クランベリー 効能。 犬に「クランベリー」を与えるときの全知識|本当に効果ある?|ドッグフードの達人

クランベリーの効能・効果は?目や膀胱炎にいいの?

クランベリー 効能

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 女性なら誰しも健康で、美しくありたいと願うのが普通です。 年齢とともに出来ては欲しくない、シミやシワという類の肌トラブル…。 そして膀胱炎などの尿トラブル、体の冷え・・・ なんとか歯止めをかけたいと思いながらも、不自然な化学的処置はしたくない。 IN YOUの読者ならそう願う方は多いのではないでしょうか。 薬で一時的な対処はできても、完全に治すことはできません。 できれば、自然な物で体に害がなく、負担のないものを日々の生活に取り入れたい…。 そう思っていた矢先、クランベリーには知られざる健康効果や、若返りの効果があることを知り、リサーチをすることにしました。 その結果、知れば知るほどクランベリーには医学的にも学会で発表されているほどの 素晴らしい効果がある事がわかったのです。 今回はそのクランベリーについて詳しく、ご紹介したいと思います。 クランベリーってどんな果物? クランベリーはアメリカ原産の果物です。 学術名はVacciniumで、名前の由来は二説あり、クランベリーの花がツルの姿に似ていることから、Crane 鶴 ベリーとなったと言う説と、 クランベリーの花の蕾が車の重機のクレーンの様だからクレーンベリーが鈍ってなったと言う説とあります。 どちらにしても、効能の素晴らしさには変わりはありません。 クランベリーの効能は数えきれない。 クランベリーは物凄いパワーフルーツだった! 実はそんなクランベリー。 今、アメリカでは民間療法として使われている代表的な果物です。 医学の世界でも学会で発表されるなどし、大変注目を浴びています。 それでは、その効能を一部ご紹介しましょう。 〜尿路感染症を予防する〜 クランベリーの代表的な効果が、尿路感染症関連の予防改善です。 クランベリーに含まれるポリフェノールのプロアントシアニジンには、抗細菌付着作用が認められていて、 膀胱炎、尿路感染症、ピロリ菌など好ましくない細菌を追い払い、 再付着するのを避ける効果があると言われています。 〜病院の泌尿器科でクランベリージュースが出される?〜 クランベリーの尿路感染症に対する効果は科学的にも認められていて、 クランベリーには尿のpHを調節する働きもあり、泌尿器科で使われている病院もあると言われています。 〜中嶋康彦著クランベリーより引用〜 「学会発表AESobota J. Urology. 」と言われています。 〜あらゆる不調に効果があるクランベリー〜 クランベリーはありとあらゆる不調に効果があるということがわかりました。 簡単に書き出してみると 動脈硬化の対策 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンが血液をサラサラにして 血流中のコレステロールの酸化を予防します。 善玉コレステロール増加 ペンシルバニア・スクラントン大学のビンソン教授によると1日3杯のクランベリージュースを摂取して コレステロール値を調べたところ、善玉コレステロールが増加する事がわかりました。 歯周病の予防 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンには、歯の表面に付着する菌を追いだして 再付着するのを防ぐ働きがあります。 (歯周病の予防に使うジュースは砂糖の添加されていない物を使用しています。 ) 胃潰瘍の対策 北京大学がん研究センターでは、クランベリーに含まれるプロアントシアニジンには 胃潰瘍の原因であるピロリ菌に効果があると報告しています。 〜その他の効果色々〜 目の疲れ 抗酸化作用のあるポリフェノールがブルーベリーの2倍以上ふくまれているので、 目の疲れなど眼精疲労に効果が期待できます。 シミ色素沈着などを予防する美容効果 クランベリーに含まれているアルブチンは、今や化粧品業界も注目している成分です。 アルブチンには、メラニン色素の生成を抑制・阻止する働きがあり シミや色素沈着などを予防する効果が期待できます。 風邪予防やインフルエンザの予防・抗ウィルス作用 クランベリーに含まれている豊富なビタミンCとポリフェノールの抗菌作用が 風邪などの予防に効果が期待できます。 本当にたくさんの効果があげられています。 そして、その素晴らしい効果は色々と語り伝えられています。 大航海時代に沢山の人々の命を救った〜奇跡の果物クランベリー 大航海時代の歴史をひもとくと、クランベリーが沢山の人々の命を救った事が分かります。 大航海時代といえば15世紀から16世紀にかけてヨーロッパからアメリカを目指し 沢山の人々が海を渡ったと言われている時代です。 特に有名なのがアメリカ東海岸のマサ チューセッツ州にあるケープコッド・プリマスという町での出来事です。 1620年イギリス人清教徒を含む総勢102名が66日間かけて、メイフラワー号で最初にプリマスに上陸します。 そしてプリマスに開拓村を作り生活をしますが、彼らが持ち込んだ植物はアメリカの気候に合わず、 開拓村の半数の人々が飢えや壊血病などの病気で亡くなったと言われています。 ) 1621年に先住民であるインディアンの酋長がアメリカの土壌に合った トウモロコシなどの作物の作り方を教えました。 その中にはクランベリーがありクランべリーを食べた人々は 壊血病を免れ命が救われたと言われています。 その翌年の1622年には先住民と開拓者は平和条約を結び、 それ以来アメリカではクランベリーを栽培する様になったと言われています。 現在でも、船に乗る仕事をしている人達は壊血病予防のためにクランベリーを食べていると言われています。 11月の第4木曜日の感謝祭では、クランベリーは感謝のシンボルです。 クランベリーの成分は素晴らしい。 代表的な成分は約19種類 クランベリーはなぜこんなに凄い効果があるのでしょうか? クランベリーの成分を書き出してみるとなんと19種類にも及びます。 中でも抗酸化作用のある物が多く含まれており、若返りの秘薬ともいえそうです。 ちなみに、ブルーベリーの2倍以上含みます。 消化を助ける。 書きだしてみると、本当に素晴らしい栄養がギッシリ詰まっていることがわかります。 参考文献・ポリフェノールたっぷりのクランベリー・著:中嶋康彦・医学監修:鈴木研一 ・心と体に美味しいパワーフルーツハンドブック・著:田中伸義 ・アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書・ジェームス・M・バーダマン クランベリーの選び方と、注意点:市販のドライクランベリーは砂糖まみれ?! クランベリーは、とても凄い効能がある素晴らしい果物なのですが、少々難点があります。 それは味が、酸っぱい事。 さらに、 一般に出回っているクランベリーの加工品の殆どの物が砂糖が添加されています。 ドライフルーツになると砂糖の他に植物油などオイルが添加されている物も多くなりますので、 健康の為にと思って食べても糖分の摂り過ぎなどの他の心配が出てきますから、出来れば砂糖不使用のやなどがオススメです。 クランベリーを普通に購入しようとすると、ジャムやジュース・ドライフルーツなどの加工品が多くなり、 糖分の摂り過ぎが心配になりますが、パウダータイプや、サプリメントならその心配がありません。 クランベリー本来の効能効果を求めるなら、 オーガニックでのもので栄養素や効能が失われていないフリーズドライや生のものが一番おすすめです。 〜クランベリーの摂取量〜 クランベリーは食べ物ですので、よほど沢山の量を取らない限り問題はありませんが、 やはり、取り過ぎることによってお腹がゆるくなったり、下痢をしたりという報告もありますので注意が必要です。 サプリメントなどを摂るときは、メーカーの指示を守るようにして下さい。 また、妊娠中であったり病気などで医療機関にかかられている方は、 医師に確認の上摂取するようにして下さい。 ベリー類は魔法の秘薬 クランベリーの他にも「ベリー」と名のつく果物があります。 ベリー類の定義は色々ですが、小さい多肉の果物の総称です。 簡単に分類しますと下記の様になります。 含まれている栄養は、ビタミンA、C、E、ベーターカロチン、葉酸、アミノ酸、 食物繊維、エラグ酸、アントシアニン。 効果としては、動脈硬化などの生活習慣病予防、花粉症対策、 アンチエイジング効果なども期待できそうです。 〜ラズベリー〜 お菓子のトッピングによく使われるので、おしゃれなイメージがありますが、 こちらの果物も引けを劣らず沢山の嬉しい効果効能があります。 含まれている栄養はビタミンB1、B2、B6、C、E、ベーターカロチン、葉酸、カリウム カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、マンガン、リン、有機酸、 食物繊維、エラグ酸、アントシアニン、ルチン、ケルセチン、などが含まれています。 そして中でもビタミン、ミネラル類が多く含まれているので、 免疫力を高め生活習慣病などにも効果的と言われています。 また、ラズベリーの葉は昔から女性のお茶と言われていて、 子宮や骨盤周りの筋肉に働きかけ生理痛などを緩和すると言われています。 若返りと魔法の秘薬・ミックスベリージュース どの果物もベリーと名の付く果物は、ポリフェノールたっぷりで、抗酸化作用が期待でき美肌になれそうです。 今回ご紹介したクランベリー、ブルーベリー、ラズベリーなどをミックスしてジュースにし 毎日少しづつとることで、健康と美肌を手に入れて見てはいかがでしょうか。 IN YOUMarketオススメのパウダー.

次の

クランベリーの効能 効果と注意点

クランベリー 効能

クランベリーとは? 北米産まれのクランベリーの名前の由来は 木につぼみがついている風景が鶴に似ていたことからクラン(鶴)ベリーになったなどユーモアあふれる果実です。 クランベリー自体は 酸味が強いためそのままで食べることはあまりありません。 クランベリーは昔から抗酸化作用が強いと注目され、 万能薬として活躍してきました。 風邪をひいても、お腹を下しても、熱を出しても、ケガをしても、全て クランベリーを薬として使ってきた時代が100年以上もあるというのですから凄いですよね。 ドライクランベリーの効果とは? クランベリーの抗酸化力は現代でも注目され続けており、クランベリーを食べることで色んな効果をもたらせてくれます。 むくみの改善効果 まずクランベリーの代表成分である プロアントシアニジンは抗酸化力が強いとして有名なビタミンCよりも約20倍も高い効果を持っています。 この抗酸化力で体すべての健康を守ってくれているといっても過言ではありません。 立ち仕事をしている方や女性に多い むくみも、肝臓の働きを促進させることで解消してくれます。 膀胱炎の改善効果 また 膀胱炎や尿路感染症などの感染症にも効果的。 海外の有名な大学で実験が行われ、膀胱炎や尿路感染症を患っている患者に クランベリーエキスを投与した結果、抗生物質と同じくらいの効果が確認されたと発表されました。 また尿路カテーテルを使用する際も検証したところ、 感染症にかかる確率が大幅に下がるとの結果がでました。 医療の現場で実際に結果が出ているのでかなり信憑性のある効果ですね。 虫歯や歯周病の予防効果 更に口内の菌にも力を発揮するので、 虫歯や歯周病の予防にも効果があり、コレステロール値を改善してくれるところから 生活習慣病の予防にもなるといわれています。 これだけ色んな病気を予防してくれるのですから、クランベリーが万能薬といわれる所以も納得ですね。 美容効果 健康面でこれだけの効果を持っていながら実は美容にも良いということで、今海外女性の間でブームになっています。 クランベリーには美容の応援団としてしられる ビタミンA・C・E(エース)も豊富に含まれていますから、シミやニキビなどの肌トラブルを予防してくれるのはもちろん、 美白・美肌に導いてくれる効果もありますので、日本でも注目があつまっています。 眼精疲労の改善効果 ほかにもクランベリーをはじめとするベリー系に多く含まれる アントシアニンという成分が眼精疲労などに効果があるといわれています。 今でも民間療法として食べている方も多いのですが、戦争中も夜目がきくからと、戦闘機にのっていた兵士たちが愛用していたという話もあるほど。 ドライクランベリーの効果的な食べ方 ドライクランベリーを いつ食べるのが効果的かというとズバリ朝です。 ドライクランベリー自体が1粒ずつ食べるようなドライフルーツではないので外で食べにくいのもありますし、 一番の特徴でもある抗酸化力は朝たべることで1日菌などの外敵から守ってくれるという意見もあります。 1つ気をつけてほしいのは食べ過ぎない事。 ドライフルーツは生の果物よりもカロリーが高く、 食べ過ぎると肥満を促進したり健康を阻害する可能性もあります。 特にクランベリーは元々酸味が強くそのままで食べることの少ない果実ですので、ドライクランベリーにする際に砂糖などの甘味料を使うことが多く、他のドライフルーツよりもカロリーが高くなりがち。 いくら体に良いものでも食べ過ぎると毒になってしまいますので、 1日の摂取量をまもって食べるように心がけましょう。 ダイエットにはカカオとドライクランベリー カカオをつかった食品と一緒に食べるとうれしい効果があります。 カカオをつかった食品というと一般的なのはチョコレートです。 できればダークチョコレートなどカカオがより多く含まれているものが良いです。 カカオにはカカオマスポリフェノールという成分が含まれています。 この成分は 脂肪燃焼の効果がありますので、高カロリーなドライクランベリーと一緒に摂取するのがオススメ。 実はクランベリーには 育毛を促進する力があるともいわれていて、特にビタミンAとCの効果により頭皮トラブルやフケなども抑制してくれます。 逆にリンゴにはポリフェノールが含まれており、 抜け毛を予防してくれる効果があります。 特に注目されているのはリンゴの皮なので無農薬のリンゴを皮ごと食べるのがベストです。

次の

クランベリーサプリメントのおすすめ3選!効果効能や副作用とは?

クランベリー 効能

クランベリーの果実は1cm程度の大きさで、熟するとのように赤くなりますが、果実自体の酸味や渋みが大変強く、生食には適していません。 現在、アメリカにおいて品種改良が加えられ広く栽培されており、シロップ漬けにして食したり、他の果汁に混合してジュースにしたり、料理用のソースやお菓子として利用されています。 クランベリーの原産地である北米では、コンコードグレープと並んで北米三大フルーツのひとつともいわれているほど有名な果実です。 クランベリーの品種は、主に4系統に分けられ、ツルコケモモ 蔓苔桃 、ヒメツルコケモモ 姫蔓苔桃 、オオミノツルコケモモ 大実蔓苔桃 、アクシバ 灰汁柴、青木柴 などが存在します。 アメリカ先住民の部族によって異なりますが、当時クランベリーはイビミ、サッサマネシ、アトカなどの名前で呼ばれていたといわれています。 古くはアメリカ先住民が食料や染料などにもクランベリーを役立てており、特に医薬品として重宝されていました。 当時の医薬品としてのクランベリーの用途は、泌尿器疾患や傷の治療、血液の解毒、胃や肝臓の不調、熱、下痢など、多岐に渡っていましたが、特に100年に渡って航海中のビタミンC不足による壊血病予防に利用されてきました。 19世紀頃、クランベリーの本格的な栽培が始まり、様々な加工や製品の開発が知られるようになりました。 20世紀末になると、クランベリーの特性に対する研究が進められ、クランベリーの抗菌作用による尿路感染症、歯周病への効果が明らかになってきました。 プロアントシアニジンはクランベリー以外の果物にも含まれていますが、クランベリーに含まれているプロアントシアニジンはその働きが特に強力で、英語のスペルを省略してPACSとも呼ばれています。 クランベリーは非常に高いプロアントシアニジン含有量を誇り、クランベリー100gに対して418. 8mgものプロアントシアニジンが含まれています。 また、クランベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンの他、キナ酸や、類も含まれており、他の果実に比べて、多種の健康成分を含有しているといわれています。 腎臓は、体内の不要な分などを尿として排泄させる臓器です。 プロアントシアニジンは、抗炎症作用と抗酸化作用を持つため、細菌感染や酸化による腎臓のダメージを防ぐという報告があります。 このため、プロアントシアニジンは腎臓の機能を維持し、利尿作用を高めて、むくみの原因となる体内の余分な水分や老廃物の蓄積を防ぎます。 つまり、むくみの解消につながるのです。 また、プロアントシアニジンが持つ抗酸化作用によって、むくみの原因となる血液の滞りを改善する働きも知られています。 さらにそれが血管内壁に付着して、血流の妨げになります。 クランベリーが含んでいるプロアントシアニジンは、抗酸化作用によって悪玉 LDL コレステロールの生成を抑制することができるため、血流を促進し、余分な水分や老廃物を体内から排出する効果が期待できます。 <豆知識>むくみが女性に起こりやすい理由 むくみは、男性にも起こり得る症状ですが、一般的には女性に起こりやすいことで知られています。 朝起きた時に何となく頬や顎がふっくらして見えたり、靴下の跡が取れにくかったり、夕方になると朝履けていたブーツに足が入らなかったりなど、特にむくみは足に出やすいといわれています。 むくみが女性に多い理由は、男性よりも筋肉量が少ないことに起因しています。 心臓から送り出された血液は、足に辿り着いた後は、ふくらはぎの筋肉によって心臓へと戻されます。 ふくらはぎの筋肉は、重力に逆らって足の血液を心臓に戻す、ポンプのような役割を担っているのです。 女性は男性よりも筋肉が少ないのでポンプの力が弱く、足の血液の流れも悪くなりやすいため、むくみやすいといわれています。 細菌が取りついた患部は赤く炎症を起こし、悪化すると排尿時などに激しい痛みや残尿感を覚えたり、頻尿や血尿などの症状が現れます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンが持つ抗酸化力によって、大腸菌などの感染菌が尿管の上皮に付着するのを防止する作用があります。 馬尿酸によって感染菌が増殖する原因である尿のpHが、健康な尿と同じ弱酸性に保たれます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンとキナ酸の相乗効果によって、尿路の健康維持に効果を発揮するのです。 尚、この効果に関しては、尿路感染症に感染した女性を被験者とした臨床試験も行われています。 クランベリージュースを飲用させたグループと、飲用させていないグループに分け、尿路感染菌の生菌数を比較したところ、クランベリージュースを飲用した被験者において尿中の尿路感染菌の減少が認められたとの結果が報告されています。 歯周病とは、歯周組織が歯垢に存在する歯周病菌に感染することで歯茎が腫れたり、出血する病気で、悪化すると歯が抜けてしまう場合もあります。 クランベリーに含まれているプロアントシアニジンの抗酸化力は、口内でも発揮されます。 口内で発生した歯周病菌や歯垢に対しても、プロアントシアニジンが作用すること増加を防ぐことができるため、クランベリーを摂ることで歯周病を予防することが可能であるといえます。 クランベリーには、ポリフェノールやビタミンCをはじめとする抗酸化作用を持った物質が豊富に含まれています。 抗酸化作用を持つ物質は、健康に対する働きかけだけではなく、美容に対しても極めて重要な働きをもちます。 過剰に発生した活性酸素は、肌の細胞にも悪影響を及ぼすため、シミやたるみなどの大きな原因となります。 クランベリーに含まれる抗酸化作用を持つ栄養素が、活性酸素を除去することで肌の細胞を健康に保ち、美肌に対して効果があると考えられています。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンやアントシアニンは、抗酸化作用が高く、血管内で動脈硬化などの原因となる、悪玉 LDL コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。 心臓病の多いアメリカでは、民間療法としてクランベリーが一般的に用いられています。 体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化の原因になるとされます。 膀胱炎と同様の症状が発生するといわれています。 【3】感染症を誘発させて酸化的な腎臓傷害を起こさせた膀胱尿管逆流 VUR のウサギにおいて、抗酸化作用が知られているクランベリー果実の予防効果を評価した研究があります。 ウサギに人工的に膀胱尿管逆流を起こさせたうえで、大腸菌に感染させ腎臓の酸化ダメージをマロンジアルデヒド濃度を測定することで調べました。 大腸菌に感染させることでウサギの腎臓のダメージは増大していましたが、クランベリーを摂取させることで酸化ダメージが抑えられました。 この研究では、クランベリーによって酸化を防止することで腎臓の炎症を抑え、腎臓のダメージを防ぐ可能性が示唆されました。

次の