとストレスになって逆効果ですからね。 ここで、甘い物がやめられないアナタの救世主となるのが、ビタミンBです。 ビタミンBを摂取すると代謝を補ってくれるので、炭水化物を食べても、使われて排出されやすくなります。 ビタミンBが多く含まれる食品には、豚肉やうなぎ、納豆、豆腐、それから発芽玄米などがあります。 発芽玄米には、GABAも含まれているので、完全栄養食と呼ばれるだけでなく、ダイエット食とも言えますね! 食べたくなるのは? 甘い物がやめられないアナタが、どうしても食べたくなるのはなぜなのか?ここも気になるところですね!理由が分かれば対策も考えられます。 中毒 甘い物を食べないとイライラするだけでなく、甘い物がないと不安になったり、落ち込んだりしませんんか?こんな症状が出るようなら、砂糖中毒になっている可能性があります。 甘い物には依存性があり、砂糖を摂取すると脳内麻薬と呼ばれるエンドルフィンが分泌されます。 イライラする時に甘い物を食べるとイライラが解消されるのはこのためです。 血糖値 甘い物を食べると血糖値が急上昇します。 血糖値が上昇すると、インスリンが大量分泌されて、今度は血糖値が急激に下がります。 血糖値が急激に下がると甘い物が、また食べたくなります。 この悪循環を繰り返すと依存症にもなり、どんどん状態が悪化するんです。 また、人工甘味料にもインスリンが過剰分泌されるので注意が必要です。 ストレス ストレス社会と呼ばれる現代において、ストレスを全く受けないで生きるのは困難です。 そんな避けようがないストレスを解消するのに、もっとも簡単なのが甘い物の摂取なんです。 甘い物を食べると脳で快楽を感じるので、ついつい甘い物に手を出すようになるんです。 甘い物を食べても一時的に満たされるだけで、ストレスの根本を解決しないと、甘いものがやめられい状態が続きます。 ホルモン 甘い物がやめられない女性が多い原因になっているのが、ホルモンバランスの変化です。 生理前になると食欲が旺盛になるだけでなく、感情をコントロールする脳内物質セロトニンが少なくなります。 感情がコントロールできなくなると、イライラする状態に陥りやすくなり、イライラを解消する為に甘い物が食べたくなります。 生理になると甘いものが欲しくなる女性は非常に多いのです。 それでも痩せない場合 甘い物がやめられないけど、ダイエットして痩せたいから、ダイエット方法をやってみたんだけど、中々痩せない!甘い物がやめられない原因も考えてみたけど、どうにもならない… どうやったら、甘い物がやめられるの?甘い物がやめられない原因からも分かるように、甘い物がやめられないアナタは、砂糖中毒になっていたり、血糖値の急な変化があったり、精神的な危うさが問題になっていると考えられます。 では、このような症状を改善して、甘い物がやめられないアナタがダイエットするには、どうすればいいのか?その答えが、医者推奨のダイエットである脳のリセットにあります。 ここまで説明したように、甘い物がやめられないのは、脳に大きな関係があります。 ストレスやイライラそれから脳内物質など、どれも脳の状態に関連しています。 ですので、医者推奨のダイエット方法である脳のリセットを行えば、甘い物がやめられない現状から抜け出して、ダイエットできるというわけです。 でも、どうやって脳のリセットをすればいいの?ゲームじゃないんだから、脳をリセットなんて簡単にできなくない?どうやって、脳をリセットして甘い物をやめられないアナタがダイエットするのかについては、下記の特集記事を参照して下さい。 和食というと、以前からヘルシーで脂質が少な目である為にダイエットに効果的であると評価の高い食事です。 ですが、現在における日本の食事は、和食もありますが、各国の食事が入り交じり、とても和食とは呼べるものではありません。 むしろ、普段の食事で和食を食べる事は少ないのではないでしょうか?そして、スーパー和食ダイエットとはどのようなものなのでしょうか? スーパー和食ダイエットは、医者推奨というところが安心できますね! スーパー和食ダイエットを行う事で痩せると医者が推奨しているって言うけど本当?そんな風に疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。 スーパー和食ダイエットを推奨しているのは、秋津医院の秋津壽男院長です。 昭和50年に食べられていた和食を食べる事で、自然に無理なく痩せる事が出来るのが、スーパー和食ダイエットです。 引用元: スーパー和食ダイエットで痩せる3つの理由とは? スーパー和食ダイエットは医者推奨という事ですが、なぜ痩せるのでしょうか?スーパー和食ダイエットが痩せると言われる3つの理由を一つずつ説明して行きますね! スーパー和食ダイエットで痩せる理由1:油 スーパー和食ダイエットで痩せる理由の一つ目は、油についてです。 ダイエットを行っている女性の多くが油を控えようとしていると思います。 それは、油は脂質であり、体脂肪に直結するからですね! スーパー和食ダイエットで食べられる和食では、油を使う揚げ物や炒め物より、煮物が多い為に油の使用量が、欧米化された現代の食事に比べて圧倒的に少ないのが特徴です。 ですが、スーパー和食ダイエットで、良質な油までカットしてしまうと体脂肪が燃焼するのを妨げたり、腸内の便が流れにくくなってしまう為に便秘になり易くなってしまいます。 ですので、スーパー和食ダイエットには、良質な油を摂取する事をプラスする必要があります。 良質な油?どのようなものが良質で、どのようなものが悪質なのでしょうか?良質な油でダイエットするには、下記の特集記事を参照して下さい。 スーパー和食ダイエットで痩せる理由2:タンパク質 スーパー和食ダイエットで痩せる理由の二つ目は、タンパク質についてです。 スーパー和食ダイエットで食べられる和食には、味噌汁や納豆などの豆類を使った料理が多いのが特徴です。 大豆などの豆類には、多くのタンパク質が含まれているにもかかわらず、タンパク質が多く含まれている肉類に比べて脂質が少ないのが特徴です。 また、味噌や納豆などには、植物性の乳酸菌が多く含まれているので、便秘解消に役立ちます。 そして、きんぴらに代表されるような食物繊維が豊富な料理が多いのも特徴です。 これも、便秘解消に効果的ですね!便秘解消してダイエットするなら、下記の特集記事を参照して下さい。 スーパー和食ダイエットで痩せる理由3:海藻や小魚 スーパー和食ダイエットで痩せる理由の三つ目は、海藻や小魚についてです。 欧米化された現代の食事になく、スーパー和食ダイエットに使われる和食にある代表的なものに海藻や小魚があります。 海藻は海の恵みであり、多くの栄養素が含まれていて、丸ごと頂けます。 また、小魚も頭から尻尾まで丸ごと頂けます。 このような丸ごと食べる食事は、「一物全体食」と呼ばれ健康的なダイエット食と言われています。 栄養のバランスというのも、一つは色々なものを食べましょうという事もありますが、もう一つは、「一物全体食」のように丸ごと食べる事で余す事なく栄養を摂取してバランスを欠かないようにしましょうということです。 海藻や小魚などのように丸ごと食べられる和食で、スーパー和食ダイエットをするなら、「一物全体食」についても、知っておく事で更に認識を深めて効果的なダイエットが行えます。 「一物全体食」でスーパー和食ダイエットをするなら、下記の特集記事を参照して下さい。 スーパー和食ダイエットとは? スーパー和食ダイエットとは、どのようなものなのでしょうか?スーパー和食ダイエットというのは、昭和50年頃に一般的な家庭で食べられていた和食であり、栄養のバランスが良くダイエットにも効果的な食事をするという事です。 スーパー和食ダイエットの事前調査として、実際に各年代の代表的な食事を実験用マウスに与えて、そのマウスたちの体重を測定した結果、昭和50年ころの和食が最もダイエット効果が高かったのです。 スーパー和食ダイエットの効果的な和食例 スーパー和食ダイエットで食べられる昭和50年頃の和食で、どのようなものがダイエットに効果的なのでしょうか?その具体例を挙げて考えて行きたいと思います。 ぶり大根 現代のように肉が安くなかった頃で、魚の方が庶民食だった事もあり、スーパー和食ダイエットの対象になる昭和50年代では多く食べられていた和食の一つです。 フライや油で料理をすると他の油が入ってしまい、魚本来の油を阻害してしまい良質な脂である魚の良い点を発揮するのを阻害してしまうので、煮物などにするのが健康的にダイエットする為には、最適なのです。 モズクなどの海藻類 モズクに限りませんが、海藻類には多くのビタミン・ミネラルそして食物繊維が含まれています。 スーパー和食ダイエットの対象になる昭和50年代では、これらが多く食べられていた事もあり、便秘が少なかったようです。 味噌汁 味噌汁と言えば、和食の代表格と言ってもいいでしょう。 スーパー和食ダイエットの対象になる昭和50年代では、味噌汁がない和食はあり得ないというくらい、当然のように味噌汁が食卓に置かれていました。 味噌汁に使われる大豆には、栄養価が高くコレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。 味噌汁や納豆そして漬物などは発酵食品ですので、多くの乳酸菌を含んでおり、牛乳ヨーグルトのように動物性のものに比べて桁違いに乳酸菌の量が多いのが特徴です。 牛乳を使ったヨーグルトが乳酸菌とトップのように錯覚しているのは、多くの企業による広告・宣伝による洗脳によって、私たちの頭の中が乳酸菌と言えば、牛乳ヨーグルトとなってしまっているのです。 本当は植物性乳酸菌の方が桁違いに多いのにもかかわらずです。 何を食べると良い? スーパー和食ダイエットで、和食を食べる事によって、痩せる効果があると言っても、いきなり昭和50年ころの食事に変えるのは難しいですよね?じゃあ、どうすればいいのか? それは、下記の3つの和食を今までの食事に追加するだけです。 これらは、現代の食事に足りていなく、スーパー和食ダイエットの対象である昭和50年ころに良く食べられていた料理ばかりです。 3つの和食の料理でスーパー和食ダイエット スーパー和食ダイエットで、普段の食事に追加するのは、以下の3つです。 これくらいなら、明日からでもスーパー和食ダイエットを開始できそうですね!• 小魚の干物• ワカメの酢の物• きんぴらゴボウ スーパー和食ダイエットでどうなった? スーパー和食ダイエットは、今までデリバリーや外食そしてコンビニ弁当などで、欧米化された食事を食べてばかりいることで、気づいたら脂肪がついて太ってしまったというアナタに最適なダイエット方法です。 スーパー和食ダイエットを実践することで、自然に無理なく太る原因になるような食事を避けることに繋がり、ノンストレスでダイエットを行うことが可能です。 こうご期待! 甘いものはやめられない 食事の後のデザートやおやつの時間のお菓子やケーキが楽しみで生きているという女性はとても多いのです。 アナタもそうではありませんか?小腹が空くとチョコやお菓子についつい手が伸びてしまう… しかも、ご飯を食べてお腹がいっぱいになった場合でも、甘いものは別腹と言ってデザートは食べられてしまう!これって、都合のいい言葉だと思っている人も多いですが、実際に別腹は存在するんです。 ご飯を食べてお腹がいっぱいになった後でも、甘いデザートを前にすると胃が広がって、甘いものを食べる為の別腹が出来上がってしまうのです。 実験の結果、このようになったというのですから、スゴイですよね! 甘いものの糖質は脳の唯一のエネルギー源ですが、食べ過ぎはメタボの原因になります! 甘いものを食べるとどうなる? 甘いものとインシュリンには深い関係がありますが、甘いものを食べることによって、幸せなひと時を過ごすことが出来て、ストレスを解消できる人はとても多いのです。 その点から考えると甘いものは絶対悪ではありません。 甘いものは、ダイエットを成功させる為には控える必要があります。 糖質制限ダイエットはこの典型とも言えるダイエット方法です。 甘いものや炭水化物を制限することで痩せるという糖質によって太りやすい人に最適なダイエット方法です。 甘いものとインシュリンの関係とは? 甘いものとインシュリンには深い関わりがあります。 甘いお菓子やケーキがどうしても止められないという人は、ダイエットを頑張っていても太っている現状から中々抜け出せないという悲しい現実もあります。 甘いものが止められないのは、インシュリンが必要以上に出てしまっているからなのです。 インシュリンは、すい臓から分泌されるホルモンの一種で、血中の糖を細胞内に摂り入れてエネルギーに変換する働きをします。 ですが、年齢を重ね40代に入る頃から八割の人が、細胞膜がインシュリンへの反応が弱くなってしまいます。 自分は若いから大丈夫というのも危険な考えです。 実年齢が若くても、内臓が老化していれば同じ状態になるのです。 インシュリンを上手に働かせることが出来ないようになると、摂取した糖が細胞に届くことなく、血中を漂い続けます。 こうなると、インシュリンが不足していると判断して、更にインシュリンを分泌してしまうのです。 不足したインシュリンを補う為に、すい臓はインシュリンをどんどん生産します。 これによって、インシュリン過剰の状態に陥ります。 インシュリン過剰になると糖が欲しくなり、空腹感も増します。 こうして、甘いものを食べ過ぎてしまうのです。 もうひとつの問題として、血中に増えた糖への対応として、肝臓が働きます。 肝臓は、血中の糖を脂肪に変えてしまうのです。 こうして、脂肪が増え、お腹や太ももなどに余分な肉がつく結果となり、太ってしまうのです。 肝臓が糖をエネルギーに変えてくれれば良いのですが、脂肪に変えてしまうのです! 糖質を制限するひとつの方法として、白米を発芽玄米に置き換えるというものがあります。 白米は糖質の塊である為に血糖値が急上昇して脂肪が増える原因になります。 それでは、発芽玄米はどうなのでしょうか? 発芽玄米は、白米を精米する前の玄米を発芽させたものです。 なぜ、玄米を発芽させる必要があるのでしょうか?それは、玄米には、種子毒が含まれている為に、そのまま食べると健康を害するからです。 この玄米を発芽させることで、玄米の栄養を更に倍増させ、GABAなどを含めた栄養素のチカラでダイエットをサポートします。 発芽玄米であれば、血糖値が急上昇することもなく、糖質の過剰摂取にはなりにくいのです。 とはいえ、どんなものでも食べ過ぎれば毒になります。 発芽玄米だからといって暴食してはダメですよ!発芽玄米は、自宅で誰でも簡単に作ることが出来ます。 甘いものを食べるとどうなった? 甘いものは、ダイエットを成功させる為には控える必要があります。 糖質制限ダイエットはこの典型とも言えるダイエット方法です。 甘いものや炭水化物を制限することで痩せるという糖質によって太りやすい人に最適なダイエット方法です。 甘いものとインシュリンには深い関係がありますが、甘いものを食べることによって、幸せなひと時を過ごすことが出来て、ストレスを解消できる人はとても多いのです。 その点から考えると甘いものは絶対悪ではありません。

次の

甘いものがやめられない!砂糖依存症|ヘルスケア情報|eo健康

甘い もの が やめ られ ない

ダイエットしたいけど、甘いものをやめられないから痩せるのはあきらめようという声をよく聞きます。 甘いものって多くの人が大好きなものですよね。 そして、確かに甘いものってなかなかやめられません。 そして、甘いものを食べ続けてしまっているのはあなたの本当の意志ではなく、身体や脳によって操られているだけなのかもしれません。 わたしは、甘いものを食べてばかりいると、 運動とかもしたくなくなったり、仕事にもあまり集中できなくなってしまいます。 それが休養にもなるときもありますが、甘いものを適度に食べている方が、 頭も切れるしなにより健康体を維持できます。 結論からいえば、 甘いものをやめずにダイエットはできます。 しかし、必要以上に食べないようにしたほうが良いです。 では、どうして甘いものをわたしたちはやめられないのでしょうか。 それをまず、理解していただきたいと思います。 その上で、甘いものの食べすぎは良くないといわれている理由についてもご説明いたします。 甘いものをついつい食べてしまうあの衝動を抑えることは可能なのです。 しかし、今日ご紹介するのは、甘いものを一切食べないようにするダイエット法ではありません。 甘いものでも、ダイエットに効果のあるものについても挙げています。 この記事を読んで、甘いものをやめられない理由を知ったうえで、 甘いものを控える工夫をぜひ実践していただきたいと思います。 そうすることで、自然とこの記事で紹介している、甘いものの美味しさを味わって楽しくダイエットをしていただけると嬉しいです。 甘いものがやめられない、なぜだろう 甘いものってやめようと思ってもなかなかやめられませんよね、なぜでしょう。 実はちゃんとした理由があります。 私たちの身体が 甘いものに依存してしまいがちなつくりになっているのです。 そして、 甘いものは中毒になりやすいだけでなく、食べれば食べるほどとまらなくなってしまいがちなのです。 甘いものを食べると、薬物などにふくまれるドーパミンなどの化学物質が分泌され、脳が甘いものによって快感を得ます。 その結果、甘いものを食べるとストレスが解消するとか、リラックスするなどといった錯覚を覚えてしまいます。 こうやって、わたしたちは甘いものに依存していってしまうのです。 ストレス解消法に甘いものを食べるという解決策を採用してはいませんか。 私は、イライラしたときに甘いものに手を伸ばしてしまうことが結構あります。 これは、わたしたちの脳がそうさせてしまっているのかもしれません。 また、甘いものを食べると、 おなかがすいていなくても空腹だと勘違いしてしまいます。 つまり食べすぎを防ぐのが難しいのです。 甘いものを食べ過ぎると、 低血糖という危険な状態になってしまうので、身体がエネルギーを求め、私たちはそれをおなかがすいている状態だと勘違いするのです。 しかもしかも、 甘いものには耐性があります。 同じぐらい甘いものを食べ続けていると、その甘さだけでは物足りなくなり、さらに甘いものを食べたくなってしまうのです。 ここまで聞くと、なんだか甘いものがお酒とかたばこよりも危ないものに感じてしまいますね。 甘いものってそんなに強い魔力があったんですね。 でも、確かにイライラして甘いものを食べて落ち着くことがあります。 そして、 またすぐにもっと甘いものが食べたくなります。 ストレスが増えている一方だから甘いものがどんどんほしいのではなく、ただ私たちが甘いものに耐性があるというだけなんですね。 甘いものの食べ過ぎは危険 甘いものを食べ過ぎると、 うつ状態になりやすくなったり、骨粗しょう症や貧血などの病気になりやすくなります。 糖分の消化でビタミンやカルシウムが使われてしまい、不足状態になりやすいためです。 それだけではなく、甘いものの食べすぎで糖化という現象が起き、 肌荒れや動脈硬化などの老化現象が起こる可能性も高くなるのです。 甘いものが大好き、なのは良いと思いますが、食べすぎには気をつけましょう。 頭を使うと甘いものが食べたくなる、とよくいわれますが、甘いものを食べたあとってなんだか集中できないように思います。 低血糖による倦怠感などが原因かと思われますが、集中したいときに甘いものを食べすぎたりしないのがいいようですね。 甘いものの食べすぎを防ぐコツ 甘いものが食べたい、という衝動を抑えることで甘いものの食べすぎを防げると思います。 その衝動を抑えるのが難しい、ということはもちろん承知です。 普段からバランスのいい食事をとっていればそのような衝動が起きるのは防げます。 緑黄色野菜や肉、魚をバランスよくとりましょう。 また、ストレスを感じて甘いものが食べたくなったら、 まずはひと息つきましょう。 軽い運動をするのも効果的です。 普段から健康的な生活を送っていれば、甘いものばかり暴食してしまうのを防げます。 これは私の経験ですが、普段あまり甘いものを食べていないと、久しぶりに甘いものを食べたときにすごくおいしいと思えます。 味覚が繊細になっているような感覚です。 甘いものばかり食べていると甘みに慣れてしまって、いろんな味覚が鈍感になってしまうのです。 不用意に甘いものをバクバク食べない方が、本当においしい甘みを食べたときに感じるものが大きいと思います。 以下の2つのアドバイスを参考にしてみていただきたいです。 私は、この2つのポイントを意識して生活しています。 そのおかげで、やせ型の体型を維持できていると思っています。 自分の食べているものを常に意識しよう あなたは、昨日1日でなにを食べて飲んだか、すべて挙げることはできますか。 隣の席の同僚からもらったチョコレートや帰り道に買って飲んだジュースなど、全部覚えているでしょうか。 まずは、 自分が1日で何を食べて、飲んでいるのかを把握するようにしましょう。 私は、もう自分の頭で記憶できるようになっています。 何を食べたか、食べるたびに自分の頭の中のメモ帳に記録します。 ひとによっては、それが難しい方もいると思います。 慣れるまでだけでも、まずはアプリや日記帳など自分の好きな形で食べ物記録をとるといいと思います。 記録を始めると新たに気づくことがたくさんあると思います。 自分が思っているよりも、たくさん間食しちゃっていませんか。 こんなに甘い飲み物ばかり飲んでいたっけ、など新しい発見があると思います。 このように、自分が朝から何を食べているか把握していれば、これから食べるクッキーやチョコレートを食べるかどうか迷ったときの指標になります。 こうして常に自分が食べているものを把握していれば、今日は朝からたくさん甘いものを食べすぎちゃってるから、もう今日は甘いものはやめよう、と思えるようになるのです。 また、自分が食べているものに意識を向けることによって、無駄にバカ食いなどをすることが防げ、 満腹感を得られるようになります。 これは、実際にやり始めるとわかりますが、やってみるとすごく効果的です。 1週間でいいので、ぜひ続けてみてください。 低糖質のあまいものを食べよう 甘いものでも、低糖質のものであれば、ダイエットができます。 最近は 糖質カット系のおかしを多く見かけるようになりました。 コンビニでも気軽に買えるので、私もオフィスで仕事中によくつまんでいます。 おすすめの食べ物を3つほど紹介します。 まるで、チョコレートバーのような味のものが多く、愛用しています。 プロテインを摂ると、 空腹にもなりにくいので間食代わりに食べるととてもいいと思います。 プロテインを食べているというよりは、普通のチョコレートバーなどを食べている感覚です。 おいしいので、 食べ過ぎには注意しましょう。 また、1日で摂るべきたんぱく質の量って結構多いのです。 なので、このようにプロテインバーで必要なプロテインを摂取できるのも大きな利点になります。 仕事しながらなどでも手軽につまめます。 コンビニでも買えるし、最近は専門店なども増えてきましたね。 専門店だと、 砂糖不使用のものが買えるので少しお高いですが私はたまに購入します。 コンビニでは、ナッツとセットになっているものがあり、それを私は気に入っています。 いろんな味をお手頃に楽しめて、飽きないから良いです。 甘いものがやめられない人にはとても嬉しい商品なのではないでしょうか。 味も、普通のものとそこまで変わらず、ダイエットしているのに甘いものを食べられるのでストレスもたまりません。 いつも手に取るあのチョコレートやクッキーをやめて、ぜひ今日から 糖質カットのものを選んでみてください。 まず、甘いものがやめられない理由を深堀りしてみました。 私たちの身体が甘いものに依存しやすいようになっているのでした。 しかも、 甘いものは中毒になりやすいだけでなく、食べれば食べるほどとまらなくなってしまいがちなのです。 甘いものがやめられないのは、しょうがないと思ってしまうかもしれません。 ですが、甘いものの食べ過ぎは身体によくないということも説明しました。 甘いものを食べ過ぎると、 ビタミンやカルシウム不足になりやすく病気になりやすいんでしたね。 それだけではなく、 老化現象が起こる可能性も高くなるともお伝えしました。 そういった怖い症状を引き起こす可能性のある甘いものの食べすぎを防ぐ方法がありました。 甘いものをどうしても食べてしまうあの衝動を抑えるには、 普段からバランスの良い食事をとることや、軽い運動をすることが効果的なのです。 そして、それでも甘いものがやめられない場合でもダイエットは可能です。 ここが今日の本題でした。 甘いものを食べながらでも、痩せられる2つのアドバイスを紹介しました。 これらは私も実践しているものなので、本当におすすめです。 自分の食べているものを常に意識しよう• 低糖質のあまいものを食べよう まずは、自分が普段食べているもの、飲んでいるものに意識を向けましょう。 それだけでも、食べる量が変化するはずです。 そして、甘いものを食べるのであれば、低糖質のものにしましょう。 おすすめの低糖質の食べ物を紹介しました。 たんぱく質を多く気軽に摂取できる プロテインバー、自然の甘みを味わえる ドライフルーツ、 糖質カット系のチョコレートやアイスクリームです。 これらは甘いものではありますが、低糖質のため間食をとるには最適です。 ぜひお試しいただきたいです。 この記事を通して、甘いものには中毒性があることや甘いものの食べすぎには注意すべきこと、そして甘いものを食べつつもダイエットする方法を学んでいただけたかと思います。 ぜひご自身ができそうなところから始めていただければと思います。

次の