ギャラクシー エッジ ライトセーバー。 カスタムライトセーバー&レプリカおすすめ情報局

カスタムライトセーバー&レプリカおすすめ情報局

ギャラクシー エッジ ライトセーバー

建設中の様子を上空から撮影した写真がTwitterで公開されていて、実物大のミレニアム・ファルコン号が写っています。 Aerial look at current state of the Millennium Falcon in Star Wars Galaxy's Edge. — bioreconstruct bioreconstruct このミレニアム・ファルコン号は「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」というアトラクションのもの。 以下の予告ムービーでわかるように、ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ランは実際にミレニアム・ファルコン号を操縦するライドアトラクションになっているとのこと。 また、エリア内ではオリジナルボトルのコカ・コーラやスプライトが販売されるそうです。 このボトルは、惑星ランドの冷蔵庫に置いてあっても違和感がないようなデザインになっているそうで、劇中世界で使われる「 」でコカ・コーラと書かれています。 Pieces are made of diecast metal though finish makes some look like plastic. Four different styles, each has five points of variance with two options to choose from total of 128 possible combinations. — David Daut DavidMDaut これまでにも海外のディズニーランドでは既に自分のライトセーバーを作るコーナーがありましたが、いずれも子ども向けのプラスチック製でした。 by さらに、工房に入るとGuardians 守護者 と呼ばれるキャストが登場し、ライトセーバーのコアとなる を選ぶように語りかけてくるそうです。 カイバー・クリスタルの色は実際にケースを開くまでどんな水晶でどんな形をしているのかはわからないとのこと。 by 選んだクリスタルは に挿入され、同時にGuardiansがクリスタルの持つ伝承を語ってくれるそうです。 by そして、自分で選んだパーツを使ってライトセーバーを組み立てていく内容になっています。 ホール氏は発表会で実際にカスタムライトセーバーを手にした感想として「30cmほどある大型の懐中電灯よりもずっと重かった」と述べています。 The most popular item among fans at Droid Depot will likely be this DJ Rex interactive remote control droid with Bluetooth speaker. — LaughingPlace. ディズニー公式で、フォースと交信しながら自分だけのライトセーバーを作り上げるには、アメリカのディズニーランドに行くしかなさそうです。

次の

ライトセーバー作るべき! スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ(カリフォルニア)

ギャラクシー エッジ ライトセーバー

カリフォルニアのディズニーランドにて新たにオープンされるテーマパーク「スター・ウォーズ: ギャラクシーズ・エッジ」。 オープン日の5月31日も迫る中、先日のセレブレーションではライトセーバー工房の詳細についても判明しています。 「ギャラクシーズ・エッジ」ではオリジナルのカスタムライトセーバーを制作したり、自分だけのカスタムドロイドを作ることができるコーナーもあり、ファンとしては一度は訪れたいところです。 まあ、さすがにこのためにわざわざアメリカまで行くというのは難しいため、これはぜひ東京にもオープンしてもらいたい。 カスタムライトセーバーについては個人的にも非常に気になったため、今回の記事ではセレブレーションにてディズニーパークのスタッフがプレゼンした内容をまとめていきます。 ライトセーバーのショップ まず最初に、ライトセーバーのショップは 「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」と 「サヴィのワークショップ」の2つが存在。 「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」ではスターウォーズのカノンから選ばれた有名な10個のレガシーライトセーバーを販売。 ちなみにセレブレーションにて展示されたレガシーライトセーバーは、ルーク・スカイウォーカー、カイロ・レン、アソーカ・タノ、ダース・ベイダー、ダース・モール、メイス・ウィンドゥなど。 レガシーセーバーもカスタムセーバーもブレードは統一規格のため互換性があり、カラーは柄の中にあるカイバークリスタルに依存するとのこと。 ブレードの部分は統一規格のため、レガシーセーバーとカスタムセーバーは共に互換性がある。 ブレードは様々な長さ、サイズのものから選ぶことが可能。 カラーも選択することができる。 というわけで、以下ではサヴィのワークショップについて詳しくみていきます。 サヴィのワークショップ カスタムブレード作りは少人数から成る、参加型の体験イベント。 ビルドチェンバー(制作ルーム)に入室する前に、まず最初に参加者は4つのライトセーバータイプから自分の好きなものをひとつ選ぶ。 ジェダイタイプの「平和と正義」セット• シスタイプの「力と支配」セット• 自然主義的な「エレメンタル・ネイチャー」セット• 例えば、オーダー66について警告するオビ=ワンなど。 この一連の作業の中ではギャザラー(アトラクションクルー)のサポートもあり、ゲストは自分が選んだ個々のパーツからオリジナルのブレードを作成することになります。 ブレードのためにパッド入りのキャリーケース。 ベルトクリップ。 ディスプレイスタンド• 自分だけのホロクロンを購入し、フォースと意思疎通をはかり、自身のカイバークリスタルについて学ぶ。 などを購入可能。 ちなみにライトセーバーは単三もしくは単四電池で動作するとのこと。 ライトセーバーの公式価格は現時点では未発表。 レガシーとカスタムショップはギャラクシーズ・エッジのオープン日から利用可能。 ただし、オープン日から6月23日まではギャラクシーズ・エッジに入るための事前予約が必要。 フロリダのディズニーワールドは8月29日からオープン。 感想 ライトセーバーのカラーですが、何種類の選択肢があるのかについてはどうやら情報が錯そうしているようです。 例えば、公開されているプレゼンビデオによると「4種類」と説明されている一方、Polygonの記事では「3種類」と言明されていたり、情報が一致していない状況です。 さらに別の参加者による説明によると、色は6種類で• ブルー• グリーン• レッド• ホワイト• イエロー• パープル との写真付きの情報もあります。 説明によると制作ルームに入室する前に、• ジェダイタイプの「平和と正義」セット• シスタイプの「力と支配」セット• 自然主義的な「エレメンタル・ネイチャー」セット• ミステリアスな「プロテクションとディフェンス」セット の中からひとつを選択し、入室後はそれに応じた柄が用意されるようです。 おそらくゲストが提示されるカラーの選択肢もそれに準じたものになることが予想できます。 Source:.

次の

ライトセーバー(スターウォーズ)作るよ!公式アプリで予約しよう!カリフォルニアディズニーランド旅行準備編|ディズニー好きなあいあいとドクターY

ギャラクシー エッジ ライトセーバー

カリフォルニアのディズニーランドにて新たにオープンされるテーマパーク「スター・ウォーズ: ギャラクシーズ・エッジ」。 オープン日の5月31日も迫る中、先日のセレブレーションではライトセーバー工房の詳細についても判明しています。 「ギャラクシーズ・エッジ」ではオリジナルのカスタムライトセーバーを制作したり、自分だけのカスタムドロイドを作ることができるコーナーもあり、ファンとしては一度は訪れたいところです。 まあ、さすがにこのためにわざわざアメリカまで行くというのは難しいため、これはぜひ東京にもオープンしてもらいたい。 カスタムライトセーバーについては個人的にも非常に気になったため、今回の記事ではセレブレーションにてディズニーパークのスタッフがプレゼンした内容をまとめていきます。 ライトセーバーのショップ まず最初に、ライトセーバーのショップは 「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」と 「サヴィのワークショップ」の2つが存在。 「ドク=オンダーのデン・オブ・アンティーク」ではスターウォーズのカノンから選ばれた有名な10個のレガシーライトセーバーを販売。 ちなみにセレブレーションにて展示されたレガシーライトセーバーは、ルーク・スカイウォーカー、カイロ・レン、アソーカ・タノ、ダース・ベイダー、ダース・モール、メイス・ウィンドゥなど。 レガシーセーバーもカスタムセーバーもブレードは統一規格のため互換性があり、カラーは柄の中にあるカイバークリスタルに依存するとのこと。 ブレードの部分は統一規格のため、レガシーセーバーとカスタムセーバーは共に互換性がある。 ブレードは様々な長さ、サイズのものから選ぶことが可能。 カラーも選択することができる。 というわけで、以下ではサヴィのワークショップについて詳しくみていきます。 サヴィのワークショップ カスタムブレード作りは少人数から成る、参加型の体験イベント。 ビルドチェンバー(制作ルーム)に入室する前に、まず最初に参加者は4つのライトセーバータイプから自分の好きなものをひとつ選ぶ。 ジェダイタイプの「平和と正義」セット• シスタイプの「力と支配」セット• 自然主義的な「エレメンタル・ネイチャー」セット• 例えば、オーダー66について警告するオビ=ワンなど。 この一連の作業の中ではギャザラー(アトラクションクルー)のサポートもあり、ゲストは自分が選んだ個々のパーツからオリジナルのブレードを作成することになります。 ブレードのためにパッド入りのキャリーケース。 ベルトクリップ。 ディスプレイスタンド• 自分だけのホロクロンを購入し、フォースと意思疎通をはかり、自身のカイバークリスタルについて学ぶ。 などを購入可能。 ちなみにライトセーバーは単三もしくは単四電池で動作するとのこと。 ライトセーバーの公式価格は現時点では未発表。 レガシーとカスタムショップはギャラクシーズ・エッジのオープン日から利用可能。 ただし、オープン日から6月23日まではギャラクシーズ・エッジに入るための事前予約が必要。 フロリダのディズニーワールドは8月29日からオープン。 感想 ライトセーバーのカラーですが、何種類の選択肢があるのかについてはどうやら情報が錯そうしているようです。 例えば、公開されているプレゼンビデオによると「4種類」と説明されている一方、Polygonの記事では「3種類」と言明されていたり、情報が一致していない状況です。 さらに別の参加者による説明によると、色は6種類で• ブルー• グリーン• レッド• ホワイト• イエロー• パープル との写真付きの情報もあります。 説明によると制作ルームに入室する前に、• ジェダイタイプの「平和と正義」セット• シスタイプの「力と支配」セット• 自然主義的な「エレメンタル・ネイチャー」セット• ミステリアスな「プロテクションとディフェンス」セット の中からひとつを選択し、入室後はそれに応じた柄が用意されるようです。 おそらくゲストが提示されるカラーの選択肢もそれに準じたものになることが予想できます。 Source:.

次の