キム ヒョンジュ ン ブログ の らん ほんじゃ のり。 韓国芸能人のプロフィール│wowKorea(ワウコリア)

アジアのえほん展示資料リスト

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん ほんじゃ のり

いくらもらった? 何に使う? ニュースになったあの公務員や企業、 自分のこといろいろどうそ。 賞与(しょうよ)とは、特別な給料の事で、ボーナス(英:bonus)とも呼ばれる。 欧米ではいわゆる特別配当・報奨金の類を指すが、日本では毎月の給料(賃金)とは別個に基本的には、年2回、夏と冬に支給される場合が多い。 日本では古くは江戸時代に商人がお盆と年末に奉公人に配った「仕着」が由来と言われている。 賞与としての最古の記録は明治9年(1876年)の三菱商会の例である。 当初は欧米のシステムと大差のないシステムであったが、第二次世界大戦敗戦後のインフレーションで労働運動が高揚し、生活のための出費がかさむ夏と冬に生活保障的な「一時金」としての性格を帯びるようになり、1回につき月給の1〜2か月分が支払われるようになった。 これは多くても0. 5〜1か月分といわれている欧米の賞与に比べると特異であると言える。 給料(賃金)の一種であるが、労働基準法には特段の定めがなく、算定の基準については企業・その従業員の実績等により算定される事が多く、支給の時期についても企業によって異なるが、夏と冬に支給される事が多い。 新採用の社員に支給する最初の賞与については企業ごとに異なるが、研修や試用期間の関係で低額に抑えられるところが多い。 なお、国家公務員は法律で、地方公務員は条例によって定められ、期末手当・勤勉手当(略して期末勤勉手当ともいう)といい、6月30日・12月10日に支給される事が多い。 支給額は、基準となる特定の日(基準日)に当該職に在籍しているかどうか・在籍している場合はその者の基準日以前の在籍期間によって算定される。 サラリーマン(和製英語 :salaryman)とは、給料で生計を立てている人である。 特に民間企業で働く正社員男性を指すことが多い。 また、所得税法上の「給与所得者」を指すこともある。 メディア等では「会社員」が一般に使用されるが、他にも「月給取り」「リーマン」「サラリー」などの別称がある。 「サラリーマン」は和製英語であるが、日本人が海外において自らの職業をさす英単語として使い続けたことや、漫画やアニメなどによる日本文化の普及により、欧米でも「日本の(ホワイトカラー)ビジネスマン」を指す普通名詞(Salaryman)として浸透しつつある。 日本文化を扱った新聞記事や書籍などで度々使用されている。 日本でふつう「サラリーマン」と言うときは、男性をイメージすることが多い。 サラリーマンの女性の一部は、OL、キャリアウーマンといった層に重なる。

次の

アジアのえほん展示資料リスト

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん ほんじゃ のり

歌手のキム・ジェジュンが「新型コロナに感染した」という度を越えたエイプリルフールのいたずらで周囲を驚かせたことにより、現在韓国のメディアから袋叩きにされているという。 日本では「嘘をつく子供」と紹介されたイソップ寓話がある。 「羊飼いと狼」「オオカミ少年」という別名でも有名な童話だ。 ある羊飼いの少年が、退屈しのぎに「狼が来た!」と嘘をついて騒ぎを起こす。 後に嘘と判明するが、少年が繰り返し同じ嘘をついたので、本当に狼が現れた時には大人たちは少年を信用せず、誰も助けに来なかったため、村の羊は全て狼に食べられてしまった.. という内容だ。 世界の誰もが知るこの有名な童話を思い起こさせる出来事が、昨日 4月1日 に起こった。 歌手のキム・ジェジュン 以下、ジェジュン が、度を越えたエイプリルフールのいたずらで、周囲を驚かせたのだ。 日韓両国で、トップアイドルとして君臨してきたジェジュンのいたずらにツイッターのトレンドは激しく揺れ、日韓のメディアはまんまと騙された。 自身のSNSに「新型コロナに感染した.. 現在入院中です.. 多くのファンは胸を撫でおろしたが、その一方で「正気なの?」「いたずらのネタが新型コロナなんて怒りを覚える」など、彼の言動を批判する反応も多くあがった。 コロナ19感染により世界で4万人以上が死亡した。 事態は現在も進行形で、コロナ19は世界中の人々に恐怖の対象になっている。 外出を自粛し、社会的な距離を置くよう政府の指針もあった。 彼の度を越えたいたずらは、大衆の怒りを買って当然」と、強い論調で批判した。 エイプリルフールの冗談では済まされない最悪の嘘をついたわけだ」と指摘した。 同誌は志村けんさんの死亡にも触れている。 「日本で活動中であるだけに、もっと慎重にならなければならない。 スポーツソウル 」と、韓国各誌の批判に満ちた見出しが相次いでいる。 嘘をつくために日本に来たのか? 日本人の反応を紹介する記事も 前出のスポーツソウルは、別の記事でジェジュンの嘘を受け不快感を露わにした日本人の反応を紹介した。 スポーツソウルは「嘘をつくために日本に来たのか? キム・ジェジュン コロナ嘘 日本列島が激怒」と題した記事を通じて「日本のヤフーのニュースページには、ネットユーザーたちの怒りの書き込みが殺到し、日本の警察で徹底的に捜査しろと声を高めた。 嘘かどうかは検査結果以外では判断できず.. 同記事をみた韓国ネットユーザーからは「国の恥」「嫌韓派が食いつくような素晴らしい餌を上げてくれたね」「悔しいけど日本人が怒って当然」という意見が寄せられた。 韓国の保健当局も新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークに対して既に警告をしている。 新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークが発覚した場合、5年以下の懲役刑もしくは1千万ウォン以下の罰金刑に処されると報道が出た矢先に、ジェジュンは嘘のSNSを発信したのだ。 2003年に来日し、紆余曲折ありながらも地道な活動を経て、ようやく日本の地へ足をつけて精力的な活動を始動させたジェジュン。 日本で嫌韓の声が強まる中、それでもファンが彼を応援し続けているのは、過去の誠実な日本活動の賜物なのだ。 近年は音楽番組やバラエティー番組など地上波の出演を増やしながら、新たなファンも獲得していたはず。 彼の言い分も理解はできる、「どんな罰も受ける」と言っているのだからおそらく確信的意思もあるのだろう。 しかし、だ。 今回の限りで言えば「コレジャナイ感」なのだ。 日韓文化の懸け橋の貴重なパイオニアとして、順調な歩みを見せていただけに、今回の騒動は極めて残念でならない。 いま一度、自身の影響力や想像力を働かせて生きてほしい。

次の

6ページ目の記事一覧

キム ヒョンジュ ン ブログ の らん ほんじゃ のり

歌手のキム・ジェジュンが「新型コロナに感染した」という度を越えたエイプリルフールのいたずらで周囲を驚かせたことにより、現在韓国のメディアから袋叩きにされているという。 日本では「嘘をつく子供」と紹介されたイソップ寓話がある。 「羊飼いと狼」「オオカミ少年」という別名でも有名な童話だ。 ある羊飼いの少年が、退屈しのぎに「狼が来た!」と嘘をついて騒ぎを起こす。 後に嘘と判明するが、少年が繰り返し同じ嘘をついたので、本当に狼が現れた時には大人たちは少年を信用せず、誰も助けに来なかったため、村の羊は全て狼に食べられてしまった.. という内容だ。 世界の誰もが知るこの有名な童話を思い起こさせる出来事が、昨日 4月1日 に起こった。 歌手のキム・ジェジュン 以下、ジェジュン が、度を越えたエイプリルフールのいたずらで、周囲を驚かせたのだ。 日韓両国で、トップアイドルとして君臨してきたジェジュンのいたずらにツイッターのトレンドは激しく揺れ、日韓のメディアはまんまと騙された。 自身のSNSに「新型コロナに感染した.. 現在入院中です.. 多くのファンは胸を撫でおろしたが、その一方で「正気なの?」「いたずらのネタが新型コロナなんて怒りを覚える」など、彼の言動を批判する反応も多くあがった。 コロナ19感染により世界で4万人以上が死亡した。 事態は現在も進行形で、コロナ19は世界中の人々に恐怖の対象になっている。 外出を自粛し、社会的な距離を置くよう政府の指針もあった。 彼の度を越えたいたずらは、大衆の怒りを買って当然」と、強い論調で批判した。 エイプリルフールの冗談では済まされない最悪の嘘をついたわけだ」と指摘した。 同誌は志村けんさんの死亡にも触れている。 「日本で活動中であるだけに、もっと慎重にならなければならない。 スポーツソウル 」と、韓国各誌の批判に満ちた見出しが相次いでいる。 嘘をつくために日本に来たのか? 日本人の反応を紹介する記事も 前出のスポーツソウルは、別の記事でジェジュンの嘘を受け不快感を露わにした日本人の反応を紹介した。 スポーツソウルは「嘘をつくために日本に来たのか? キム・ジェジュン コロナ嘘 日本列島が激怒」と題した記事を通じて「日本のヤフーのニュースページには、ネットユーザーたちの怒りの書き込みが殺到し、日本の警察で徹底的に捜査しろと声を高めた。 嘘かどうかは検査結果以外では判断できず.. 同記事をみた韓国ネットユーザーからは「国の恥」「嫌韓派が食いつくような素晴らしい餌を上げてくれたね」「悔しいけど日本人が怒って当然」という意見が寄せられた。 韓国の保健当局も新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークに対して既に警告をしている。 新型コロナにまつわるエイプリルフールジョークが発覚した場合、5年以下の懲役刑もしくは1千万ウォン以下の罰金刑に処されると報道が出た矢先に、ジェジュンは嘘のSNSを発信したのだ。 2003年に来日し、紆余曲折ありながらも地道な活動を経て、ようやく日本の地へ足をつけて精力的な活動を始動させたジェジュン。 日本で嫌韓の声が強まる中、それでもファンが彼を応援し続けているのは、過去の誠実な日本活動の賜物なのだ。 近年は音楽番組やバラエティー番組など地上波の出演を増やしながら、新たなファンも獲得していたはず。 彼の言い分も理解はできる、「どんな罰も受ける」と言っているのだからおそらく確信的意思もあるのだろう。 しかし、だ。 今回の限りで言えば「コレジャナイ感」なのだ。 日韓文化の懸け橋の貴重なパイオニアとして、順調な歩みを見せていただけに、今回の騒動は極めて残念でならない。 いま一度、自身の影響力や想像力を働かせて生きてほしい。

次の