写真 反射 消す アプリ。 お、これ便利!撮影した写真からサッと背景を消してくれるアプリ

ipadで画像の背景を消す厳選アプリ2つを比較|すぎのもと

写真 反射 消す アプリ

インターネットを調べれば、写真の背景を削除したり、ぼかしたりする方法を簡単に見つけることができます。 ただし、そのほとんどはPCと画像編集ソフトウェアが必要。 しかし、iOSユーザーなら、アプリ「 PhotoRoom」を使って、スマホだけで写真の背景を編集することができます。 ポートレートモードがなくても、自動で背景ぼかし このアプリは自動的に背景をぼかしてくれるので、 ポートレードモードに対応していないiPhoneでも、同様の効果を得ることができます。 背景を完全に削除して、別の画像に置き換えることも可能。 つまり、グリーンスクリーンのようなことができるということ。 また、影を追加・調整したり、他のグラフィック要素を追加できるツールが搭載されており、置き換えた背景を違和感なくなじませることができます。 通常、こうした作業を行うにはPhotoshopやGIMPを使いますが、PhotoRoomならはるかに簡単に実現できます。 PhotoRoomはiOSストアで無料で入手可能。 Android版とWebアプリ版も開発中だということです。 無料版で編集した画像には透かしロゴが表示されますが、プレミアム版にアップグレードして月額9. 49USドル(または年額46. 99USドル)を払うとロゴを消すことができます。 PhotoRoomの使い方• PhotoRoomアプリを起動して写真を撮る。 画面に表示されるガイドを使って、フォーカスしたい被写体を捉える。 右側のボタンで、背景をぼかしたり、背景を完全に削除したり、事前に読み込んだ画像に置き換えたりなど、背景の編集方法をさまざまに指定できる。 写真を撮影すると、アプリが背景の編集を自動で実行する。 エディターを使って、フォーカスが当たっている被写体の下に影を追加したり、背景に必要な変更を加えることができる。 編集が完了したら、写真を保存する。 あとは、写真をSNSにアップロードしたり、ほかのアプリに共有するなど自由。 あわせて読みたい Photo: Shutterstock Source: TechCrunch Brendan Hesse - Lifehacker US[原文].

次の

写真の一部を綺麗に消すアプリ「Snapseed」の使い方

写真 反射 消す アプリ

まとめて知りたい: 写真人物消すアプリケーション Photo Retouch- 画像加工写真人を消す iOS向けの画像加工アプリであり、物体除去、美肌やズーム、フィルタの適用、モザイク追加など、様々な加工機能が備えられています。 「物体除去機能」を利用して写真から人物を消すことができます。 アプリで背景の人を消す方法は以下です。 Photo RetouchはiPhoneにインストールして起動します。 「Default album(デフォルトアルバム)」をタップ、そして新しいページの右上隅にある「+」をタップして、カメラロールから人物を消したい写真を選んでインポートします。 「物体除去」を選択して指で消したい人物を塗ります。 その後「GO」をタップすると、削除が始まり、終わったら処理済みの写真が表示されます。 最後に右上隅の保存タブをタップして処理後の写真を保存します。 Inpaint Online Inpaint Onlineはオンライン無料で写真の通行人を消すことができるサービスです。 色んなツールが提供され、簡単且つ迅速で写真のいらないものをきれいに消すことが可能です。 日本語対応していないですが、使い方は非常に簡単なので、操作に影響しません。 写真人消しフリーソフトの公式サイトにアクセスします。 「Upload Image(画像をアップロード)」をクリックして、人を除去したい写真を追加します。 左側のツールバーで適切なツールを選択して、削除したい人物を選びます。 それから「Erase(消去)」を押すと削除を開始します。 削除が完了したら処理後の効果が表示されます。 最後に、右上の「Download(ダウンロード)」を押して写真を保存します。 Snapseed はAndroid、iOS両方に対応している、多機能の写真の人物を消す無料アプリです。 シミ除去、ブラシ、ストラクチャ、HDR、変形などの実用的な機能を持っています。 その中の「シミ除去ツール」を使って、手軽にいらない人物を消すことが可能です。 写真人消しアプリSnapseedを起動して任意の場所をタップして画像を追加します。 「ツール」>「シミ除去」の順にタップして、別の画面が表示され、消したい人物を指で複数回タッチして選択すると、その人が消されます。 その後、右下隅のチェックマークをタップし、それから「エクスポート」をタップして写真を保存します。 透かし消去ソフト は写真と動画からテキスト、ウォーターマーク、日付、字幕など、いらないものを消すことができます。 画像の不要なものの消し方はほぼ上記のアプリと一緒でとても簡単です。 動画の透かしを消す面では、透かしの位置が変わる場合、動画を分割してから、それぞれ動画クリップのウォーターマークを削除できますので、非常に便利です。 写真の背景の人を消す方法は以下です。 以下のボタンを押して透かし消去ソフトをダウンロード&インストールします。 それから立ち上げます。 左側で「画像の透かし」を選択します。 右側の「ドラッグまたはクリックして画像を追加」をクリックして、人物を消したい画像を追加します。 マーキーツール、多角形なげなわツール、またはブラシツールを利用して消したい人物を選定します。 プレビューにチェックを入れれば、人が削除された効果が見えます。 (次の操作に進む前に、プレビューをキャンセルする必要があります)• 終わったら、出力先を設定して「変換」ボタンを押して写真を保存します。 まとめ 人を消すアプリと、写真の人を消す方法を以上紹介しました。 スマホアプリはどこでも人を消す加工ができますが、PCソフトほど写真の人物を正確に選択できません。 上記のアプリケーションは全て簡単に通行人を消すアプリであり、もし写真の人物をより完璧に除去したい場合は、フォトショップを利用してください。

次の

フォトスキャンの使い方|光の反射を自動補正してくれる機能がすごい!

写真 反射 消す アプリ

この記事のINDEX• インスタ映えする写真に共通して言えるのは、余計なものが写っていないこと。 写したいものがだけ写っていると、すっきりした印象の、素敵な写真になるのだとか。 とにかく優秀とのことだったので、さっそく使ってみます。 フォトショップアプリは使う前に無料登録が必要になります。 登録をしたら写真を開いて、メニューにある [修復]をタップ。 若干へこみが分かりますが、思っていたよりも自然に消せていますね。 ついでなので、後ろに見えている山の線も消してみます。 境界線が海と空なので、かなり自然に感じます。 こちらのアプリは有料ですが、 会員登録などは不要です。 写真を選んだら、オブジェクト除去、もしくはクイックリペアで不要なものを消していきましょう。 おすすめは [オブジェクト除去]。 消したいものをしっかりと囲んで[GO]をタップして消すので、細かい作業ができるんです。 逆に [クイックリペア]は、塗ったところから不要なものが削除されていくので、細かい部分を消すのには不向きですね。 完成した写真はこんな感じ。 オブジェクト除去で消してみたのですが、かなりガタガタとしているのが分かりますね。 ちなみにTouchRetouchにはぼかし機能がついていないので、別でぼかしをかける必要があります。 記事で紹介したアプリ Photo Retouch 次は「 Photo Retouch(フォト・レタッチ)」というアプリ。 このアプリは初めて使ってみるのですが、どうでしょうか。 使い方はとてもシンプルで、下にあるメニューの一番左にある機能で、ものを消すことができます。 消したものを元に戻したい時は、その隣にある消しゴムを使い、ズームしたい時は真ん中の虫眼鏡のマークをタップします。 ペンのサイズは、一番右にある歯車のマークをタップすると変更することができました! 完成した写真がこちら。 また写真を保存するには一度[Shar it]というボタンを押さなければならず、戸惑いました。 記事で紹介したアプリ Easy Eraser 最後にご紹介するのが「 Easy Eraser(イージー・イレイサー)」というレタッチアプリ。 使っている人、多いのではないでしょうか。 こちらのアプリも使い方はとても簡単で、オブジェクトを除去するには[Brush]を選択し、[Perform Erase]をタップして実行する。 ペンの太さを変えることができないのが残念ですが、仕上がりはかなり自然! 続けてオブジェクトを除去するには[Keep]をタップします。 例のごとく遠くに写っている山も消してみると… よく見ると削除しているのがバレてしまいますが、ぱっと見はとても自然。 写真を選択したら画面下に表示されている[ツール]を選択、[シミ除去]を選びます。 ブラシサイズの変更ができないので、レタッチ時はズームが必須です。 指2本でグイーッとピンチインして、消したい部分を塗ると、すぐにレタッチが適用されます。 わりと綺麗に消せるのですが、レタッチした部分が気になる人は[レンズぼかし]を使うと良いでしょう。

次の