あいみょん空の青さを知る人よ歌詞。 あいみょん 空の青さを知る人よ 歌詞

「あいみょん」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】

あいみょん空の青さを知る人よ歌詞

初めての上海でのライブ、シングル『真夏の夜の匂いがする』のリリース、2度目の出演にしてメインステージにあたるGRASS STAGEに立った「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」と、今年も充実の夏を過ごしたあいみょん。 しかし、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は、悔しさの残るものだったという 個人的には、悲惨なライブをしてしまったというか、歌詞が飛んじゃったりして。 なので、よくないことなんですけど、終わったあとは「もうやりたくない!」ってずっと言ってました。 「何でこういう大事な場面で上手くやれへんのやろ?」とか「せっかく注目してもらってるのに、ダサいな」とか、自分にイライラしちゃって。 去年に比べれば、今年は夏フェスの本数はそんなに多くなかったから、ファンのみんなに会える貴重な機会だったのに、そこでいいパフォーマンスができないのは申し訳ないし。 だから、「もう嫌」ってずっと言ってたんですけど……でも、自分の性格は自分でよくわかってて、悔しいからこそ言っちゃうんですよね。 次は絶対リベンジしたいです。 』や『心が叫びたがってるんだ。 』で知られる長井龍雪監督の最新アニメーション映画『空の青さを知る人よ』の劇中主題歌。 なので、あまり映画のことは意識せずに、自分がデビューした頃のことを思い出して、「どういう曲を作ろうかな?」って思った感じとか、昔作ったラブソングの黒歴史感が出せたらなって思ったりして(笑)。 でも、「死」を連想させる言葉はそこまで入ってないし、どう捉えられるか楽しみですね。 結構日常生活っぽい描写も多くて、個人的に、Aメロの歌詞はすごく気に入ってます。 なので、最初に作った方は一時期タイトルがなかったんですけど、たまたまレコーディングのときに、近くに私の好きなお花が咲いてて、ずっと名前は知らなかったんですけど、調べてみたら、「タチアオイ」っていうお花で。 リードもカップリングも映画の曲っていうのは初めてで、一枚丸々『空の青さを知る人よ』の曲なので、両A面くらいの気持ちです。 それぞれの色がはっきり出たアレンジとなっている。 でも、ちょっと切羽詰まってるような、ドキドキする場面も欲しいということで、〈いつも いつも〉の部分を入れたり。 もちろん、映画の公開が終わった後は私の作品としてこの子たちには頑張ってもらわないといけないので、「あいみょんの9枚目のシングルの曲」としてもしっかり聴いてもらえる曲じゃないと嫌で、映画ありきですけど、いつも通り「いい曲を作る」っていう感覚でした。 今回のシングルで改めて印象的なのが、あいみょんの「歌」の力。 シングルと同日には今年2月に開催された日本武道館での弾き語りワンマンを収録した初の映像作品『AIMYON BUDOKAN -1995-』もリリースされるが、あの特別な一日を経て、歌い手としての自覚がさらに強まっているようだ。 武道館の映像を見直して、「まだまだやな」って思った部分がめちゃめちゃあったんです。 私はこぶしを突き上げて場を盛り上げるような音楽をやってるわけじゃないから、やっぱりいかに歌で感動させられるかだと思う。 最近は上手く歌うだけじゃなく、感受性豊かに、言ってしまえば「演じてる」くらいの歌を意識してますね。 それは(野田)洋次郎さんや菅田(将暉)くんと一緒に歌ったこととかも大きくて、役者さんが演技でいろんな表情をするように、声でもいろんな表情が付けられるから、私も声で演じてるんだなって思って。 「演じてないです。 自然に歌ってます」って言えたらかっこいいですけど、どこか演じてる部分は絶対あって、自分も「演者」なんやなって思いますね。 10月からは過去最大規模となるロングツアー「AIMYON TOUR 2019 —SIXTH SENSE STORY-」がスタート。 12月17・18日の横浜アリーナ2デイズまで、年内に22本、さらには年明けの追加公演も決定している。 本人が「アーティスト生命を左右する」とまで語る気合十分のツアーは、演者としてのあいみょんを堪能できる絶好の機会になるはずだ。 今回のツアーは、アーティスト生命を左右する……わかんないですよ、勝手にめちゃくちゃ重く捉えてるだけなんですけど(笑)、でも、紅白に出て、いろんなことがあった上での、これまでで一番でかいツアーなので、「こんなもんか」とは思われたくないし、負けず嫌いなので、絶対いいライブがしたい。 年末に近づいてる時期なので、「今年一番よかった」って言わせるライブができるチャンスだとも思うので、精一杯やります。 頑張るしかない。

次の

あいみょん「空の青さを知る人よ」の楽曲ページ|1008342950|レコチョク

あいみょん空の青さを知る人よ歌詞

初めての上海でのライブ、シングル『真夏の夜の匂いがする』のリリース、2度目の出演にしてメインステージにあたるGRASS STAGEに立った「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」と、今年も充実の夏を過ごしたあいみょん。 しかし、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は、悔しさの残るものだったという 個人的には、悲惨なライブをしてしまったというか、歌詞が飛んじゃったりして。 なので、よくないことなんですけど、終わったあとは「もうやりたくない!」ってずっと言ってました。 「何でこういう大事な場面で上手くやれへんのやろ?」とか「せっかく注目してもらってるのに、ダサいな」とか、自分にイライラしちゃって。 去年に比べれば、今年は夏フェスの本数はそんなに多くなかったから、ファンのみんなに会える貴重な機会だったのに、そこでいいパフォーマンスができないのは申し訳ないし。 だから、「もう嫌」ってずっと言ってたんですけど……でも、自分の性格は自分でよくわかってて、悔しいからこそ言っちゃうんですよね。 次は絶対リベンジしたいです。 』や『心が叫びたがってるんだ。 』で知られる長井龍雪監督の最新アニメーション映画『空の青さを知る人よ』の劇中主題歌。 なので、あまり映画のことは意識せずに、自分がデビューした頃のことを思い出して、「どういう曲を作ろうかな?」って思った感じとか、昔作ったラブソングの黒歴史感が出せたらなって思ったりして(笑)。 でも、「死」を連想させる言葉はそこまで入ってないし、どう捉えられるか楽しみですね。 結構日常生活っぽい描写も多くて、個人的に、Aメロの歌詞はすごく気に入ってます。 なので、最初に作った方は一時期タイトルがなかったんですけど、たまたまレコーディングのときに、近くに私の好きなお花が咲いてて、ずっと名前は知らなかったんですけど、調べてみたら、「タチアオイ」っていうお花で。 リードもカップリングも映画の曲っていうのは初めてで、一枚丸々『空の青さを知る人よ』の曲なので、両A面くらいの気持ちです。 それぞれの色がはっきり出たアレンジとなっている。 でも、ちょっと切羽詰まってるような、ドキドキする場面も欲しいということで、〈いつも いつも〉の部分を入れたり。 もちろん、映画の公開が終わった後は私の作品としてこの子たちには頑張ってもらわないといけないので、「あいみょんの9枚目のシングルの曲」としてもしっかり聴いてもらえる曲じゃないと嫌で、映画ありきですけど、いつも通り「いい曲を作る」っていう感覚でした。 今回のシングルで改めて印象的なのが、あいみょんの「歌」の力。 シングルと同日には今年2月に開催された日本武道館での弾き語りワンマンを収録した初の映像作品『AIMYON BUDOKAN -1995-』もリリースされるが、あの特別な一日を経て、歌い手としての自覚がさらに強まっているようだ。 武道館の映像を見直して、「まだまだやな」って思った部分がめちゃめちゃあったんです。 私はこぶしを突き上げて場を盛り上げるような音楽をやってるわけじゃないから、やっぱりいかに歌で感動させられるかだと思う。 最近は上手く歌うだけじゃなく、感受性豊かに、言ってしまえば「演じてる」くらいの歌を意識してますね。 それは(野田)洋次郎さんや菅田(将暉)くんと一緒に歌ったこととかも大きくて、役者さんが演技でいろんな表情をするように、声でもいろんな表情が付けられるから、私も声で演じてるんだなって思って。 「演じてないです。 自然に歌ってます」って言えたらかっこいいですけど、どこか演じてる部分は絶対あって、自分も「演者」なんやなって思いますね。 10月からは過去最大規模となるロングツアー「AIMYON TOUR 2019 —SIXTH SENSE STORY-」がスタート。 12月17・18日の横浜アリーナ2デイズまで、年内に22本、さらには年明けの追加公演も決定している。 本人が「アーティスト生命を左右する」とまで語る気合十分のツアーは、演者としてのあいみょんを堪能できる絶好の機会になるはずだ。 今回のツアーは、アーティスト生命を左右する……わかんないですよ、勝手にめちゃくちゃ重く捉えてるだけなんですけど(笑)、でも、紅白に出て、いろんなことがあった上での、これまでで一番でかいツアーなので、「こんなもんか」とは思われたくないし、負けず嫌いなので、絶対いいライブがしたい。 年末に近づいてる時期なので、「今年一番よかった」って言わせるライブができるチャンスだとも思うので、精一杯やります。 頑張るしかない。

次の

空の青さを知る人よ

あいみょん空の青さを知る人よ歌詞

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』『心が叫びたがってるんだ。 』などの長井龍雪監督、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイン、総作画監督の田中将賀によるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再集結したオリジナル作品。 【あいみょん】 脚本を読ませていただいた時、しんのやあおいと同じく音楽をやっている身として共感できる部分や、青春の淡い痛さみたいなものが自分にもあったなと感じました。 監督やスタッフの皆さんに曲を聞いていただいた時に、「この楽曲と寄り沿いながら映画を作っていきたい」と言ってくださり、映画づくりの一員として携われたことを、とてもありがたいなと思いました。 楽曲制作の最初に映画のタイトルまるまる使った曲を作りたいという話をしていたので、作れたことを嬉しく思っています。 作品に寄り添いつつも、自分らしさのある素敵な曲になったと思いますので映画も楽曲も楽しみにしてください! 【川村元気 プロデューサー 】 井の中の蛙、大海を知らず。 されど、空の青さを知る。 長井龍雪監督、岡田麿里さん、田中将賀さんにそのことを伝え、全員一致でお願いしようとなった。 劇中の登場人物が田舎町から上京したときに歌った曲として「空の青さを知る人よ」を書き下ろしてもらった。 上がってきた曲を聴いて驚いた。 情けなくて、嬉しくて、あたたかいけど、痛くて、忘れることができない想い。 空の青さを知る人よ 05:04 2. 葵 04:12 3. 空の青さを知る人よ Instrumental 05:04 4. 葵 Instrumental 04:12 2019-10-15.

次の