ハッピー・デス・デイ ネタバレ。 【ネタバレ&内容】ホラー映画『ハッピー・デス・デイ (Happy Death Day)』目覚めると同じ日。超絶ビッチな主人公が毎日殺される。犯人は誰だ。

『ハッピー・デス・デイ』感想(ネタバレ)…時をかけるビッチに祝福を : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

ハッピー・デス・デイ ネタバレ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 ハッピー・デス・デイのあらすじ 大学生のツリーは自由を謳歌する大学生です。 誕生日の前日も浴びるように酒を飲み名前も知らない男(彼の名前はカーター)のベッドで目を覚まします。 ふと携帯には父親からの着信があります。 彼女は数年前に他界した母が自分と同じ誕生日であったことから、自分の誕生日を素直に祝えないでいました。 彼女はカーターの部屋から出て寮に戻ると同じ寮のダニエルから声をかけられます。 また、病院でアルバイトをしている真面目な性格のルームメイトのロリは自分用に誕生日のケーキを渡してくれましたが、ツリーは食べずに授業へ向かってしまいます。 その日の夜、パーティに行くために夜道を歩いていたツリーは突然大学のマスコットキャラのベビーマスクのお面を被った男に襲われます。 必死の抵抗も空しくツリーは殺されてしまいますが、ふと彼女が目を覚ますとそこはまたカーターのベッドでした。 するとまた父親からの着信があり、すでに経験した自分の誕生日が全く同じように繰り返されるのです。 しかも最後にはまたベビー・マスクによって殺され、またカーターのベッドで目を覚ますのでした。 ツリーはそんな自分が殺される日が無限ループする世界から脱出するために、カーターと共にベビー・マスクを見つけ出し、自分を殺すことを止めるしかないと決意するのでした。 ツリーは何度も死のループを繰り返すうちに連続殺人犯のトゥームズがベビーマスクであることを突き止めます。 そして、彼に殺される前に病院で彼を殺すことに成功するのでした。 喜ぶツリーはカーターと誕生日を祝いますが、目を覚ますとまた18日の朝に戻っているのでした。 結末ラスト トゥームズが ベビーマスクでないことを知ったツリーは混乱しながら寮までまた戻ります。 いつものようにロリからケーキをもらいますが、その時に誕生日を祝った直後に死んだことに気づきます。 ロリこそ真犯人で、ケーキに毒が入っていたのでした。 また、トゥームズの拘束を解けたのはロリなら可能でした。 ロリを問い詰めると彼女はグレゴリーとの関係に嫉妬していたことを話し出し犯人であることを告白します。 もみ合いになるツリーとロリ、ツリーはやっとのことでロリを窓から突き落とし事件は解決しました。 ふとロリが目覚めると、またカーターのベッドの中にいます。 驚くロリですが、カーターはふざけていただけですでに19日になっていることをロリに告げるのでした。 ハッピー・デス・デイのネタバレ感想 かつて映画でアカデミー賞を取ったジョーダン・ピールが「ホラーとコメディは同じなんだ」と言っていたことがあります。 彼の真意はわかりませんが、ハッピー・デス・デイは「死」というシリアスな話題を非常にポップに作り替えています。 それはループというSF要素であり、ツリーという天真爛漫な女性であり、学園物という設定、全てがうまく機能し、素晴らしい作品に仕上がっています。 スクリーム以来の学園ホラー 学園もののホラーと言えば、「Hi,シドニー」のセリフが印象な映画スクリームが有名でしょうが、スクリーム以来の良質ホラーであると言えます。 ホラー映画として前半はシリアス、特にベビーマスクが出てくるところはホラー苦手な人は結構びびったのではないでしょうか。 それでも一般の人が見ることができるのはそこに学園物の要素が入るから。 学園という閉鎖的な空間では警察や親ではなく、自分や友達で事件を解決するしかない中で奮闘し、友情あり、恋愛ありの展開はシリアスな展開の中でも勇気を観客に与えてくれます。 それが作品に深みを与え、いつしかホラーの中に笑いを生むことができます。 ジェシカ・ローテの天真爛漫演技 そして、この映画の立役者は主人公のジェシカローテでしょう。 1987年生まれの彼女は大学生にしては老けている一方で、芸歴も長いせいか見事にツリーを演じています。 はじめ、ツリーは誰とでも寝る、友達を軽んじる、自己中、など嫌な女の典型という女性でした。 まあそれは天性のものではなく、母親の死から目を反らすがゆえに、自らからも目を反らしていた結果ではあるのですが。 しかし、痛い目を見るうちに自らの行いを改め、真っ当な人間に変貌していきます。 タイムループものの欠点を見事に補う スリラージャンルの中でもタイムループものは結構厳しい評価がつきがちです。 例えばループものですと以下のような作品があります。 タイムループものが厳しい評価になる原因は辻褄やタイムループの原因など、映画の面白さの本質から離れた部分が気になってしまうからです。 最後に 続編も日本では同時公開されています。 3作目も製作が決定しているそうですので、楽しみです。 2作目であるハッピー・デス・デイ 2Uはこの1の正統派続編になっていますのでまずは必ず1を見てからにしましょう。 できれば2作品同時に見るのがとても面白いと思います。

次の

SFホラー映画『ハッピー・デス・デイ 2U』のネタバレなし&あり感想

ハッピー・デス・デイ ネタバレ

ハッピー・デス・デイの紹介:2017年アメリカ映画。 ツリーは学園生活を楽しむ大学生、18日が誕生日です。 ハッピーな誕生日なるはずが、ベビー・マスクの男に狙われ殺される夢をみるという「ハッピー・バース・デイ」が「ハッピー・デス・デイ」(デス、deathは死の意味 になってしまいます。 そして、夢から覚めてもその恐ろしい18日が繰り返される、ループ地獄になります。 ツリーはこのベビー・マスクの男を捕まえようとしますが、犯人は意外な人物でした。 『ハッピー・デス・デイ』はサスペンス・ホラー映画ですが、主人公ツリーを熱演するジェシカ・ローテのビッチなキャラには笑ってしまうところもあります。 ハッピー・デス・デイのネタバレあらすじ:起・ツリーのデス・デイの繰り返し 大学生のツリーことテレサ ジェシカ・ローテ は、18日の誕生日の朝をなぜか、見知らぬ男のカーター(イズラエル・ブルザード)の部屋で目を覚ましますが、理由が理解できません。 自分の部屋に戻ると、ルームメートのダニエル(レイチェル・マシューズ)、大学病院で働くロリ(ルビー・モディーン)に会います。 ロリは誕生日のケーキをツリーに渡しますが、ツリーは食べないで行ってしまいます。 キャンパスのミーティングで、ツリーはカーターに会います。 ツリーは大学病院を訪れますが、そこで働くロリから、グレゴリー教授(チャールズ・エイトキン)との関係を非難されます。 ツリーは、グレゴリーと彼のオフィスでセックスしますが、彼の妻が来ると慌てて出ていきます。 誕生日パーティに行くため夜道を歩くツリーは、ベビー・マスクの男に出会い襲われます。 目覚めたツリーはカーターの家で起きます。 ツリーは1-5のループが繰り返され、ティムから今日は18日だと言われ、同じ18日の体験を繰り返していることに気づきます。 その後もロリに会い、渡された誕生日ケーキを食べない、ミーティングでカーターに会う、グレゴリーとセックス、彼の妻に会います。 再び誕生パーティに向かうツリー。 恐怖感を持ってドアを開けるとベビー・マスクが登場、ツリーがパンチすると、ニックがマスクをとり、誕生パーティが始まります。 ツリーはパーティ会場の別室で再びベビー・マスクに遭遇しますが、ニックがふざけていると思います。 しかし、ベビー・マスクはニックを殺害し、ツリーを襲います。 叫ぶツリーはカーターの部屋で目が覚めます。 その夜はパーティに行かず部屋に待機しますが、ベビー・マスクに襲われます。 ツリーはカーターと、ベビー・マスクはだれなのか?なぜこのようなことが起こるのか?を話し合います。 二人はツリーの誕生日を狙った何者かの犯行と考えます。 ツリーはダニエル、グレゴリーの妻、ティムら容疑者リストを作成し、犯人を考えますが、犯人は見つからず、最後はベビー・マスクに襲われカーターの部屋で悪夢から覚める日が続きます。 ツリーはグレゴリーが容疑者の一人と考え、彼のオフィスを訪れますがいません。 しかし、彼の机の引き出しを開けるとマスクが見つかります。 そこへグレゴリーが現れますが、彼もベビー・マスクに襲われます。 ツリーはベビー・マスクから逃げ、駐車場で車に乗り込みます。 ようやくベビー・マスクから逃げたツリーは車で歓声を上げますが、警察にスピード違反で捕まります。 逮捕されたほうが安全と考えたツリーは手錠をはめられ車に乗りますが、ベビー・マスクの車が警官を轢き殺します。 ベビー・マスクはガソリンをまき、火をつけ、ツリーを襲いますが、彼女は目覚めます。 ツリーはカーターと会い、母の死や父との関係などを話します。 ツリーとカーターはニュースで若い女性を襲う連続殺人犯のニュースを聞き、容疑者トゥームズがベビー・マスクの犯人だと考えます。 トゥームズは大学病院に入院中といいます。 ハッピー・デス・デイのネタバレあらすじ:転・ベビー・マスクと対決するツリー ツリーとカーターはトゥームズの犯行を止めるため、彼のいる病院へ向かいます。 ベビー・マスクはすでに警備員を殺害しています。 ベビー・マスクはマスクをとり、トゥームズの顔が現れます。 トゥームズとカーターは乱闘になりますが、カーターは首の骨を折られて死亡します。 ツリーはトゥームズを殺そうとしますが、もし彼を殺すと彼女の悪夢の18日の誕生日が終わり、カーターが死んだ状態で翌日の19日になると考えます。 ツリーはカーターを救うため時計台から飛び降り、死んで再び18日の朝をカーターと迎えることにします。 ツリーはグレゴリーに会い、関係を終わらせる意思を伝えます。 ミーティングでは、ツリーがダニエルの頭にチョコレートミルクを掛けてしまいます。 ツリーはカーターに会ってキスし、今夜の誕生パーティを祝う約束をします。 ツリーは父と食事をすることにします。 ツリーは関係の良くなかった父と関係を修復し、楽しい時を過ごします。 ハッピー・デス・デイの結末:ベビー・マスクの正体とループの真相 ツリーは悪夢の18日を終わらせるためにトゥームズのいる病院へ向かいます。 病院でツリーは警備員から銃を奪います。 ツリーは銃をトゥームズ向けますが、安全装置を外すのを忘れて撃てません。 トゥームズはツリーを暴行しますが、ツリーは安全装置を外し、トゥームズを殺害します。 その夜、ツリーはカーターと誕生日を祝います。 ロリのケーキを食べて18日はようやく終わります。 朝、目覚めるツリー、しかし、その日はまた18日でした。 ツリーはベビー・マスクのトゥームズを殺したのになぜ?と理解できません。 ツリーは部屋に戻るとロリからケーキを渡されます。 ツリーはロリが真犯人でケーキがループの原因ではないかと考えます。 ツリーは、昨夜食べたロリからのケーキに毒が入れられ、食べて死んで18日をループしているのでは?そして、トゥームズのいた病院はロリの勤務する病院、ロリがトゥームズを利用したのでは?と考えます。 ツリーがロリを問い詰めると、グレゴリーとツリーとの関係を妬み、ツリーがビッチだからと、自分が犯人であることを告白します。 乱闘になるツリーとロリ。 ツリーはロリを窓から落として殺害します。 翌朝、カーターの部屋で目覚めたツリーは、カーターから、18日が終わり19日であることを告げられます。 ツリーはカーターとふざけあい、ようやく悪夢が終わったことを喜ぶのでした。 以上、映画「ハッピー・デス・デイ」のあらすじと結末でした。 物語はに続きます。

次の

ハッピー・デス・デイのレビュー・感想・評価

ハッピー・デス・デイ ネタバレ

ハッピー・デス・デイのあらすじ 主人公のテレサはカーターという男のベッドで目を覚ます。 この日はテレサの誕生日だったが、昨夜飲みすぎてしまい、体調が優れずに友達などに冷たい対応を取る。 その日の夜に1人歩いているとオルゴールが道端に落ちていた。 辺りを見回すとベビーフェイスのお面をつけた人物が立っていた。 そしてテレサはその人物に殺されてしまう。 ふと気づくとテレサはカーターのベッドで目を覚ました。 スマホを確認するとテレサの誕生日だった。 テレサは誕生日をループしていた。 ハッピー・デス・デイのキャスト テレサ・ゲルブマン役 ジェシカ・ローテ カーター・デイヴィス役 イズラエル・ブルサード ロリ・シュペングラー役 ルビー・モディーン ダニエル・ボーズマン役 レイチェル・マシューズ グレゴリー・バトラー役 チャールズ・エイトキン クリストファー・ランドン監督 ハッピー・デス・デイのオススメポイント 主人公がかっこいい 出典:ハッピー・デス・デイ 最初は主人公 ウザいです!!! はい、ウザいです(笑) ハッピー・デス・デイは基本的に主人公が殺人犯に殺されるたびにその日の朝に戻るという ループ物の映画です。 主人公がウザいので最初は殺されるたびに「ざまーみろ!」って感じでした。 どのくらいウザいかって言うと友達からもらったケーキをゴミ箱に捨てたり教授と浮気したりとの性悪女! 正に 性悪女のエキスパートです! でも最後には成長して良い人間になりました! そして元から主人公は気が強いのでループを受け入れてからは様々な方法で殺人犯に立ち向かったり、いじめられている人を助けていじめている人にやり返すなど他の人ではなかなかできないような行動を取り、かっこいいです! 誰が犯人か予想する楽しさ 出典:ハッピー・デス・デイ 主人公はかなりの男たらしで主人公を嫌っている人は多いです(笑) だから犯人候補が多いので 予想するのが楽しいです! ループを繰り返すたびに毎回同じ人と同じ会話をするけどそのたびに「もしかしたらこいつが犯人かも!」という疑惑の目で毎回キャラを見るのでその予想が楽しかったです! ドキドキする 出典:ハッピー・デス・デイ ハッピー・デス・デイでは主人公は死ぬたびにベッドで目を覚まします。 そのときに誕生日アラームが鳴るんですけどそれが鳴るまで主人公がループから抜け出せたのか分かりません。 最初は「主人公死ねよ!」って感じですが途中から主人公に愛着が湧き、バッドエンドになってほしくないから毎回アラームが鳴るかどうかでドキドキしちゃいます。 そのときの主人公の緊迫した顔がアップで映されるのでそれがより 一層ドキドキ感を生み出しています! ちなみに誕生日アラームってすごいですね。 電話が鳴った時に毎回誕生日アラームが鳴るんですけど「お前どんだけ周りに誕生日アピールしたいんだよ!」って感じです(笑) でも主人公はかなりの陽キャっぽいから「当たり前なのかな?」って思います。 僕は 真正の陰キャなんで誕生日アピールできません。 怖いです。 ハッピー・デス・デイの残念ポイント ホラーシーンが少ない 出典:ハッピー・デス・デイ ハッピー・デス・デイはホラーシーンがかなり少ないです! パッケージを見る感じなんか気持ち悪いお面が写ってるからかなり怖いホラー映画かと思ったけどあんま ホラーは強くなかったです。 基本的に急に殺人犯が画面に現れて怖がらせるタイプで雰囲気で怖がらすタイプじゃないです。 襲われる前はいつ殺人犯が襲ってくるのか分からないからかなり怖いです! でも主人公が襲われてるときはずっと画面に殺人犯が収まってるから怖くないです。 それに後半は主人公が自ら殺人犯を殺そうとするから急に殺人犯が現れたりしないので、一層怖くないです! 自分から殺人犯を殺そうとするってめっちゃ勇敢ですよね(笑) 戦闘民族ですわ(笑) 僕は怖いホラー映画を見たくてハッピー・デス・デイを見たので怖くないのはちょっとガッカリでした! 犯人の都合が良すぎる 出典:ハッピー・デス・デイ 殺人犯の主人公の殺し方があまりにも都合良すぎたのが違和感ありました。 もっと確実な方法があるのにかなり運に左右されるような方法を選んでいてそれが毎回成功するので違和感ありました(笑) 多分その運を全て宝くじに使えばかなりの金額が当たる気がします! 設定が雑なところがある 出典:ハッピー・デス・デイ 主人公は 何回も死にます。 途中で主人公が何回も死んだせいで体の内部が損傷するという事実が発覚します。 てっきりその設定が後半も活きてくるのかなぁって思ったらそんなことはなく、なんかエンディングが流れてました(笑) あの設定はなんだったんだ! こんな気持ちになりました(笑) ハッピー・デス・デイは次回作があるからそっちで活かされる設定かもしれません。 そうだったらごめんなさい。 許して。 ハッピー・デス・デイは女主人公がかっこいいけどちょっと設定とかに無理があるホラー映画! 出典:ハッピー・デス・デイ ハッピー・デス・デイはいくつか設定とか物語の展開に違和感持ったりはしたけど僕は結構 好きなホラー映画です! ホラー映画と言っていいのか分からないですけど(笑) 思ったよりコメディ要素もあったりして 気軽に楽しめるホラー映画だなって感じがしました! 主人公は女子大生なんですけどその割には老け顔でそこが残念だったりしましたけど総じて面白いホラー映画でした! ベビーフェイスのお面いいですね! ハロウィンにぴったり!.

次の