精神的日本人 なんj。 ミイヒは拒食症で精神的な病気?痩せすぎな姿に心配の声多数

日本人特有の「添加物は悪」精神www

精神的日本人 なんj

物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。 あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。 ここで紹介するのは、精神的な攻撃をしてくる人が持つ13の特徴。 自分の心とカラダがボロボロになる前に、彼らとは離れた方がいいかも。 実はキケン… 身のまわりに潜む 心理的な虐待 精神的に責める人。 彼らは、知ってか知らずか相手の自尊心を傷つけていきます。 虐待によって危険な状態にある14歳以上の846人の子どもをしたところ、最も多かったのが心理的な虐待。 相手に恥をかかせたり、コントロールしようとするケースが多く、被害者は自信を失い恐怖さえも感じるようになるのです。 この虐待は、どんな人間関係でも起こり得ます。 もしパートナーや友だち、上司が次の言動をとっていれば注意が必要です。 常に人前で恥をかかせようとする 02. あなたの成果を過小評価し、できない、完璧でないと批判する 03. 人が傷つくような冗談を平気で言う 04. 過去の失敗を繰り返し非難する 06. 具体的な解決案も出さず、ただ間違いだけを指摘する 07. 何かの罰として、無視をしたり、やりたいことを禁止したりする 09. 相手の夢や成果を見下す 10. プライベートの秘密を他人に平気で話す 11. 「君には正しい理解ができない」と、否定してくる 12. 問題の原因を、あなたの行動や態度のせいにする 13. 相手を非難する割に、自分が責められると急に怒り出す Licensed material used with permission by.

次の

ヒクソングレイシー「日本人の優しさは、強さや精神力から来るものではなく弱さから来るものだった」

精神的日本人 なんj

厚生労働省の調査によると、日本には8,605の病院があり、そのうち精神科病院は1,076と12. 5%を占めています。 一般病院の精神科も加えたベッド数は34万4千で、ダントツ世界一です。 全世界にある精神病床の総数は約185万ですので、何と5分の1(18. 6%)を日本が占めているのです。 今、世界で精神科に入院している患者の5人に1人は日本人、ということになります。 わが国は世界No1の精神病大国なのでしょうか? 人口千人当たりの病床数は日本が突出した世界No1 人口当たりのベッド数を見ると、日本では人口千人に対し2. 7床あります。 スポンサーリンク 1000人の内3人近くが精神病院にいつでも入院できる体制があるということになります。 実はこの数字は国際的には群を抜いて高いのです。 OECDの調査によると、千人当たり1床を超えているのはベルギー、オランダと日本の3国のみで、2床を超えているのは世界で日本だけです。 アメリカやドイツ、イタリア、カナダ、などは千人当たり0. 5床を下回っており、日本の5分の1以下です。 日本の入院患者の5人に1人は精神科!? 日本の病院の病床数は約158万床で、そのうち約34万床が精神科です。 7%が精神科ということになりますので、ベッドが満床だと仮定すると、入院患者の5人に1人以上は精神科の患者ということになります。 これって、どう考えても異常な数値だと思えませんか? 日本では精神病院に入ると出られない!? 生命保険などで「入院保険」に加入する時に、1回の入院の「限度日数」について説明を聞かれたことのある人も少なくはないでしょう。 保険の場合、1回の入院での支払いは30日が限度という「30日型」の他、90日型、180日型、365日型、730日型などがあります。 生保の社員からは、「平均の入院日数は30日程度だから30日型で十分です」などと説明を受けた人もいるかも知れません。 厚生労働省の調査によると平成23年の、日本人の入院の平均在院日数は32. 8日でした。 ただし、傷病の種類によって差があり、新生物(ガン)の場合19. 5日、呼吸器疾患で26. 5日、骨折41. 1日、循環器系で45. 3日、神経系の疾患76. 2日などとなっています。 スポンサーリンク だいたいどんな病気やケガでも、平均すると1か月か2か月で退院できることが多いようです。 ただし、神経系疾患の中でも、アルツハイマーは236. 3日と約8か月です。 もちろん、平均がそうだということであって、中には1年以上入院しなければならない人もいます。 入院保険に入るときには、この点も留意しなければなりません。 多くの傷病が1か月~2か月なのに対して、精神障害の場合には296. 1日、約10か月となっています。 その中でも、統合失調症などについては、561. 1日と約1年半に及びます。 普通の傷病に比べると5倍~10倍程度長くなるのです。 精神病で入院すると、なかなか退院することができません。 実は、これが日本の精神病床数が多くなる大きな要因です。 精神障害は、普通の病気の8倍も長く入院しなければならない すべての傷病の入院日数の平均値が32. 8日なのに対して、精神障害は296. 1日と8倍以上です。 精神科の病床では一般の病床に比べて、ひとりの人がベッドを占有する期間が8倍も長いということになります。 そのため、ベッドの数を増やさなければなければならないのです。 日本の精神科の入院日数は諸外国と比べると群を抜いて長い実態にあります。 それで、病床数がダントツに多くなるのです。 世界中のほとんどの国で、精神病患者が50日以内に退院しているのに、日本では296日もかかるというのは国際的にみると「異常」と言えるでしょう。 5%もいます 社会的入院が多いことが日本の問題点 イタリア、ドイツ、フランスなどでは、精神科の平均在院日数は1週間から3週間程度です。 諸外国では精神疾患を持つ人たちも早期に退院し、社会の中で生活しながら回復を目指すのが普通だそうです。 これに対して日本では、病院に閉じ込めておこうという考え方が強いのがひとつの問題といわれています。 入院加療が必要なくても、家庭が引き取りたくない、ケアができないという理由で、長期入院をさせられている「社会的入院」患者が少なくないのです。 厚生労働省の調査によると社会的入院患者は7万人ほどと推定されていますが、精神科の専門家の中には15万人から20万人程度と主張する人もいます。 事実だとすれば、退院させればベッドの半分は空くことになります。 「臭いものにはふたを」という発想から、精神障害者を病院に預けて医療者に責任を丸投げし、みないでおこうとするのです。 諸外国では社会的にケアをするシステムが浸透しているために、家族だけが苦労することは少ないとも言われています。 参考記事: 日本のメンタルヘルス障害の患者は少ない方です WHO(世界保健機関)の行なった世界メンタルヘルス調査によると、メンタルヘルス障害の有病率は日本は8. 8%でイタリア 8. 2%)に次いで低い水準でした。 フランスは18. 4%とわが国の倍以上、アメリカは26. 4%と3倍です。 日本は決して精神障害が多い国ではないのです。 わが国では患者が多いわけでもないのに、ベッド数だけは世界でもダントツに多いという実態にあります。 そこにはさまざまな要因が複雑にからんでいるのでしょう。 社会的な偏見や、精神病院の経営問題も関係しているかも知れません。 外で生活できるだけの十分な能力があるのに「監禁」されてしまっている患者も少なくないそうです。 そうだとすれば、社会的にケアできる仕組みを作って外に出してあげないと、かわいそうではないでしょうか? by 水の スポンサーリンク.

次の

他人を精神的に追いつめる人に共通する「13のこと」

精神的日本人 なんj

「」のサイトに、「世界一『チャレンジしない』日本の20代」という、センセーショナルな見出しの記事が公開された(2015年12月1日)。 武蔵野大学講師の舞田敏彦氏が、各国の研究者が実施する「世界価値観調査」2010~14年の結果を分析。 それによると、「新しいアイディアを思いつき、クリエーティブであることを大切にしている」に自分が当てはまると考える20代は、日本が50. 9%だったのに対し米国では73. 「冒険してリスクを冒すこと、刺激のある生活を大切にしている」では日本が23. 1%に対し米国が55. 8%と、いずれも大きく差を付けられている。 さらに59か国の中で見ても、日本はどちらも圧倒的に低くなっている。 舞田氏は「日本の若者は、すっかり委縮している。 社会的な統制が強いはずの旧共産圏以上だ」と嘆く。 一方で「クリエーティブな人材が欲しいと言いながら、斬新なことを提案したり、商談でイニシアチブを取ったりする若手を『生意気だ』と言って排除していないだろうか」「冒険志向の低さは,失敗(道草)に寛容ではない日本社会の思想を反映している」と、企業や日本社会にも問題が大いにあるとも指摘している。 成功すれば出る杭を一斉に叩きまくる この記事に対し、ツイッターなどでは 「日本はチャレンジして失敗すれば袋だたきにし、成功すれば出る杭を一斉に叩きまくる社会ですからね。 頭のねじが1、2本飛んでいるタイプでないとチャレンジなんかできませんよ」 「チャレンジをしたくない、と思わせる土壌を作った側に問題。 『チャレンジしてくれ。 但し失敗してもケアはしないから自己責任で』って状態で、好き好んでチャレンジする人がどれだけ多いのか」 「『挑戦』してる大人も圧倒的に少ないから、システムに迎合すれば安泰って思っちゃう」 と、やはり若者自身の資質よりも、日本社会や企業に原因がある、と指摘する声が多い。 チャレンジ精神を引き出す方法 若手のチャレンジ精神を引き出すには企業の意識改革が重要なポイントとなりそうだが、具体的にはどうすべきなのか。 社員研修・人材開発の情報サイト「」では、PHP研究所 研修企画部部長の的場正晃氏が「適切な目標設定によるチャレンジ精神の醸成」を説いている(13年12月2日)。 目標には、大きく分けて 「(1)当たり前レベルの目標(当人の職位、資格としては普通にこなせるレベルであり、支障なく円滑にこなすことのできるもの。 達成しても、他者からみれば『当たり前』の範囲の目標)」 「(2)満足レベルの目標(職位、資格としては達成が難しく、挑戦することに躊躇を覚えるレベルのもの。 達成すると、当人および関連する人々に満足を与えるような目標)」 「(3)感動レベルの目標(職位、資格としては極めて難しいレベルにあり、誰もが達成困難と考えて挑戦を控えるようなテーマ。 それだけに、達成した場合は社内外に劇的な変化と感動を与える目標)」 の3種類がある。 世間一般では(1)もしくは「(1)と(2)の中間」に位置する目標が設定されることが多いという。 これでは組織全体の活力が失われるとして、 「評価制度も減点主義ではなく加点主義で、失敗を恐れずチャレンジする態度が評価される仕組みを整えておくことが大切です」 などと指摘している。 (MM).

次の