フェイク ポルノ と は。 「お宅の子が見てたんで」ポルノスターが自宅を訪問。ニュージーランド政府の性教育ビデオが話題を呼ぶ

風俗業界とフェイクポルノ問題について

フェイク ポルノ と は

ディープフェイクとは?問題点は? 最近だと様々な物議を醸しているディープフェイクですが、そもそもディープフェイクとはなんなのでしょうか。 ここではディープフェイクについてと、問題点についてそれぞれご紹介します。 ディープフェイクとは ディープフェイクとは、人工知能の「深層学習」とよばれる手法を利用して制作された偽物の写真や動画などのことをいいます。 要するに、人工知能を利用した高品質の合成写真、動画のことです。 2019年にオバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判するディープフェイクを利用した動画が配信され物議を醸していました。 ディープフェイクは、従来の合成写真、動画とは一線を画しており、素人が閲覧する分には違いに全く気づかないほどの精巧さを兼ね備えています。 そのため、悪質なことに数多く利用されており、法律や規約によって禁止している国やサービスが増えているのが現状です。 ディープフェイクの問題点 技術の進歩を非常に感じるディープフェイクですが、進歩ゆえの問題点もあります。 ディープフェイクは精巧に偽動画や写真を作成可能なため以下のような悪質なことに利用されています。 フェイクポルノ• 政治での印象操作 それぞれ見ていきましょう。 フェイクポルノ ディープフェイクを利用してポルノ映像、写真の制作が盛んに行われています。 フェイクポルノとは、アダルト動画に出演している女性の顔を、有名人やアイドルなどの顔と交換し、あたかも顔を交換した女性が性行為をしているように見える動画です。 実際に2019年のサイバーセキュリティ会社「DeepTrace」の調査によると、ディープフェイク動画の96%はフェイクポルノであると発表されています。 それほどまでに悪質に利用されていることが広がっています。 被害女性側の人権侵害や、脅迫などに利用される危険性もあり、非常に危険性が高い技術です。 政治での印象操作 政治の世界でも印象操作目的でディープフェイクが利用されています。 上記の「ディープフェイクとは」で記載した、オバマ大統領が「トランプ大統領はクソ野郎だ」と批判している動画などが該当します。 また、アフリカのガボンでは閣僚のフェイクポルノ動画が拡散され、クーデター未遂により国の混乱騒動にまで発展したケースも。 発言していない内容をあたかも発言したかのように仕立てたり、ポルノ動画によって印象を操作したり、騒ぎを引き起こしています。 ディープフェイクが閲覧可能なサイトは? 実際にディープフェイクがどのようなものか、見て確認したい方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ディープフェイクのサイトは悪質なものが多く頻繁に削除されています。 規制も厳しく、ディープフェイクのサイトをを見つけることは簡単ではありません。 pornhubなどのポルノサイト内やツイッターで検索も可能ですが、全て自己責任で判断して下さい。 ここで紹介するものも然りです。 KPOPDEEPFAKES. NET KPOPDEEPFAKES. NETは、その名の通りKPOPアイドルやスターを中心としたフェイクポルノ動画を集めたサイトです。 KPOPアイドルは世界的にも人気を誇っており、KPOPのジャンルで50億もの売り上げを記録するほどの人気ぶりです。 フェイクポルノの制作が活発な中国ももちろん該当するため、KPOPに焦点を置いたこのようなサイトが制作されたのだと推測できます。 このような動画を制作することはもちろんのこと、フェイクポルノと知っていながら閲覧することも同様に法律に触れる可能性があるので、自己責任で閲覧してください。 動画としては比較的短いものが多く、スマホでの視聴を考えて制作されているサイトです。 手軽に操作可能で、ショートムービープラットフォームで人気を博した「TikTok」のような操作性で動画を閲覧できます。 元アイコラ職人の「フィリップ2世」さんが運営するDeep Fakeサイトです。 広瀬すず、新垣結衣など有名女優の動画が多く、いつサイトが削除されるかわかりません。 もちろん違法ですので、閲覧する際は自己責任で十分に注意を払ってください。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 そのような極めて黒に近い、グレーの手法を用いてアクセス数を稼ぐサイトにはワンクリック詐欺や違法出会い系サイトへの広告が多く出稿されているケースも。 いきなり架空請求の支払いの画面に切り替わったり、違法なサイトへの登録を迫られたり、多様な方法でお金を騙し取ろうとすることがあります。 そのためディープフェイクサイトを閲覧する際は、いつも以上に細心の注意を払うように心がけましょう。 シークレットモードで閲覧をする ディープフェイクサイトを閲覧する際の注意点としてシークレットモードを利用した閲覧をすることも挙げられます。 シークレットモードを利用することで万が一の個人情報の漏洩を防ぐことができるためです。 シークレットモードは、Google Chromeが提供している機能で、閲覧履歴やダウンロード履歴といった個人情報が保存されないモードのことです。 しかし、使用する検索エンジンによって呼び方は異なり、「プライベートブラウズモード」「プライベートブラウジング」「InPrivateブラウズ」などと呼ばれれているので注意しましょう。 まとめ この記事では、ディープフェイクについてご紹介しました。 日々進化しているAIの技術を利用することで、本物と偽物を見分けることが困難な写真や動画が制作されるようになってきました。 実際に人を利用しなくても気軽に動画を作成できるようになることでの動画制作のコスト低減や、かつての偉人の動画内での復活などができるようになり動画制作の幅の広がりが期待できます。 一方、フェイクポルノや政治での印象操作などに悪用され被害を受けるケースもあとを絶ちません。 ディープフェイクに対する規制、法律を厳しく定め、効果的に最新の技術が駆使されるような環境が整うと今後の動向に期待できますね。 この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

ディープフェイクとは?注意点や問題点は?閲覧可能なサイトも紹介!

フェイク ポルノ と は

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

フェイク ポルノ と は

本作でメガホンを取ったアグニェシュカ・ホランド監督は、「これは決して過去のことではない、現代も同じような状況に近づいている」と警鐘を鳴らす。 政府とメディアの癒着、氾濫するフェイクニュース、そしてコロナ禍でも繰り広げられた大国同士のプロパガンダ合戦など…1930年代同様、真実が見えない時代の中で、われわれは何を信じて生きていけばいいのか? ホランド監督にジャーナリズムのあるべき姿を聞いた。 本作は、米アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの経験を持つ『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』の名匠ホランド監督が、実話をベースに映画化した衝撃ドラマ。 その謎を解き明かすため、単身モスクワを訪れた英国人記者ガレス・ジョーンズ(ジェームズ・ノートン)は、当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナの地に足を踏み入れる。 だがそこで目にしたものは、大飢饉(ききん)という想像を絶する光景だった…。 「なぜなら、私たちが今生きている世界が、徐々にあの時代に近づいていると感じていたから。 いつの間にか許されてしまった共産主義の犯罪を再び起こさないためにも、もう一度、徹底的に分析する必要があると思ったの」と言葉をかみしめる。 「さらに興味深かったのは、なぜこの世には、自分の人生を犠牲にしてまで真実や正義のために戦うことができる人がいるのか、ということ。 彼らと私たちは何が違うのか…それが最大のミステリーだった」と吐露。 かねてから自身のアイデンティティーという実存的な問いにこだわり続けてきたホランド監督らしい疑問だ。 だが、こうした実話をベースにした重いテーマを選びながらも、ホランド監督は事実を事実として正確に描くドキュメンタリー的な手法を好まない。 その陰影豊かなヴィジュアルとサスペンスフルな語り口は、むしろ映画ファンの心を鷲づかみにする極上のエンタテインメントへと昇華されている。 それはとても残念なこと」と嘆く。 (C)FILM PRODUKCJA - PARKHURST - KINOROB - JONES BOY FILM - KRAKOW FESTIVAL OFFICE - STUDIO PRODUKCYJNE ORKA - KINO SWIAT - SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE 「なぜなら、映画というものは、そもそもイマジネーションから始まり、感覚的、視覚的な旅であるべきだと思うから。 それは自身の師であるアンジェイ・ワイダ監督から学んだ哲学でもある。 「私は、観客と真剣に向き合い、それが難しい対話であっても、怠けず、恐れず、コミュニケーションを取ることを彼から学んだ。

次の