おもしろいらすとや。 ラスト シンデレラ

小学2年生 【漢字クイズ】 問題プリント|ちびむすドリル【小学生】

おもしろいらすとや

女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性たち。 そんな彼女たちの中には、過労やホルモンバランスの崩れから髪の毛が薄くなったり、男性のような濃いヒゲが生えてきたという人も見られるという。 また、ある調査によると、25歳~35歳の未婚女性の約6割が「自分がオス化している」と感じているそうだ。 (2009年NEC調査) 29歳の時には、「結婚」か「仕事」かで悩めば良かったけど、39歳オス化女子になるとそれに加えて、「出産」「離婚」「介護」「転職」など様々な選択と悩みとタイムリミットが押し寄せてくる。 『ラスト・シンデレラ』は、そんな不器用だけど、パワフルにエネルギッシュに頑張る「おやじ女子」たちの姿に迫り、現代女性の姿を赤裸々に描いた作品となる。 そして、今回主人公の39歳のおやじ女子・遠山桜には、2006年の「アンフェア」以来、フジテレビの連続ドラマは約7年ぶりの主演となる篠原涼子が決定した!男女問わず「憧れの女性」として圧倒的な支持をうけ、ますます美しさに磨きがかかった彼女が、なんと!このドラマでは「オス化女子」に挑むことになる!今まで見たことがない篠原涼子が見られそうだ。 そんな桜があるパーティーで出会い、惹かれていく、佐伯広斗を演じるのは、爽やかな魅力と確かな演技力を併せ持つ三浦春馬。 今回は、彼の今までのイメージを裏切る、年下男子・肉食系な役になりそうだ。 さらに、桜にとっては何でも言い合える性別を超えた関係の立花凛太郎には、最近さらに大人の色気と俳優としての深みが増してきた藤木直人が、桜の親友で専業主婦。 姑との関係と夫とのセックスレスに悩む武内美樹役には大塚寧々、桜の親友でフェロモンを撒き散らす肉食女子・長谷川志麻には飯島直子、お嬢様役で凛太郎に恋をしている・大神千代子には菜々緒など、豪華な顔ぶれが揃った。 現代女性たちのリアルな姿を中心にそれを取り巻く人たちの様々な人間模様を描く、笑えてドキドキして切なく楽しいラブコメディーがこの春話題を呼ぶことは、間違いない!.

次の

面白い無料ゲームで遊ぼうよ【おもしろゲーム】

おもしろいらすとや

「おもしろい文章は、内容がおもしろい」という残酷な事実がある。 もちろん、表現や言い回し、空気感などでおもしろさを伝えられる人もいる。 しかしそれができるのは、作家など一部のプロフェッショナルだけ。 下手にマネすると「さむいエッセイスト」みたいになる。 プロの書き手ではないぼくたちが「おもしろい」と思われる文章を書くためには 「内容で勝負する」必要がありそうだ。 ただ、おもしろいと思われるような「新しい考え方・できごと・情報」なんて、そうそうあるもんじゃない。 というわけで、「やっぱりおもしろい文章なんて書けないや」とあきらめてしまいがちだ。 一方で、ふだんぼくらが「おもしろい」と思う文章は、 ずっと「なるほど!」「へえ!」が続くようなものでもない。 ずっと「新しい情報」だらけの文章は疲れてしまうのだ。 たとえばこんな文章がある。 パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家である。 東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。 オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。 これは「パプアニューギニア」を説明したウィキペディアの文章に少し手を入れたものだ。 地理に詳しくない人にとっては「新しい情報」だらけだろう。 でもこの文章を「ほうほう、おもしろい」とはなかなか思えない。 しかもバンバン固有名詞が出てきてついていけない。 それよりは、 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 簡単に言えば、オーストラリアの「上(北)」にある。 パプアと聞いて「南国少年パプワくん」を思い出す人もいるかもしれない。 「南国の、ほのぼのとした国」というイメージを持つ人も多いだろう。 さて実はこの国、第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていたことをご存知だろうか? 第二次大戦では、日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 大戦後に2つの領土は統合されて「パプアニューギニア」と呼ばれるようになったのだという。 のんびりとしたきれいな海も、かつては血に染まっていたと知り、ぼくは複雑な気持ちで帰路についた。 のほうが、まあまあ「読める」し「おもしろい」と思ってくれる方もいるかもしれない(いなかったらごめん)。 「おもしろい文章」のポイントは「共感」にあり 何が言いたいのかというと、 おもしろいと思う文章の8割くらいは「わかるわかる」という「共感」でできているのではないか、ということだ。 先日、パプアニューギニアに行ってきた。 ……と言っても「パプアニューギニアってどこだっけ?」という人も多いだろう。 などの部分は、別に新しい情報でもなんでもない。 ハッキリ言っておもしろくもないだろう。 ただ、この部分があることで、書き手と読み手のあいだの溝が埋まり、 ・第二次世界大戦前までは「パプア」と「ニューギニア」という2つの地域に分かれていた ・日本軍と連合国軍がこの地で争い、約21万人もの兵士が戦死した。 といった、後半の「新しい発見」が際立ち、伝わりやすくなる。 このように「旅行に行ったのね」「パプアニューギニアってどこだっけ?」「あーパプワくん、懐かしい」などといった 「共感」で引っぱりつつ、残り1〜2割くらいで「そうなんだ!」「なるほどね!」と思わせる。 こうすることで「新しい考え方・できごと・情報」がそこまで多くなくても「おもしろい文章」を無理せず書くことができる。 おもしろい文章を書くといっても、内容を「おもしろいことだらけ」にしなくていい。 「共感8割、発見2割」を目指すくらいでちょうどいいのだ。 【追記】 ……あ。 そういえば、上記の内容をツイートしたときに「それは人間も同じですね!」という返信をもらって「なるほど!」と思った。 めちゃくちゃ奇抜で、まったく共通点のないような人を「おもしろい」とは思えない。 むしろ「怖い」という感覚に近い。 でも、8割〜9割は自分と同じような感覚を持っていて「気が合うな」という人に「自分と違う部分」を見つけたとき「おもしろい」と思う。 8割くらい共感できて、2割くらいの発見がある。 そういう人のことを「おもしろい」と思い、好感を抱くのかもしれないな。

次の

面白い無料ゲームで遊ぼうよ【おもしろゲーム】

おもしろいらすとや

まずは上司に叱られた新入社員のおもしろいミスや冷や汗が出てしまうような失敗ネタをまとめました。 先輩社員の人も、新入社員の時に仕事で、このようなミスをしたことがあるのではないでしょうか? ・仕事上の重要書類をシュレッダーにかけて粉々にした。 ・シュレッダーに紙を詰めすぎて壊した。 要らない書類が山になりました…。 ・先輩との資料読み上げ作業中に寝た。 しかも、うなされていたらしい。 ・一人では運べない大量のごみ捨てを、積極性が大事だと考えて「私がやります! 」と買って出た。 結果、廊下にゴミをぶちまけていた。 ・宛先を確認せず重要なメールを競合他社に送信した。 上司にこっぴどく叱られた。 ・前日緊張して眠れなかったため、入社式で爆睡した。 新入社員は緊張や焦りから、さまざまなミスをしてしまうもの。 居眠りぐらいならおもしろいミスで済みますが、宛先間違えや重要書類を粉々にしたなんて失敗談は、トラウマになってしまうかも…。 ・上司宛の電話を取り次いだ。 名前が聞き取れず「出てからのお楽しみです」と電話を繋いだ。 もちろん、電話を終えた後に注意された。 ・朝のラッシュで、初めてホームでマイクを持ったとき、緊張のあまり「で で で電話が参ります」と言った。 ・短縮を押さないで110番にFAXをした。 警察から間違ってますよと電話がかかってきた。 ・「これB4でコピーお願いします」と頼まれて、地下に続く階段を降りて地下4階に行こうとした。 ・宛名に御中ではなくて「want you」と書いた。 ・有限会社の(有)をアルファベットで「U」と書いた。 発想がすごいと言われた。 ・お客さんから名刺を渡され、先輩に「名刺の名前で領収書をきって」と指示された。 次の瞬間、領収書と一緒に名刺をハサミで切った。 初々しい新入社員は発想も奇抜です。 ネタとして、いつまでも語り継がれそうなものまで。 電話をしたら、「今、パチンコ中で、当たっちゃって戻れないんです」早く会社戻れ。 ・出向に来た新人らしい女性が、社内でポテトチップを食べていた。 すぐに追い出した。 ・朝礼の時に新人が倒れた。 具合が悪いのかと思ったら、ゲームのし過ぎで寝ていないんだとか。 ・新入社員が所長を「村長!」と呼んでいた。 社内の皆は大爆笑だった。 「村長」はネタとしてからかわれるぐらいで済みそうですが、休憩中のパチンコはひどいですよね。 休日にやりましょう!出向先でポテチを食べるのはいくらお腹がすいていたからとはいえ、良くないですね。 仕事中だという自覚がないと、怒られるのは仕方ありませんね。 「はあ?」みたいな顔をされた。 ・人を容姿で覚えていて、社内にいる太った人やバーコードハゲの名前がごちゃ混ぜになって、名前が呼べない状態に…。 ・上司に年賀状を出したら、名前の漢字が思いっきりまちがっていた。 ・顔を覚えておらずエレベーターで無視してしまった。 後々、部長だと分かって冷や汗かいた。 大企業に入社したら、いくら人数が多くても偉い人の顔と名前を覚えなくてはなりません。 さらに役職も加わると把握するのが大変ですよね。 手紙での間違いも結構大変です。 漢字はしっかりと覚えておきましょう。 上司がそのことを注意したら「自分の席のパソコンを使って何が悪い?」と逆ギレしていた。 ・得意先から商品を持ってくるように言われた新人営業マン。 その日は雨だったのだが、「雨降ってるのにやだー」と電話で言った。 ・「残業してはいけない宗教に入っているので、私は会社を辞めます」と言って、辞めていった新入社員がいた。 ・新入社員はすぐに「なるほど~」と言う。 全然分かってないし、仕事を覚えないのに「なるほど!」を連発。 なるほど、が上から目線とは知らないらしい。 ・お客様の名前を間違った名前で覚えて、そのままの名前で呼んでいた。 ・会社の電話に出たときに「おまえ何様でしょうか?」と言ってしまった。 本当は、「おなまえどちら様でしょうか」と言いたかった。 ・なかなか正しい敬語が使えない。 電話をかわった時「おかわりします!」と元気に言った。 ・社長を「パパ!」と呼んだ。 なかなかおもしろいミスをしてしまう新入社員たち。 来年はしっかり仕事を覚えて、同じ失敗をくり返さないでほしいものですね。 新入社員のおもしろいミスは笑えても、仕事の失敗談は冷や汗もの 新入社員は先輩社員には考えられないミスを連発します。 中にはおもしろいミスだと爆笑する失敗談もありますが、「常識がなさすぎる」と理解できないミスも多々あるでしょう。 新入社員のみなさん、おもしろいミスも冷や汗ものの失敗も許されるのは一度までです。 仕事では2年目に同じミスは許されませんし、責任のある立場になったら信用を失う可能性もありますよ。

次の