お 身体 を ご 自愛 ください。 「どうぞご自愛ください」の使い方・例文・「どうか」との違い

「ご自愛ください」の正しい使い方!ビジネスメールや目上の人に使う際の注意点とは

お 身体 を ご 自愛 ください

「ご自愛」の意味と使い方 自愛とは、「自(おの)ずから愛(いつく)しむ」という漢語です。 品行を慎む「自重」や自分の利益を図る「利己」などの意味もありますが、現在では「 自分を大切にする」・「 自分の体に気をつける」の意味で用いられるケースがほとんどです。 ご自愛という敬語の形では、「お体を大切にしてください」の意味で「 ご自愛ください」が書簡・メールなどの 結びの定型句になっており、その他、同じ意味の変化形でも 結びの言葉としてよく使われます。 相手の尊厳や生活・仕事・社会的評価などを損なわないように思い遣る「ご自分を大切になさってください」の意味で用いられることはまずありません。 なお、相手の健康を気遣う文言は、ビジネスレターにふさわしくないと感じられるかもしれません。 しかし、少なくとも相手が親しい人物である場合には、私的なレターの場合と同様によく書かれる結びの言葉です。 また、 季節に関係なく使える「時節柄」や時候に関することなど、健康を気遣う理由となる文言をかならず前に付けてください。 そうしないと、病人への見舞いの言葉になってしまいます。 スポンサードリンク ご自愛 の例文 炎暑の折、 ご自愛くださいませ。 ) 木枯らしの季節となりました。 お風邪など召されませんよう、くれぐれも ご自愛ください。 時節柄、なにとぞ ご自愛専一にお願い申し上げます。 インフルエンザが流行っておりますので、 ご自愛のほどお願い申し上げます。 遠方にてお伺いすることは叶いませんが、 ご自愛のほどお祈り申し上げます。 美味しい秋本番です。 カロリーのとり過ぎにお気をつけて、どうぞ ご自愛なさってください。 ご自愛の類語 の例文 ご多忙の由、くれぐれも 御身お大事に。 ご多忙とは存じますが、どうぞ お体をお大事に。 時節柄、 お体をお大事になさってください。 諸事繁多の折、 ご健勝をお祈り申し上げます。 スポンサードリンク.

次の

「どうぞご自愛ください」の使い方・例文・「どうか」との違い

お 身体 を ご 自愛 ください

皆さんは「ご自愛くださいませ」をどのようなシーンで使うことが多いですか。 そもそも「ご自愛くださいませ」とは、自分を大切にする・自分の健康を気遣うという意味です。 一般的に、手紙やメールで結びの挨拶としてよく使われるでしょう。 文の末尾に「ご自愛くださいませ」が入っていたら気持ちがよく、相手の気遣いを感じることができます。 使い方としては、健康を気遣う一文となりますから、体調を崩しやすい季節の変わり目などに使うことをお薦めします。 ビジネスにおいての使い方 年齢や性別を問わず使う事ができ、特に目上の方に対する丁寧な言葉なのでビジネスにおいて、メールの末尾などに添えると相手に良い印象を与えます。 また、取引先の人が体調を崩して休暇をとっていたり、入院していたりするとお見舞いのメールを相手を元気付けるという意味でした方が良いでしょう。 そのような時は、体調を気遣うために「ご自愛くださいませ」という言葉を用いるのは不適切です。 なぜならば「ご自愛くださいませ」は、健康である人に使うのであり、病気や怪我に悩まされている時に使うのは好ましくないです。 入院や病気の時に「ご自愛くださいませ」というメールが届いたら、常識がない人だと捉えられてしまうので、マナーとしておさえておくべきポイントです。 そのような場合には「一日もはやいご回復をお祈り申し上げます」や、シンプルに「お大事になさってくださいませ」というのでも良いでしょう。 また、かしこまった言い方が良い場合には「ご無理をなさらず、十分にご静養なされますよう、願っております」と目上の方に使う場合や、大切な取引先の方に送る場合は、こちらの方が適切です。 仕事の用件のみで済ませるのではなく、相手の事を思いやった一文を添えることによって、取引先や上司に与える印象アップに繋がることもあり、良い関係性を築けるでしょう。 ご自愛くださいませの例文 季節にふれながら「ご自愛くださいませ」を使うのが一般的であり、使用している人も多いので気軽に使いやすいです。 目にすることが少ない「花冷えの時期柄、ご自愛くださいませ」「朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、ご自愛くださいませ」など、美しい季語を入れて一工夫してみると、また印象がぐっと変わります。 お体ご自愛くださいませ 「お体をご自愛くださいませ」は、一見するとすごく丁寧な言いまわしのように考えられますが、「お体」の表現の重複を意味します。 分かりやすく言うと、腹痛が痛いと同じことになり、お体お体を大切にしてくださいという意味になりかねません。 これは、よくある誤りなのでビジネスにおける取引先や上司の方や、目上の方に使うメールや手紙を書くときには十分に注意が必要ですし、常識がないと感じられたり、不快になってしまうことも考えられるので、気を付けるポイントです。 くれぐれもご自愛くださいませ.

次の

正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

お 身体 を ご 自愛 ください

「ご自愛」の意味と使い方 自愛とは、「自(おの)ずから愛(いつく)しむ」という漢語です。 品行を慎む「自重」や自分の利益を図る「利己」などの意味もありますが、現在では「 自分を大切にする」・「 自分の体に気をつける」の意味で用いられるケースがほとんどです。 ご自愛という敬語の形では、「お体を大切にしてください」の意味で「 ご自愛ください」が書簡・メールなどの 結びの定型句になっており、その他、同じ意味の変化形でも 結びの言葉としてよく使われます。 相手の尊厳や生活・仕事・社会的評価などを損なわないように思い遣る「ご自分を大切になさってください」の意味で用いられることはまずありません。 なお、相手の健康を気遣う文言は、ビジネスレターにふさわしくないと感じられるかもしれません。 しかし、少なくとも相手が親しい人物である場合には、私的なレターの場合と同様によく書かれる結びの言葉です。 また、 季節に関係なく使える「時節柄」や時候に関することなど、健康を気遣う理由となる文言をかならず前に付けてください。 そうしないと、病人への見舞いの言葉になってしまいます。 スポンサードリンク ご自愛 の例文 炎暑の折、 ご自愛くださいませ。 ) 木枯らしの季節となりました。 お風邪など召されませんよう、くれぐれも ご自愛ください。 時節柄、なにとぞ ご自愛専一にお願い申し上げます。 インフルエンザが流行っておりますので、 ご自愛のほどお願い申し上げます。 遠方にてお伺いすることは叶いませんが、 ご自愛のほどお祈り申し上げます。 美味しい秋本番です。 カロリーのとり過ぎにお気をつけて、どうぞ ご自愛なさってください。 ご自愛の類語 の例文 ご多忙の由、くれぐれも 御身お大事に。 ご多忙とは存じますが、どうぞ お体をお大事に。 時節柄、 お体をお大事になさってください。 諸事繁多の折、 ご健勝をお祈り申し上げます。 スポンサードリンク.

次の