ハムスター チップ。 ハムスターの床材を比較!おすすめは?|ハムスター飼育グッズ評論

ハムスターの床材選びとアレルギーとの関係

ハムスター チップ

きめ細かい床材が欲しい人• 床材に掛けるくださいコストをウッドチップの価格以上に掛けれない人• 消臭効果が欲しい人 ごきげん快適マット 特徴 メーカーが謳うごきげん快適マットの特徴は下記の通りです。 低アレルギー素材 小動物用紙の床材 そして、3つの特徴があります。 低アレルギー素材でペットにやさしい床材 環境にやさしい 飲料用で使われているフィルター紙からでる破材紙をリサイクルして作られた環境に配慮した商品 ごきげん快適マット 口コミ ごきげん快適マットの代表的な口コミを紹介します。 広葉樹チップに比べるとちょっと高い• 埃がでにくい• 独特の臭いが気になる• ウッドチップだと痒がっていたハムスターが、ごきげん快適マットに変えたら改善した• ほぐす手間があまり掛からない 木製床材と比較すると価格は高いものの、ハムスターの皮膚トラブルは少なく、ほぐす手間が掛からないという良い意見がある一方、独特の臭いに抵抗がある口コミが多かったです。 ごきげん快適マット レビュー ここからは実際にごきげん快適マットのレビューを記述していきます。 同じメーカーGEXから販売している紙製の床材「消臭ペーパーマット」との違いも含め、レビューしていきたいと思います。 まず、パッケージですが、今回は500gのごきげん快適マットを購入しました。 ごきげん快適マット見た目 ごきげん快適マットを袋から取り出してみました。 茶色でやや縮れているのが特徴で、これをケージに敷くとふわふわ感がでます。 ところで、消臭ペーパーマットと並べて写真を撮ってみましたが、その違いわかりますか? 正解は、右側が「ごきげん快適マット」で左側が「消臭ペーパーマット」です。 異なるところは、ごきげん快適マットの方がやや縮れている点です。 厚さや長さ、色味などは両者かなり類似しています。 ごきげん快適マットの臭い 口コミでばごきげん快適マットの臭いがきついという意見が多くみられました。 私が購入したごきげん快適マットは、無臭でした。 もしかしたら、改善されたのかもしれません。 ただ、ほぐす手間はあまり掛かりません。 ほぐす際にもホコリも出にくく、この点は非常に好印象です。 ウッドチップと比較するとやや粗めなので、ケージに敷くと凹凸な地形になりますが、ハムスターが動くにくそうにしていたりすることもなく、巣材としてのみならず床材としても問題ないです。 消臭ペーパーマットとの違い 正直、見た目もほぼ同じに見てましたし、あまり違いを感じられませんでした。 ただし、原料は違いがあります。 消臭ペーパーマットには、ココナッツオイルによる消臭効果がありますが、ごきげん快適マットにはココナッツオイルは含まれておらず、消臭効果はありません。 そして、その分消臭ペーパーマットの方が高価です。 とはいえ、消臭ペーパーマットの消臭効果もあまり派手なものではなく、私もしばらく使っていましたが、その効果を感じることはできませんでした。 もしかしたら、日頃、ハムスターと触れ合っている飼い主は慣れてしまって気付かない臭い等には、効果を発揮しているのかもしれません。 そういった意味だと、自宅に友人、知人を招く方には、消臭ペーパーマットの方がいいのかもしれません。 費用対効果 ウッドチップに比べるとやはり金額的には高い部類です。 しかし、ごきげん快適マットは、ケージに敷く前の選別やほぐしがかなり楽です。 例えば、ウッドチップであれば、削りの甘い部分を取り除いたりしないとやや不安は残りますし、ケアペーパーという別メーカーの紙の床材はほぐす手間が非常にかかりますし、ほこりもでます。 ごきげん快適マットはそういった面倒な部分について、かなり楽できる床材です。 また、使い心地についても、消臭ペーパーマットとあまり差がないので、消臭効果がいらないのであれば、ごきげん快適マットの方がいいでしょう。 さいごに ごきげん快適マットはECサイトでのレビューも多く、紙床材を初めて試すには良い商品だと思います。 そのほかの床材についてはこちらを参照ください。

次の

ハムスターの床材の適量や交換時期は?床材無しはアリ?

ハムスター チップ

もくじ• 床材の役割って? ハムスターは、野生の頃土を掘って巣穴を造り、その巣穴に草や落ち葉などを入れて生活していました。 その草や落ち葉などの代用品となるのが床材です。 床材は、ハムスターにとって色んな役割を持っています。 足裏の保護効果 常に床に足をつけ生活しているため、やわらかく安全な床材を使うことで足を保護します。 クッション効果 金網や巣箱の上に登ってしまうハムちゃんの場合、誤って落ちてしまった時の衝撃を抑えるクッションになります。 吸水効果 ハムスターは湿気を嫌います。 排泄時や汗をかいた時に水分を吸収する素材であることが大事です。 保温効果 体を温め保温するおふとんのような効果があります。 防音効果 音に敏感なハムスターにとって、ストレスとなる騒音を和らげる効果があります。 フィルター効果 毛並みの改善や細菌・ウイルス等の侵入を防ぐフィルターとして働きます。 ただ、こまめに入れ替えないと逆に不衛生です。 防臭効果 ハムスターやケージの中のにおいを防ぐ効果があります。 清潔さを保つ効果 お尻に床材が触れることによって、ハムスターのお尻を清潔にすることができます。 また、ケージをの床面の清潔を保つことにもつながります。 精神的な安心感 いざという時にもぐって隠れられる床材があることは、ハムスターにとって安心感につながります。 床材の適切な使用量は? 床に敷く量としては、 ハムスターが埋もれるくらいの量がいいと思います。 ハムスターは寒さに弱いので、冬場は量を増やしてあげてください。 様子を見て歩きにくそうにしていたりしたら、量を調節してみてくださいね。 床材の取り換え(掃除)について 床材の交換については、サイトによって色んな情報が飛び交っています。 あくまで危険性についての話ですが、ご参考にしてもらえれば幸いです! ウッドチップには広葉樹(こうようじゅ)・針葉樹(しんようじゅ)の2種類あり、 ペット用に売られているウッドチップは、ほとんどが針葉樹のチップです。 針葉樹…モミマツやスギなどの細い葉をした木をフレーク状にしたもので、最も一般的な床材です。 アレルギーを心配する飼い主さんもいますが、使用すると必ずアレルギーになるという訳ではないので、使ってみて問題なければ 広葉樹より安いので経済的に助かるでしょう。 広葉樹…ポプラやユーカリなどをフレーク状にしたもので、針葉樹に比べてアレルギーが出にくく、繊維所に裁断されているものはハムスターにとっても扱いやすいようです。 値段は針葉樹より少し高くなりますが、 巣作りが不得意なゴールデンハムスターでも、巣を作ることができるので、ゴールデンにはおすすめされているようです。 パッケージにする際に圧縮されていないので、飼い主がほぐす手間が不要なのもラクですね。 ちなみに、細かく裁断したウッドチップの方が、間違って飲み込んでも消化しやすいだけでなく、広葉樹は針葉樹より繊維が短いため、誤飲しても分解しやすいそうです。 針葉樹は安い、広葉樹は巣作り適しているなどの特徴がありますが、商品やメーカーによっては粉・塵の処理や加熱処理がされていなかったり、刺さりやすい形状であったりするものがあるので注意が必要です。 どちらを使うにせよ、 袋からウッドチップを出す時に粉をふるってから使用してあげてください。 細かい粉を吸い込むと鼻につまったりアレルギーの発症がしやすくなります。 新聞紙 紙の中で、唯一ハムスターの床材に適した素材といえます。 新聞紙は再生することを考え、水に溶けて繊維に戻るように作られていて、大豆などで作ったインクが使われていることが多いので比較的安全です。 新聞紙以外の紙(コピー用紙やチラシ、雑誌など)には色んな薬品が使われているので、ハムスターには使わないようにしてください。 ただし、インクが毛に付いてしまう場合もあるので、利用する場合はインクが乾燥した古新聞を使いましょう。 特にカラーインクの部分は避けるのがいいでしょう。 新聞紙と同じで、紙で出来た素材です。 吸湿性に優れており、白いのでおしっこも分かりやすく、出血などのケガをしても飼い主が気づきやすくなります。 アレルギーも起こしにくく、通気性に優れた床材です。 しかし、その分、値段は高め。 私は床材には敷かず、巣箱にのみ使用していますが、ハムちゃんは割と気に入ってるようです。 コーンチップ コーンチップとは、とうもろこしの粒や芯を砂利状にしたチップです。 食べても安心、チリが出ない、アレルギー反応を引き起こす心配がない、吸水性があるといったメリットがあります。 とうもろこしから作られているため、食べても問題のない素材ですが、腐りやすくカビが生えたり細菌が繁殖したりと、衛生面ではデメリットが多いかと。 そして、値段も高く、売っているお店が少ないです。 使うならネットで探すのが早いでしょう。 まずは他の床材にしてみて、広葉樹や紙でもアレルギーを起こしてしまうような子の場合にとうもろこしチップを試してみるという形がいいかもしれませんね。 ハムスターだけでなく、ウッドチップの掃除などでアレルギー反応が出てしまうという飼い主にもいいと思います。 砂(飼育用) 自然にある砂は、土と同じ問題があるのでNGですが、 テラリウム用の人工砂などの、サラサラ清潔な人工砂は、粒が粗く、空気が通りやすく温度を下げやすいので、 夏場の床材としてなら問題が少ない素材だと思います。 粒が細かいものだとホコリが出ることもありますが、粒が粗いものだとエサに付いたり飛び散ったりしにくく、牧草ほどのように目に刺さって結膜炎になるような危険性も低いです。 しかし、砂は持ち運んで巣に持って帰るなどできないので巣材は別に用意してあげる必要があり、身体を冷やしてしまうので冬場には床材に向かないでしょう。 ハムスターは砂浴びをすることで、身体の清潔を保ったりストレスを発散させたりすることができるので、床全面を砂にしなくても、ケージの一角に砂浴び場をつくってあげると喜びます。 まとめ.

次の

ハムスターの敷材・床材・巣材(針葉樹・広葉樹・紙)

ハムスター チップ

ハムスターの床材 材質の比較とおすすめ ハムスターの床材に利用される材質は様々です。 まずは材質について比較していきます。 ウッドチップ 木 一番ポピュラーな床材がウッドチップでしょう。 針葉樹もしくは広葉樹を細かく削り、チップ状にしたものです。 比べてみると分かりやすいですが、商品ごとに形状が異なっており、カツオ節のような薄くスライスされたものや繊維状に細長く仕上げられたものなどがあります。 ウッドチップで利用される木材は上記の通り、「針葉樹」と「広葉樹」に分けられます。 針葉樹で使われる木は 「松」、「モミ」、「ヒノキ」などで 広葉樹で使われる木は 「ポプラ」、「白樺」などです。 一般的に広葉樹の方が刺激が少ないと言われていますが、やや高価です。 とはいっても「そこケチります?」みたいな価格差ですから、たくさんハムスターを飼っている人以外は、あんまり気にしなくて良いです。 財力事情でケチる人はハムスター飼えるのかちょっと心配ですね… ウッドチップのデメリット• アレルギーを起こす場合がある• 品質がバラバラ チップによっては尖ったものをある メリットを補足します。 ウッドチップは後で紹介する紙などの材質と比べるとメチャクチャ安いです。 倍以上の値段の差があると思ってもらって差し支えないです。 飼育事例もダントツでしょう。 割とみんなウッドチップ使っています。 おすすめの床材なども調べやすいです。 商品のバリエーションも豊富なので、「ちょっとこの商品嫌だから変えたいな」と思ったとしても、別のウッドチップがすぐ見つかります。 特に開けたてのウッドチップは、木の香りがとても心地良いです。 デメリットを補足します。 ウッドチップのネガティブワードといえば、「アレルギー」じゃないかと思います。 確かに使っている床材が合わずにお腹周りが禿げてしまうという事例あります。 もちろん、アレルギーの原因はウッドチップだけではありませんが、気になる方は紙床材などを利用した方が良いです。 ウッドチップは基本的にふわふわでふかふかに偽りなしなのですが、稀に尖った木片のようなものが混入していることがありますので、そういった劣悪チップは取り除く必要があるでしょう。 紙 ウッドチップほどではないですが、紙製の床材を利用している人も多くいます。 ハムスターがアレルギーになってしまい、ウッドチップから紙床材に変える人も少なくありません。 紙といえば生活に身近なので、代用品も想像することでしょうが、あまりに変なものを代用しないことをおすすめします。 紙床材のメリットとデメリット 紙床材のデメリット• ウッドチップに比べると高価• 商品によって特徴性がかなり異なる メリットを補足します。 アレルギーなってしまったり、アレルギーを心配して床材を紙にしている人が多いです。 とはいえ、一概にウッドチップだけがアレルギーの原因であるとは言えないので、紙床材したから安心は安直です。 良く色んなところで 「おしっこ、うんちや出血に気付きやすい」表現に誤解があり過ぎると思っています。 紙の床材全てでハムスターの排泄物や怪我に気付きやすい訳ではありません。 気付きやすいのは「白い床材」です。 ウッドチップでは稀に木片が紛れているとお伝えしました。 紙の品質は割と安定している傾向にある認識です。 時折、紙が裁断しきれていないやつが紛れていたりすることもあります。 ウッドチップでもそうでしたが、品質は商品やメーカーによりますね。 デメリットについて補足します。 ハッキリ言って紙は高いです。 以降で価格について触れていますが、500グラムで500円以上する商品も普通にあります。 広葉樹ウッドチップの2,3倍します。 ハムスターの生涯を2,3年だと考えると塵も積もってくるでしょう。 とはいえ、 ハムスターがアレルギーで皮膚疾患を起こしてしまうと、ハムスターへの負担、飼い主の負担、通院、薬などの費用が掛かります。 そういったリスクを避けられると考えると高価な面にも納得が行くかもしれません。 紙床材は商品によって、その形状や色味が異なります。 固めなもの、縮れ麺のもの、小さい細かめにカットされたものなど様々です。 そういった意味で一括りに「紙床材ってこうだよね」という特徴を伝えることが難しく商品を掴んでみてみないと分からない部分も多いです。 土、牧草、その他 土、牧草なども床材利用で言及されていますが、現在はあまり聞かないですし、飼育実績もあまり多くないでしょう。 私も利用したこともありませんので、詳細をお伝えることができませんが、敢えて使う理由はあまりないと考えます。 土についてはこちらの記事でデメリットを紹介しています。 基本的にはウッドチップか紙床材を選ぶべき 上記で説明した通りですが、おすすめの床材は、ウッドチップもしくは紙床材です。 床材は使っていくうちに飼い主やハムスターの好みが分かってきます。 評価軸があまりない方は、安価なウッドチップを選ぶか、アレルギーが心配なら紙床材という選び方でもまずは良いかと思います。 私の場合、ウッドチップと紙床材をどちらも使って何匹ものハムスターを育てていますが、今のところ問題はありません。 ハムスターの床材 商品の比較とおすすめ この記事で比較する床材は下記の表をご覧ください。 なお、 こちらの記事で紹介する床材は、ウッドチップもしくは紙床材です。 床材の材質と価格に注目するとウッドチップの安さが分かると思います。 商品名 容量 材質 価格 三晃商会 広葉樹マット 7L 木 384円 税込 GEX 柔ごこち 400g 紙 550円 税込 三晃商会 ケアペーパー 4. 以降で床材の紹介とメリット・デメリットについて紹介しています。 広葉樹マット チップの一つ一つが かなり固く、ふわふわとは程遠い印象。 ほぐしていくとふわふわ感が増していきます。 ほぐす前後でキャラ変するような印象です。 色が白くハムスターのオシッコ、ウンチの異常や出血に気付きやすいです。 ほぐす前はただの「固い紙の芯」といったイメージですが、ほぐすとふわふわになり、ボリューム感が出てます。 消費量を軽減できる。 ほぐす前後は下記の写真の通りです。 ほぐすということはそれだけ手間が掛かります。 ほぐさないとボリュームが出にくく、ケージに入れる床材量が多く必要になりますし、あまり動きやすい床材には思えませんので、事前にある程度ほぐして馴染ませた方がおすすめです。 ちなみに、ほぐす時にかなりホコリが出るので、気になる方にはあまりおすすめできません。 漂白していないナチュナルな色味ですが、消臭効果を付加するために「ヤシ油抽出液」を使っています。 床材は少し固めな質感で言い換えると「ゴワゴワ」感がありますがその分「コシ」があり、ヘタりづらさに繋がっているのかもしれません。 ケージに入れる際に少しほぐすと解消されます。 少量でもボリューム感があり、ケージに入れる床材量は少なめに抑えることができます。 消臭効果に過度な期待はできないです オシッコされればクサい また、消臭効果が含まれているため、他の紙床材と比較し、価格が高いです。 色はウッドチップよりも暗めです。 見た目は、次に紹介する「ごきげん快適マット」とほぼ同じようです。 ちなみに右と左で別の床材です。 左が「消臭ペーパーマット」です。 柔ごこち• やさしいペーパーマット 柔ごこちは床材の色が白いので、ハムスターがトイレを覚えているか?、ハムスターのウンチに異常がないか?などを確認がしやすいです。 ケアペーパーも白いですが、扱いやすさでは柔ごこちに軍配が上がります。 やさしいペーパーマットは紙の床材の中では、かなり安い部類です。 なので、アレルギーが気になって床材を紙に変えてみたいという方には、まず試してもらう敷居が低いかなと思います。 紙の床材は高価であることは間違いないですが、アレルギー対策や健康状態の確認がしやすいです。 また、ビジュアル的にも白い床材に変えればちょっとだけケージの世界も変わります。 今回紹介した 紙の床材の価格は、ランチ一食分程度です。 気軽に試してみては如何でしょうか。

次の