早稲田ラグビー 2ch。 大学ラグビーニュース

大学ラグビーニュース

早稲田ラグビー 2ch

高校ラグビーの進路2020!早稲田大学ラグビー部新入部員一覧 伊藤大祐 全国高校ラグビー大会(花園) 決勝 桐蔭学園23-14御所実 桐蔭学園のSO伊藤大祐主将 「4点差だったので、ドロップゴールかな、と冷静に判断できた。 ハーフタイムのミーティングで、負け試合だね、と冗談から入ったら皆んな笑って、気持ちを切り替えよう、と言った。 島本陽太 熊谷ラグビー場Aグラウンド 全国高等学校ラグビーフットボール選抜大会決勝 桐蔭学園、御所実業戦から キックオフボールをチェイスするSH島本陽太君! — Hideki Takahashi HidekiTakahash5 ・身長/165cm ・体重/64kg ・ポジション/SH ・中学/中川西中学 ・高校/桐蔭学園 2019年の大会では 高校ラグビー 選抜 Eグループ 1位 決勝トーナメント 優勝 アシックスカップ プールL 1位 カップトーナメント 1位 高校ラグビー 予選 神奈川県 優勝 高校ラグビー 優勝 という素晴らしい成績を修めています。 川崎太雅 ・身長/171cm ・体重/105kg ・ポジション/PR ・中学/和白中学 ・高校/東福岡 アスリート選抜入試で早稲田に合格 U17日本代表と 高校日本代表に選ばれていました。 永嶋仁 悔しいけど、楽しかった。 幸せな時間をありがとう。 — 永嶋仁 0902Hitoshi ・身長/178cm ・体重/84kg ・ポジション/FL ・中学/不明 ・高校/東福岡 タックルが強くてトライを奪う力が長けていて 高校2年の頃から キャプテンを努めていました。 鈴木風詩 ・身長/180cm ・体重/87kg ・ポジション/LO ・中学/腰越中学 ・高校/國學院栃木 中学時代は 陸上部に入り 鎌倉RSに所属していました。 久富連太郎 福岡上陸 — 久富連太郎 Rentaro1214 ・身長/173cm ・体重/82kg ・ポジション/SO ・中学/成蹊中学校 ・高校/石見智翠館 中学2年で第95回全国大会で 準優勝 中学3年の頃には 東京選抜にえらばれた。 村田陣悟 ・身長/182cm ・体重/86kg ・ポジション/FL ・中学/不明 ・高校/京都成章 高校時代は 高校ラグビー 選抜 Fグループ 1位 決勝トーナメント 準決勝敗退 アシックスカップ プールH 1位 カップトーナメント 10位 高校ラグビー 予選 京都府 優勝 高校ラグビー準々決勝敗退 という成績です。

次の

早稲田大学ラグビーを語る2

早稲田ラグビー 2ch

大学ラグビー• 14 13:41• 13 12:00• 08 05:01• 07 21:24• 07 19:38• 01 05:00• 24 05:00• 23 05:03• 19 05:00• 17 05:00• 15 12:21• 12 05:00• 10 05:00• 05 05:00• 04 05:00• 28 05:00• 24 05:00• 18 05:00• 15 18:38• 15 15:13• 15 05:00• 06 10:00• 03 05:00• 01 05:02• 01 05:00• 24 14:38• 24 05:00• 21 05:00• 20 05:00• 14 05:01• 08 05:02• 08 05:00• 07 16:33• 06 05:00.

次の

慶應義塾ラグビー部4年生の就職先わろたwwwwww 2chみんなのまとめ

早稲田ラグビー 2ch

読み終えて、あぁ、早稲田だー!と天を仰いだ。 あのころ、昭和50年代くらいの早稲田だ。 体格も才能もないが、考える頭とがむしゃらに動く純粋な若者たち。 東伏見のあのきれいな土のグラウンド、シーズン後半に貼られる「緊張」 理詰めで戦い、心地よく勝ち、潔く負けた。 それでも試合に熱と感動があった。 今、外人を擁し、個々が決められたことをきっちり遂行する帝京が強いのは分かる。 でも大学ラグビーは違うと思う。 今年は早稲田ラグビー部創部100周年。 是が非でも覇権を奪還し「荒ぶる」を歌わなければならない。 今年の監督は、昔の早稲田の本流の匂いがする相良君。 それに合わせたようなこの本書。 もう早稲田優勝をイメージせずにはいられない。 今年は11月4日の帝京戦、11月23日の早慶戦、そして早明戦で秩父宮へ。 その先の大学選手権を想像しながら、全力で応援します。 スクラムがぶつかり合う音が聞こえてくる。 耳の奥に鮮明に。 楕円球を限界の息で追う選手の姿が浮かんでくる。 ページの上にくっきりと。 描写がとにかく精緻で具体的。 早大ラグビー部をめぐる日々が、ドキュメンタリー映画のように眼前に像を結ぶ。 昭和の時代の早稲田ラグビーに題材を借りた青春小説、という紹介では言葉足らずだろう。 練習風景や菅平合宿、早明戦に至る準備の様子など物語の大部分は、おそらく事実に基づいて書かれている。 よって、フィクションでありながら、名門のなんたるかを知るためのノンフィクションのようにも読める。 「人種のるつぼ」たる早稲田らしく、登場人物たちは多様にして多彩。 その個性を追うだけでも楽しめる。 筆力に優れているだけでは、ここまで書けない。 ラグビーへの深い見識があるだけでは、この高みまで到達できない。 それらを備えているのは前提だ。 それは、フィロソフィー。 本作を読んで、確信した。 著者には、早大ラグビー部のグラウンドがあった東伏見(西東京市)で培ったに違いない独自の哲学があると。 その証拠を作中で見ることができる。 早大ラグビー部は大学選手権を全国最多の15度制覇している。 明治など他の有力校に選手の素材で劣っていながら、それでも繰り返し栄冠をつかめた理由は何か。 限りない努力は当然のことだ。 でも、それだけでは足りない。 「早稲田のラグビーは言葉を求める」。 本作の中にある。 核心はきっとここだ。 1浪して商学部に入学した主人公の1年生フッカー草野点は、厳しい練習に追われる自らの境遇を見つめながら言う。 「ひとつのことに打ち込んだほうが、人間はたくさんものごとを考える。 間違いない」。 草野点はそうやって己の全てをラグビーに注ぎ、周囲のプレーヤーを観察し、もろもろを言語化しながら上達していく。 見て、盗む、ではない。 見て、考え、言葉に置き換え、実践する。 とても理知的だ。 「ラグビーに基本はない。 戦法に応じた基本があるだけ」。 早稲田ラグビーの指導の根幹だと著者は記す。 体格やキャリアで上回る明治に勝つためにはどうすればいいか。 必然、逆算して戦略的に強化していくほかない。 どうしたって、おのおのの感性は研ぎ澄まされる。 こうした人材の切磋琢磨が、早稲田を早稲田たらしめる。 著者もきっとこのような環境で、他人に目を凝らし、己を深く省みてきたのだろう。 その濃密な時間によって、人物や物事を見る土台が出来上がった。 ゆえに、生半可な書き手では出てこないような言葉があふれ出る。 無二のスポーツライターは、主戦場ではない文芸の世界においても、オリジナリティーあふれるステップを踏んで見せた。 それにしても、著者が小説という形でこのような作品を手掛けた理由は何だったのだろうか。 早大ラグビー部は1918年の創部で、今年100周年を迎えた。 その節目に合わせて書いたのは、間違いないだろう。 でも、小説でなければならない理由の答えは、そこにはない。 早大ラグビー部は2002年、東伏見を離れて上井草(杉並区)に移転した。 人工芝を備えたグラウンドで、部室も真新しくなり、練習環境は格段に改善した。 翌03年、13年ぶりに大学選手権を制覇。 この時の監督は、清宮克幸氏である。 合理と効率を徹底的に追求した清宮氏の監督としての成功は、早稲田はもとより、大学ラグビー界にとっての大きな転換点になったと個人的には思っている。 理不尽と思えるような長時間練習を廃止し、「横のワセダ」にありながらスクラムで真っ向勝負できるだけのフォワードの大型化を図り、用具提供でアディダスと契約して選手の自尊心をくすぐった。 ここに東伏見の薫りはない。 時代の流れ、と言ってしまえばそれまでだ。 しかし、東伏見には連綿と受け継がれてきた部のDNAがある。 忘却は許されない。 創部100周年を機に、後世に伝えるためにどうすべきか。 ノンフィクションでは、どうしても主要人物に焦点が当たってしまう。 イメージが限定的になりがちだ。 まして、これまでの出来事を総ざらいした部史のようなものになってしまっては、一般人が手に取るにはハードルが高い。 著者は節目の年を迎えるにあたって、早稲田ラグビーそのもの、有形無形の真髄とも言うべきものを残したかった。 仮説としてどうだろうか。 清宮氏の変革を引き金とするように各校のさまざまな強化が進み、翻って早稲田の不振が続いている。 皮肉なことだ。 大学選手権9連覇中の帝京には、ラグビー界のみならず、あらゆる集団スポーツが手本にすべきことが多くあるだろう。 でも、同時に早稲田や明治が、帝京の完全なる二番煎じになってほしくないという思いもどこかにある。 伝統を大切にしつつ、時流に合ったものを採り入れ、頂点を極める。 口で言うほど、容易ではないはずだ。 でも期待してしまう。 ありし日の時代に連れて行ってくれる本作を読めば、きっと多くの人が同じ思いを抱くに違いない。

次の