ツー ストローク。 2ストロークキー: QXエディタ入門

2ストロークキー: QXエディタ入門

ツー ストローク

分離給油式エンジンの。 2ストロークオイルは写真のオイルタンクに蓄えられ、で燃料に混合される。 2ストロークガソリンエンジンでは、が下降する際に内で混合気を一次圧縮してに送り込む 掃気。 クランクケースの内部が吸入経路の一部となっているため、エンジンオイルを燃料に混合して潤滑される。 この用途に特化した潤滑油が2ストロークオイルで、4ストロークエンジン用のオイルと異なり、燃焼室内で燃焼されて排出されることを前提として合成されている。 2ストロークオイルの原料はやなどの、、(エステル・ポリブデン)などであり、燃料との混和性改善の為に5-35%ほどの割合でが添加される場合もある。 古くはオートバイなどでも、燃料に予め2ストロークオイルを混合してから給油する 混合給油方式が主流であった。 しかし、クランクシャフトのベアリングの潤滑性を向上させ、の際のを抑制するために 、燃料タンクとは別に設けられた2ストロークオイルタンクに給油する 分離給油方式が自動車用エンジンやでは主流になった。 分離給油方式では、オイルはによってキャブレターとクランクケースへ圧送される。 今日、オイルメーカーやオートバイメーカーが販売する2ストロークオイルは分離給油でも混合給油でも使用できるものが多いが、カストロール・A747オイルのように混合給油専用とされているものも存在する。 また、潤滑特性や排気煙の多寡などによってやで規格化されている。 燃料との混合比は、エンジンの設計やオイルメーカーの指定により16:1から100:1まで様々であるが、指定されている混合比より極端にオイルが濃い場合は燃焼室内や点火プラグにカーボンスラッジが堆積したり、オイルが完全燃焼せずに煤となり、排気管に堆積したり排気口から飛散する量が増える。 逆に極端にオイルが薄い場合は潤滑能力が足りず、ピストンの焼きつきやクランクベアリングの摩耗などのリスクが高くなる。 2ストロークオイルの粘度は、銘柄や製造メーカーによっては公開されている場合があり、分離給油の場合は粘度が混合比に影響する場合がある。 粘度が高いほど流動性が低く、供給量が減って混合比が薄くなる。 2ストロークオイルに求められる条件は次のようなものが挙げられる。 燃焼中のの形成が最小限で、完全燃焼することが望ましい。 への良好な溶解性。 耐摩耗性、潤滑性、耐食性および熱的特性が良いこと。 流動性が良いこと。 で使用する場合、 水の中に放出されたときに油分が急速に分解すること。 規格 [ ] 日本では2ストロークオイルは、JASO M356によってFAからFDまでの品質規定が定められており、主に排気煙の多寡などが規格の主要な構成要素となっている。 主な規格を下記に列挙する。 JASO M345• FA 該当無し - 2サイクルエンジンにとって最低限の性能を有する (規格廃止)• FB EGB - FAに比べて特に潤滑性、清浄性に優れる• FC EGC - FBに比べてさらに排気煙、排気系閉塞性に優れる(スモークレスタイプ)• FD EGD - FC規格の清浄性をさらにアップして、より環境に配慮したオイル 上記4つは2サイクルエンジンオイルの基本的な性能について示したものである。 国際舟艇製造者協会 NMMA• TCW-3• 欧州規格諮問委員会 CEC• L33-A-93 上記3つはいずれも環境保全に配慮した、生分解性2サイクルエンジンオイルを示すものである。 4ストローク用オイルとの違い [ ] との違いは、4ストロークではやなどの方式で、高温になるエンジン内で長期間にわたって繰り返し使用されるため、高温環境下での抗酸化特性 酸中和性、酸化安定性 が良く変質しにくいこと や、スラッジ分散性なども重要な性能となるが 、2ストロークエンジン用オイルは一回しか使われないため、これらの特性はほとんど考慮されない。 また、2ストロークには高い耐摩耗性が必要となる動弁機構が無いため動弁系の摩耗防止性は求められない。 2ストロークオイルはエンジン内で燃焼して排出されるため、燃焼室やの汚損を防ぐ性能が特に重視される。 2ストロークエンジンはシリンダー側面にポートがあるため4ストロークエンジンとは異なり、がシリンダー内で回転する構造になっておらず、ピストンリングの溝にスラッジが堆積してピストンリングが膠着しやすい。 そのため燃焼室でのスラッジの元となる灰分を含む添加剤は少なく抑えられている。 酸化や動弁系の摩耗を考慮せずに済むこととスラッジの要因となることからほとんどの4ストロークエンジンのオイルに添加されているZnDTP 酸化防止・磨耗防止などの機能を持つ多機能添加剤 は基本的に添加されていない。 混合燃料 [ ].

次の

2ストロークとは (ツーストロークとは) [単語記事]

ツー ストローク

PGAツアーでは昨年のプレーオフシリーズから「ストロークゲインドティートゥグリーン」と「トータルストロークゲインド」が公式スタッツとして採用されることになりました。 これが解れば、あなたも明日からPGAツアー通です! PGAツアー「ストロークゲインド」改革 これまでツアーでは、ある選手のショットがどれだけ良い状態かを知りたかったら「フェアウェイキープ率」や「パーオン率」を見るしかありませんでした。 正確なショットを打てる選手は「フェアウェイキープ率」が高く「パーオン率」が高いはずです。 しかし昨年2013年シーズンの「フェアウェイキープ率」や「パーオン率」の順位表を見てみても、昨年賞金王になったタイガー・ウッズや当時の世界ランク1位のアダム・スコットの名前が見当たりません。 スコアメイクを決定付けると言われる「トータルパッティング」を見てみても、2人の名前はありません。 それもそのはず、ウッズもスコットもメジャー大会などタフなコンディションで戦わなければならない試合ばかり、16試合ずつしか出場していません。 フェアウェイは狭くグリーンは硬いコースばかりでプレイしているので「フェアウェイヒット率」や「パーオン率」はどうしても低くなります。 速いグリーンばかりですから「トータルパッティング」も当然良い数字が出ません。 これでは本当にゴルフが上手な選手が誰なのかわかりません。 そこで《実際のストローク数》ではなく《他の選手とのストローク数比較》を値にすれば、コースの難易度による不公平さが無くなるだろうということで「ストロークゲインド」の概念が生まれました。 【 PGAツアーでは全試合で全選手のショットデータが計測されている】 今回は「ストロークゲインドティートゥグリーン」、「トータルストロークゲインド」について詳しく紹介します。 ちょっとマニアックな情報ですが、これが解ればPGAツアー中継がもっと楽しくなるので、ぜひチェックしてみて下さい。 自分のスコアアップに繋がるヒントもあるかもしれません! 「ストローク ゲインド」とは? ストロークゲインドの定義はこうです。 「あるコースで、選手がフィールドに対して何ストローク勝った(Gain)か、もしくは劣った(Lost)かの値。 」 「ストロークゲインド パッティング」とは? 先ずは以前より導入されている「ストロークゲインド パッティング」のおさらいをしてみましょう。 「ストロークゲインドパッティング」とはグリーン上でのパフォーマンスでどれだけストロークゲインしたか、つまりはパッティングのスコアに対する貢献度を表す値となります。 ショットやパッティングはラウンド毎のデータが少なすぎるので、計算には昨年のデータが使われます。 昨年実績で、ある難易度のコースのある距離からのパットにツアー平均何ストロークかかったかを計算し、自分のパット数から引くことにより、パッティングのおげで他の選手よりもどれだけ優位にスコアを作ることができたか?が明らかになります。 例えば、2mのパットを決めるツアー平均ストローク数(昨シーズン実績のコース難易度計算込み)が1. 5だとします。 5となります。 2パットだと-0. 5、3パットしたら-1. 5となります。 「パットがどれだけスコアに貢献したか?」とよく言われますが、それはつまり、パットでどれだけ他の選手に勝てたか?ということになります。 《コースに勝つ》のではなく《他の選手に勝つ》というところがポイントです。 そうすることで難易度の同じくらいのグリーン上での選手のパッティングの上手さが比較できるわけです。 補足になりますが、グリーン上でウェッジを使って打った場合もストロークゲインドパッティングに反映されます。 グリーン上のあらゆるパフォーマンスがこのストロークゲインドパッティングのデータに影響します。 「トータル ストローク ゲインド」とは? フィールドの1ラウンドの平均スコアと自分のスコアを比較して、どれだけ勝っているか(ゲインド)負けているか(ロスト)を計算すると、トータルストロークゲインドが導きだされます。 もし選手Aが68をマーク、選手Bが72をマークした場合。 さて、選手Aはフィールド全体よりも2ストローク勝ったわけですが、その内訳はどうなっているでしょうか? 「ストロークゲインド ティー トゥ グリーン」とは? ティーショット、アイアンショット、アプローチ、パット、これら全てを合計して、他の選手よりも何ストローク勝ったか?それが「トータルストロークゲインド」でした。 「ストロークゲインド ティー トゥ グリーン」とは、コースのグリーン面以外のあらゆる場所でのパフォーマンスにより、どれだけストロークゲインしたか、つまりはショットのスコアに対する貢献度を表す値となります。 計算方法は簡単です。 「トータルストロークゲインド」から「ストロークゲインド パッティング」を引いた値が「ストロークゲインド ティー トゥ グリーン」になります。 ティーショット、アイアンショット、アプローチショット等で他の選手たちよりも1打稼いて、パットでもう1打稼いだことになります。 現在の「ストロークゲインド」ランクは? さて「ストロークゲインド」がかなり有効なデータを示してくれることがわかりましたので、現在の「ストロークゲインドティートゥグリーン」と「ストロークゲインドパッティング」のランキングを見てみましょう。 【ストロークゲインドティートゥグリーン ランキング】 1位 ローリー・マキロイ(平均1. 993) 2位 セルヒオ・ガルシア(平均1. 820) 3位 ジム・ヒューリック(平均1. 684) 4位 ジャスティン・ローズ(平均1. 505) 5位 アダム・スコット(平均1. 503) 6位 松山英樹(平均1. 474) 錚々たるショットメーカーの名前が並んでますが、6位に松山英樹の名前があります。 このデータは松山選手が世界有数のショットメーカーだということを証明しています。 次に「ストロークゲインドパッティング」を見てみましょう。 【ストロークゲインドパッティング ランキング】 1位 グレアム・マクドウェル(平均0. 886) 2位 アーロン・バデリー(平均0. 873) 3位 グレッグ・チャーマーズ(平均0. 855) 4位 マット・エブリー(平均0. 735) 5位 フレディ・ヤコブソン(平均0. 705) 156位 松山英樹(平均-0. 393) ストロークゲインドティートゥグリーンのランキングと比較するとワールドランキング上位者があまりいないことがわかります。 ストロークゲインドティートゥグリーンで1位のマキロイは平均. 273でランク41位となっています。 また、松山は平均-0. 308でランク151位。 いかにショットがスコアメイクに繋がっているかが解りますね。 2014-15シーズン開幕戦「フライズドットコムオープン2日目」松山英樹スコアカード 「ストローク ゲインド」という考え方、そしてその数字が意味するものとは? ドライバーでフェアウェイキープした260Yのショットも、セカンドで左にひっかけたアイアンショットも、バンカーからのナイスアプローチも、難しい下りのスライスラインも、スコア上では全て同じ一打です。 その同じ一打の中からスコアへの貢献度を振り返り、どのショットがゲインしたのか?、ロストしたのか?を考えていくと上達の一歩となるかもしれませんね。 ラウンドの後はぜひゴルフスコア管理アプリ「GOLF NETWORK PLUS」でその日のラウンドを振り返ってみませんか? iPhone、iPad等のiOSをご使用の方はこちら (iOS8対応版) Androidをご使用の方はこちら 新機能搭載!「GOLF NETWORK PLUS for au」をauスマートパスで配信中! 日本唯一のゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」 世界最高峰のゴルフツアー「PGAツアー」を予選から決勝まで全ラウンド衛星生中継。 全米オープン、全英オープン、全米プロゴルフ選手権、全英女子オープン、全米女子オープンなど海外メジャートーナメントの放送実績も。 国内男子ツアー(JGTO)、国内女子ツアー(LPGA)は「とことん1番ホール生中継」のほか大会ダイジェストを多数放送。トッププロが出演する番組やレッスン番組、ゴルフ情報番組、ギア情報番組などオリジナル番組も充実。さらに「ゴルフネットワークプラス」ではスマートフォンアプリやパソコンで見逃し配信でご視聴いただけます。 1年365日、いつでもどこでも、ゴルフみるならゴルフネットワーク!•

次の

2ストロークエンジンの構造

ツー ストローク

この記事の目次• 2ストロークエンジン 2ストロークエンジンは、爆発で生じたエネルギーを利用して、ピストンが上がったときにシリンダー内部に混合気を取り込みます。 気体を圧縮して点火をし、爆発させてピストンが下がったときに排気口から排気を行います。 このようにピストンを 2サイクル(上下に一度ずつ)させて吸気、圧縮、爆発、排気をさせて燃焼を繰り返す構造をしているエンジンです。 出典: 1. 吸気・圧縮 ピストンが上昇する間でに空気を吸入し混合気を圧縮する。 爆発・膨張・排気 プラグ点火によって混合気を着火し、ピストン最上部で爆発し、シリンダーを勢い良く押す(降下)と同時に排気をする。 2ストロークエンジンの特徴 燃費が悪い 吸気と排気が混じりあってしまうため、燃焼の効率が良くない オイル代がかかる エンジンに供給しているオイルも少しずつですが燃焼して消費されます 構成部品が少ない エンジンの構造が簡単 少ない排気量で大きな馬力トルクを出せる 部品点数が少ない為、機械ロスが少なく高回転まで回せるエンジンを作ることが出来ます。 4ストロークエンジン 出典: 4ストロークエンジンは 4工程で一回の爆発をします。 4つの工程は、吸気・圧縮・爆発・排気です。 2ストロークエンジンでは吸気口や排気口がシリンダーにありますが、 4ストロークエンジンではバルブと呼ばれる吸気・排気弁が点火プラグのそばにあり、開閉をしています。 ・パワーの交換効率が良くなっています。 (燃費が良い) ・エンジン構造が複雑(構成部品が多いため、機械ロスがあり 2ストロークエンジンに比べ高い回転数が得られず、パワーがあまり出ません) そのため排気量を大きくして馬力とトルクを大きくします。 ・4ストロークエンジンのオイルは混合気と一緒には燃やされていません。 昔の軽自動車は2ストエンジン 昔の軽自動車は2ストロークエンジンでした。 小さい排気量でより大きな馬力を出すためだと思います。 現在2ストロークの車は販売されていません。 ジムニー 出典: スバル 360 出典: カワイイでしょ RR(リヤエンジンリヤ駆動)です スズキ セルボ 出典: エンジンは RR(リヤエンジン、リヤ駆動)です。 まとめ 昔の車は個性的で本当にいいです。 排気音もポンポンポンッて感じで可愛いですよ もう排ガスの関係で 2ストロークエンジンはなくなっていくと思います。 今ある 2ストロークエンジンの車、バイクがとっても希少になっていきますね!.

次の