お通夜 服装 冬。 冬の葬儀の服装でダウン・ストール・セーターは失礼?フードやボタンの色は?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

お通夜に参列するときの服装マナーまとめ

お通夜 服装 冬

クリックして好きな場所へ移動• 喪服の上にダウンはOK? 出典: 豪雪地帯にあたる地域の場合は 特に寒さが厳しいので、 着用される場合があるようです。 本来のマナーでは黒いコートが 男女共に 理想ではありますが、 参列者も震えながら葬儀会場まで来るよりも 寒い冬の葬儀では、臨機応変に対応されて 大丈夫だと思います。 ただし、 会社関係の社会人として参列する 葬儀などの場合は、黒いコートが良いでしょう。 ダウンではカジュアルすぎて相応しくありません。 最近のダウンはリバーシブルになっている ものも多く、 会場に入って脱いだ際に、 裏が派手 だったりするものは注意しましょう。 色は ・黒 ・紺 ・グレー 辺りだと無難ですが、 身に着けるものに厳しいしきたりがある 地域では、 つやのある素材 が好ましくないと 言われるかもしれませんので、 生地に光沢があるものは少し注意です。 ダウンそのものが良くないと言われるかも しれません。 判断に迷うようであれば、 年長者の方に相談してみるのが 一番良いと思います。 あくまでも葬儀会場までの着用で、 室内に入れば脱ぐものなので、 中にきちんとした喪服を着れば大丈夫です。 受付で上着を脱いで預ける場合もありますが、 大き目の袋を用意しておいて、 入り口で脱いで袋にいれておくと 始末が良いと思います。 寒がりだからと言って、式場内でもダウンを 来ているのは非常識なのでやめましょう。 女性が葬儀の際にダウンを着ているのは ほぼ見かけたことがありませんので、 男性に多くみられる服装だと言えるでしょう。 喪服の上からストールは大丈夫? これは女性の場合のお話しですが、 ストールも、ダウンと同じように 屋外で着用する分には失礼にはあたらない と思います。 ただし、寒いからと言って式場内やお焼香の 際にも着用したままはやめましょう。 女性は喪服がスカートの場合が多いので、 足元が冷える場合には、 席に座った際にひざ掛け程度にするのは 大丈夫です。 ただし、柄物や総(ふさ)がついたもの、 キラキラした飾り、ラメの生地はNGです。 ・黒 ・紺 ・グレー の無地であるならおおよそ大丈夫だと思います。 ただし、なるべくシンプルにすっきりと 着こなすのが礼服です、 インナーを保温性のものにしたり、2枚重ねで 着たり、貼るホッカイロも重宝します。 (特にお寺が会場の場合は寒いです) 葬儀の場では、なるべくなら着用しない方が 良いので、セーターを着るよりも インナーを工夫された方が良いでしょう。 フード・ボタンなどの小物の注意点 ダウンジャケット(コート)などの 上着にフードが付いているものは、 取り外しができるのであればなるべく 無い方がいいでしょう。 フードにファーが付いているなら尚更です。 動物の毛を連想させるものは避けます。 なるべくカジュアルにならないのが せめてものマナーです。 ボタンも金色やカラフルなものであれば その服は葬儀の場にはふさわしくありません。 どうしても他に着るものが無いという 緊急の場合なら仕方ありませんが、 社会人であるならば、 安くてもいいので、 1つ無地の黒いコートを持っていれば 迷う事もありませんね? スポンサーリンク まとめ 出典: 基本的には、冬場の寒い葬儀の際には 一般的に喪服(礼服)の上に 黒い無地のコートが一番です。 ご遺族の心情にも配慮して、安易に カジュアル・派手な服装はやめましょう。 しかし、自分の服装ばかり気にしたり、 周りの人の服装をこまごまとチェックする 事よりも、一番大切なのは 故人・ご遺族に対して心から哀悼の意を表す 事です。

次の

通夜マナー】お通夜とは・挨拶・香典・服装・時間・友引・通夜見舞い・仏滅

お通夜 服装 冬

冬の葬儀で着用できるコートとは 冬の葬儀には防寒対策としてコートは必需品です。 礼装用コートならば問題ありませんが、急なことで準備ができない、使う機会が少ないためそろえていない、という人も多いと思います。 そのようなとき、どのようなコートを選べばよいでしょうか。 コートの色と種類 一般に葬儀に着ていくコートは、 黒や濃紺、ダークグレー系のダークカラーでシンプルなデザインのものがよいでしょう。 基本的にカジュアルなものでなければ問題はありません。 最近は黒い膝下丈のダウンコートを着ている人も多く、トレンチコートやダッフルコートも見られます。 ベージュ系などの春物コートはマナー違反にはなりませんが、黒一色の葬儀場の中では浮いてしまう可能性があります。 その場合は式場の外でコートを脱いでいけば問題はありません。 気を付けなければいけない素材 仏教では殺生は禁じられているため、 革やスエード、毛皮のコートの着用は避けます。 また、 フェイクファーの素材もなるべく控えたほうがよいでしょう。 襟元などに着脱できるファーがついているものは取り外しましょう。 また、 光沢のあるサテンなどの生地も葬儀には不向きです。 式場では、コートやジャンパーなどの上着類はクロークに預けますが、葬儀場によっては持ったまま進んでくださいといった案内がされるところもあります。 その場合は手に持って式場内に入りましょう。 冬の葬儀に白いマフラーはダメ? 葬儀で着用するマフラーはどのようなものを選べばよいのでしょうか。 マフラーは式場に入る前に取りますが、お焼香までの時間を外で待つこともあります。 また、葬儀場によってはお焼香の場所が屋外に設置されることもあるため、 マフラーは黒系の落ち着いたものがよいでしょう。 マフラーで気を付けることは、 白のマフラーはマナー違反となりますので、ご注意ください。 また、ファー素材のものも着用を避けましょう。 真冬の葬儀にはタートルネックを着用される人もいます。 マナー違反ではありませんが、人によっては良い印象を持たない人もいます。 マフラーや使い捨てカイロなどで上手に防寒対策をしましょう。 冬の葬儀、黒タイツを履いても大丈夫? 女性の葬儀の服装は黒のワンピースかスーツが基本です。 足の部分の露出が多いワンピースの場合、冬の葬儀ではストッキングの代わりに黒いタイツを着用して参列する人も見られます。 黒タイツを履くことはマナー違反とはされていませんが、 一般的に礼服では黒のストッキングとされていますので、なるべく薄いタイツを選ぶことをおすすめします。 60デニールくらいでも、ストッキングと似た透け感のあるものであれば、カジュアルに見えにくいのでおすすめです。 ただし、極厚のリブタイツは避けましょう。 なお、 パンツスーツの場合は黒あるいは肌色のストッキングを着用します。 冬の葬儀の靴選び《女性の場合》 冬になるとブーツを履くことも増えますが、葬儀には シ ンプルな黒のパンプスが適切です。 葬儀の靴はいうまでもなく黒が原則です。 ただし、 黒でもローファーはカジュアルに見えるので避けたほうがよいでしょう。 避ける素材は、 殺生を連想させるスエードや爬虫類の革を使ったもの、光沢のあるエナメルのものはマナー違反となります。 ただし靴の場合、革以外でフォーマルに見える素材が少ないこともあり、シンプルな素材のものは許容されています。 ヒールの高さは一般的に3~5センチが推奨されています。 歩きやすい太めのヒールが望ましく、ピンヒールは避けます。 粛々と行われる葬儀では靴の音にも十分な注意が必要です。 なお、 寒冷地での葬儀や大雪などの荒天の日は、ブーツや長靴でも目立たない地味なものならば履いていてもよいでしょう。 その日の天候にあわせて臨機応変に対応することが大切です。 冬の葬儀の靴選び《男性の場合》 葬儀のときの男性の靴は、形・素材や色のマナーを守って選びましょう。 男性の場合、女性ほど靴の選び方はむずかしくありません。 よりフォーマルな靴選びは、つま先の形と靴ひもを通す羽根という部分に注意します。 黒のストレートチップという、 つま先に横に一文字の線が入ったもので、靴ひもを通す羽根が外に出ていない内羽根式となっているタイプが最もフォーマルな靴となります。 ビジネスシーンでよく見られるつま先のデザインがUチップやウィングチップの靴、金具がついた革靴は避けましょう。 また、靴下も靴にあわせて黒に統一します。 靴を脱ぐような場面では、靴の中敷きも黒にするとよりフォーマルに見えます。 まとめ 冬の葬儀に参列する場合の、失礼にならないコートやマフラー・タイツなど防寒アイテムの選び方をご紹介しました。 仏葬の場合は殺生を想起させるファーやスエードなどを避けること、白いマフラーはマナー違反、カジュアルに見られる厚いタイツやピンヒールの靴は避けるなどがポイントでした。 葬儀のことについて相談してみたいという方、一度葬儀のお見積りをしてみたい方はぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

【通夜・葬儀・告別式】服装や時間など必須マナー5つと基礎知識【保存版】

お通夜 服装 冬

葬儀が冬場に行われる場合は、喪服の上に着用するコートも必要になりますよね。 本来であればコートはフォーマルウエアのくくりには含まれないのですが、やはりお悔やみの場にふさわしいコートを選びたいはず。 室内ではコートを着用することはありませんが、あまりに寒いときは出棺のときにコートを着る場合も。 そんなときに、一人だけマナーを逸脱したコートを着てしまうと割る目立ちしてしまい、参列者によくない印象を与えてしまうことになりかねません。 そういったことも考えると、喪服の上に着られるコートを1着持っておくことをお勧めします。 そこで今日は、喪服の上に着るコートを選ぶ際に知っておきたい、7つの服装マナーをご紹介します。 喪服は揃えたけどコートはまだ、という方は、本記事をコート選びの参考にしてみてくださいね。 ジャンパーでなく、コートを選びましょう 「コートではなくてジャンパーやダウンジャケットでもいいの?」と疑問に思う方もいらっしゃいますが、マナー的にはNGです。 せっかく喪服をフォーマルにしたのですから、上に羽織るものもカジュアルなジャンパーやダウンジャケットではなくコートを選びましょう。 長いダウンコートであっても、カジュアル感は変わりません。 親戚の法事では許されているとしても、会社関係の葬儀等に出席するような場合はコートが必須になります。 普段カジュアルな服装しかしない方は、手持ちの服ではなくフォーマル用のコートを準備しておきましょう。 黒やグレーを選びましょう 喪服に羽織るコートを選ぶのですから、色は黒一色がベストです。 そのほか、グレーやこげ茶なども許容範囲であるようです。 「普段使うコートと兼用にしやすいベージュのコートを買いたい」という方もよくいるようですが、万全を期すのであれば葬儀の場で目立つベージュは避けておいた方が無難でしょう。 間違っても白いコートなどは着て行かないようにしましょう。 男性の方は休日にコートを着る機会があまりないという方も多いので、喪服の上に着られるようなコートを通勤用に選んでもいいですね。 女性も、普段着られるものを選んでもOK。 無地のコートを選びましょう 色がマナーに則った黒やグレーであっても、チェックやボーダーなどの模様が入ったコートはNGです。 お通夜や葬儀はおしゃれに装うための場所ではないので、そういった目的があるように捉えられる服装や格好はマナー違反です。 普段着用するコートと兼用するにしても、マナーを逸脱してまで普段寄りのデザインを選んではいけません。 革や毛皮素材は避けましょう これはコートだけに限ったことではありませんが、葬儀の場では殺生を連想させる動物の革素材や毛皮を身に着けるのはよくないこととされて避けられます。 たとえフェイクファーであったとしても、周りの人に殺生を連想させてしまうことになるのでNGです。 そのほか、ボア素材も同様に避けるようにしましょう。 毛皮の飾りが付いているコートだとしても、自由に取り外しができるものを選べば普段と喪服用で着回しができて便利ですね。 お勧めとしては、長く着られて暖かいカシミヤ素材のコートがいいでしょう。 光るボタンの付いていないコートを お通夜や葬儀の場では、バッグや靴にゴールドなどの光る金具が付いていないものを着用するのがマナーです。 これは、コートについても同じことが言えます。 ゴールドやシルバーなどの光るボタンが付いていないコートがベストです。 手芸店にボタンに被せる黒いカバーが販売されているので、コートを買うのであればそういったグッズを使用してもいいですね。 そのほか、コートの生地についても光沢があるものはマナー違反とみなされます。 具体的には、エナメル等の光る素材やラメが織り込まれている生地は避けるようにしましょう。 フード付きのコートは避けましょう 厳密に言えば、ダッフルコートなどのフードが付いたタイプのコートはフォーマル感が薄く、カジュアルな印象になってしまうので避けた方がいいでしょう。 フードを取り外しできるような場合でも、そういったコートはデザイン自体がカジュアルなものが多いのでお勧めしません。 学生さんなら許容範囲かもしれませんが、大人であればフォーマルな形のコートを着て行くようにしましょう。 人のコートの形なんて気にしない、という人もいる半面で、意外とこういう細かいことを見ている人もいるものなのです。 長い丈のコートがベスト 男性の場合はこの限りではありませんが、女性が喪服の上に着るコートは長い丈のものがベストです。 喪服といっても、スカート丈が長いフォーマルなものから膝丈くらいのものまで様々。 コートから中途半端にスカートが出ているとみっともなく見えてしまいます。 マナーというより、見た目の問題ですね。 普段の冬用コートと兼用するという人は、その着回しなども考えて選ぶため、あまり長い丈は好まれないようです。 ただ、喪服用に1着コートを購入するということであれば長いものをお勧めしておきます。 いかがでしょう、「黒っぽい上着だったら、喪服の上に着られる」というわけではないということがお分かりいただけたと思います。 文中でも触れたように、冬服コートとしても兼用できるコートを購入するという人も多いようです。 喪服用でも、普段着と兼用であったとしても、本記事でご紹介したマナーを守った上で納得のいくコートをご購入されることをお勧めします。 冬の終わり、セールの時期などに探してみましょう! まとめ 喪服の上に着るコートの服装マナー ・ジャンパーでなく、コートを選びましょう ・黒やグレーを選びましょう ・無地のコートを選びましょう ・革や毛皮素材は避けましょう ・光るボタンの付いていないコートを ・フード付きのコートは避けましょう ・長い丈のコートがベスト.

次の