この近くのゲーセン。 店舗検索

なつかしのゲームがギッシリ!話題の大阪・新世界のレトロゲーセン「ザリガニ」に行ってきました!

この近くのゲーセン

から来たのですが、青島と子供の国の間を歩いてみたかったので、いったん子供の国まで行きました。 そうしないと、歯抜けの未乗車が出てきてしまいますからね。 解説は駅順にしておきます。 こちらも一度いっておきたかった駅です。 小学生の時にこの駅のすぐ近くのホテルに泊まったのですが、ゲーセンに夢中になってホテルの外に出ませんでした。 当時の私の性格なら、抜け出して駅に行ったはずなんですが。。。 下手をすれば列車に乗った可能性もあるのですが。。。 このアングルでの写真が昔から好きで、よくとっています。 改札口って異空間への旅の第一歩ですからね。 荘厳なものを感じます。 駅には珍しくコインロッカーがあります。 こどものくに 小学生以来の訪問です。 ここと、サボテン公園、鬼の洗濯板、リニア実験線(併設)などに行きましたね。 すっかり様子が変わっていると思ったら、赤字続きで遊具類が撤去されていました。 当時の写真です。 上の写真と同じような場所で撮っていると思います。 訪れたかった駅の一つです。 こんなに近くに駅があったのなら、こどもの国を抜け出して、入場券を買いに行けばよかったと小学生の時に後悔していました。 友達と遊びに夢中で忘れていました。 駅です。 出札の痕がかすかに残るのみ。 特急「海幸山幸」 ここからは後続の特急で一気にに向かいます。 乗客は15名程度でした。 こちらも忘れずに記念乗車証とスタンプをもらってください。 の開業で復活した駅ですね(実はいったん大昔に廃止されている)。 この駅で乗り換えてに向かい、で帰ってきました。 島式ホームの2線なので、交換可能です。 遠くに空港が望めます。 これは・空港方向の出発反応標識です。 左から、下り2番、下り2番、下り1番、下り1番となっており、この先でいったんつながっていますが、それぞれで分けて取り扱っているようです。 配線マニアさんが好きそうな駅ですね。 2番線の出発信号機です。 は電化されているので、電車が入ってきます。 このようにいったんもも一緒になります。 しばらくすると分岐します。 左手がです。 架線は左の線路だけにかかっていますね。 車載器キャップ?() 保安設備マニアさん向けのおまけ記事です。 途中駅でこんな看板を見つけました。 理由はこれです。 特殊自動閉塞式(電子符合照査式)。 この機械自体が固有の番号をもっており、運転士が交換可能駅で逐一ボタンを押すことで自動的に次の交換可能駅までの開通を確認し、出発信号が青になるという仕組みです。 なので、特急ですが、このボタンを押すという作業のためにでをしました。 時代なら、通過しながらの通過授受をしたところですが、このようにひと手間かかってしまいます。 今、書きながら、木花で交換列車もないのに停車した意味が分かりました。 機械化で逆に余計な時間がかかってしまったわけですね。 機械の左にアンテナがありますが、これで駅の通信設備と無線でやり取りします。 閉塞式で駅長(駅長)の役割を運転士がやるようなものですね。 もうすぐなくなると思いますので、写真に収めておきました。 で「キャップ?」の意味ですが、この保安形式は次の交換可能駅ので終わり、この機械の役割も終わるので、ボタンを押さないようにキャップをしなさいという意味でしょう。 が開通した時にできた看板でしょうね。 Estoppel.

次の

2014年06月: 幸せのゲーセンプレイ日記

この近くのゲーセン

やったーアツいゲーセンがふえたよ! 以前からゲーマーの間で話題になっていた、大阪・通天閣本通にあるゲームセンター。 ガチャガチャがたくさん置かれていた時期もありましたが、 先日から、ゲーム筐体がたくさんの素晴らしいレトロゲーセンに進化していました! というわけでさっそくお伺いして、お店の方に店内の撮影と写真掲載の許可を頂いたので ご紹介させて頂きたいと思います! ちなみに、このゲーセンを10月ごろ撮影した写真はこちら。 以前は大量のガチャガチャとゲーム筐体がほんの少しあっただけで、 これからどうなるのかと話題になっていました。 そして、現在の「レトロゲーセン ザリガニ」店内はこんな感じに進化! ブラストシティの筐体がぎっしりみっちり! 昔のゲームセンターにはよくあった、この筐体がズラッと並んだ光景、 今ではすっかり見ることが少なくなりましたよね…! 中には『超絶倫人ベラボーマン』や『サイバリオン』のようなアツいタイトルや… なんと『ハイ・ボルテージ』などのレアなゲームもありました! お店のおばちゃんにお話をお伺いしたところ、このお店は ゲームが大好きだった、亡くなった旦那さまの遺志を継いで開店されたんだそうです。 この店名「ザリガニ」は、小さい頃勉強もせずにザリガニ釣りばかりしていた頃の 思い出をこめて名付けられたんだとか。 このレトロゲーセン「ザリガニ」は、大阪・新世界の近く、通天閣本通にあります。 地下鉄恵美須町駅の3番出口から出てまっすぐ歩くと、すぐ右手に見えてきます。 住所は。 そしてみんなで懐かしのゲームをいっぱい楽しみましょう! 最後に、 2016年12月17日現在、設置されていたゲームのラインナップを ざっとメモらせていただいたので、ご紹介しておきます。 スーパーマリオブラザーズ ・マリオブラザーズ ・VS.

次の

ゲーセン

この近くのゲーセン

大阪のレトロゲーセンザリガニに行ってきました! もの凄いレトロ機のラインナップに悶絶ものでした!! 通天閣を堪能して、いよいよ大阪遠征の目的のお店に。 通天閣からほど近くににある「レトロゲーセンザリガニ」 レトロゲームといえば、東京ではミカドやHeyなどが有名ですが、それらと違ってこの店はレトロゲームオンリーです。 3階建てのお店がすべてレトロゲームという、マニアには信じられない夢空間 1階から適当に見ていきますが、あまりの多さにとてもすべて紹介できないので、プレイして撮影したものだけを。 (ゲームは入れ替えや故障で稼動してないなどあるので、現地にいかれる方はご注意を。 ) まずは テトリス、セガ版ではなくコピー基板なのが珍しい。 背景がないのが識別ポイント。 昭和の末期から平成初期に全盛だった大型筐体。 右が アフターバーナーのDX筐体 画面がちょっと焼け気味だったけど、グリングリンうごくコクピットの迫力は健在。 名作の ナイトストライカー。 ライトギミックやコンパネコンディションも完璧。 奥には ダライアスの3画面筐体。 忍者ウォリアーズに改造されたものが多いので意外に現存は少ない。 何十年ぶり化のナイスト体験。 アウトランのデラックス筐体。 ポリゴン以前のラインスクロールドライブの最高傑作。 なお、大型筐体ものは1プレイ200円(半分はメンテ費) バンプレストのアーケード最大のヒット作の セーラームーン ゲーム内容はしっかりとした格闘でいまでも十分面白い。 名作シューティングがずらり、 1943、雷電2、鮫鮫鮫 これは珍品! SNKの 怒号層圏。 ロータリースティックという特殊なコンパネのため動いてるが超貴重 ナムコの低迷期の作品のひとつ トラック狂走曲 残念ながらプレイできず。 こちらもナムコのガンシューだけどスナイパーという異色作の ゴルゴ13。 ちょっと照準がズレてた。 ここから2階と3階のラインナップ。 こちらは格闘ゲームの対戦台がメインになります。 関西だからか、SNKやカプコンがメインでした。 バーチャシリーズ これはすごい!! カネコの異色格闘3作、 冨士山バスター、大江戸ファイト、ジャッキー・チェン。 知られざる名作。 ナムコの対戦アクションシューティングゲームの アウトフォクシーズ。 ひさしぶりにやったら超難しかった。 セガのマイナーな名作、 スーパーロコモーティブ 右はこれも激珍品なタイトーの イグジーザズ。 もともとはハーフミラー筐体用に作られてシューティング。 オリジナルのコンパネが健在な、 サイバリオンに ベラボーマン。 特にサイバリオンは個人的にもとても思い入れが強い。 懐かしくて涙出る。 もはや博物館クラスの いっきに、 リバーパトロール。 いっきはファミコン版がクソゲーとして名高いが、アーケード版のオリジナルは面白い良作。 ストIIのご先祖様の ストリートファイター。 6ボタンの操作系の元祖。 といった感じで1時間半くらいレトロゲームを堪能いたしました。 ほんとは半日ぐらい予定をとっておくべきだった、アソビ足りない! いやあ、こんなスゴいラインナップを稼動させているだけで、どれだけメンテナンスが大変かと思うと頭が下がります。 ちゃんと商売として儲かっているのかどうか、とっても心配ですが、どうかレトロゲームの聖地として頑張って欲しいです。 また大阪に行く機会があれば再訪します。 ご注意として、こちらのお店は高額紙幣の両替機がありません。 周りのお店も午前は開いてないので、1万円札を崩すために、途中で通天閣近くのコンビニまで戻るはめに。 といった感じで、大阪新世界編はもう一回だけ続きます。 おまけ 関西人が見ると一発でどこだかわかる街路.

次の