ポルシェ マカン ターボ。 現状の最高EV ポルシェ・タイカン・ターボS 4ドアポルシェで1番の楽しさ

ポルシェ・マカン

ポルシェ マカン ターボ

スポンサーリンク ポルシェのマカンの評判は?(良い点、悪い点) ポルシェのマカンの大きな特徴は、SUVとは思えないほどのスポーツ性能(舗装された路面において)がある点です。 SUVはとれも見た目はパワフルに見える反面、実は大した速度は出ません。 それよりも、悪路(雨や雪といった天候によるコンディションも含む)を走れる性能に特化している車だと言っていいですが、このマカンは2リッターのベーシックモデルでも約時速230キロでの走行が可能となっています。 また、全モデル共通で+オートマチックシフトのみの構成だという点も意欲的です。 多少のパワーの差こそありますが、どのモデルでもこれといった運転技術を必要とせず、SUVが初めてだという人でも安心して運転できるでしょう。 ただし、2リッターツインターボのグレードでも約700万円、3. 6リッターツインターボになると約1100万円という車両価格は、SUVとしては高いと言わざるを得ません。 パワートレインは全然違いますが、日本におけるライバル車のC-HRは約240万円からのラインナップとなっているので、この価格差をどう見るかです。 舗装路面におけるスポーツ性能まで求めるなら、間違いなくこのマカンがおすすめですが、SUVとしてはかなり高額な車なのも間違いありません。 スポンサーリンク ポルシェ マカンの口コミ評判は? ポルシェのマカンを購入した人からの口コミを紹介します。 マカンの口コミ評判1 すごいパワーです! 正直なところ、SUVは見掛けだけの車だと思っていたところがありましたが、このマカンは全く違い、並のスポーツカー以上の性能があります。 それでいて車高が高いので安定感があり、高速道路の走行も全く問題ありません。 普段使いにも向いている車でとても満足しています。 (30代・会社員) マカンの口コミ評判2 日本車からの乗り換えです 以前は日本車のスポーツタイプに乗っていましたが、SUVへの乗り換えにこの車を選びました。 見掛けからカッコイイ点はさすがポルシェで、性能も言うことは何もありません。 少し無理をしましたが、購入してよかったと思っています。 (40代・自営業) マカンの口コミ評判3 ここまでは必要ありませんでした この上のカイエンを狙っていましたが、そこまでは手が出ないので諦めていたところに登場したこのマカンに飛び付きました。 ですが、これでも私にはオーバースペック気味です。 日本車のSUVのように1. 5リッタークラスがあってもよかったのではと思います。 維持費を考えると、あまり長く所持していられないかも知れません。 (50代・会社員) マカンの口コミ評判まとめ ポルシェのマカンは、同社のカイエンよりは下という扱いとは言え、それでも約700万円からのラインアップです。 それだけの価値がある車なのは間違いありませんが、そこまでのスペックを求めない人には持て余してしまう可能性が高いので注意してください。 スポンサーリンク.

次の

ポルシェ マカン ターボ に改良新型、440馬力ツインターボ新搭載

ポルシェ マカン ターボ

Porsche Macan Turbo|ポルシェ マカン ターボ ポルシェ マカン ターボに試乗 SUVのかたちをしたスポーツカー ポルシェのミドルサイズSUVとして人気を博している「マカン」。 なかでも、最もハイパワーな3. 6リッターV6ターボを搭載したホッテストモデルに小川フミオ氏が試乗した。 Text by OGAWA Fumio Photographs by ARAKAWA Masayuki 完璧という言葉しか思い当たらない 「」に乗ると「スポーツカー」という定義一つではないとわかる。 とりわけ、294kW(400ps)のハイパワーを誇る「マカン ターボ」は、「」に代表されるスポーツクーペとはまったく違うスポーツカーだと、感心する出来だ。 ポルシェのSUVは、読者の方はご承知だろうが、「」と、このマカンからなる。 2002年に発売された初代カイエンは重い車体とともに、ポルシェといえども、SUVの分野では多少の試行錯誤が必要なのだと思った記憶がある。 14年に発売されたマカンは、10年以上におよぶ経験を積んできただけあって、素晴らしくスポーティだ。 マカンは、日本市場においては、4つのモデルで構成されている。 2リッター4気筒の「マカン」、3リッターV6の「マカンS」、同じエンジンながら出力とトルクが上がっている「マカンGTS」、そして3. 6リッターV6の「マカンターボ」だ。 スタンダードモデルでもかなりよく出来ていて、スポーティな楽しみを提供してくれるのがマカンの魅力である。 なので、頂点のマカン ターボをどう表現するか。 難しいのだが、完璧という言葉しか思い当たらない。 全長4,680mと、カイエンより17. 5cmほど短い全長を持つボディを持つマカン(ターボは4,699mm)。 ターボはそのフロントに、最高出力294kW(400ps)と最大トルク550Nmの3604ccV型6気筒エンジンを搭載している。 「カイエンS」と基本的には同じユニットだが、あちらはパワーがより上がっている。 Porsche Macan Turbo|ポルシェ マカン ターボ ポルシェ マカン ターボに試乗 SUVのかたちをしたスポーツカー (2) 自分とクルマとが一体化したような楽しさ マカンターボでは奇妙な感覚にとらわれる。 走りはスポーツカーなのに、着座位置は高いからだ。 ミスマッチ感覚のドライビング体験。 逆を返せば、マカンターボだから可能になっている。 500リッターにおよぶ大容量のトランクを備え、インテリアは、大人が4人楽々座っていられる空間とともに、好きな音楽を聴いていられる遮音性の高さ。 それでいて、爆発するようなトルク感と、ストレスなく回るスムーズなエンジンと、正確なハンドリング。 ありえないような組み合わせが実現している。 しかも4. 7メートルと比較的コンパクトな車体も魅力的だ。 車重は2トンあるが、最大トルクは1350rpmから発生する。 おそらくトルクの出方も細かく調整されているのだろう。 重さを感じさせる場面はいっさいなかった。 アクセルペダルの踏みこみ方で車速を微妙にコントロールしながら走れるし、ステアリングホイールの動きに対する敏感な反応もまた、自分とクルマとが一体化したような楽しさを感じさせる。 全高1,625mmもあるクルマで、セダンはおろか、へたなスポーツカー顔負けの操縦性である。 試乗車にはオプションのエアサスペンションシステムが装備されていた。 サスペンションの動きはストローク感はさほどなく、乗用車的にしっかりしたもの。 自然な運転感覚だ。 SUVとは、いってみれば、無骨さの都市的解釈(グレイフラネルのパンツにワークブーツを合わせるみたいな)だと思っていたけれど、マカンターボは車高の高いスポーツカーだ。 それほど繊細なのである。 Porsche Macan Turbo|ポルシェ マカン ターボ ポルシェ マカン ターボに試乗 SUVのかたちをしたスポーツカー (3) スポーツカーなみの操作を考慮したレイアウト 「スポーツカーを創る者として、私達はドライバーとクルマは一体となることが極めて重要であると確信しています」。 ポルシェのホームページでマカンターボの項目をチェックすると、この一節が内装のところに掲げられている。 操縦性を重視して、ストレスないスポーツカーなみの操作を考慮した人間工学的なレイアウト。 マカンターボの特徴の一つだという。 「ドライバーがレーシングスタイルでのシフトチェンジを愉しめるよう」(ポルシェジャパン)7段の2ペダル式「PDK」変速機には、ステアリングホイールのコラムでもギアが選べるパドルシフトもついている。 といっても、広い範囲で大きなトルクが出る設定のこのエンジンだけに、マニュアルでシフトをしなくても、十分に加速が楽しめるのだ。 これはオプションなのだが、軽量ゆえの操舵感も軽快で、このスポーツカーなみに速いモデルにしっくりする装備だ。 8 秒 価格|1,066万円.

次の

ポルシェのマカンの評判や口コミはどう?ターボのパフォーマンスがすごい?!

ポルシェ マカン ターボ

ポルシェが、コンパクトSUVとして販売している「マカン」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。 新世代とし魅力をアップするポルシェ新型マカンについて、スペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。 ポルシェ・マカンは、フラッグシップSUVとしてポルシェの販売を大きく伸ばしたカイエンの下位に位置する小型モデルとして販売され、高い走行性能と扱いやすさが人気になっています。 現行モデルは2018年にマイナーチェンジを受け、最新モデルが日本にも導入されていました。 フルモデルチェンジする新型マカンは、パワートレインが電気自動車のみとなることが正式発表されており、最新のデザインや技術を採用することでその魅力をさらに伸ばします。 ブランドの最新デザインを採用し、質感を向上• アルミと高強度スチールの複合素材を採用し、軽量化を追求• 内燃機関を設定せず、最新のEVパワートレインのみを搭載するピュア電気自動車としてラインナップ• ポルシェは、新型マカンの開発に電気自動車サルーン「タイカン」を開発したチームが参加していることを明かしており、エアロダイナミクスを重視していなかったとする現行モデルから大幅な性能アップを目標に研究。 ブランド共通のヘッドライトには最新のLEDが採用され、先進的イメージをアップ。 グリルはよりワイドなものとされ、バンパーサイドのインテークにより車幅が強調されます。 リアには、新時代のポルシェを象徴する左右をつなげたLEDテールライトストリップが採用されますが、ディフューザーを大型化することでより高い走行性能がイメージしやすいリアビューとされます。 ポルシェ新型マカンのボディサイズは? ポルシェ新型マカンのボディサイズは、現行モデルから大幅な変更はなく維持されます。 しかし、ホイールベースを延長することで室内空間は拡大され、ルーフラインも見直し後席の空間が大きくなります。 加えて、ポルシェは新型マカンの生産準備としてライプツィヒ工場への投資を発表しており、同工場を拡張。 新たに柔軟性の高い車体プレス工場を建設することで、マカンでは初めてアルミと高強度スチールの複合素材を採用した車体を制作。 軽量化を追求することで、さらなる走行性能と環境性能が実現されます。 ホイールベース:2807mm• インフォテイメントシステムは、大型の11インチタッチスクリーンとされ、コネクティビティサービスにより多彩な情報の提供に対応。 メーターには、高級SUVで人気になっているデジタルメーターを装備することで、よりドライバーにわかりやすい表示とされます。 室内空間は、車体設計の見直しにより拡大。 ラゲッジドアは開口部を大きくすることで、SUVとしての高いユーティリティが実現されます。 最高出力(3種):407ps or 543ps or 679ps• 駆動方式:4WD ポルシェ新型マカンは、新設計された電動パワートレインのみ搭載されることが正式に発表されています。 【マカン】 エンジン:直列4気筒2Lターボ 最高出力:252ps• 【マカンS】 エンジン:V型6気筒3Lターボ 最高出力:354ps• 【マカンGTS】 エンジン:V型6気筒3Lターボ 最高出力:380ps• 【マカンターボ】 エンジン:V型6気筒2. 9Lターボ 最高出力:420ps• 【マカンターボS】 エンジン:V型6気筒2. 9Lターボ 最高出力:460ps• トランスミッション:7速デュアルクラッチ「PDK」• 駆動方式:4WD 現行モデルは、2Lから3Lのターボエンジンを搭載し、最上位モデルとなるマカンターボには最新の2. 9Lターボエンジンが採用されていました。 新型マカンでは、ポルシェの新世代EVサルーンとして発表されている「タイカン」からくるパワートレインを採用。 2基のモーターはそれぞれフロントとリア・アクスルを駆動し、システムとしての最高出力は約400馬力から680馬力まで3種類を設定。 4WDシステムには、4輪を個別に制御する「ポルシェ トルク ベクタリング」が搭載され、ステアリングホイールの動きにあわせて駆動力を最適化することでコーナーの内側に切れ込むような走りも可能になっています。 加えて新型マカンでは、シリーズで初めてアルミと高強度スチールを使用した軽量車体を採用することで、走行パフォーマンスを大幅にアップします。 航続距離:500km• 充電時間:約15分で80%充電可能 (800V急速充電システム「Porsche Turbo Charging」使用時) ポルシェ新型マカンは、搭載されるバッテリーで従来の2倍の電圧となる800Vに対応することで、高い出力を発揮するとともに、効率的な回生エネルギーの回収、素早い充電が可能とされます。 ポルシェ新型マカンの価格は? ポルシェ新型マカンの価格は、電動パワートレインや軽量車体素材の採用などによりアップすることになります。 現行モデルは699万円とされ、976万円から用意される上位モデルのカイエンとの価格差が大きくなっていましたが、100万円ほどの価格アップとすることで最新電気自動車SUVとしての性能がアピールされます。 マカン:699万円• シュポルトエディション:916万4000円〜959万8000円 ポルシェ新型マカンの発売日は? ポルシェ新型マカンは、2020年からドイツ・ライプツィヒ工場において生産を開始、発売日は2021年とする計画が正式に発表されています。 新型マカンの登場後も、現行モデルは内燃機関搭載車として併売される予定です。 ポルシェはマカンに新世代の車体や技術を搭載することで、走りと環境性能の向上をアピールしたい考えです。 ポルシェの販売を大きく伸ばしたフラッグシップSUV「カイエン」より小型で乗りやすいモデルとして計画され、アウディの上位SUV「Q5」と基礎を共有。 しかし、アウディQ5との共有部分は全体の3分の1とし、その他の部分を独自で開発することでポルシェらしい走り味に。 モデル名のマカンの由来は、インドネシア語でトラを意味するところから採用されています。 新型ポルシェ・マカンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の