ゼノンザード ランク。 【ゼノンザード】リセマラ当たりランキング!入手目安と確率は?

取返しのつかない要素

ゼノンザード ランク

タイトルまんまです。 それが 「各フォースを1回ずつ使ってランクマッチで勝利する」 というミッション。 各フォース、様々な効果があり、それに応じてデッキの構築を変えていく必要があるのですが、どうしても 強いフォース、弱いフォースというものがあります。 ランクが上がってしまうと、どうしても 相手のデッキが強くなったりAIが強くなったりして、達成が難しくなってしまうので、できれば早めにつぶしておきたいミッションでもあります。 今回は、自分が実際にこのミッションをクリアしたときのデッキを紹介していきたいと思います。 デッキの条件は以下としました。 レジェンドは 《「勇気震わす者」ウォレス》2枚のみ(構築済みデッキでカナタナを購入すれば2枚手に入ります)• カナタナだけ、 《「双龍頭領」アオバ》を1枚使用• 計5回の勝利で達成できるよう、フォース被りは1つのみ それではどうぞ。 大変申し訳ナス・・・ 《「導きの女王」キャサリン》を軸に、相手のフォースを破壊しつつアドバンテージを取っていくというコンセプトのデッキです。 相手がフォースを軸としたデッキの場合に相性が良いため、勝利達成は割としやすい印象です。 《グレイブローバー》を 《リターニング》で使いまわす戦術が結構強かったです。 《「導きの女王」キャサリン》が無ければ、 《シャドウハンド》や 《リアニメイト》を増やして、盤面を絶やさないようにビートダウンしきりましょう。 《「アグマ大使」モノノベ》を並べてコストを踏み倒し、大量展開からペガサスの効果でベースとフィールドを行ったり来たりさせてアドバンテージを取るという戦い方です。 飛来ミニオンのコストも 《「アグマ大使」モノノベ》で下げることができるので、ベースの枚数はそこそこにどんどんフィールドに移動させて行けます。 相手の大型ミニオンは 《ツーヘッドグリフォン》でどかしておきましょう。 相手の大型を横からすり抜けれるため、ファッティ戦術系の相手も苦にならないのが強み。 手札も《ユリーカのワルツ》で簡単に補充できるので、使ってて楽しいデッキでした。 《「双龍頭領」アオバ》対策に 《タイダルウェイブ》を追加しても良いかも。 フォースの組み合わせ上、5コストのミニオンが一番恩恵を受けられるため、 《「快楽の奇術師」アズール》を軸に高DPで殴りきるデッキにしてみました。 が、 《「快楽の奇術師」アズール》は青マナが5個もいるので、ベースミニオンは多めに搭載。 自身を守るフォースもないので、 《サプライズドマジック》もガン積みです。 間違いなく一番最初に消化したほうが良いフォースですね・・・。 正直キマイラは優秀なので、どんなデッキで消化しても良いと思いましたが、アグマを使ってなかったのでアグロ風味にしてみました。 デメテー?そんな国はなかった 《「導きの竜姫」ダイアナ》や 《ゴレイム「タイプ:ソーサー」》などで横に広げつつ、相手のターンに 《グラヴィティ》や 《メガトンハンマー》等で除去。 盤面の数的有利を取り続けてどんどん顔面を殴っていきましょう。 《騎兵隊長「百手読み」サムズ》は本当にたまに役に立ちましたが、 《「勇気震わす者」ウォレス》を3枚持っているなら間違いなくそっちのほうが良いです。 まとめ• 各フォース消化ミッションは一番最初にやること• スフィンクス、オルトロス、ペガサスはその最初のほうに消化すること• ウォレスを2枚入手できる構築済みカナタナデッキはかなりおすすめ いかがでしたでしょうか。 今回はレジェンドをできるだけ使用しないというコンセプトでデッキを組んでみました。 「こんなにカード持ってねーよ」みたいな人は、戦術コンセプトだけ真似て、適宜代替カードに入れ替えていくといいでしょう。 皆様のミッション消化の参考になれば幸いです。 それでは良いゼノンザードライフを!.

次の

【ゼノンザード】ランクマッチの仕様と勝率を上げる方法

ゼノンザード ランク

2019年10月20日 はじめに 今回はランクマッチを駆け上がるための効率的な方法を検討する。 ランクを上げるために重要なことの洗い出しと、実現の手段についてだ。 あくまで私見だが、よろしければ最後までお付き合いいただきたい。 システムの把握 まず、ランクマッチのシステムがどうなっているのかを把握する必要がある。 重要なのは以下の3点だろう。 同じデッキを使った人間対AI、AI対人間のクロスバトルルール• 人間およびAIの勝敗に応じてエレメントが増減する• ゴールド帯以下は連勝ボーナスが発生 これから導かれる結論は、• AIのプレイングの特徴をつかむ必要がある• 基本、 AIが扱いきれないデッキはリスクが高い(いかにAIが勝てるデッキを考えるか)• ゴールド帯以下は連勝できるのならばプレイヤー優先デッキもあり であると考える。 順に理由を説明しよう。 まず、対AI戦である以上、AIのプレイングの特徴をつかむのは必要不可欠だ。 AIのプレイングの特徴とは何か? いろいろあるし、私も十全に把握できているわけではないが、例を挙げるとしたら• フェニックス無しの状況下で、自動で起き上がる以外のマナを残している場合は フラッシュを握っている可能性濃厚(ビームスマッシャー、デストラクションなど。 また、AIが扱いきれないデッキについてだが、これはポイント付与の仕組みを見ると分かりやすい。 公式発表によると、• この時、「AIが扱いきれないデッキ」と「AIが扱えるデッキ」について考えてみよう。 極端な例だが、AI勝率0%かつプレイヤーの勝率50%だとすると、ポイント期待値は-100となり減っていく計算になる。 従って、 「如何にAIが勝ちやすいデッキを組むか」が非常に重要と言える。 ただし、ゴールド帯以下は次のような連勝ボーナスがある。 負けが少なく定期的に6連勝以上できるようならば大きく黒字だ。 従って、 ゴールド帯以下ではプレイヤーが高確率で連勝できる場合に限りAIの勝率やAIのデッキの扱いやすさを無視しても良いことになる。 適正デッキ 先に述べた「AIが扱いやすいデッキ」の条件とは何か? 私はフェニックスのフォースを用いたデッキであると考える。 これは確たる根拠があるわけではないのだが、• (個人的に)フェニックスのフォースを利用したデッキの方がAIの勝率が良かったこと• AIが(フェニックスの有無はさておき)フラッシュを活用しようとしている(ように見える)こと の2点からそうなのではないかと考えている。 本当に完全な偏見なので「違うだろ」と思われたらスルーしてほしい。 また、AIが扱いやすい以外にも、ランクマッチ用デッキでは重要なことがある。 それは「 試合終了までの速度」だ。 なぜそんなものが重要なのか。 それは必要な試合数を考えてみるとわかりやすい。 例えばマスターからレジェンドになるときを考えてみよう。 マスター開始は47000エレメント、レジェンドになるには85000エレメントが必要( 差分38000エレメント)• 連勝ボーナス無し• 極端な勝率で計算したが、それでも254試合必要なのだ。 マスターからレジェンドに上がるだけで、である。 こうなると決着が早くつくデッキが望ましいことは明らかだろう。 ゆえにコントロール系よりはアグロ系が良いと考える。 まとめ 以上、まとめると、• 対AI戦を研究すべし• デッキはAIが勝ちやすいもの(フェニックス採用?)で 決着が早いアグロ系が良い となる。 たったこれだけを述べるために随分長々と書いてしまったが、許していただきたい。 読んで頂き感謝を。

次の

【ゼノンザード】序盤を徹底攻略!カードをなるべく揃えてAIに頼ろう!

ゼノンザード ランク

ゼノンザードに新カードパックが追加されて、復帰しましたしんちゃんです。 再構築するためにデッキを調べていたところ、面白いデッキをgamewithで紹介されてましたので、足りないところを補いつつ作成しましたが、対戦時に一歩手が足りないことが多かったので修正を行いました。 そうしたら11連勝を記録できたので更新して残します。 入れ替えたのは、以下の通り。 パンデミック型加護ジヌティーヌのデッキリスト 破壊時効果を持つミニオンを多く採用して、ジヌティーヌの自軍破壊効果をプラスにしていくデッキです。 また、相手が強力なミニオンをたくさん召喚しても処理しきれるようにパンデミックを入れたことで除去力がアップしました。 パンデミック型加護ジヌティーヌの立ち回り マリガン マリガンで優先すべきカードはポリン、荒野の旅人、アリュシナシオン、デストラクションあたりをとっていきます。 荒野の旅人がなかったらベースミニオンが1枚は欲しいです。 展開の仕方 序盤はポリン、荒野の旅人、キャサリンの連携効果も含めてドローをしつつマナをためていきます。 中盤はデストラクションやドラゴンプリーストでブロックしつつ乗り切ります。 終盤になったらアリュシナシオンの後退効果も併せて相手のフィールドミニオンを排除し、数の暴力に訴えます。 手札がすくなくなったり、相手のマナがフラッシュスキルを撃てない状況になるまではアタックを控えていきましょう。 フォース対応 フォースはフェニックス、ミノタウロスは序盤からダメージを与えていきます。 フェニックスは特に破壊優先度高いです。 さいごに パンデミック型加護ジヌティーヌは最新カードが少なめで、レアリティも低いので作りやすいデッキです。 リストをいじったことで、フェニックスが壊れても対応できるようにタナトスの守護者を入れたのでリア二メートやデストラクションがいざというときに打ちやすくなりました。 また、パンデミックの全体除去のおかげで高コストミニオンがたくさん配置されても逆転できるようになりました。 ジヌティーヌによるラッシュ勝ちやアリュシナシオン+パンデミックの全滅からの総当たりなど、いろんな勝ち方できるデッキになりました。 紫らしい破壊と再生の戦い方をするこのデッキで新環境をのりきりましょう! それでは、良きゼノンザードライフを! 加護について詳しく知りたい場合はこちら.

次の