宮迫 会見。 宮迫の会見は演技で嘘くさい?本当に反省している?

宮迫&田村亮緊急会見 島田紳助氏にあって、2人にはなかったもの

宮迫 会見

闇営業問題での活動自粛からおよそ半年が経ち、1月29日に雨上がり決死隊・宮迫博之さんがYoutubeに動画を投稿し、1月30日にロンドンブーツ1号2号・田村亮さんがトークライブを開催後に記者会見を開き、それぞれの形で活動を再開させました。 二人の活動再開に対して、亮さんについてはトークライブで観客から温かく迎え入れられるなど復帰を好意的にみる人が多いのに対して、宮迫さんについては投稿したYoutube動画の低評価が高評価を上回るなど復帰を冷ややかな目で見る人が多く、明暗を分ける形となりました。 そこで今回の記事では、 ロンブー田村亮さんの会見と宮迫博之さんのYouTubeが明暗を分けた理由について、様々なお笑いタレント、ジャーナリスト、ネット上の声、などの意見を織り交ぜつつ、お伝えします。 田村亮さんは、相方の田村淳さんを全面的に信頼してバックアップしてもらい、淳さんに個人事務所・株式会社ロンドンブーツを設立してもらって吉本興業とエージェント契約する形にしたり、復帰ライブのお膳立てもしてもらい、さらにはコンビ二人並んで記者会見をする形になりました。 平成ノブシコブシの徳井健太さんは、ロンブーの二人の会見について、 「プラスでしかない会見だったと思う。 場を温かい空気にし、悪意のある質問が出なくさせたのも、淳さんのMC能力の高さだと思う。 一方の亮さんも、いつもの天然で実直な感じが出ていたし、ロンブーさんはまた一つ上に行くのではないかという感じがした。 」と話しています。 一方、宮迫さんは、明石家さんまさんの個人事務所に所属したり、復帰を発表したYoutube動画もユーチューバーのヒカルさんとコラボしたりと、相方である蛍原さんとの連携を第一に考えていない行動をしています。 また、蛍原さんは宮迫さんの復帰のタイミングについては最後まで反対していたそうですが、宮迫さんはそれを聞き入れませんでした。 ピン芸人ならともかく、コンビであれば、多くのファンは「ロンブーの二人が揃った姿を見たい」とか「雨上がりの二人が揃った姿を見たい」と思うはずです。 いくら宮迫さんにアンチが多い状態とはいえ、横に蛍原さんがいた状態の復帰であれば、受け取る人の印象は全く違ったはずです。 蛍原さんは淳さんのように立ち回りが上手いタイプではないかもしれませんが、癒し系芸人なので、彼が宮迫さんの横にいれば、「まあ、ホトちゃんに免じて」と、許容する視聴者も少なからずいたのではないでしょうか? 宮迫さんの動画を見たナイティナインの岡村隆史さんはラジオで 「相方の横に戻りたいなら、ホトちゃんの意見をちゃんと聞かないとアカン。 また、 「道のりはちょっと長くなるかな。 ホトちゃんとコンビとして活動するのも大変になるんじゃないかなと正直思ってしまった。 」と宮迫さんの今後を不安視していました。 二人の復帰への準備の違いについて、慶應義塾大学特任准教授の若新雄純さんが以下のコメントをしています。 」 以下の記事にもありますように、亮さんの復帰については、相方の淳さんがtwitterなどで事前からこまめに情報発信をして、じょじょに世間の理解を得ていく方向に動いていました。 1月20日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが(46)が自身のツイッターを更新し、相方の田村亮さん(48)の新しい宣材写真をアップしたことが話題になっています。 田村亮さんは昨年6月にから闇営業問題で謹慎中でしたが、相 … 一方の宮迫さんは、唐突に1月29日のYoutube動画で復帰を宣言し、しかも相方の蛍原さんではなく、ユーチューバーのヒカルさんとコラボするという形で復帰をしました。 宮迫さんとしては、「とにかく復帰したい!」という思いで、大御所の明石家さんまさんを頼ったり、有力ユーチューバーのヒカルさんとコラボしたりと、なりふりかまわず行動したのでしょうが、一人よがりで、世間の賛同を得る準備を全くしてこなかったと言わるわけです。 これについて、お笑い芸人のふかわりょうさんが以下のコメントをしています。 「闇営業問題について、皆が何に違和感を覚え、何を求めているのか、ロンブーはそれをしっかり把握していたと思う。 一方、宮迫さんについては、何がどうなっているのかが今も明確になっていないような気がする。 ただ、宮迫さんは自分 一人でカメラの前に立ったし、蛍原さんも陰ですごく支えてきたと思う。 私は同業者なのでそういうところまで汲み取ることができるが、世間の人はそうではない。 それでこんなにもコントラストが出てしまうのかと思った。 」 ふかわさんのコメントにもあるように、 ロンブーは世間が何を求めているのかを考えて、それに向き合って行動していたのに対して、宮迫さんは世間からどう見られているかを全く考慮せずに行動してしまったと言えるでしょう。 また、ジャーナリストの中村竜太郎さんは、宮迫さんの行動について以下のように分析しています。 「これまでの流れも含め、宮迫さんのやっていることのひとつひとつが裏目に出てしまっている感じがする。 本来であれば吉本興業に対してきちんと謝罪をし、契約問題をクリアにするといったことを進めてこなければならなかった。 しかし現状では、宮迫さん自身が言うように、宙ぶらりんの状態だ。 さんまさんの個人事務所に入ってはいるが、新しい仕事が入ってくるわけでもないので、このまま引退になるのではないかと思い悩んだと。 そこで活路を見出すためにYouTubeを始めたということだが、世間的には、ちょっとあざといような印象、あるいは自己愛が強いような印象を与えてしまった」 中村さんのコメントにもあるように、受け手側からすると、 宮迫さんにはあざとい印象を感じてしまう人は多かったと思います。 宮迫さんの復帰については、ネット上では以下のような意見がありました。 「宮迫さんと亮さんの好感度の違いも大きいと思う。 相方の淳さんの行動力や判断力は素晴らしいけど、だからって蛍原さんはダメだとは思わない。 」 「宮迫がカメラに向かって語るときの表情、あの目を細めながらの作り顔での語り、あれは本当に気持ち悪くて嫌悪感しか湧かない。 早く復帰して金稼ぎたい一心で周りの人のことなんてこれっぽっちも考えてない宮迫は、ずっと芸能界復帰しなくて良いと思います。 」 「宮迫は何を焦っているのか?1年ぐらい何も発信せず、将来の糧となるような見聞を広めたり、社会奉仕をしたりして過ごせばよかったのに。 ファンは待っててくれるし、アンチの熱も冷めると思うけどね。 結局この半年間、本人の意思かそうでないかはあるけどずっと情報はあったから、謹慎してる雰囲気をほとんど感じなかった。 」 「 見せかけの「誠実さ」と・・ピュアな天然の「誠実さ」の差・・ 見ている視聴者の皆さんだって、なにか伝わってくるものがある・・」 「何と言っても宮迫は小細工が多すぎると思う。 どこまでが真実でどこまでがパフォーマンスかよく分からない。 人徳の問題で自業自得だと思う。 宮迫に関しては復帰は時期尚早と感じる。 」 「宮迫のセンスのなさが出たな。 ユーチューバーで、一儲けできたら・・・なんて甘く見てそう。 宮迫いなくても、テレビ業界そんな困ってないし、実際ファンもいないよね。 ということで以上、今回の記事では、ロンブー田村亮さんの会見と宮迫博之さんのYouTubeが明暗を分けた理由について、様々なお笑いタレント、ジャーナリスト、ネット上の声、などの意見を織り交ぜつつ、お伝えしました。 最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

次の

宮迫博之「本人達主導で記者会見」…吉本興業の発表覆す“爆弾発言”の可能性も

宮迫 会見

問題が発覚した6月以来、関係者が会見を開くのは初めて。 午前11時半頃、2人のツイッターで午後3時から記者会見を行うことが発表された。 注目度が高い会見で、急きょ設定されたにもかかわらず、受付時間前から報道陣が殺到。 会場前の歩道には長蛇の待機列ができた。 この日の会見の事前の案内に「本人達主導で準備期間も短く、不慣れな記者会見となりますこと、ご容赦頂ければ幸いです」と記されていた通り、まさに手作りの会見といった様相。 用意された会場は狭く、詰めかけたカメラマン、記者が会見場内に入りきらず、混乱する場面も。 ロビーのモニタで会見を見守る記者の姿も。 定刻通り、午後3時から始まった会見は「すべてご質問に答える所存」と前置きされた通り、手を挙げた記者の質問にはすべて答える形に。 午後5時半すぎまで、トータル2時間半以上に及んだ。 途中、女性スタッフから「休憩を入れる」という異例の案内がある場面も。 これは報道陣から異論が出て、会見は継続された。

次の

宮迫博之&田村亮会見で「笑いこらえ悶絶」!?|エンタMEGA

宮迫 会見

この2つの出来事が浮き彫りにした、芸能業界やテレビ業界に蔓延る問題とは何なのか。 業界はどう変わっていくべきか。 芸能人の権利問題に詳しいに聞いた。 「事務所が強い立場にあり、タレントが弱い立場にある」 芸能界の問題 ジャニーズ事務所が、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんをテレビ出演させないよう民放テレビ局などに圧力をかけた疑いがあるーー。 7月17日、が夜9時のニュースに合わせて報じると、ネット上に衝撃が走った。 独占禁止法では、契約の成立を阻止するなど、競争関係にある他の会社の事業活動を不当に妨害することを禁止している。 公取委の関係者によると、ジャニーズ事務所にこれに違反する行為は認定できなかったが、「違反につながるおそれがある行為がみられた」として、同事務所を未然防止のために注意したという。 芸能人の移籍や独立をめぐり、公取委が芸能事務所を注意したことが明るみになったのは、今回が初めてだ。 レイ法律事務所の佐藤大和氏は、公取委の判断について、 「芸能界に対して変革 を求める判断で、大きな意味合いがある」と話す。 「芸能界で長年問題になっているのは、事務所が強い立場にあり、タレントが弱い立場にある、ということです。 独立や移籍をする時に、自由な競争が阻害されてしまうことがある。 これは大きな問題でした」 「タレントと事務所が公平な立場になり、そして独立・移籍する際にも自由な競争をできる環境が作られていく。 今回の公取委の判断を機に、そうした変化が生まれるかもしれない。 その点で、この判断は非常に大きな意味があります」 芸能事務所とタレントのトラブルでは、レプロエンタテインメントから独立後、本名から「のん」に芸名を変更し、テレビ露出が激減した能年玲奈さんをめぐる問題なども記憶に新しい。 佐藤弁護士は、 「同じような問題を多くのタレントが抱えています。 公取委はこれをスタートとして、終わりにはせず、芸能業界の改善に向けて引き続き適切な措置をとってほしい」と期待を込めた。 (弁護士らが芸能人の権利を守るために設立した団体「日本エンターテイナーライツ協会(ERA)」も、報道を受けて公取委にさらなる調査、対応を求めるした。 佐藤氏は同協会の発起人で、共同代表理事を務めている) 一方で、佐藤氏は、ジャニーズ事務所をはじめとする芸能事務所だけではなく、メディア側も変化しなければ状況は変わらない、とも指摘する。 「圧力行為の証拠はなかったということですが、結果を見ると、3人の退所後に民放のレギュラー番組は全て終了しています。 メディア側に過剰な忖度があったと言わざるをえないのではないでしょうか。 今後は、テレビ業界自体が過剰な忖度などをせず、芸能人が自由な競争と芸能活動ができる環境を作っていかなければならないと思います。 たとえば 、違反行為があった場合にメディア側が適切な措置をとるなどの対 応をしっかりしていけば、芸能界は変わっていくと思います」 闇営業の問題をめぐっては、吉本と所属芸人の間に「契約書がない」ことや、芸人らが数多く口にする「ギャラの安さ」なども事態を引き起こす要因になったのではないか、との意見もある。 佐藤氏は、 「口頭の契約では、タレントと会社が対等な関係にあるとは言えない」とも指摘。 トラブルが生じた時などでも、タレントが対等な立場で所属事務所と渡り合うことができるよう、吉本興業は 「公正な契約書を作るべき」だという。 「契約書がないということは、いつでも会社側の都合で契約解消ができるということです。 口頭では、その契約がどういう内容なのかもわからなくなってしまう。 タレントと会社が対等な関係にあるとは言えません。 芸能界を揺るがす2つの出来事は、芸能事務所をおもねるメディア側の「忖度」や、タレントと芸能事務所の間にある不均衡なパワーバランスなど、さまざまな問題を浮き彫りにした。 しかし、芸能人の中にも、疑問を投げかけたり、声を上げはじめたりしている人がいる。 たとえば、タレントの加藤浩次さんは情報番組「スッキリ」で、ジャニーズ事務所の圧力疑惑をめぐり。 「僕らもこういう仕事させてもらっていて、そういうのが暗黙にあるということがわかっている」と話し、その風習が芸能界に根付いていることを認めたのだ。 そして、「今の時代で考えたら、ちょっともうおかしいんじゃないかという部分、僕は実際にある。 (中略)テレビ局もそうですし、事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだという、何かきっかけになればいい」と訴えた。 吉本の闇営業問題でも、特筆すべきは、宮迫さんや田村亮さんが自ら主導で会見を開いたということだろう。 会見はSNSやAbemaTVでノーカット生中継され、多くの人が2人の訴えをリアルタイムで目撃することになった。

次の