承知いたしました。 かしこまりましたと承知しましたの違い!意味とメールでの使い方

わかりましたの正しい使い方と例文集「承知」など類義語の使い分け

承知いたしました

アルバイトやパート、就職してから恥をかかないためにも知っておきたい言葉の違い。 「了解しました」・「承知しました」・「承りました」という言葉は何気なく皆が使っていますよね。 先輩や上司の人が使っていると自分も使ってみたりしますが、その使い方は間違っているかも知れません。 ビジネスマナーとして、「了解しました」・「承知しました」・「承りました」の意味・読み方・使い方については知っておく必要がありますのでまとめました。 「了解しました」の正しい使い方 「了解しました」の読み方 「了解(りょうかい)しました」と読みます。 「了解しました」の意味 「了解しました」という言葉をよく使うことが多いと思います。 「わかりました」とか「OKです」という理解しましたという意味で使い、 自分と対等の立場の人または目下の人に対して使う言葉です。 「了解しました」の使い方 あなたはどんなときに「了解しました」という言葉を使っていますか? 画像のように、上司に何かをお願いされたときに「了解しました」と使っていませんか?周りの人もよく使いますよね、何かを頼まれたりしたときや、友達同士でも気軽に「了解」と言って使ったりもしますが、正しい使い方を紹介します。 【正しい使い方】 部下:確認お願いします。 上司:了解! と言ったように、部下からや自分と同じ立場の人から依頼されたことなどに対して返事をするときに「了解しました」という言葉を使うのが正しい使い方です。 友達同士で使うのも対等な立場という意味で正しい使い方ですし、会社では上司が部下に対して使う言葉です。 【失礼な使い方】 上司や年上の人、または取引先などの人に対して「了解しました」と使うのは失礼な使い方になります。 「しました」とか「致しました」と付けると丁寧な使い方になると思うかも知れませんが、間違った使い方です。 スポンサーリンク 「承知しました」の正しい使い方 「承知しました」の読み方 「承知(しょうち)しました」と読みます。 「承知しました」の意味 「承知しました」という言葉は、依頼されたこと・要求されたことなどを聞き入れることを意味します。 上司・年上・目上・取引先などの人に対して使います。 「承知しました」の使い方 「承知しました」と言いにくいから、あまり使わないという人もいますが、会社や働くようになると「承知しました」をよく使います。 先輩や上司、目上の人から依頼されたこと、お願いされたことに対して「引き受けました」という意味で使います。 正しい使い方を紹介します。 【正しい使い方】 上司:これ、お願いね! 部下:承知しました。 部下である人が、上司から仕事を依頼されたときに「承知しました」と応えるのが正しい使い方です。 新入社員として会社に入り働き始める人は、まずは「承知しました」という言葉を使えるようにしましょう。 これは、社内だけではなく社外の取引先の人にも同じように使います。 【堅苦しいならこんな言い換え方も・・・】 会社内の人であれば、仲が良くなった先輩や飲みに行ったり、相談するような上司の人と気心が知れてくると「承知しました」という言葉が堅苦しくなってくる時期があります。 同じ部所の人であれば「わかりました」とシンプルに言っても問題ありませんしビジネスマナーとしても悪くありません。 ただし、他部所では、他の人の目もあるので「分かりました」よりも「承知しました」を使ったほうがいいです。 慣れてきたときに、相手との関係によって「承知しました」から「わかりました」に変えていくといいです。 スポンサーリンク 「承りました」の正しい使い方 「承りました」の読み方 「承(うけたまわ)りました」と読みます。 「承りました」の意味 「承りました」とは、聞く・受ける・伝え聞くの引き受けるという意味の謙譲語で、謹んでお受けしますと言う意味です。 「受け賜りました」とも書きます。 上司や目上の人に対して使います。 「承りました」の使い方 会社内ではあまり使わないことが多いです。 上司や先輩などの目上の人に対して使う言葉ですが、会議や電話対応の中では「承知しました」とか「わかりました」を使えばビジネスマナーとしては間違いありません。 ただし、役員クラス(会長・社長・常務・専務・取締役など)からのときはより丁寧な「承りました」を使うといいです。 社外の人との対応のときに「承りました」を使うことが多いです。 電話対応で伝言をお願いされたときや、最後に担当者名をお伝えするときに使います。 【正しい使い方】 役員:高橋部長に伝えておいて 担当者:はい、確かに佐藤が承りました 会社内であれば役員クラスの人からの連絡を受けたときに使うことが多いです。 また、 社外の取引先などから連絡があり、担当者が不在のときに伝言を受けたり、伝えるようにお願いされたときに「確かに承りました」と応えると、より丁寧な対応になります。 スポンサーリンク あとがき 了解しました・承知しました・承りましたの違いを簡単にまとめると 【意味の違い】 了解・・・わかったということ 承知・・・聞き入れる、理解する 承る・・・謹んで引き受ける 【使う人の違い】 了解・・・対等の立場・目下の人に使う 承知・・・上司・目上の人・取引先などに使う 承る・・・上司・目上の人取引先などに使う と言った違いがありますので、ビジネスマナーとして知っておくといいです。

次の

ビジネスメールでは「了解しました」ではなく「承知いたしました」を使おう

承知いたしました

Contents• 「了解」と「承知」の意味は? 「了解」は、物事の内容や事情を理解して 承認すること。 「承知」は、事情などを知ること。 または知っていること。 わかっていること。 依頼・要求などを聞き入れること。 「了解しました」は、敬語ではないの? 「了解しました」は、みんなよく使う言葉ですが、目上の人に使うといけないと言われたりしています。 これについて考えてみます。 「了解」という言葉のそもそもの意味は、 上にもあるように 事情などを知ること。 または 知っていること、理解すること。 「了解しました」というのは、「了解」に「しました」をつけることで 丁寧語にはなるが、尊敬語ではないので、ビジネスシーンでお客様や上司の人に使うのは失礼にあたると言われるのですね。 「了解しました」という言葉に対する価値観は人によって異なっているのが現状です。 会社によっては部下が上司に対して「了解しました」と言っていることも珍しくは、ありません。 このように、「了解しました」がビジネスシーンで失礼にあたるかは、微妙な表現になっています。 スポンサードリンク 「了解です」「了解いたしました」は? 「了解です」は、ビジネスシーンで目上の人やお客様に対しては使わない方がいいでしょう。 「了解いたしました」「いたす」という表現が謙譲語にあたりますので使ってもいいと表現だと思いますが、かなりくどい感じがしますので 「分かりました」のほうが 柔らかい表現で使いやすいかもしれません。 ビジネスシーンで推奨されている?「承知しました」 最近、ビジネスシーンでは「承知しました」といった言葉を使うようにといったことが言われています。 研修などでも「承知しました」を使うように推奨されているようです。 「承知」は、 事情などを知ること。 または知っていること。 「承知しました」は「承る」が「聞く」の謙譲語なので、「承知する」も基本的には謙譲語の範疇に入尊敬語になるため、大切な取引先・お客様や目上の上司に対して使うのに適切と考えられているようです。 研修などでも「承知しました」を使うように指導されていますね。 「承知いたしました」という言葉でも間違いではありませんが、回りくどいため、「承知しました」で十分だと思います。 「かしこまりました」について 「承知しました」と似た感じで使われる「かしこまりました」の使い方についてもお話します。 「かしこまる」ですが、これは、 命令・依頼などを謹んで承る意を表します。 「承知しました」は目上の人の命令などを承る意味合いで使われるのに対して、 「かしこまりました」は相手から受けた情報を理解して受けるといった意味合いで使用されます。 「かしこまりました」は、「承知しました」より敬いの気持ちが強く丁寧な表現だともいえます。 13時までにはお持ちします。 明日、午前の便でお届けします。 本日午後2時までに指定の便でお届け致します。 「了承しました」は目上に使ってはいけない? 「了承しました」は、何かを 「承諾」したときに使います。 意味としては、相手の申し出や事情などを 納得して承知することである。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、 目上の上司が目下の部下に使うのが正しい使い方となる。 または、発注者(クライアント)が受注者(請負)に対して使う言葉になります。 これは、「聞いてあげるよ」という上から目線のニュアンスが含まれるため、お客様や目上の人に使ってはいけない言葉になります。 お客様や目上の人への正しい使い方は、 お客様へは「承りました」 目上の人へは、「承知しました」 になります。 ま と め 「了解しました」と「承知いたしました」の違いから「かしこまりました」と「了承しました」についても使う上での注意点をお伝えしました。 最近よく言われている「承知いたしました」が正解で「了解しました」が失礼だといった風潮は、あんまり根拠があまりはっきりしないことだとは思います。 しかし、砕けた言い回しに感じるのということも事実ですので 、正式な文書や客向けのメールでは「承知しました」を使った方がいいのではないでしょうか。 社内向けや、お客相手でも実務的な連絡では「了解しました」でもいいと思います。 「かしこまりました」敬いの気持ちが強く丁寧な表現、「了承しました」は、お客様や目上の人に使ってはいけない言葉だということがわかりました。 言葉は、「昔は良かった」ことでも時代によって少しずつ解釈がかわり、「非常識」とされていることもあります。 自分が思っているのと相手の常識に差があると単に失礼なだけと思われるので注意しなければなりません。 「了解しました」は、社内の上司以外とのメールのやり取りや情報の交換のときなどに使うものと限定的にしておくというのもいいかもしれませんね。 投稿者 投稿日: カテゴリー ,.

次の

「了解しました・承知しました」は英語で?ビジネスメールで使える英語フレーズ【シーン別】

承知いたしました

「かしこまりました」の意味 「分かった」を意味する「かしこまりました」 「かしこまりました」とは「分かりました」という意味の言葉です。 相手の指示を受け入れる時に使われる敬語表現で、目上の上司や取引先の担当者など社内外の人へ使えます。 漢字で表す「畏まりました」 「かしこまりました」を感じで表すと「畏まりました」となります。 正しい漢字表記であり、メールや文書などの書き言葉として使用できるのですが、ビジネスシーンで使うのは控えた方がいいでしょう。 「畏」は音読みでは「畏(い)」、訓読みでは「畏(おそ)れる」という普段見聞きしない漢字です。 正しい使い方ではあるものの、普段使わない難しい漢字を相手に使うのは丁寧さに欠けます。 ビジネスシーンでは使用禁止というルールはありませんが、相手のことを考えると「かしこまりました」と平仮名で表記する方が丁寧で優しさのある表記と言えるでしょう。 類語「承知しました」との違い 「理解する」「引き受ける」という意味 「かしこまりました」の類語「承知しました」には、「理解する」や「引き受ける」という意味が込められています。 「かしこまりました」と同じく相手の依頼や指示を引き受けるシーンで使用される敬語表現です。 「かしこまりました」と「承知しました」は両方とも丁寧な表現であり、相手の指示を引き受けるシーンではどちらを使用しても構いません。 違いがあるとすれば「承知」の方が、使用できるシーンが多いということです。 例えば、目上の相手に「知っているとは思うけど」という言葉を使う時、「ご承知のこととは存じておりますが」と使用できます。 「承知いたしました」は二重敬語ではない 「承知しました」をより丁寧に表現した「承知いたしました」という言葉。 「承知」に謙譲語である「いたす」を加えることで、自分をへりくだらせた丁寧な表現になります。 「承知いたしました」を二重敬語と判断する考えもありますが、謙譲表現されている部分は「いたす」だけであり、二重敬語には当てはまりません。 「承知」に使われている「承る」という言葉は謙譲表現であり二重敬語となりますが、「承知」はあくまで1つの単語ですので二重敬語ではないと言えるでしょう。 「了解しました」「わかりました」も敬語 「承知しました」以外には「了解しました」や「わかりました」も類語となります。 全て目上の相手に「分かった」と伝える場面で使える敬語表現です。 ただ、「分かりました」や場合によっては「了解しました」は、かしこまった表現ではなく丁寧でないと判断される場合があるため、状況や人によって使い分ける必要があります。 メールでの「かしこまりました」の使い方 「かしこまりました」はメールで使える メールや文書などの書き言葉として「かしこまりました」は使えます。 類語でも言い換えることはできますが、書き言葉は声色や表情が読み取れない分、話し言葉よりも丁寧な必要があります。 くだけた表現と捉えられてしまう類語の「分かりました」などは、控えた方がいいと言えるでしょう。 「かしこまりました」に一言添える 「かしこまりました」を使う場合、単体で使うのではなく一言添えて使うとより丁寧になります。 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を受け、ぶっきらぼうに捉えられてしまう場合があるからです。 「かしこまりました」だけの返信よりも「かしこまりました。 当日はよろしくお願いいたします」の方が丁寧な印象を与えられます。 「ご連絡ありがとうございます」や「またご連絡いたします」など状況に合わせて加えてください。 相手によっては違和感を与えることに 「かしこまりました」は目上の相手に使える丁寧な表現であることを説明しました。 ただ、相手との距離感によっては仰々しく捉えられ、違和感を与えてしまうこともあります。 メールの場合は話し言葉よりも丁寧にする必要があるのですが、話し言葉の場合は相手との距離を考えましょう。 「かしこまりました」が堅苦しいと感じた場合は「分かりました」など、類語への言い換えも大切です。 「かしこまりました」を使った例文 「はい、かしこまりました」の例文 「かしこまりました」の使い方として、「はい、かしこまりました」があります。 後ほどデスクに置いておきます」となります。 「かしこまりました」にお礼を加えた例文 「かしこまりました」だけでは堅苦しい印象を与える場合があることを説明しました。 そこで、「かしこまりました」にお礼の言葉を加えた例文を紹介します。 例えば、取引先の担当者から「今月の納品分を明日持っていきます」と連絡が来た場合「かしこまりました。 いつも質の高い商品をありがとうございます」となります。 まとめ 「かしこまりました」には「分かった」という意味があり、目上に使える丁寧な敬語表現です。 類語の「承知しました」とは大きな違いはありませんが、「承知」の方が使える幅が広いため状況に応じて使用してください。 距離の近い上司など、相手によっては違和感を与えてしまうため注意しましょう。

次の