エクセル vlookup 部分一致。 VLOOKUP関数の使い方

ExcelのVLOOKUP関数の使い方

エクセル vlookup 部分一致

Introduction VLOOKUP関数の使い方を説明します。 他の表から対応データを探し出し、一致した行中のデータを求めることができます。 VLOOKUP関数は、仕事でエクセルを使用すると必ず目にする関数ではないでしょうか。 しかし、合計のSUM関数や平均のAVERAGE関数などと比べると覚えるのが大変な関数です。 初心者にとっては一つのハードルともいえるかもしれません。 ゆっくり理解して、そのハードルを越えてしまえば、エクセルが得意になると思いますよ。 そのVLOOKUP関数ですが、他の表から元の表と条件が一致した場合にデータを引っ張ってくる関数です。 下の図が使用例。 請求書や見積書で、「商品ナンバー」が一致した「商品名」を引っ張ってきたり、別で作成していた「住所録」の表から、電話番号など一部のデータを引っ張ってきたり・・・。 いろいろな状況で使用されています。 VLOOKUP関数の使い方 では、VLOOKUP関数を使ってみましょう。 VLOOKUP関数・・・他の表から対応データを探し出し、一致した行中のデータを求める関数 VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,検索の型[省略可])• 検索値・・・検索する値(一致させたい場所のセル参照や値、文字列)を指定• 範囲・・・検索する(一致させる)相手のデータ全体を指定• 列番号・・・「範囲」で指定したデータの、左から何列目と「検索値」を一致させるかを指定• 検索の型・・・完全一致させたい場合は「FALSE」、近似値で一致させたい場合は「TRUE」を入力。 省略した場合は「TRUE」になる。 (FALSEは「0」、TRUEは「1」でも可) 言葉で説明すると、どうしても分かり難くなりますね。 実際の表でみてみましょう。 下の表では、提出物の項目に「A~D」の評価が入力されています。 そして、どうやら別で「コメント一覧表」というのが用意されているみたいですね。 この場合、先ほどの関数の引数説明と対応させてみると、下のようになります。 [検索値]・・・検索する(一致させる)値・・・「D3」• [範囲]・・・検索する(一致させる)相手のデータ全体・・・「G9:I12」• [列番号]・・・[範囲]の左端から何列目のデータを表示したいか・・・「3」• 何となく見えてきましたか。 そして参照する表([範囲]で指定する表)に関しては、幾つかポイントがあります。 [検索値]のデータと一致させるのは、必ず[範囲]となる表の左端列• [範囲]の場所は、参照する表のデータ部分だけで良い 上のように、タイトルや項目は必要ありません。 使用するデータ範囲だけを選択します。 実際にVLOOKUP関数を使ってみる では、実際に使ってみましょう。 関数を入れる 「E3]をクリックしてから、 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 [関数の挿入]画面が表示されるので、 [すべて表示]を選んで全ての関数を表示しましょう。 一覧から 「VLOOKUP」を選んで[OK]。 [関数の引数]画面が表示されます。 4か所も入力が必要なので大変ですね。 [検索値]には検索したい値の 「D3」セルを指定します。 [範囲]は、タイトルや項目を抜かした、 「G9:I12]を選択し「F4」キーを押して、 絶対参照にします。 左から3列目の「提出物」のコメントを取り出したいので、 「3」と入力します。 [OK]をクリックすると結果が表示されます。 問題なさそうですね。 後は オートフィル機能を使用してコピーすれば完了。 ちゃんと[範囲]の場所を絶対参照にしていたので、きれいにコピーされました。 ちなみに、[列番号]を「2」にすると、左から2番目の列の内容が取り出されますよ。 VLOOKUP関数での「TRUE」と「FALSE」の違い 4番目の引数の[検索の型]ですが、「TRUE」と「FALSE」が選べるのでした。 「TRUE」が近似値で一致させて、「FALSE」が完全一致。 この「TRUE」に関して、説明を追加します。 ということで、表の「A~D」を「1~4」へ変更します。 そして、「コメント」に先ほどと同じVLOOKUP関数を検索の型「FALSE」のまま入れると、 特に問題なく表示されます。 完全一致なので、数字が一致したものをそのまま表示しただけですね。 では、ここから実験です。 「D5」の数字を 「1」から「1. 5」、「D10」の数字を 「2」から「5」へ変更してみました。 両方とも参照する表には存在しない数字です。 「FALSE」で完全一致したものしか表示しないため、 参照するセルに存在しない数字の場合はエラーが表示されるのです。 では、その状態のまま、VLOOKUP関数の検索の型を 「TRUE」に変更してみます。 結果は下のように、参照する表の近い値が表示されます。 5」の場所は、「1」の結果。 「5」の場所には「4」の結果が表示されていますね。 ここで疑問がわきます。 参照する表に存在する値より、小さい数値や大きい数値の場合は、参照する表の最小値か最大値が表示されるのは分かりますが、間の数値はどうなるのでしょう。 近似値というのは、どの辺りを拾ってくるのでしょうか。 前後の値の近い方になるのでしょうか?それとも前の値が優先だったりして・・・。 ということで、調査してみましょう。 下の表をご覧ください。 「1」~「2. 4」まで「0. 2」区切りで入力したものです。 よーく見てみると、「1. 8」が「2」ではなく「1」として扱われています。 どうやら 次に検索される値を超えない値までのようですね。 TRUEの近似値・・・ 検索値以下の最大値が一致した値として使用される ということが分かります。 [注意事項] 下の表をご覧ください。 エラーが表示されています。 こちら、関数は先ほどと同じままで、参照する表の「ランク」を昇順「1~4」からから降順「4~1」へ変更しただけのものです。 どうやら参照する表の数値は昇順(小さい順)である必要があるようですね。 [検索の型]で「TRUE」を使用する場合、参照する表の検索場所は 昇順になっている必要がある 「降順」になっているとうまく機能が働いてくれません。 VLOOKUP関数を使用していて、どうしてもエラーが出る場合は、これが原因の場合もありますよ。 このようなエラーを防ぐためにも、 [検索の型]は「FALSE」をお勧めします。 まとめ 今回は説明のため小さい表を横に並べて説明しました。 本来VLOOKUP関数は、 大量のデータを扱う場合に使用することが多いため、複数のワークシートをまたいで使用することも少なくありません。 引数の入力にミスが無いようにしたいですね。 また、 [検索の型]は常に「FALSE」にして完全一致させることをおすすめします。 面倒だからと省略すると「TRUE」になってしまうので注意しましょう。 「FALSE」打ち込むのが面倒な人は「0」と入力しましょう。 「FALSE」と同じ意味になります。

次の

Excel 文字列を比較する方法(完全一致・部分一致)

エクセル vlookup 部分一致

部分一致「VLOOKUPW」ユーザー定義関数の説明 部分一致「VLOOKUPW」ユーザー定義関数の説明 部分一致「VLOOKUPW」ユーザー定義関数 【機能】 部分一致の検索ができるVLOOKUP関数です。 エクセルに組み込みのVLOOKUP関数では、検索値に一部分の文字を含む場合は検索されませんが、この「VLOOKUPW」関数は、「検索値」をワイルドカードにして検索文字列を含む文字を検索できます。 また、 n番目に検索された行の指定列のデータを返すこともできます。 エクセルに組み込みのVLOOKUP関数は、指定した範囲の左端列で検索し、発見されたセル同じ行の指定した列に入力されてている値を返す関数です。 指定した列で最初に発見したデータしか返しませんが、この「VLOOKUPW」関数は、n番目に見つかった行のデータを返します。 通常の組み込み関数と同じようにワークシート上で使用できる関数です。 検索値には、値、セル参照、または文字列を指定します。 検索値に一部分の文字を指定できます。 範囲 目的のデータが含まれるテーブルを指定します。 セル範囲の参照、またはList、Databaseのような名前を指定します。 範囲の左端列のデータが検索されます。 範囲の左端の列のデータは、文字列、数値、論理値のいずれでもかまいません。 別のブックへの検索にも対応します。 この場合、検索対象のブックが開いていないと VALUE! エラーとなります。 列番号 範囲内で目的のデータが入力されている列を、左端からの列数で指定します。 列番号に1を指定すると、範囲の左端の列の値が返され、列番号に2を指定すると、範囲の左から2列目の値が返されます。 発見順 検索結果のn番目を数値で指定します。 省略可能で、既定値は1です。 「関数の挿入」ダイアログボックスが表示されますので、関数の分類で「ユーザー定義」を選択します。 関数名「VLOOKUPW」を選択します。 数式パレットが表示されますので、数値を入力(またはセル範囲を選択 します。 通常の組み込み関数と同じように、引数の入力ができ、数式の結果も表示されます。 この関数のヘルプはありません。 セル範囲A2:B5にデータリストが入力してあるとします。 A B C D E 1 データ 分類 検索値 結果 2 1234-11 分類A 5678 分類B 3 23-5678 分類B 1234 分類A 4 1200bbb 分類C ab770 分類D 5 トクシュab770 分類D 1200 分類C 検索値 5678 をデータ 23-5678 に含む場合 セルD2に検索値 5678 が入力してあるとします。 セルに計算結果[分類B]が表示されます。 【ソフトのダウンロード】はこちら 44. xla 24. xls 24. txt 9. ここに掲載されているエクセルのブックは「マクロ」が記述されています。 このファイルをインストールする前に、「」をチェツクしてください。 このソフトはフリーソフトです。 本ソフトの使用によって発生した問題について、作者は一切の責任を負わないものとします。

次の

部分一致「VLOOKUPW」ユーザー定義関数の説明

エクセル vlookup 部分一致

対象:Excel 2007/2010/2013/2016 VLOOKUP関数とは 例えば読者が、鉛筆やボールペンなどを販売する文房具店を経営しているとしよう。 そして顧客からの注文をExcelのシートにまとめて、販売総額をExcelで算出するとする。 Excelを使って、受注シートの表を作成し、受注した商品名や単価、個数を入力。 あとは個数と単価をかけて販売商品ごとの金額を算出して、各商品の金額を総計してトータル価格を計算する。 ごくごく一般的なExcelの帳票処理だ。 しかし商品の価格は仕入れによって変わる場合もあるし、商品名を毎回手入力するのはばかばかしいし、間違えの元だ。 こういう場合、普通は商品一覧と単価をまとめた表を別に作っておき、受注シートに転記するのが有効だ。 このような場合に、手作業によるコピー&ペーストではなく、商品コードなど共通する列情報から、合致する行のデータを自動的に他方の表に転記できる機能、それがExcelの「 VLOOKUP関数」である(VLOOKUPは、「ブイルックアップ」と読む)。 VLOOKUP関数は、指定した表の範囲内にある先頭列を検索対象として、垂直( Vertical)に検索(Look Up)し、検索値と合致した行の指定した列の値を返すというものだ。 例えば、先頭列に商品コード、2列目に商品名、3列目に単価を入力した「価格テーブル」があれば、商品コードで検索することで、商品名や単価を自動的に入力させることができるというものだ。 VLOOKUP関数でできること VLOOKUP関数はExcelで表形式のデータを検索する場合に、最もよく使われる関数の1つなので、ぜひ覚えておこう。 ただし、VLOOKUP関数は引数が多いこともあり、いざ使おうと思うと、なかなか思い出せないものでもある。 そこで、本稿では基本的なVLOOKUP関数の使い方を紹介する。 同様の関数として、表の先頭行を水平( Horizontal)方向に検索する「HLOOKUP(エイチルックアップ)関数」もある。 参照する表の方向が違うだけで、使い方は同じなので、VLOOKUP関数の使い方をマスターしておけば、HLOOKUP関数も使えるようになるだろう。 VLOOKUP関数を使う手順 VLOOKUP関数の書式は下図の通りである。 引数 説明 第1引数 検索値となる商品コードなどが入力されたセル番号 第2引数 参照先の表の範囲 第3引数 そのセルに入力したい項目が、参照先の表の範囲で先頭から何列目にあたるか(列番号)を指定 第4引数 検索方法を指定する。 その表は、同じシート上でも別シート上でも、別ブック上でも構わない。 ここでは、参照する表を別シート上に用意することにする。 VLOOKUP関数で参照する表には、VLOOKUP関数で検索値となる商品コードや型番などを一番左の列に配置しておく。 VLOOKUP関数を記述する方の表では、商品コードや型番を入力すると、対応する製品名や価格をVLOOKUP関数が埋めてくれる、というのが一般的な使い方になる。

次の