一律10万 年齢。 一律10万円給付へ 異例の補正予算組み替えも 16日の経緯まとめ

新たに10万円給付、政府検討 公明「一律」、補正修正要求―自民拒否、コロナ対策:時事ドットコム

一律10万 年齢

目次をクリックするとその段落に飛びます• 国民一律10万円のコロナ対策は何歳から対象? 10万円の給付は、赤ちゃんでも対象になるのか気になりますね。 麻生政権のときの事例と同じだとすると、コロナ対策の国民一律10万円の支給の対象者は、住民基本台帳に記録されている者になる可能性が高いです。 ということは、0歳のあかちゃんから対象になるはずです。 これから生まれてくる子はどうなるかというと、10万円支給の法律ができる時に、基準日が設けられます。 その日までに生まれた子が対象となると推測できます。 5月のどこかが基準日となるのではないでしょうか? 今から子どもをつくるって言っても、今回の10万円は間に合いません。 子どもはどうやって申請する? そこで、気になるのが0歳のあかちゃんがどうやって申請するかです。 基本は親がするのでしょうが、どっちの親がするのかということになりますよね。 これも、これから詳細が決まるのでしょうが、麻生政権の時は世帯ごとに給付金を申請するという方法でした。 世帯主が、家族全員分を記入し、一つの口座にまとめて振り込みのパターンがとられるのが現実的と考えられます。 ただし、事情のある場合は、個別申請も受け付けてほしいところですね。 10万円はいつ届く? 4月末に予算が通過したとして、10万円が手元に届くのがいつになるか気になりますね。 早くて、5月末から6月を目指すと言う声もありますが、麻生政権のときは、3月4日に制度が始まりましたが、実施をするのは地方で開始が5月になった場所もあります。 今回も、地方の準備状況により、時間がかかるところもあるかもしれません。 実際に10万円が手元に届くまでは、制度開始から3ヶ月位余裕を見ておいた方が良いかもしれません。 子どもがいる家庭の10万円の使いみちは? 子どもがいる家庭が10万円を受け取れば、何にお金をつかうと答えておられるか、ネットの声を集めてみました。 子どもが、10万円は自分のものだと思って、好きなおもちゃやゲームを買いたいとか、お小遣いをくれと言っているという話もあります。 だけど、実際は親が管理することがほとんどではないでしょうか。 ・休校で子どもが家にいるから子どもの食費や養育費に使う ・家賃にまわす ・家電製品を買い直す ・貯金をする 政府としては貯金に回すより、経済が回復するように使ってほしいと思っているようです。 家族が3人なら30万円、5人なら50万円だとすると、結構まとまったお金になりますね。 まとめ コロナ対策の国民一律10万円は、おそらく5月の基準日の住民票にのっている人が対象になると思われます。 すると、対象年齢は0歳以上からになる可能性が高いです。 というのが、4月17日時点の情報をまとめた予測になります。

次の

新型コロナ:二階氏「一律10万円給付を」 所得制限は今後検討 :日本経済新聞

一律10万 年齢

もくじ• 給付金の対象者と年齢は? 給付の対象者は、2020年4月27日を基準日として、市区町村の 住民基本台帳(住民票)に記載されている人です。 つまりは、国内に住む日本人と3か月を超える在留資格などを持ち、住民票を届けている外国人も対象となります。 そして、現金を受け取れるのが、あくまでも 世帯主ということであり、4人家族の場合には、40万円を世帯主がまとめて受け取ります。 そこで問題になってくるのが、配偶者によるDVなどにより、他の市区町村に別居していても、住民票を移していない人もいますよね。 そのようなケースでは、「一定の要件を満たし、その旨を申し出た場合には、当該市区町村において給付対象とする」とのことです。 ということで、 年齢制限は無しということですね。 ちなみに前回の定額給付金の際には、基準日に産まれた新生児や、それ以降に亡くなった人も対象となりました。 あとは、住民票を持たないホームレスやネットカフェ難民への対応策が気になります。 給付金を一番必要としている人たちですよね。 逆に、新型コロナウィルスの影響を受けない職業の人たちにも給付されることに 異論を唱える人もいます。 そこで、国会議員は給付金の受取を拒否するようですね。 あとは公務員も そのやり玉に挙がっています。 確かに、公務員の身分はしっかりと守られており、給料が支払われないということはありません。 そのほかにも、 反社会的勢力や刑務所に収監されている人たちにも給付するの?という疑問の声も上がっています。 とはいえ、疑問点を上げるとキリが無いので、 一律給付という形になったのでしょうね。 Sponsored Link 申請は自己申告 今回の給付金に関しては、市区町村が実施主体となります。 申請は世帯主が市区町村に自己申告を行うようですが、その自己申告ということに 多くの批判が集まりました。 しかし、自分で申請書類を書き、提出するという形は変わらないと思うので、大枠で考えると、必然的に自己申告ということになりますよね。 なぜそこまで大騒ぎしたのか 不思議です・・・ さて、話を戻しまして、 申請方法について紹介しますね。 申請方法は基本的に 郵送か オンラインという形で行います。 そのいずれかの方法が困難な場合には、特別に窓口でも申請できるそうです。 しかし、窓口を訪れる際には、 しっかりとした感染対策を行う必要があります。 郵送の場合 まず、市区町村から各家庭に申請書が届けられます。 そして以下のものをそろえて、市区町村に返送、もしくは窓口に提出します。 ・ 申請書(申請書の案は総務省が公表済) 給付金の受取は、基本的に金融機関への振り込みとなっているため、振込先の口座番号などを記入します。 また、申請書には、受取不要の項目があるそうです。 なお、PC用ICカードリーダーかNFC(近距離無線通信)に対応するスマートフォンが必要となります。 まずは、マイナンバーのオンラインサービス「 マイナポータル」にアクセスします。 そこで口座情報などを入力し、口座確認書類をアップロードすることで、 オンライン申請は完了となります。 申請期限がある! 何と、今回の給付金には申請期限が設けられていました。 各市町村が決めた、申請受付開始日からたった 3ヵ月以内ということです。 家を失っているにもかかわらず、住民票が昔と変わっていない人や、そもそも住民票を持っていない人のところには、申請書が届きません。 様々な救済措置が講じられるとは思いますが、その手続きに時間がかかる場合は、あっという間に 申請期限を過ぎる可能性もあります。 また、高齢者や外国人の方の中には、今回の給付金について、よく理解していない人もいるはずです。 さらには、今回の新型コロナウィルスの影響から精神的に大きなダメージを受けてしまい、あえて情報を入れていない人もいるのではないでしょうか。 ほかにも、様々なケースで、申請がスムーズに行えない人がいることも考えられますよね。 むしろ、そういう人たちの方こそが、 給付金を必要としているのではないでしょうか。 申請期限を設けることで、役所などの負担を減らすことにはなると思いますが、せめて 半年~1年程度の期限は必要だと思います。 うがった見方をすると、短い申請期限を設けることによって、上述したように、あえて受取れない人を切り捨てて、少しでも全体の給付額を減らそうという魂胆がありそうですよね。 それは、麻生太郎財務大臣の発言からもうかがえます。 大臣は、「 手を挙げないと渡さない」と上から目線で、国民を見下すような言動を見せました。 その言動には、怒りを通り越して、悲しい気分にさせられましたよね。 これが 与党執行部の本性だということです・・・ Sponsored Link おわりに 今回の給付金に関しても、安倍首相の後手後手の対応で、やむを得ず、そのような形に落ち着きました。 現金給付に関しては、すでに 3月中には提出されていた案です。 そのまま、その案を通し、準備を進めていれば、すでに給付は始まっていましたよね。 こうしている間にも、本当に生活に困窮し、苦しんでいる人が大勢います。 スピード感が無さ過ぎて、今後も 多くの犠牲者を生んでしまうのではないでしょうか。 そして、政府執行部の中では、今回の給付金に関しては、1回限りで終了するという考えを持っている可能性もあります。 アメリカ並みとは言わないまでも、せめてその半分くらいの緊急経済対策を打ち出してもらいたいですよね。 このままでは、本当に日本が終わってしまいます。 あとは、政府与党内の志の高い、 若手たちに期待するしかありませんね。 最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました! オススメ記事: オススメ記事: オススメ記事:.

次の

コロナ給付金10万円の対象者と年齢は?自己申告で申請期限あり!

一律10万 年齢

Contents• 給付金10万一律で子どもは?年齢制限はある? 安倍首相、給付金の混乱を謝罪「私自身の責任であり、国民の皆様に心からお詫びを申したい」 (スポーツ報知) 安倍晋三首相 安倍晋三首相(65)が17日、会見を行った。 新型コロナウイルス感染拡大を受け、全国民に一律で10万円を給付することを発表。 当初は条件付きで30万円を給付することを発表していたが、「国民の皆様から寄せられた様々な声、与野党の皆様の声もふまえまして、さらに給付対象を拡大することといたしました。 これに伴って現金給付の総額もこれまでの6兆円から14兆円を上回る規模へと大幅に拡大することになります。 ここに至ったプロセスにおいて、混乱を招いてしまったことについては、私自身の責任であり、国民の皆様に心からお詫びを申したいと思います」と説明した。 引用元: 安倍総理は今のところ、 「すべての国民を対象」そして 「住民票に名前がある人」と発言されており、 現時点では 子どもについて何歳からなのか?などの年齢制限についての詳しい名言はされていません。 このことから、すべての国民を対象とすると、 新生児から給付される可能性があります。 新生児から給付の場合は 「いつまでに出生届を出したか」について期日を設けることになると思いますが、こちらに関しての詳しい情報は発表されていません。 また情報が分かり次第追記します。 ちなみに、生活保護者や公務員も関係なく全国民に対して一律10万円現金給付する予定で調整されていることは発表されています。 【追記】 2020年4月27日までに住民票登録をされた方が受け取れるという発表がありました! 給付金10万の給付はいつから?受取方法も 安倍首相が記者会見 10万円給付は「郵送かオンライン」 首相は、全ての国民への一律10万円の現金給付について、郵送かオンライン手続きで給付する考えを示した。 市区町村を申請の窓口とした場合、役所に申請者が殺到して感染拡大のリスクがあるためと説明。 【追記】 小さい市町村では5月からという発表がありました。 手続きや受取方法は? 「スピードを重視するとともに申請する人が殺到して感染リスクが高まることを避ける観点から、(申請手続きは)市町村の窓口ではなく郵送やオンラインにしたい」と述べた。 引用元: 給付金の申請や受け取りは、ネットの活用なども含め幅広く検討しており、上記のとおり、新型コロナウイルスの感染を防ぐために市町村の窓口での申請ではなく、 郵送もしくはオンラインでの申請・給付になるということです。 郵送では、世帯主あてに書類が届き、銀行口座を記入後返送するという方法になるそうです。 オンライン給付はマイナンバーカードをお持ちの方が申請できます。 全国民が対象ということですので、オンライン給付という対応でも申請サイトにアクセスが殺到し、なかなか申請できない状況になる可能性が出てきますね。 給付金10万一律で子どもにも給付に対しネットの反応や意見は?.

次の