ラウンジ 同伴者。 空港ラウンジが無料で楽しめるおすすめのクレジットカード18選

ご同伴のお客様とラウンジへ

ラウンジ 同伴者

SPGアメックスは国内28か所・海外1か所の空港ラウンジが無料 SPGアメックスを持っていると、国内28か所の空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港 (旧・ホノルル国際空港)にある、 合計43の空港ラウンジへのアクセスが無料になります。 以前は、韓国の仙川空港のラウンジも無料で利用できましたが、2019年4月30日でサービスの提供が終了してしまったので注意してくださいね! 2020年7月現在、海外の空港で無料利用できるラウンジは、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港 の「IASS HAWAII LOUNGE」のみです。 同伴者1名まで無料で利用可能 SPGアメックスの空港ラウンジ特典のうれしいポイントは、 同伴者1名まで無料で利用できるという点です! 空港ラウンジが無料で使えるクレジットカードは、そんなに珍しくはないのですが、同伴者まで無料というカードはかなり貴重です。 つまりカード会員、同伴者、お子様でも3人で無料でラウンジに入ることが可能です。 SPGアメックス• アメックス・ゴールド• ANAアメックス・ゴールド• デルタ・アメックス・ゴールド• アメックス・プラチナ アメックスのなかでも、 ゴールド・プラチナ級の会員のみが利用できる、特別な空間なんです! 本当に素敵なので、京都に行かれる際は、ぜひ立ち寄ってみましょう。 もし、海外の空港ラウンジをよく使うという場合は、『プライオリティ・パス』への入会を検討してみましょう! 海外のラウンジ利用ならプライオリティ・パスがお得 『プライオリティ・パス』とは、世界148か国、600を超える都市にある1,300か所以上のラウンジが利用できる会員サービスです。 プライオリティ・パス 海外旅行の頻度によって、スタンダード、スタンダード・プラス、プレステージという3つの会員プランが用意されています。 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 13歳未満:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,050円• 3歳未満:無料 無料サービス• ソフトドリンク(フリードリンク)• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき850円• 小学生・中学生:420円• 小学生未満:無料 無料サービス• フリードリンク• 新聞・雑誌の閲覧 インターネット環境• 無線LAN対応(FREESPOT)• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき830円• 中学生未満:無料 無料サービス• ソフトドリンク• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション• 同伴者:1人まで無料(利用は1時間以内)• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 無線LAN対応• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき 550円• 3歳以下:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4~12歳:1人につき550円 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき 550円• 3歳以下:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき550円• 3歳以下:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき550円• 3歳以下:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4~12歳:1人につき550円 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,050円• 4歳~12歳:1人につき530円• ソフトドリンク• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,050円• 4歳~12歳:1人につき530円• ソフトドリンク• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,050円• 4歳~12歳:1人につき530円• ソフトドリンク• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき550円• 3歳以下:無料 無料サービス• FAX• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション インターネット環境• 無線LAN対応• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳~12歳:1人につき550円• 3歳以下:無料 無料サービス• フライトインフォメーション• FAX、コピー インターネット環境• 無線LAN• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者1人につき1,050円• 3歳〜12歳未満:520円• 3歳未満:無料 無料サービス• ソフトドリンク(フリードリンク)• 新聞・雑誌の閲覧• テレビの視聴• 携帯電話用の充電器貸し出し• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,250円• 13歳〜17歳:1人につき630円• 12歳以下:無料 無料サービス• ドリンクサービス(アルコール類を含む)• おつまみ• 雑誌・新聞紙・絵本の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以上の同伴者:1人につき1,100円• 3歳〜12歳未満:1人につき550円 無料サービス• フライトインフォメーションサービス• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,253円• 3歳〜18歳未満:1人につき622円• 3歳未満:無料 無料サービス• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,650円• 7歳〜16歳未満:1人につき825円• 7歳未満:無料 無料サービス• スナック• フライトインフォメーション• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 7歳〜16歳未満:1人につき550円• 7歳未満:無料 無料サービス• スナック• フライトインフォメーションサービス• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 7歳〜16歳未満:1人につき550円• 7歳未満:無料 無料サービス• スナック• フライトインフォメーションサービス• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 7歳〜16歳未満:1人につき550円• 7歳未満:無料 無料サービス• スナック フライトインフォメーション• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,050円• 3歳未満:無料 無料サービス• コーヒー、紅茶、ソフトドリンク(セルフサービス)• 新聞・雑誌等の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 4歳〜13歳未満:1人につき550円• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 12歳未満:1人まで無料、2人目以降は1人550円 無料サービス• フライトインフォメーション• 新聞・雑誌の閲覧• コピー・FAXの利用• PC(2台)の利用• マッサージチェア(3台)• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき720円• 3歳〜12歳未満:1人につき360円• 3歳未満:無料 無料サービス• ソフトドリンク(フリードリンク)• 新聞・雑誌の閲覧• 携帯充電器の貸し出し インターネット環境• インターネット専用パソコン(2台)• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3歳〜12歳未満:550円• ソフトドリンク (コーヒー・紅茶 ・県産ジュースなど)• 新聞の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3歳〜12歳未満:550円• フリードリンク• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 全席にUSBポート付コンセント完備• フリードリンク• フライトインフォメーション• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 全席にUSBポート付きコンセントを完備• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,018円• 3歳〜12歳未満:1人につき509円• 携帯電話充電器の貸し出し• マッサージチェア(1台) 新聞・雑誌の閲覧 テレビの視聴 インターネット環境• 有線LAN対応(PCビジネスカウンター)• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:880円• 3~12歳:1人につき 440円 無料サービス• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3~12歳未満:1人につき550円• 3歳未満:無料 無料サービス• フリーソフトドリンク、またはビール1本(選択制)• スナック• ビジネスコーナーの利用• フライトインフォメーション(搭乗アナウンスなし)• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3~12歳未満:1人につき550円• 3歳未満:無料 無料サービス• スナック• フライトインフォメーション(搭乗アナウンスなし)• 新聞・雑誌の閲覧• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 新聞・雑誌の閲覧• 携帯電話の充電 インターネット環境• 無線LAN対応• 会員:無料• 同伴者:1人目まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3歳〜11歳まで:550円• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション インターネット環境• 無線LAN対応 OitaAirport-WiFi• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3歳〜12歳まで:660円• ソフトドリンク• おつまみ• ビジネスコーナー• テレビの視聴• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,100円• 3~12歳未満:1人につき550円 無料サービス• ソフトドリンク• おつまみ• 新聞・雑誌の閲覧• 携帯充電器の貸出• 会員:無料• 同伴者:1人まで無料• 2人目以降の同伴者:1人につき1,320円• 3歳〜12歳未満:660円• 3歳未満:無料 無料サービス• 新聞・雑誌の閲覧• フライトインフォメーション インターネット環境• 無線LAN対応• 会員:無料 同伴者:1人まで無料• 4~12歳:1人につき6米ドル• 3歳以下:無料 無料サービス• ソフトドリンク(フリードリンク)日本語の新聞等の閲覧• フライトインフォメーション• ノートパソコンの利用 インターネット環境 無線LAN対応 SPGアメックスで無料利用できるラウンジのまとめ 今回は、SPGアメックスで無料利用できるラウンジについて、最新情報をお伝えしてきました。

次の

ご同伴のお客様とラウンジへ

ラウンジ 同伴者

プライオリティパスの同伴者の料金 会員プラン スタンダード スタンダード・プラス プレステージ 年会費 US$99 US$299 US$429 利用料金(会員) US$32 10回まで無料 その後はUS$32 無料 利用料金(同伴者) US$32 US$32 US$32 プライオリティパスには3つの会員プランがあります。 すべてのプランにおいて、同伴者の利用料金は1回あたりUS$32、約3,500円程度となっています。 クレジットカードのゴールド・プラチナ・ブラックカードなどでは、プライオリティパスのプレステージ(最高ランクのプラン)が無料でついているものが多くあります。 無料でお酒を飲んだり軽食を食べたり…と空港で優雅な時間が過ごせるプライオリティ・ラウンジ。 しかし、 自分が無料だったとしても同伴者に3,500円というのは、なかなか高額です。 「私だけプライオリティ・ラウンジ行ってくるね」と同伴者と別行動と言うわけにもなかなかいかず…同伴者が無料で使えると良いですよね。 プライオリティパス同伴者無料のクレジットカード プレステージだと本人の利用料金は無料になり、同伴者は通常だとUS$32かかるのですが、これが無料になるカードも中にはあります。 誰でも申し込めるのは「ANA アメリカン ・エキスプレス・プレミアム・カード」ですが、こちらは年会費が15万円と高額です。 本人+同伴者は1名まで無料でプライオリティラウンジが利用できます。 また、家族カードが4枚まで無料で作れて、家族会員もプライオリティパスに申し込むことができます。 年会費15万円と聞くと高く感じますが、最大5名のプライオリティパスが無料で持てて同伴者も無料になる、かなり希少価値の高いカードです。 家族カードでプライオリティパス無料のクレジットカード プライオリティ・ラウンジを夫婦でいっしょに利用する…など 家族が同伴することが多いなら、家族カード会員でもプライオリティパスに申し込めるクレジットカードが良いでしょう。 この場合、家族が1人でプライオリティ・ラウンジを使うときにも無料。 家族旅行が多い方や、夫婦で海外出張が多いといった方におすすめの方法です。 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 本会員 20,000円+税 家族会員 1名無料 2人目〜3,000円+税 その他のサービス ・プラチナ・コンシェルジュサービス ・手荷物空港宅配サービス ・ハーツレンタカー(年会費無料) ・名門ゴルフ場予約代行サービス ・海外旅行傷害保険最高1億円 ・国内・海外渡航便遅延保険 ・ショッピング保険 ・犯罪被害傷害保険 ・不正使用被害の補償 など 家族会員もプライオリティパスに申し込みができるカードです。 年会費2万円+1人家族カード無料を夫婦で申し込めば、1人あたり1万円の年会費でプライオリティ・パスが持てます。 プレステージの年会費は通常US$429(約4万8千円)なので、かなりお得です。 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 本会員 29,000円+税 家族会員 1名無料 2人目〜12,000円+税 その他のサービス ・国内外空港ラウンジ(同伴1名まで無料) ・手荷物無料宅配サービス ・エアポート送迎サービス ・海外旅行傷害保険最高1億円 ・オーバーシーズ・アシスト ・キャンセル・プロテクション ・ショッピング・プロテクション ・リターン・プロテクション ・航空便遅延補償 など 通称アメックスゴールド。 こちらも海外旅行をよくする方には人気のカードです。 申し込めるのはプライオリティ・パスのスタンダードプランで、年2回までの利用料が無料、それ以降は1回US$32の利用料がかかります。 家族カードを1枚目無料で発行でき、家族会員も年会費無料でプライオリティ・パスに申し込むことができます。 本会員と同様、年2回までは無料で利用できます。 また、国内空港やハワイ、韓国の空港ラウンジを無料で利用でき、こちらは同伴者も1名までなら無料です。 安い年会費でプライオリティパスが手に入るクレジットカード 基本的には1人で使うという場合は、自分のみプライオリティ・ラウンジが無料で使えるクレジットカードにして、同伴者のUS$32を都度支払うのが良いでしょう。 プライオリティパスに申し込めて年会費が安いクレジットカードを紹介します。 楽天プレミアムカード 楽天プレミアムカード 年会費 本会員 10,000円+税 家族会員 500円+税 その他のサービス ・国内空港ラウンジ ・海外トラベルデスク ・海外旅行傷害保険最高5,000万円 ・楽天ポイント+最大4倍 など 楽天プレミアムカードは年会費1万円でプライオリティパスが無料で発行できる、かなりお得なクレジットカードです。 なんと月に1,000円以下でプライオリティパスが手に入っちゃいます。 カードを作ると10,000〜13,000円分の楽天ポイントがもらえるので、1年目の年会費は実質無料です。 家族カードではプライオリティパスが申し込めないので、同伴者には1回3,000円の使用料がかかります。 プライオリティ・ラウンジだけでなく、国内やハワイ、韓国の空港ラウンジが無料で使えるサービスもあり、こちらは同伴者も無料で利用できます。 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 本会員 20,000円+税 (年間200万円以上の利用で10,000円+税に割引) 追加カード (18才以上の社員or生計を共にする同姓の家族) 3,000円+税 その他のサービス ・国内空港ラウンジ ・ハイヤー送迎サービス ・手荷物宅配サービス優待 ・海外アシスタンスデスク ・海外旅行傷害保険最高1億円 ・楽天ポイント+最大4倍 など 個人事業主や経営者向けのカードです。 年間200万円以上クレジットカードを利用すると翌年の年会費が1万円になるので、クレジットカードでの出費が多い方に向いています。 家族だけでなく社員にも年会費3,000円で追加カードを作る事ができますが、追加カードではプライオリティパスの申し込みはできません。 まとめ 今回は、同伴者までお得にプライオリティ・ラウンジを利用する方法を紹介しました。 プライオリティパスは通常なら年会費が約4万8千円もかかるサービスです。 クレジットカードを通して申し込みをする方がお得なので、空港のVIPラウンジを使いたいという方はぜひ検討してみてください。 海外旅行おすすめクレカ1位 海外旅行用の 最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているで私自身もそう思います。 が旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。 年会費が 無料• 海外旅行保険が 無条件でついてくる• 2,000円分ポイントがもらえる• 旅行の直前でも 即日発行できる 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。 まずは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる 無条件自動付帯 上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。 の保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

次の

カードラウンジ(ラウンジオーサカ)

ラウンジ 同伴者

空港の中の喧騒から離れてひといきつくことができるラウンジ。 利用条件を満たされている方と一緒に同行者の方もラウンジに入ることができるのでしょうか?最初に成田空港を例に挙げて同行者さまのご利用についてお話をしていきたいと思います。 国際線のANAのラウンジには、ファーストクラス及びANAダイヤモンドサービスメンバーの方だけが利用することができる ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)と、ファーストクラス、ビジネスクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、スターアライアンスゴールドメンバー、スターアライアンス有料ラウンジ会員の方がご利用いただくことができる ANA LOUNGE(ANAラウンジ)とがあります。 それぞれ ANA便もしくはスターアライアンス加盟航空会社便をご利用予定の方限定でご利用いただくことができるようになっています。 ANA スイートラウンジでは、基本的に それぞれ同行者1名さまのご利用が可能となっています。 ANA ラウンジでは、基本的に ビジネスクラスをご利用のお客様はご本人様のみのご利用となりますが、それ以外の ファーストクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、スターアライアンスゴールドメンバー、スターアライアンス有料ラウンジ会員の方は、同行者1名様のご利用が可能となっています。 ANA ARRIVAL LOUNGE(ANA国際線到着・国内線出発ラウンジ)では、国際線到着ラウンジとしてご利用の場合と、国内線出発ラウンジとしてご利用の場合では、条件が異なります。 ANA国際線到着ラウンジとしてご利用の場合には、ANA運行の国際線ご利用の方のみのご利用となりますので、その他スターアライアンス系の航空便でのご利用はできません。 ファーストクラス、ANAダイヤモンドサービスメンバー、ANAプラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員の方の場合、同行者1名様のご利用が可能となります。 ビジネスクラスのお客様はご本人様のみのご利用となります。 ANA国内線出発ラウンジとしてご利用の場合には、ANA運行便でご出発の場合に限り、ANAダイヤモンドサービスメンバー、プラチナサービスメンバー、ANAスーパーフライヤーズカード会員、成田空港発ANA国内線を当日ご利用のスターアライアンスゴールドメンバーの方は、同行者1名様のラウンジご利用が可能となっています、 成田空港発ANA国内線を当日ご利用となるANAブロンズサービスメンバーの方の場合、1回のご利用につき1,000マイルが必要となり、ご本人様のみのご利用となります。 成田空港発ANA国内線を当日ご利用になる「」及び「ANA JCBカード スーパーフライヤーズプレミアム」会員様の場合もご本人様のみのご利用となります。 羽田空港の場合も成田空港とほぼ変わりませんが、ANA ARRIVAL LOUGEは国際線到着ラウンジとしてのみのご利用となりますので、お気を付けいただきたいと思います。 関西国際空港では、ANA LOUNGEのみのご用意となりますが、ご同行者のご利用は成田空港とほぼ変わりません。 中部国際空港では、スターライアンスラウンジのご利用となり、成田空港ANA LOUNGEのご同行者のご利用とほぼ条件は変わりません。 また、それぞれ 2歳未満のお子様の場合、同行者としての数には含まれませんが、2歳以上のお子様の場合は同行者としての数に含まれますので、お気を付けいただきたいと思います。 ANAダイヤモンドサービスメンバーの方の場合、マイルを利用されることで成田・羽田のANAスイートラウンジ、関西のANAラウンジでは、さらに多くの同行者をお連れいただくことも可能です。 同行者1名様は無料でご利用いただくことができますが、2人目から4人目の方までは、おひとり様につき3,000マイルでご利用いただくことができるラウンジ利用券にて、メンバーと一緒にラウンジをご利用いただくことができます。

次の