ウィーン雑記。 [B!] 【セブンイレブン:ウィーン発祥ザッハトルテ】何とも高級感あふれるスイーツが登場!果たしてそのお味は!?

ウィーン日記/ウィーン関連掲示板

ウィーン雑記

() 4日目、ドイツ(ミュンヘン)から離れて今度はオーストリアのインスブルックへ。 移動は飛行機でも良かったのですが、車窓からゆっくりアルプスの風景を眺めながら移動したいということで、あえて鉄道にしました。 電車に揺られること2時間、オーストリア第5の都市にしてアルプス最大の古都、インスブルックに到着。 ミュンヘンとはまた趣の異なる山の麓の町並みが美しい! ホテルにチェックインし、10分ほど歩いて旧市街へ。 「黄金の小屋根」と呼ばれる金箔貼りの屋根で飾られたランドマーク的な建物が見えてきました。 今の時期、「小屋根」の下では、毎夕5時半から6時まで地元の楽団によるクリスマスの賛美歌(?)の生演奏を窓の下から楽しめるそうです。 このインスブルック旧市街でも盛大なクリスマスマーケットが開かれていました。 ここで、妻の大学の師匠H先生と合流。 欧州通のH先生から、クリスマスマーケットに来たら、これが定番だと進められたホットワイン(グリューワイン)をちびちび飲みながらマーケットを回った後、地元の家族が代々経営するレストランでオーストリアの地元調理を楽しみました。 その後、ホテルへ帰ってシャワーを浴びたり、ひとしきり子供と暴れたりした後、自分はガッツリと就寝。 その一方で妻は2日後にインスブルック大学で開催される学会での発表に向けて、資料の仕上げとリハーサルを深夜まで入念に続けていたのでした…。 妻はフリーランスの中日翻訳者をやりながら大学院博士課程で翻訳学を専攻していて、今回私たちが渡欧した最大の目的がこの学会発表だったのです。 —- 5日目(インスブルック2日目)、妻とH先生はインスブルック大学で行われている別の学会発表を聴きに朝から大学へ。 ホテルに残った自分は、「今日、どこに行こうか?」と娘に尋ねると、「今日はずーっとホテルの中でいい」と言われ、やや顔面蒼白…。 「せっかくの初オーストリアなのに1日ホテルの中で過ごすのかい…?」 と途方に暮れてかけていると、娘もさすがにホテルに飽きてきたのか、お昼過ぎになってようやく「外に行きたい」と言い出してくれました。 ここはスキーリゾートとしても有名らしいのですが、この時間からスキー場まで行けるのかと疑問に思いながらも、Google検索とフロント係の方の説明を頼りにケーブルカー乗り場へGo! 乗り場まで来たものの、どこまでの切符を買ったらよいのかもよくわからないまま、とりあえず一番手前の駅まで切符を買い、いざ山上へ。 ところが、ケーブルカーを降りてみると駅の周りにはスキー場らしきものが見当たりません…。 どうやら、その駅はスキー場へと続く別のロープウェイへの乗継ぎ駅だったようです。 さらに切符を買ってロープウェイで山を登ること15分。 今度こそ正真正銘のスキー場が目の前に。 スキーをまったくやったことがない娘と、大学時代に華麗なボーゲンしかスキーテクニックを身に付けていなかった父が、道具をレンタルできそうな店も見つからないままスキー場入り口付近をうろうろしていると、Rent 4 Freeと書かれた看板の横に子供用のソリが大量に置かれているのが目に止まりました。 すぐにソリを借りて、スキー場内へ突入。 さっきまで、「今日はホテルが良い!」と言い張っていた娘が一転して2時間以上もソリ遊びを繰り返してはしゃぐまくる姿を雪の中で煙草をふかしながらじっと見守り続けた父は、その後、休憩所のレストランでビールを片手に至福の遅い昼食を取るのでした。 —- 6日目(インスブルック3日目)、妻はいよいよインスブルック大学での学会発表本番。 私と娘は朝食後、妻の成功を祈りつつ、午前中はホテルの部屋でまったりと過ごします。 日も傾き始めた午後から娘と私は旧市街へ繰り出し(こちらの冬は朝が遅くて、昼が短い!)、夕方には妻、H先生と同流して、妻の学会発表が上手く行ったことを聞いて一安心。 4人で祝福の宴へと向かうのでした。 —- 7日目、インスブルックでの3日間もあっという間に過ぎ去り、いよいよ最後の滞在地であるウィーンへ移動。 今回もあえて鉄道の旅です。 途中、モーツァルトの生家があるというザルツブルクで途中下車。 さすがはクラッシック音楽に疎い私たち一家でさえ知っているモーツァルトの実家、ものすごい人だかりで溢れていました。 再びザルツブルクから電車に揺られて2時間ほど、午後8時過ぎにウィーンへ到着。 ミュンヘンで少し慣れていたこともあり、地下鉄を乗り継いで難なくホテルまでたどり着いたまではよかったものの、フロントへ行くと「すみません、部屋がございません…」とのこと…。 どうやらオーバーブッキングだったそうで、平謝りのホテルスタッフの皆さんたち。 すぐに近くのホテルの部屋を取ってもらい、タクシーを呼んでもらって再度移動。 ようやく部屋に入ったときにはもう12時近くになっていたような気がします…。 — 8日目、仮のホテルで朝食を済ませ、ウィーンの町へ繰り出すと、聞きしに勝る芸術の都。 どの建物も「嘘でしょ…?」と思うほど凝った装飾で、映画のセットの中に迷い込んだような錯覚を覚えます。 当然、ウィーンでも町のあちこちでクリスマスマーケットが催されていたので、2日かけてほぼすべてのマーケットを制覇。 その後、夕食を済ませてホテルに戻った後は、ゆっくりと夜を過ごしました。 —- 9日目、何やかんやでドイツ・オーストリアの旅もいよいよ終わりの時を迎えようとしています。 お昼頃にゆっくりとホテルをチェックアウトし、少し町をブラブラしてからウィーン空港へ。 カウンターで早めに手続きを済ませて待機。 【ウィーン発 > デュッセルドルフ経由 > 成田着】という、人生初のトランジットに少し緊張している中、搭乗ゲートの案内がいつまで経っても掲示板に表示されず、どうなっているのだろうとやきもきしていると、出発時刻直前になって「デュッセルドルフ行き40分遅延」の表示が…。 「デュッセルドルフでの乗継ぎ時間が45分しかないのに、ここで40分の遅延じゃ5分で乗り継ぐのかい…?」といきなり半パニック状態に陥ります…。 同じ便を待っている周りの乗客を見渡すと、疲れのせいか皆少し不機嫌そうな表情ながらも、空港スタッフに詰め寄ったりすることなく、落ち着いて飛行機の出発を待っています。 それを見て、「こういうことは、結構こちらでは当たり前なのかな…?」などと、変な安心感すら覚えたものでした…。 結局、予定より1時間近く遅れてウィーンを出発。 「乗継ぎ時間までにどうにか間に合ってくれれば」、「成田行きの乗継ぎ便が少しだけ遅れてくれていれば」、と機中で願う中、1時間半ほどでデュッセルドルフに到着。 家族全員、乗継ぎゲートへ必死で駆けつけたものの、無情にも出国手続きの係員から「もう行っちゃいました」の一言…。 すでに夜9時近くになっていて、ウィーンから乗ってきたオーストリア航空のスタッフもすでにブースから撤収済み。 成田行きの便に積み込まれるはずだった荷物がどこに行ったのかもわからない始末です。 開いているカウンターのスタッフにあちこち尋ね回って、最終的には空港内の警察に駆け込みます。 実に親切なお巡りさんがあちこちに(時にはちょっとオッカナイ感じで…)掛け合ってくれて、最初はあまりちゃんと相手にしてくれなかった遺失物係のスタッフも急に笑顔でスーツケースをあちこち探し回ってくれました。 その後、妻が提携航空会社のスタッフと掛け合って翌日の成田便チケットとデュッセルドルフ市内のホテルを確保できたころには、もう夜中の12時を回っていました。 とは言え、そのまま空港で不安な一夜を過ごさずに済んだのは不幸中の幸い(空港で駆けずり回っていた数時間は、「もうこのまま帰れないんじゃないか」と不安な気持ちでいっぱいでしたから…) —- 10日目、本来ならばすでに日本に到着しているはずなのに、なぜかデュッセルドルフで朝を迎えます。 一日帰国が遅れる旨を娘の学校にSkypeで連絡し(便利な時代になったものです)、朝食を取って再びデュッセルドルフ空港へ。 前日見つからなかったスーツケースも無事に見つかり、今度こそ本当に成田便に乗ることができました。 何事も経験とは言いますが、これほど強烈な経験は人生に一度きりにしたいものです(笑)。 前日の珍事でやや焦燥気味だった私たちにとって、帰りの12時間のフライトは「本当に日本に帰れるんだ」という喜びをじっくり噛みしめられる幸せな時間だったかもしれません。 そんなわけで、予定上10日間、実際上11日間に及んだ私こと、ぽんの初渡欧はめでたく終焉を迎えることができました。 まだまだ、書きたいことはあるのですが、キリがないのでまたの機会に書き込ませていただきたいと思います。 (終わり).

次の

【シシィチケット】シェーンブルン宮殿 予約方法を解説【ウィーン】

ウィーン雑記

ずいぶん遅くなってしまいましたが、ウィーンで見てきた「Tanz der Vampire」(Wiener Fassung 2009)の感想です。 ローナッハー劇場に行くのは、今回が初めて。 ロビーは狭かったですが、劇場内は思ったより、ゆったりしていました。 ちょっとクラシックな感じの、白い壁の馬蹄形の劇場で、ベルリンのコーミッシェ・オパーに少~し似ているかも?入り口でチケットを見せると、係員のお兄さん(ヴァンパイアの衣装着用)が座席まで案内してくれました。 ずいぶん親切だなーと思ったら、椅子の座席番号が書いてあるところがとってもわかりにくかった…。 これは確かに案内してもらわないと、入り口まで戻って「この席、どこですか?」と聞きに行く羽目になりそうです 笑。 私が見た日のキャストは下のとおり。 2回、3回と見られるのなら、話題のAlexander di CapriのKrolockも見てみたかったのですが…、ぜいたくは申しません。 (私が見た日は彼は"Carpe Noctem" のSolo 2 を歌ってらしたようです。 ) 少し前に梅芸で見たばかりのLukasや、去年(いや、2年前?)梅芸やビルボードライブ等で見たMarjanが普通~~に舞台に溶け込んでそこに立っているのが不思議なような…。 いや、こちら(ウィーン)でドイツ語の舞台をやっているのが日常なわけですが、なんだか面白い感覚を味わいました。 Thomas Borchert はさすがの貫禄で、安心して見ていられました。 この人の声は高めのバリトンって感じで、聞きやすくていいですね。 Krolockにとても合っていると思います。 Gernot Krannerの教授は、いかにも教授~!で満足。 (前にも見たことあったかしら…?)Lukasは王子様的ルックスにもかかわらず(笑)、コミカル&情けないAlfredをしっかり好演。 違和感なかったです。 声もピッタリですし。 Sarahを演じるMarjanは初めて見ましたが、これはルックス&歌とも、とってもお似合い。 かわいいですし、色気もあって、歌は低音も出るしロック魂も感じられ、文句ございません。 他の役の皆さんも良かった。 Herbert のMarc Liebischは舞台映えする人で、これから人気でるかも?と思いました。 演出等については、パンフレットには、オリジナル演出:Roman Polanski、ウィーン2009年版演出:Cornelius Baltusと書かれていて、基本的には、以前と同じなのかな?という感じでした。 終盤のあたりはちょっと変わってましたね。 (ポランスキー監督、今はどうなさっているのでしょうか?まだスイス?) 私は以前のウィーン上演は見ていないのですが、シュトゥットガルトやハンブルクの公演と比べて、装置等も基本ラインは変わっていないようでした。 細かい変更は色々あるのかもしれませんが。 衣装は色合い等は同じですが、ちょっと雰囲気は違います。 装置は、ゴシック調の荘厳な感じはそのままで嬉しい。 ただ、舞踏会の螺旋階段のせり上がりが無くなったのは、かなり残念。 Sarahの登場も、階段の上からではなく、舞台奥からだったような気がします。 最後の曲のアレンジも変わりました。 MagdaとHerbertの歌うところが増えたような。 途中でKrolock御大も登場。 最後は、現在のウィーン?な背景が。 やっぱり楽しく完成度も高いこのミュージカル。 演出が新しくなると聞いてどうなるのだろう?と思いましたが、がっかりするようなところは無く、違和感なく楽しめました。 もう出ているはずだったのですが、発売延期になって、今のところ5月28日発売予定だそうです。 楽しみですね~ 「Tanz der Vampire」は、現在、シュトゥットガルトでも上演中です! こちらで紹介されているチケット予約の仕方を参考に、2枚チケットを予約しようとしたのですが、クレジットカード番号も全て入力して送信した後に、予約完了画面ではなく、予約内容確認画面に戻ってしまいました。 しかし、残席を確認するともともと3席だったのが、1席になっていました。 数時間後に再度残席を確認しても1席のままでした。 入力したメールアドレスには何も予約完了連絡が届いていないため、予約は成立していないと思うのですが、もし予約が完了していたらと思うと、クレジットカード番号を入力済みのためとても不安です。。 ちなみに、4月28日の公演を予約しようとしていました。 何かアドバイスいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

次の

ウィーン5泊7日にかかった費用・モデルプランを全て公開!予算はいくら?服装は?【ひとり女子旅】|えりろぐ

ウィーン雑記

コンサートが始まるまで 2016年6月8日。 すごく久しぶりに体を洗い、身を清めてからいった(?)。 何となく。 19時の開演時間まで結構 1時間程 あったので、しばらく民会館周辺を散歩した。 神社を神社を歩いたときは、空気の綺麗さに心を動かされた。 「 今、生命を吸っている」 そんな感じで空気がおいしかった。 住んで20年近いけど、初めて通る道とかあって新鮮だった。 ある通りからの眺めが別の土地にある光景とダブることもあった。 『』のミドリの家は、この家で大体脳内再生された 「このばあちゃん家、義務で通ってたなー」とか、別の場所では「この屋上で髪切ったなー」とか回顧もしてた。 のアルプス口は、雑草ボーボーの空地が多かった。 (地元の人しか分からない話はさて置いて、)会場に入った。 「」って名前はよく聞くから親しみはあるんだけど、接点が何もないんだよね。 第一部が「秋」から始まるのはどういう意図だろう。 絶対分からん。 突き抜けるような高い声。 「少年」を活かしている。 期を迎えたらOutだな。 アジア人っぽい人が何人かいたのは意外だった。 少年達がやたらめったら違う方向を向いていたり、ポリポリしたりする所は子供らしさがある。 ゾワワーっと鳥肌が立った。 思い出補正的なものもあると思う。 この曲は、 ムラール・K・タルリ『明日、君がいない』という映画で使われている。 画像: 今回のことを説明すると、「映画を通しての心の動きが圧縮されて、何か漠然とした形で保存される。 それが今回、歌を聞くことによって、その漠然としたものが再び心に浮かび上がってきた」ということだろう。 堂々としてるなー。 (独唱している)メガネの少年! そして、後ろでただ待っている少年達。 何か独唱の方が好きだな。 タンバリンが登場した。 「(なんで秋からかなのかは)絶対分からん」とか言ったけど、そうだよな。 春から始まって冬で終わったら変だよな。 暗いよな。 次々と変わる立ち位置 John V. 見た目以外、特に「聞こえ方が変わった」とかは分からなかった。 多分正面の方に座ってれば違いが感じられるんだろうな。 冬の朝のゆっくりとした時間みたい。 Daisukeのやつ。 イントロだけ好き。 「この曲が好き!」というよりは、「このアレンジが好き」といった方が正確。 聞き比べて、これだけ唯一「いいな」と思ったから。 Josef Strauss: Feuerfest! を始めるわけではなかった。 「チンチン、チンチン」と鳴らす。 鍛冶屋だからか。 歌(声)がどれ程のレベルなのか見当がつかないから、上手いかどうかは聞いていて判断できない。 でも、「リズム感ないなー」ってのは感じた。 ただし、「ブロークンビート」や「『鍛冶屋』という職業にリズムは本来無いのだから、敢えてずらして本当っぽくしている」という可能性があることは忘れてはいけない。 参考:ブロークンビートの説明部分 「ゾクゾク」について Spring 15分の休憩の後、春になった。 「2列の並び」は先程と同じで、その中でだけ配置が変わっているのは何の意味があるのだろう。 歌を聞いていてゾクゾクくる頻度のことを「ゾク度」と呼ぶことにしよう。 それが、ここにきて間違いなく減っている。 ゾク度が減るのはいくつか経験がある。 『2つの』だ。 どうでもいいか。 鳥肌、立ち死ぬがいいさ! (2015年10月21日 11:04) 『2つの』を初めて聞いたときってのは、上のツイートのような状態だった。 冗談じゃなく、文字通り鳥肌が死ぬほど立った。 立ちっぱなしだった。 聴き惚れて、酔いしれて、没入したノリを見せていたが、今は全然そうでもない。 ちょっと悲しくはあるが、しょうがないと思う。 この一連の現象を、「感性の成長、伸び、広がり」だと勝手に思っている。 鳥肌が立っているときは、「今! まさに今! 感性伸びてるよ!」の証拠。 立たなくなるのは、その部分の伸びが終わった証拠。 一人一人がピンクの花一輪を持って、ステージの手前の縁の方に1列に並んで歌う。 ゾク度が復活している。 歌詞はあった方が良いこともある 『花は咲く』の「ワターシハナニヲノコシタダロー(カタコト)」の所でゾクピークだったわけだが、そこでちょっと今までの考えが変わった。 それは、「歌詞なんてものは別になくてもいい。 メロディを発声するためにあるようなものだろ」という考えだ。 多少大げさだが、概ねそんな感じに思っていた。 それを始めて思ったのは、『オーマイガー!』を聞いたときだ。 サビの部分。 スローテンポにしてムーディーな感じを出した方がより良いと思った。 そういうことがあったから「歌詞は邪魔」みたいな考えが生まれた。 でも、『花は咲く』みたいに歌詞があった方が良い場合が存在することを知った。 「わたーしはなにをのこしただろー」のメロディと、「私は何を残しただろう」という歌詞の意味が「バン! バン!」と心にダブルパンチを一瞬にして叩き込んでくる場合を。 改めて聞いてみたら、鳥肌立ちっぱなしだった。 涙ぐみさえした。 感性の伸びを感じた。 パッと正面を向くと、下の図のような光景が目に入った 「そうやって使うんかい!」 伴奏者は個性を出してはいけない? Summer 夏になった。 飽きてきた。 「 なんで楽譜を見るんだろう」 演奏の合間を縫って忙しく譜面をめくる様子を見ていて思う。 最近のインタビューを読んだからでもある。 そこには「プロンプター(歌詞が表示されるやつ)は見ない。 それだけで温度が下がるからね」みたいなことが書いてあった。 「『 それ』じゃないの? 楽譜見るのって」。 一旦はそう考えてた。 さらに考えたのは、「そこにいるのは伴奏者個人ではなく、『限りなく作曲者の表現に近づこうと個性を没して頑張る何者か』なのではないか」ということ。 それが自分の中での正解として落ち着いた。 会館前の公園で余韻に浸ってる。 映画のエンドロールさながらの効用。 「決して車の混雑が終わるのを待ってる」とかいう平凡な理由ではない。 (2016年7月1日) DaikiYamagishi.

次の