きめつのやいば 最新ネタバレ。 鬼滅の刃【20巻】(きめつのやいば)▼ネタバレ、あらすじ、感想、発売日|無料でマンガ「最新刊」

鬼滅の刃【20巻】(きめつのやいば)▼ネタバレ、あらすじ、感想、発売日|無料でマンガ「最新刊」

きめつのやいば 最新ネタバレ

鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話第55話「無限夢列車」(2017年3月27日発売の週刊少年ジャンプ17号掲載)のネタバレや感想をご紹介していきます! なお、こちらの記事では鬼滅の刃最新話に関する情報を若干の画バレありで週刊少年ジャンプ発売当日〜翌日に毎週更新しています。 鬼滅の刃最新話第55話「無限夢列車」のネタバレ 「言われたとおり、切符を切って眠らせました。 どうか早く私も眠らせて下さい。死んだ妻と娘に会わせて下さい」 顔色の悪かった車掌は泣きながら手首から下しかない下弦の鬼に「お願いします…」と土下座して懇願する。 車掌を眠らせると、他の手下らしき人達に、こう指示を下す。 「もうすこし居たら眠りが深くなる。 勘のいい鬼狩りは殺気や鬼の気配で目を覚ます時がある。 近づいて縄を繋ぐ時も体に触らないよう気をつけること」 手首から下の鬼は、先頭車両にたつ下弦の鬼壱で、しばらく先頭車両から動けないという 「準備が整うまでがんばってね、幸せな夢を見るために」 目の下にクマを濃く作った手下たちは、下弦の鬼下壱の言葉に頷くのだった。 先頭車両に立つ下弦の鬼壱の本体は言います。 「どんなに強い鬼狩りだって、人間の原動力は心だ精神だ。 精神の核を破壊すればいいんだよ。そうすれば生きる屍だ。 殺すのも簡単」 一方、夢の中にいった炭治郞達は… 善逸は人間の禰豆子(ねずこ)とデートをする幸せな夢を。 伊之助はたぬきのポン治郞やネズミのチュウ逸を従えて洞窟探検に行く楽しい夢を。 炎柱の煉獄の夢は、過去に戻ります。 布団に横たわる父の傍らで座る煉獄。 「柱になったから何だ。くだらん…どうでもいい。どうせたいしたものにはなれないんだ。 お前も俺も」 父親に柱になったことを報告しますが、息子の顔も見ずに投げやりな態度で言い捨てます。 その様子に少なからずショックを受ける煉獄でしたが、父の部屋をでたところで、煉獄そっくりな弟に声をかけられます。 「父上は喜んでくれましたか? 俺も柱になったら父上に認めてもらえるでしょうか」 希望を込めて煉獄に訪ねる弟、千寿郎になんと答えようか一瞬迷います。 煉獄の父親は、鬼殺隊で柱にまでなった人で、情熱のある方だったのにある日突然剣士を辞めたのだった。 熱心に鍛え息子を育てていた人が突然やる気を無くしてしまった様に、疑問がぬぐえなかった。 ですが、それは考えても仕方ないことと割り切っても、一番懸念しているのは弟のこと。 『千寿郎はもっと可哀想だろう。 物心つく前に病死した母の記憶はほとんど無く、父はあの状態だ』 煉獄は膝を着き、不安げな弟に目線を合わせ、正直に言うのだった。 「父上は喜んでくれなかった」と。 千寿郎に続けて言います。 「お前には兄がいる。 兄は弟を信じている。 」 「どんな道を歩んでもお前は立派な人間になる! 燃えるような情熱を胸に」 泣き出す千寿郎を抱きしめ励ます、優しい兄の煉獄の夢は一旦ここで終わります。 場面は移り、炭治郞の夢… 故郷の家の前にいます。 町に行き炭を売って帰る炭治郞の、鬼に襲われるまえまでの日常だった光景がそこにありました。 「兄ちゃんおかえり!」 「炭売れた?」 兄妹達が炭治郞に気がつき声をかけます。 涙ながらに兄妹達にかけより、抱きしめながら、「ごめん、ごめん!!ごめんな」と声を上げて泣き出しました。 現実の世界でも涙を流しながら。 「縄で繋ぐのは腕ですか?」 「そう。 注意されたことを忘れないで」 現実では、炭治郞や善逸、伊之助、煉獄と自分を各々縄で繋ぐ手下達が、下弦の鬼壱の命令を遂行しています。 「大きくゆっくり呼吸する。数を数えながら。そうすると眠りに落ちる」 彼らは鬼殺隊の4人と縄に繋ぎながら、ゆっくりと眠りに落ちていった。 画面は戻り炭治郞の夢の中。 生きて無事でいる兄妹達と、母親。 「お兄ちゃんいきなり泣き出すからびっくりしちゃった」と笑う兄妹達。 「疲れているのかもしれないから、無理しないで休みなさい」、と労ってくれる母親 炭治郞にじゃれてくる兄妹達。 それはとても幸せな家族のひとときでした。 「楽しそうだね、幸せな夢を見始めたな。深い眠りだ。もう、目覚めることはできないよ」 そんな、現実を忘れてしまうような夢を見始めた彼らの上で、下弦の鬼壱は穏やかに微笑むのでした。 と、いった所で第55話は終わります。 鬼滅の刃最新話第55話「無限夢列車」の感想 夢の中の回です。 伊之助と善逸は安定して脳天気な夢で幸せそうですが、煉獄は幸せな夢というよりは、過去…気になる描写をもってきましたね。 炭治郞はただただ、幸せが残酷で切ないです…。 ネット上の感想はどうだったのでしょうか? ラノベエイト : 【鬼滅の刃】55話感想 煉獄兄貴も長男だったのか…夢の中の話が泣ける — ラノベファースト darcrdnt1 本当にコレです。 夢の中の話が切なくて仕方ないですね。 鬼滅の刃、55話。 伊之助の夢が本当に嬉しかった。 あの戦いを求めていた猪突猛進っ子が禰豆子を含めた「4人で探検する事」を幸せの夢に見てるんだよ…しかも多分宝物であろうツヤツヤどんぐり上げて一緒に行こうとか、伊之助が自分の物を分け与えて時間を誰かと共有しようとしているの… — 遠野みひら M2VOT0zBkHtGKi8 なるほど~、こういう見方もあったか確かに!! と感心しちゃいました。 でもまだ名前は覚えきれていないのでしょうか…? 週刊少年ジャンプ2017年17号の掲載順をご紹介 17号はこのような掲載順になっていました。 上から ・僕のヒーローアカデミア 巻頭カラー ・僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!! ・食戟のソーマ センターカラー ・Dr. 鬼滅の刃の掲載順は13番目になっています。 読み切りを除いて考えると大体アンケート順位も12番目くらいでしょうか。 今週は少し落としてしまいましたが、話の導入部だから仕方ないかもしれませんね。 過去5週の掲載順は『6番・3番・5番・9番・10番』となっています。 大体真ん中です。 ジャンプ大プッシュ中の作品ですし、単行本も重版かかっているようですので即打ち切りの心配はなさそうですが、出来れば安定の一桁になって欲しいなと思うファン心です。 まとめ みんなの幸せな夢の中回でした。 でも、幸せな夢だからか、泣きながら眠る炭治郞がかわいそうで仕方なかったです。 ある意味残酷ですよね。 安定の愛すべきおバカ…伊之助の夢や、頭の中は女の子で一杯の善逸。 両者ともにぶれないキャラで、クスッと笑えました。 都合の良い夢の中ですが、禰豆子がいきいきとして可愛くて、本当だったら良いのにね、と思いました。 炭治郞の夢の中に禰豆子が出てこなかったことにも意味があるのかな? 幸せな夢が夢だと気がつく時は必ず来るのでしょうが、それを思うと切ないですね。 来週も楽しみです。

次の

鬼滅の刃【20巻】(きめつのやいば)▼ネタバレ、あらすじ、感想、発売日|無料でマンガ「最新刊」

きめつのやいば 最新ネタバレ

きめつのやいばネタバレ193話の展開予想 鬼滅の刃193話を勝手に予想させていただきます。 日の呼吸 炭治郎は日の呼吸を使えるようになっていました。 炭吉の記憶を通して縁壱の型を直接何度も見て覚えたのです。 無惨を倒すことができる型と言われている十三の型も知ることができました。 きっと名前もあるのだと思いますが、まだ知らされていません。 十三の型と言っても新しい型ではなく、日の呼吸の型の円舞から炎舞で終わるように繰り返し繰り出し続けるということでした。 型の名前が輪の形に書かれていました。 でも今の無惨と戦いながら日の呼吸の十二の型を何度も連続で繰り出し続けることができるのでしょうか。 無惨は炭治郎のことを特に嫌っているようなので、いつもよりも全力で倒そうとしてくると思います。 炭治郎だけで戦いながら、日の呼吸を繰り出し続けることはかなり難しいことだと思います。 縁壱や父の様に才能がないと言ったり、命が夜明けまで持つかわからないと自信がないようです。 無惨の毒もまだ残っているので心配です。 もしかしたら柱や同期たちの姿は幻覚で全員無事で戦うことができたなら、十三の型を繰り出すことは十分に可能な事だと思います。 無惨の戦い方 無惨は炭治郎の姿と縁壱を重ねてみているようですが、血縁関係はありません。 ただ耳飾りを受け継いでいるということで、何か共通点があるのでしょうか。 雰囲気も性格もあまり似ているとは思えません。 今回炭治郎が日の呼吸を使ったことを無惨はどう思っているのでしょうか。 珍しく無口だったので、無惨の考え方は次に話されるのでしょうか。 いくら無惨の方が優勢であっても、日の出になってしまえば無惨は負けてしまいます。 今は炭治郎と一対一なので、逃げようとすれば逃げることもできのではないかと思います。 でも無惨は逃げようとしている様子もありません、 このまま鬼殺隊を全滅させようとしているのか、炭治郎との対決を楽しみたいのか、炭治郎を餌にして禰豆子をおびき寄せたいかだと思います。 まだ青い彼岸花もみつかっておらず 探しに行ってくれる鬼もいなくなってしまいました 日光を克服できていない無惨にとって、禰豆子は一縷の望みです。 その禰豆子を捉えるために戦いを長引かせているのでしょうか。 鬼殺隊の隊員たちは? 鬼殺隊の柱や炭治郎の同期はどうなったのでしょうか。 今のところ、甘露寺とカナヲは無事だと思われます。 しかし他の人たちは大惨事になっていました。 カナヲの失明したはずの目が元通りになっていることから、全部が幻覚かもしれないと思っています。 できれば珠代さんが吸収されたところも幻覚であってほしいのですが・・・。 愈史郎のお札を使っていつの間にか参戦して、炭治郎が十三の型まで到達できるように助けてくれればいいなと思います。 もしもあの姿が本物だとしたら、鬼殺隊はもう機能しなくなってしまいます。 産屋敷家とは連絡が取れているかもとても気になります。 そこには宇随さんたちもいるはずです。 なにかの手を打ってくれているかもしれません。 天才縁壱でも倒すことができなかった無惨、きっと炭治郎一人で倒すことは無理だと思います。 でも炭治郎の炭治郎は一人ではありません。 協力して無惨を追い詰めていくことでしょう。 全話一覧 きめつのやいばネタバレ193話のあらすじネタバレ !2月9日更新しました! 最新話を読み次第更新していきます! 鬼滅の刃第193話困難の扉が開き始めるのあらすじをご紹介します。 扉を開けた 鬼舞辻無惨は気付いていました。 竃門炭治郎の何かが変わったことを・・・。 死の淵に一度でも立ったものは、今までよりもさらに強くなるということを無惨は知っています。 死から逃れるために、普通に生きていくためには必要ではなかった感覚や力の新たな扉が開かれるのです。 扉を開くことができない者は命を落とし、扉を開けることができた者は・・・。 縁壱には及ばない 炭治郎は禰豆子の血気術に頼らなくても赫刀にすることができるようになっています。 死の淵を彷徨いながら扉を開いたのだと・・・。 柱たちもみな、それぞれの方法で赫刀にすることができました。 しかし縁壱には遠く及ばない・・・縁壱が日輪刀を赫く染めた時の斬撃はこのようなものではなかったと無惨は確信していました。 ようやく六つの型が繋がりました。 やっと半分まで来たのです・・・でもあと半分もあります。 しかも無惨の五つの脳も、七つの心臓もぐるぐる動いているため攻撃に押されてしまい胴まで刃が届きません。 炭治郎は無惨のあまりにも速い攻撃に肺を殴られているように苦しく、四肢が引きちぎられるように痛くなり心臓が破裂しそうです。 夜明けまで一時間ある・・・もう一時間・・・少しでも気を抜くと膝ががくっとしてよろけてしまいます。 炭治郎は、集中しろ、今この瞬間の一秒のこと以外考えるな・・・剣が鈍る、手足が鈍る。 一秒だ、一秒を繋いでいくんだ・・・夜明けまでの一秒を繰り返せと言い聞かせながら無惨と戦いを繰り広げていました。 無惨の違和感 無惨は炭治郎の技の精度がすでに落ちてしまったことに気が付いていました。 赫くなっていた刃もすぐに元に戻ってしまい・・・所詮炭治郎もこの程度なのか、当然だ縁壱のようなものがそうそう生まれてくるはずがない。 そう思いながら炭治郎と戦い続けていました。 しかしどこかおかしいと考え始めました。 何か違和感があるのです。 炭治郎は変わらず動きは精彩を欠いていて遅く、人間だから当然動いた分だけ疲れが出てそれが足かせになっている。 なぜ自分はその疲れ切った怪我人の一人にさえとどめを刺せないのだろうか。 無惨は気が付いてしまった・・・自分も遅くなっていることに。 そうでもなければ、一対一の戦いではここまで時間がかかるはずがない。 二度もとどめを刺しそこなったりしない。 珠世の薬の・・・ 原因はきっとあの女に違いない・・・いまはもう自分の細胞の一部になっている珠世の細胞に無惨は聞いて見ることに。 無惨は自分の視神経から細胞の中へと入り込み、珠世の顔を呼び出しました。 そして珠世は何をしたのか?自分に使った薬は人間に戻す薬ではなかったのか・・・そう尋ねました。 すると珠世はお前に使った薬は人間に戻すもの・・・それと・・・不敵な笑みを浮かべながら言わないと答えます。 無駄に増やした脳味噌を使って考えたらどうだと笑いました。 短気な無惨は、自分に取り込んだ細胞にもかかわらず怒り珠世をひねりつぶします。 それから珠世の細胞に残っている記憶を読み始めました。 その中にはしのぶと愈史郎が映っていました。 しのぶを見て、無惨は童磨と戦っていたことを思い出しています。 珠世の作っている薬を解析していたしのぶが言いました。 薬は複数のかけ合わせにしましょうと。 無惨には分解されることを前提で進めるべきと勧めます。 一つ目は人間に戻す薬・・・そしてその効果がなかった場合は残った薬がより強く作用するように細工をしましょう。 二つ目は老化の薬に決めましょう。 珠世が作ったこれならば一分で五十年無惨を老いさせることができます。 無惨は自分の違和感がそのせいだと腑に落ちました。 老化!!自分は老化し続けていたのだと。 ふと珠世を取り込み始めたのはどれくらい前だったのか考えました。 四時間・・・いや五時間近く前のこと。 薬が効き始めるまでの時間を差し引いたとしても、すでに三時間以上作用していたと思われるので、つまり無惨は九千年年老いていたのです。 髪の毛が白髪のままなことにも、じぶんの何かが変な事・・・違和感に気づくべきでした。 その時、鴉が夜明けまで五十九分と知らせに来ました。 炭治郎は無惨の老化になど全く気付かずに日の呼吸を放ち続けます。 だんだんその炎が大きくなり、全てが・・・十二が繋がりました。 次はもっと早く、もっと正確に繰り出していかなければいけない。 この十二の循環を夜明けまで繰り返すんだと。 炭治郎はさらに心を闘志を燃やし続けるのでした。 鬼滅の刃第193話困難の扉が開き始めるのあらすじをネタバレでお伝えしました。 無惨がまさかの老化!? でも炭治郎も疲弊しきっています。 1分が長い・・・。 3冊分が実質無料になる裏ワザも?! 初めての加入で31日間月額無料+600円分のトライアルポイントがもらえ、鬼滅の刃が いますぐ1冊無料で読めます! 初めての加入+Amazonアカウント登録で、最大1300円分のポイントがトライアル期間中にもらえます。 ポイントをためて鬼滅の刃が最大3冊無料で読めます。 30日間無料+600円分のトライアルポイントで鬼滅の刃がいますぐ1冊無料で読めます。 最新情報は公式サイトにてご確認ください。 193話を読んだ感想! !2月9日更新しました! 読み次第更新します。 無惨にとっての縁壱は、誰にも比べられないほど強い人だったのですね。 何百年たっても、柱全員よりももっと強いなんて・・・。 炭治郎も疲れのピークですが、気力で技を繋いでいます。 しかし繋げたことによって無惨にどれだけダメージがあったかはよくわかりません。 このつらい型はまた十二の型を無惨の攻撃を避けながら繰り返していかなければいけません。 ヒノカミ神楽も朝まで続けていても疲れないと炭治郎の父は話していましたが、今の炭治郎にはそんなに長く続けていけるのでしょうか。 技の精度が落ちていることも、赫刀ではなくなっていることも無惨にももちろん知られてしまっています。 しかし今回無惨が老化しているということがわかりました。 無残の細胞の中の珠世の細胞に聞いたのです。 それもしのぶとの共同研究のようでした。 二人の執念でじわじわと無惨を追い詰めています。 一分で五十年なら、無惨の寿命が尽きるまであとどのくらいあるのでしょうか。 再生ができているので、細胞もすべて新しくなっているのだと思っていましたが、再生しても新しい体ではないのでしょうか。 無惨自身は童磨と違って解毒はできないのでしょうか。 炭治郎の気力はどこまで持つのでしょうか。 全話一覧 鬼滅の刃が無料&お得に読める!.

次の

鬼滅の刃(きめつのやいば)最新話ネタバレ考察と感想!掲載順も

きめつのやいば 最新ネタバレ

『鬼滅の刃 きめつのやいば 』 168 話 を読んでの感想を書きます! (ネタバレ注意です!!) 前回、黒死牟と戦う実弥。 すると攻撃を喰らってしまいました。 「動けば臓物がまろび出ずる」と告げる黒死牟。 しかし実弥は「俺の血の匂いで鬼は酩酊する。 稀血の中でもさらに希少な血だぜ、存分に味わえ!!」と自分が稀血であることを告白しました。 では気になる続きを見ていきましょう!! 168話の感想とあらすじ 鬼狩りを始めてすぐ、自分が稀血であると気付いた実弥。 鬼殺隊も日輪刀の存在も知らなかった頃は、鬼を捕らえては日の光で焼き殺していたようです。 黒死牟に技を仕掛ける実弥。 風の呼吸 陸ノ型 黒風烟嵐(こくふうえんらん)!! 実弥の攻撃を避けながら (この小僧この傷でまだ動くか) (今までの柱ならば勝負はついた)と黒死牟。 実弥が自らの筋肉を引きしぼり、傷口から臓物が飛び出るのを止めているのではと推測しました。 「微酔う感覚もいつ振りか・・愉快。 さらには稀血・・・」と実弥との戦いを楽しむ黒死牟。 実弥の刀を右足で踏み動きを止めました。 そして自分の刀を実弥の首めがけて振り下ろしました。 実弥はお舘様とのやり取りを思い出しました。 (頭に来るんだよ。 人が苦しんでいるのに笑っている奴が) (一番高いところで涼しい顔で指図だけするような奴)とお舘様に対して不服に思う実弥。 「いいご身分だな。 おいテメェ、産屋敷様よ」 実弥の態度に驚くほかの柱たち。 「不死川・・・口の利き方というものがわからないようだな」と行冥。 「いいよ行冥。 私は構わないよ」とお館様。 「白々しんだよ。 鼻につく演技だぜ。 隊員のことなんざ捨て駒としか思ってねえくせに」 お館様が武術を知らないくせに鬼殺隊の頭だということに虫唾が走ると実弥。 「叶うことなら私も人の命を守れる強い剣士になりたかった」と親方様。 (確かこの一家は無惨のせいで体が弱いんだよね) しかし、お館様の眼差しに、亡き母を思い出した実弥。 彼の眼差しは親が我が子に向ける慈しみに溢れているようだったのです。 そして「匡近が死んでまもないのに呼んでしまってすまなかったね。 兄弟のように仲良くしていたから尚更辛かったろう」とお館様。 実弥はお館様が亡くなった仲間の名前を思えていることに驚きました。 「お館様は亡くなった隊員の名前と生い立ちは全て記憶していらっしゃるのよ」とカナヲ。 お館様は実弥に匡近の遺書を渡しました。 鬼殺隊員は皆、遺書を書いているようです。 お館様曰く、隊員が残す遺書の内容はほとんどが似ているとのこと。 「大切な人が笑顔で天寿を全うするその日まで、幸せに暮らせるよう、決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願う」とお館様。 匡近は亡くなった弟と実弥を重ねて見ていたようで、遺書は実弥の幸せな未来を願うものでした。 隠し持っていた(?)銃で黒死牟の顔面を狙った実弥。 かすり傷一つつかない黒死牟・・・。 とそこへ、なんと行冥が現れました!? 「次々と降って湧く・・・」と黒死牟。 「我ら鬼殺隊は百世不磨。 鬼をこの世から葬り去るまで」と行冥。 (説明しよう。 百世不磨とは、永久に消えずに残ることである) つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントで購入• 読む!• valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. valuecommerce. 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。 valuecommerce. valuecommerce.

次の