人 は パン のみ に て 生きる に あら ず。 「人はパンのみに生きるにあらず」 マタイによる福音書 第4章4節

人はパンのみに生きるにあらず

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

素晴らしい証しを分かち合います。 ある74歳の姉妹は食道癌になって、手術が終わってからご飯を食べれなくなり、普通は三日後に水を飲め、一週間後にご飯を食べれます。 しかし、手術後また乳糜胸の原因で、食べた栄養は大量に失ってしまい、一回手術したばかり、体が弱くなってもう一回手術するととても危ないです。 今禁食し、自身の体力で傷口が治るかどうかを見るしかありません。 ずっと食事ができないので、命が危ない状況になり、その時、姉妹は主イエス様の言葉を思い出しました。 「人はパンだけで生きるものではない。 神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。 」食べ物を食べれないけど、神様の言葉に頼って生きるべきであることを知ってから、自信がありました。 神様と離れることを心配するので、たゆまず神様に祈っています。 ヨブの試練を思い出して、10人の子供とすべての財産を失って、灰の中に座り、土器のかけらで腫物に覆われた皮膚をかきました。 ヨブと比べると自分の病気はほんのわずかなことです。 それに生きるか死ぬかは神様の手の中にあり、ラザロは死んだ四日目、神様の一つの言葉で復活しました。 神様の許可がなければ、最後の息がある限り、死ぬことはありません。 死んだとしても、神様はあなたを復活させるなら、簡単なことです。 姉妹は毎日以前読んだ御言葉を思い出し、体の痛みに苦しんでも、神様の言葉に頼って、強い力が彼女を支えていると感じられ、姉妹は半月ご飯を食べていないが、不思議なことは乳糜胸の傷口が治ったのです。 今少しご飯を食べられるようになりました。 最近姉妹は退院して、毎日散歩したり、回復するのはとても早いです。 姉妹の証しを聞いて、神様の言葉は私達一人一人に対して極めて重要であることを感じられます。 神様の言葉は私達に自信と力を与え、前へ進む方向性も示してくださり、私達は希望が見えるようになります。 神様にはできないことはないです。 よかったら参考してください:.

次の

「人はパンのみにて生きるにあらず」の意味

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

人はパンのみにて生きるにあらずといいますが、パンが無くては生きていけないのは事実です。 では、どちらがより大切かというと、やはりパンだと思うのです。 腹が減っては戦は出来ません。 これは本質です。 皆さまの見識をお聞かせください。 補足この場合、キリストが断食しているときに、「パンのみにあらず」と言ったことに、意味があると思います。 「皆が皆強いわけではない」「貧しくして恨まないのは難しく、富で驕らないのは易しい」これは事実です。 それを断罪できる人は、この世にいません。 目の前の、餓えた人に対して、真っ先にパンを差し出す「アンパンマン」の方が、キリストよりも真理に近いと思うのです。 自己犠牲という「利他性」を発揮するアンパンマンこそ、「パンのみに生きるにあらず」を体現しているという考えもありますが、彼は、ピンチの際には首を挿げ替えてもらっています。 見識=宗教的見方、をすると、邪蛇をパンと打つ、腹の蝮 真無視の商人根性=憂蛇野 を治める反省、悪阻のジャパン、二本、左右の二波を打ち合わせる二波取りの神道が人間を天国に誕生させる、朝を呼び込む最も大事な智恵が日本に用意されています。 西洋のパンが外側 殻)で日本のパンが実魂のアンコ 阿運の固め)でこの一体化がアンパンで人 マン を完成させる妙法蓮華教です。 ダヴィンチの最後の審判は、イエスが日本の救いの来る予言を弟子にしている教えです。 右手を伏せて、タナなしパンを示し、左手で真理の種の入った日本のパン 蛇をパンと打つ救いと、火、日、陽の洗礼期)を教えているのです。 腹が減っても高楊枝ってなワケにゃぁ~実際にゃぁいかない。 真偽のほどは不明だが、不食という人もいるとは聞くが (アヤシイ)特殊例に過ぎん。 無論、それだけでは困るのは…人間である故でもあります。 もっとも、欲が過剰になり必要以上に求めちまうのも人間だ (同時にとばっちりを喰う人間もいる。 ん?食べる云々の話に 喰うって言葉が妙にしっくりくる)。 自己犠牲…か。 偽善は多いがなかなかこいつは難しいのも事実。 それを胸を張って言える人物にはなかなかなれんものです (まぁマジでそういう人ほど謙遜する可能性もあるワケだが)。 に、しても実践は難しい。 しょっぽクン.

次の

人はパンのみに生きるにあらず

人 は パン のみ に て 生きる に あら ず

「人はパンのみにて生きるにあらず」という言葉は 『新約聖書』-マタイによる福音書(マタイ伝)に 見られるイエス・キリストの言です。 しかし、この恩詔には、この文句が口から出た経緯と、 続きの言葉があります。 そして四十日間、昼夜断食したので、ひどく空腹だった。 誘惑者 悪魔 が彼のもとに来て言った。 「あなたは神様の子ではないですか。 これらの石がパンになるように お命じになったらどうです」 イエスは答えていった。 「聖書にこう書いてある『人はパンのみにて生きるにあらず。 つまり、 人間は物質的な満足だけで生きてはいけないものだ。 何よりも必要なのは精神的な満足なのである。 惜しい、ジャムを邪武(仇武、アダム)と漢字に変えれば正解です。 邪(蛇=腹の虫の蝮=真無視=666思=シック、ス=病手=おつむにオムツ=悪漢妄=荊冠=鼠=根墨=ユダヤの商人根性)の横思魔の水氣では腐る、腹の虫、邪蛇馬(薔薇場=英米の物品幸福論)を治める精神の刀を振るえば「辺=辻、迫、道」の帆掛け舟となって彼岸に渡り、ウマイ(旨い、上手い、美味い、甘い、午い)者として迎えられる ジャムパン=ジャパン=蛇をパンと打つ=素戔鳴命は頭に雲のかかった大蛇を打って、尾から草薙剱(天叢雲剱=八俣=父=破歯、母と戦う神器=回る炎の剣)の剱を得た。 餡子=焔か、陥落か?=案=安い木の木偶の坊で終わるか、安を法(ノ=日)に変えて禾(意根)とする、東とするか?が考えどころ(神に帰る=天意の愛の手に明るい=アイデア)である 殻田に天意を迎える=出エジプトの萌押せ(JAPAN=喪開羅開枝)の教え=エッジプットのギザ(枠、殻田作りの産業革命、場美論の偽座)を去って、儀風で日玉となって高山(崇屋間=天国=日の神の本=日本)に飛騨(飛翔)する 12-40、イスラエルの人々がエジプトにすんでいたのは四百三十年であった=思死(殻田)が飛躍して王(三位+天意、I、愛)となる 14-21、東風によって海を退かせた=一位の日の光が西を酉(鳥に(木+日=東=憂未を渡る)変えた 16-13~、宿営に降りた霜は主が賜るパンである、これをマナと呼んだ=天の姿を知ってやりとりする羽運(鳩=ビジョン)で、真名(人の名を上げる)であると知った、 16-33、アロンはマナのパン種を子孫のために壺に蓄え、証の箱の前にこれを置いた=、阿露運=あめんは救いの杖として亜細亜の腹の前の心、竜、天地を結ぶ臍の緒の秋津島、大和、日本として地理された。 16-34、イスラエル(意主羅選る=信仰者)の人々は人(真運)の住む地(日の本)に着くまで四十年間、即ちカナン(果成運)の境に至るまでこれを食べた=殻田作りから実魂作りに入る夏から秋への変わり目(911テロ)まで礼節(マナー)を忘れることはなかった。 17-16、主は世々アマレクと戦われる=阿魔裂区、アマ=女=エバ、穢場=甘い考え=悪魔、を開く間の具とする アロンとホルがモーゼの戦いを支える=あんの48音と火瑠が喪汚贋の腐敗を復活させる。 伊勢神宮の外宮の御神体にマナを入れたとされるマンナの壺があります。 「神の子なら、これらの石がパンになるように命じたらどうだ。 「『人はパンだけで生きるものではない。 神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。 」 以下略 --------- パンを食べなくても、神の口から出る一つ一つの言葉を知らなくても、それぞれ生きています。 と解釈するのが正解でしょう。 世の中、クリスチャンばかりではない。

次の