膿栓 取れるタイミング。 口臭外来:銀座 耳鼻科 内科【慶友銀座クリニック】耳鼻咽喉科 花粉症 いびきのレーザー・高周波治療/睡眠時無呼吸/禁煙外来/補聴器

臭い膿栓の取り方にはコツがあった!安全で嘔吐反射しない方法とは

膿栓 取れるタイミング

咳をした時に、白い塊が出てきたことはありませんか? あるいは、喉の奥に白い汚れのようなものがこびりついているのに気づいたことはありませんか? この白い汚れ…臭い玉とはいったい何なのでしょうか。 また、これを取り除くにはどうすればいいのでしょうか。 30代男性からの相談:「とても臭くて喉の奥にこびりつく白いものの正体は?」 『 中学生の頃の体験です。 ある友達が歯を磨いていても臭いことが多かったのです。 よく思い出してみると、その子は扁桃腺のあたりに白いかたまりがいっぱいついていたのが思い出されます。 何かの拍子にその塊が飛び出したのですが、とても臭くて鼻が曲がるかと思うくらいの臭さでした。 その白い塊の正体はいったい何なのでしょうか? 誰にでもそういうものができる可能性はあるのでしょうか? 年を重ねて、私も同じようなものが扁桃腺にできたことがあり、それを自分の力で取り除いたことがあります。 唾の臭いを凝縮したような、ちょっと腐敗したような臭いを感じました。 この疑問について教えてください。 この膿栓はいったいどのようにしてできるのでしょうか。 そして、取り除くには? 専門家の回答です。 『 その白い塊の正体は膿栓というものです。 臭う玉だからか一般的には「臭い玉」とも呼ばれているようです。 臭い玉は老若男女関係なく作られるものです。 看護師 』 『 臭い玉は雑菌の死骸や白血球の残骸の塊が扁桃腺に付着したものです。 なので臭いのも当然ですね。 サイズも1mm程度のものから、大豆程度の大きさのものまであるようです。 看護師 』 『 普段扁桃腺を見るようなことはないので自分では気づきにくいことがあります。 体調も万全で、口腔内にも何の異常も虫歯もないのに「口臭が強い」そんなときには臭い玉が存在している可能性があります。 とくに歯磨き直後でも息が臭いときは臭い玉か胃腸の調子がわるいかのどちらかが原因であることがあります。 うがいの時や咳込んだ時などにポロッと出てくることがあります。 看護師 』 『 臭い玉と言われている膿栓と考えられます。 これは、細菌や白血球の塊と考えられています。 看護師 』 『 扁桃腺は、リンパ腺の一つで外部から侵入してきた細菌をバリアする役割を持ちます。 これが、上手く処理できなくなると急性扁桃炎となり炎症がおきます。 それが、臭い玉と言われる膿栓が出来る原因となります。 看護師 』 『 膿栓は、膿ですのでとても臭いが強いです。 発熱した後や扁桃腺が腫れた後は、膿栓ができるタイミングとなります。 これは、誰しもが起きる可能性があるものです。 看護師 』 『 質問者さまのように自分で取り除く場合には、扁桃腺に膜を張っている状態の時におこなうと扁桃腺を傷付ける可能性が高くなるので注意が必要です。 自然に取れるの待つ方がベストですが、他にもイソジンでうがいして取ることもあります。 看護師 』 雑菌や白血球からなる臭い玉は口臭のもとにもなります。 できないような予防策をとるとともに、自分で無闇にとったりしないようにしましょう。 infoseek. infoseek.

次の

口臭の原因になる膿栓には取れるタイミングがある!

膿栓 取れるタイミング

膿栓の取り方とコツ 膿栓は、扁桃にいくつもある小さな穴の中にできます。 膿栓は、穴に免疫と細菌の死がいに食べかすなどが溜まってできるため、見えないけれど口臭になるため「臭い玉」とも呼ばれます。 膿栓は口臭原因になるので取り除きたいという人がいますが、自分で取ると膿栓が悪化するのでおすすめできません。 膿栓を取るときにはコツが必要です。 一番のコツは「膿栓の取れるタイミング」に合わすことです。 このタイミングに合わすと、膿栓はうがいでも取ることができます。 ところが、ネットで紹介されている「膿栓の取り方」は、危険な方法ばかりです。 YouTubeでも自分で膿栓を取っている動画がたくさん掲載されています。 中には喉に指を突っ込んで「うぇ!おぇ!」と叫んでいるものや、「 うわぁ、出血した!」というものまでありました。 見えない膿栓を無理に探そうと汚い指で扁桃を触ると、ばい菌に感染するのでおやめになってください。 また、 膿栓を取ったとしても、扁桃の穴が大きくなり膿栓が多量にたまるようになるのでご注意ください。 このように膿栓を取る前には、リスクをよく理解していないといけません。 また、適切に膿栓を取り除くことが大事です。 今回の記事では、「膿栓の取り方とコツ」についてお伝えしますので、ぜひご参考にしてください。 この記事の目次• 膿栓には取れるタイミングがある 膿栓ができたとしても、食事の時に飲み込んでしまうことが多いでしょう。 人によっては、咳やくしゃみをして飛び出てきたというケースもありますが、その場合は、すでに膿栓は自然と取れてしまうタイミングにあったのです。 このタイミングを無視して無理に膿栓を除去しようとすると、喉を傷付けてしまうのでお止めになってください。 上手く膿栓を除去するには、扁桃の表面に膿栓が付いているのを目視出来る時を狙うのがベストです。 膿栓の原因を知る 膿栓は扁桃のくぼみにできます。 白色や黄色の膿栓をつぶすと強い悪臭を放つために、臭い玉とも呼ばれます。 喉や鼻から入ってきた細菌やウイルスを捕まえて殺すために、扁桃からは白血球などの免疫物質が分泌されます。 免疫と細菌・ウイルスの戦いの後、扁桃のくぼみ(陰窩)には白血球などの死がいと食べかすなどの汚れがたまり膿栓ができます。 しかし、多少膿栓ができても口臭の原因になることはなく、発熱や喉に腫れなどの症状がなければ放置しても問題ないようですので、できれば無理やり取らないほうがいいでしょう。 適切な膿栓除去法を選択する 膿栓を除去すると違和感もなくなりスッキリするかもしれません。 そのため、自分で膿栓を取ろうとする人が後を絶ちませんが、間違った取り方は大変危険です。 膿栓の取り方には、次のような方法があります。 指で取る• 舌を使って取る• 箸、ピンセット、爪楊枝、綿棒、など器具を使って取る• 丸形洗浄瓶を用い水をかけて取り除く• シャワーの水流で勢いよく洗浄する• ジェットウォッシャー(口腔洗浄器)で洗浄する• うがい 植木鉢への水やりに使う「丸形洗浄瓶」というのが人気のようですが、大量の水と共に臭い玉や痰が食道に流れてくるので、えづいてしまいます。 嘔吐反射の強い人には不向きです。 引用: これら「膿栓の取り方」について、メリット・デメリット、取る時のコツについて、一つずつご説明します。 膿栓を取るときのポイント 膿栓を取る時には、大切なポイントとコツがあります。 安全に取る方法• 見えない膿栓を取る 自分で膿栓を取ろうとすると、ばい菌に感染したり出血するなどの危険があります。 ですので、たとえ膿栓を取るためでも、安全性を重視することが大事です。 また、膿栓は扁桃のくぼみに隠れていて、喉の中も暗いために見えないことが多いです。 見えない膿栓を無理やり取ろうとすると、嘔吐反射から「おえっ」となるかもしれませんので、喉に優しい取り方が望ましいでしょう。 そのような失敗をしないためにも、これからご紹介する「臭い玉(膿栓)を取るコツ」をご参考にしてください。 関連記事 丸形洗浄瓶で膿栓を取る時のコツ 丸形洗浄瓶の本来の利用は、狭い箇所の洗浄や水やりに使用します。 ところが、アマゾンで丸形洗浄瓶を探すと、ほとんどの方が膿栓を取るために購入されています。 だからといって、安全面からは決しておすすめできませんが、自己責任で使用される場合には、今からご紹介する方法によってトラブルが少しだけ軽減するかもしれません。 水の勢いが弱く取れない 丸形洗浄瓶を使用する時のコツは、水流の勢いです。 水の勢いが弱いと膿栓が取れないことがあります。 そのような時は、丸形洗浄瓶を強く握りしめて強い水流を膿栓に当てるようにするといいでしょう。 しかし、嘔吐反射という新たな問題が出てくるかもしれません。 膿栓が見えない 「臭い玉が見えないけれど、違和感と口臭があるから取りたい。 」と言われる方がいます。 喉は狭く暗いために、膿栓が見えないことの方が多いです。 見えない状態で膿栓を取ろうとするのは大変危険です。 そのような時にはライト付きのデンタルミラー(歯鏡)で覗くと良いでしょう。 ただし、デンタルミラーは、膿栓のある位置を確認するだけで、覗きながら取るのは難しいです。 膿栓のある位置を確認したら、狙いを定めて水を吹きかけるのがコツです。 嘔吐反射する 舌の奥や扁桃腺に触れると、嘔吐反射からおえっとなると思います。 そのため、綿棒など器具を使えない人が多いです。 丸形洗浄瓶の場合でもノズルが当たらないようにしないと嘔吐反射します。 また、喉にたまる水を強く吐き出そうとすると、「おえっ」となるのでご注意ください。 嘔吐反射しないようにするには、舌を出したまま弱く「はあぁー」と息を吹きながら膿栓の部分に水を当てるのがコツです。 喉が痛い 丸形洗浄瓶で膿栓を取る時に、水を使うと喉を傷めることがあります。 喉がデリケートな方の場合には、生理食塩水を作ってから使用すると良いでしょう。 使う前に、喉が腫れているとか咳が出ている場合は、耳鼻科を受診されることをおすすめします。 安全な膿栓の取り方とコツ 膿栓が成長すると、扁桃の表面にポツンと表れます。 この状態になると、食べ物を飲み込んだり、咳をしただけで取れることがあります。 このタイミングに合わすと、うがいでも膿栓は取ることができます。 」といわれます。 うがいのコツは、水が扁桃に当たるように首を傾けてガラガラとうがいをすると良いでしょう。 うがいの後、口から水を吐き出しても膿栓が取れないときは、喉を少し詰まらせて息を吐き出す(痰を吐き出すような感じで膿栓を絞り出す)方法も試してみてください。 扁桃の表面にくっついている臭い玉なら、これだけで除去できることがあります。 ところが、 実際、水でうがいをしても、それほど効果はありません。 うがい薬を使うのがいいのですが、うがい薬を毎日使うのは気が引けるかもしれません。 アルカリイオン水うがい うがいのコツで重要なのは、アルカリイオン水を使用すること。 次の図は、アルカリイオン水でうがいを行うと膿栓が取れるイメージです。 アルカリの作用で膿栓の表面が溶かされるため、取れやすくなります。 膿栓が取れた後もアルカリイオン水でうがいを行うことを続けると、膿栓をできないように予防できます。 詳しくは『』をご参考にしてください。 アルカリイオン水を使うと、膿栓が取れるだけでなくできなくなる。 このことが、おすすめする一番の理由なのです。 アルカリイオン水のうがい 方法は、朝晩の歯磨きのときにガラガラうがいを行います。 そして、日中も小まめにガラガラうがいをするのがコツです。 関連記事 ・ ・ ・ やってはいけない取り方 YouTubeの取り方 臭い玉(膿栓)の取り方がYouTubeにたくさん紹介されています。 YouTubeの調べ方は、Googleで「臭い玉」と検索すると表示されるので、ご興味ある方は一度ご覧になってください。 でも、決してマネはしないようにお願いします。 というのは、動画の中にある臭い玉(膿栓)の除去法は、鏡の前で大きく口を開き、喉に綿棒を突っ込み、「おえっ、おえっ」と苦しんでいる姿です。 そして、最後には決まって、「大きな臭い玉が取れた!」とか、取れた臭い玉を嗅ぎ「臭い!」とか言って終わります。 これらの動画の多くは、ユーチューバーという人たちがビジネスでアクセス数を稼ぐために、面白おかしく作成したものです。 しかし、問題なのは、手を消毒していないし、また綿棒や箸などで扁桃(へんとう)を突っつくと傷つけ化膿するかもしれません。 現に動画の臭い玉除去法をマネして出血した方もおられます。 あなたは、そのような危険なことをしないかもしれませんが、ご注意ください。 舌で臭い玉(膿栓)を取る この方法は、あまりにもグロテスクなので動画を見ることははおすすめできません。 でも、舌で臭い玉(膿栓)を取る方法はアリかもしれません。 これは、使っている道具が舌なので、柔らかく喉を傷つけたり感染する心配がありません。 それどころか、舌を動かすことで舌筋が鍛えられるため、唾液線も活発になるかもしれません。 でも、舌筋が衰えている人が、無理に喉の奥まで舌を動かすと、舌が引きつってしまうかもしれないのでご注意ください。 動画では、舌を器用に動かして扁桃の穴から出ている臭い玉(膿栓)を取る様子が写っていました。 舌を扁桃に押さえつけると、臭い玉(膿栓)が穴から少しずつ出てきて、最後には米粒のような臭い玉(膿栓)が舌の裏に落ちていました。 その後、落ちた臭い玉(膿栓)を、また舌を使って口に出すという動画でした。 動画では簡単に見えるかもしれませんが、舌で臭い玉を取るのはかなりコツがいると思います。 だからでしょうか、youtubeでも綿棒で臭い玉(膿栓)を取っている動画が多くありましたね。 舌で臭い玉(膿栓)を取るよりも、綿棒のほうが合理的です。 しかし、綿棒は柔らかそうですが、喉の粘膜を強く押さえると痛いのが分かります。 また、綿棒の棒は短かく扱いにくいために、あちらこちらと粘膜を突っつくことになります。 それに、汚い指が喉の粘膜に触れます。 このことで、喉に炎症を起こす可能性が高いです。 でも、喉に炎症が起きることで臭い玉(膿栓)ができることを知ると、綿棒で取ろうとはしないはずです。 臭い玉(膿栓)は、アルカリイオン水の「うがい」でも取ることができるので、安全のためにも「うがい」で取る方法をおすすめします。 つまようじやピンセットで取る 動画の中で多かったのが、つまようじやピンセット。 意外にもつまようじのような先のとがった物を使って臭い玉(膿栓)を取っている人が多いので驚きました。 動画の中では、つまようじやピンセットで器用に、扁桃に付いている臭い玉(膿栓)を取っていましたが、一つ間違えると喉の粘膜を刺してしまい出血するかもしれません。 このような怖いことをやっていることにも驚きましたが、動画にアップロードしていることで勘違いするのではと心配しました。 手で臭い玉を取る しかし、自分で取ろうと喉をいじると粘膜を傷つけ炎症を起こしかねません。 傷がつくとよけいに臭い玉(膿栓)ができる原因になるので、喉をいじるのはおすすめできません。 たとえ膿栓が取がれたとしても、穴が大きくなるためよけいに膿栓ができる原因になります。 阿川佐和子さんの取り方 次にご紹介するのは、阿川佐和子さんの膿栓の取り方です。 決してマネをしてはいけません。 あるとき、いつものように口腔観察に熱中していると、喉の奥にプツンと白いかたまりが付着しているのを発見した。 小さなかたまりは一つだけでなく、よく見ると二つ、三つと見つかった。 口内炎の一種だろうか。 しかし、それにしては痛くない。 痛みを感じないデキモノとは、もしかしてガンかもしれない。 そう思うと、急に心配になった。 ・・・・ そこで今度は直接、かたまりに触れてみようと決心し、人差し指を突っ込んだ。 当然、「オエッ」となるのだけれど、我慢しなければ。 なにしろ生死にかかわっているかもしれないのである。 ようやく指先が問題の地点に到達したかと思われたとき、ふいに、プルンとかたまりが飛び出した。 引用: 膿栓が取れない時には 膿栓が取れない時は、耳鼻科を受診するのが賢い方法です。 耳鼻科で、膿栓(違和感や口臭)について相談すると、案外簡単に解決するかもしれません。 膿栓の専門家のお医者さんに質問するのが一番のコツです。 耳鼻科で治療 臭い玉(膿栓)ができても害がなければ特に問題ありません。 しかし、口臭が強くなるので困るわけですよね。 におい玉があるのは扁桃に炎症があるためですが、特に症状がなければ治療の必要はありません。 におい玉のために喉に異物感や異常感がある場合は、取り除くことがあります。 引用:高知大学医学部付属病院 におい玉 耳鼻咽喉科に行っても、痛みや熱が無い限り 「病気ではないので特に問題ありません。 誰にでもできるものですからご安心ください。 」 と、何もしないで帰されることが多いようです。 しかし、臭い玉(膿栓)ができるのは、蓄膿症や扁桃炎が原因になっていることがあります。 その時は治療することが大事です。 詳しくは、『』をご参考にしてください。 アレルギー性鼻炎や蓄膿症は慢性的になるので、お医者さんでもそれほど問題にしないかもしれません。 しかし、臭い玉(膿栓)ができると口臭も強くなるので、そういうわけにはいきませんよね。 だから、臭い玉(膿栓)を自分で取ろうとするのかもしれません。 臭い玉がよくできる人には特徴がありますので、「」をご参考にしてください。 扁桃除去手術 膿栓ができるほとんどのケースが慢性扁桃炎によるものです。 ですから、扁桃腺の摘出手術を行えば膿栓ができなくなります。 ただし、口蓋扁桃は喉の左右に2つあり、舌の根本にも舌扁桃があるので、扁桃を一つ取っても根本的な対策にはなりません。 口蓋扁桃炎(扁桃炎)による高熱・咽頭痛を繰り返していてお困りの方に、口蓋扁桃 摘出術を行っています。 一般的には1年に4回以上繰り返している場合は手術の適応とされています。 手術は全身麻酔で、約1週間の入院が必要です。 引用:京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 水を飲む 膿栓の予防で効果をあげるためには、日中、小まめに水を飲むのがコツです。 水を飲む理由は、臭い玉(膿栓)が出来やすい人の場合、唾液の分泌が少ないとか、口呼吸になっていて咽喉が乾燥しやすい体質のことが多いからです。 咽喉が乾燥すると、細菌も繁殖しやすくなりますので、粘液(免役物質)が多量に出て臭い玉(膿栓)が出来ます。 ですから、水を飲んで細菌を洗い流すことが大切なのですね。 外出から帰宅すると手を洗うのは、手についているばい菌を洗い流すため。 水流だけで、ほとんどのばい菌は除菌できるといわれています。 うがいも手洗いと同じです。 水でうがいをおこなうことで喉を清潔にできます。 そして、臭い玉(膿栓)ができないように予防できます。 ところが、重要なことなので再度申し上げます。 よく「うがいをしても臭い玉が取れない」という方がおられます。 これは、たとえうがいで臭い玉が取れたとしても、また出来るということがあります。 臭い玉は何度でもできるものです。 臭い玉がよく出来る人の特徴は、喉が乾燥しやすい。 睡眠中にいびきをかいていたり、鼻炎で鼻づまりになり口呼吸になっていることが多いのです。 そのため、喉が乾燥し臭い玉(膿栓)ができるのです。 この場合の対策は、喉を乾燥させないことです。 そのためには、小まめに水を飲むことが大切です。 水を飲むと唾液の分泌も促されます。 反対に水分不足になると唾液が減ってしまいます。 臭い玉(膿栓)予防のコツは、睡眠前に歯磨きをし、仕上げに喉のガラガラうがいをする。 そして、コップ一杯の水を飲む(半分でも良い)ことです。 これだけでも効果がありますが、起床すぐにも、ブクブクうがいとガラガラうがいを行い、寝ている間に増えた細菌を洗い流すと良いです。 そして、喉を潤すためにコップ一杯(半分でも良い)の水を飲むことをおすすめします。 関連記事 ・ ・ ・ ・ まとめ 膿栓の取り方のコツをまとめましたがご参考になったでしょうか。 一番大事なことは、膿栓は自分で取ってはいけないことです。 2番目のコツは、膿栓は無理に取らなくてもタイミングがくれば自然に取れてしまうので、それまで待つか、待てない場合にはうがいを行うと早く取れます。 美息美人のアルカリイオン水でうがいを行うと、膿栓がより簡単に取れるだけでなく、膿栓ができにくくなりますので、お勧めします。 【参照リンク・参考文献】 ・ ・ ・ ・日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014 ・ ・順天堂大学医学部附属天堂医院 口臭 ・京都大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科.

次の

小さな膿栓(臭い玉)なら舌でも取れる!舌で臭い玉を出すコツ

膿栓 取れるタイミング

私には3人の娘がいます。 その内の長女(看護師32歳)と三女(歯科衛生士26歳)は、私に似てお酒が大好きです。 その娘と3人で飲む機会があり、「 臭い玉」の話で盛り上がりました。 私「 臭い玉って知ってるか?」 娘二人「 なに~それ?」 得意げに私、「昔のことやけど、くしゃみしたら歯と歯ぐきの間に何かくっ付いたので、取ってみたら、米粒のような 食べかすのような見たこともない不思議なモノやったんや。 」 私「それで、何気なく指で白い玉をつぶして嗅いだら、 うぇ!言うくらい臭かったんや。 」 三女「 気持ち悪う~」 長女「 病気と違うん?」 私「白い玉が気持ち悪かったから、(喉も イガイガしていたので)耳鼻科に行って喉を診てもらったんや。 そしたら、白い玉は膿栓(のうせん)といって誰にでもできるもので、 ほっておいても自然に取れるから心配ないと言われたんやけど、 ウンコのような臭いやから(口臭がしないか)不安になったことがあるんや。 おまえ達も気をつけや~」 三女「 丁寧に歯磨きしているから、お父さんみたいな変なモノ(膿栓)はできないよ。 」 と、私を小馬鹿にしてたのですが、、、 それから1週間後に三女からLINEが入り、「 私も臭い玉が出た!(笑い)」とのこと。 私、LINEに「 バチが当たったんや!」。 その後、スマホで娘がぐぐって調べたら、お笑い芸人や芸能人の中にも「臭い玉が出た!」という人たちが多くいたそうです。 臭い玉を告白した芸人は…ドランクドラゴンの鈴木拓、バナナマンの設楽、ロバートの秋山、宮川大輔、ほっしゃん、、、 口臭があると噂されている芸能人には…柴咲コウ、フジモン、ナイナイ岡本、松たか子、工藤静香、、、 喫煙しているから「口臭も強いだろう」と噂されているようです。 たとえ芸能人や女優でも、人間ですから口臭がしたり、膿栓が出ても変ではありませんよね。 それに、たとえ臭い玉が出たとしても、それだけで口が臭いということにはならないです。 耳鼻科のお医者さんからの説明を付け加えると、、、 1. 膿栓は、体の免疫システムによって、扁桃腺のでこぼこしたくぼみ(穴)に 細菌の死がいや食べかすが溜まったもの。 ふつうは食べ物と一緒に、 知らないうちに飲み込んでしまう。 咳やくしゃみで口に出ることもある。 (無理に膿栓を取らなくてもタイミングがくれば勝手に取れてしまう。 ) 3. 多少、膿栓があっても口臭原因にはならない。 常に膿栓が出る場合は、口臭も強くなるが、 慢性的な扁桃炎が疑われるので、その場合は耳鼻科を受診してください。 うがいは膿栓の予防になるので、毎日うがいをした方が良い。 > ところで、現在の私といえば、 あれから一度も臭い玉(膿栓)が出たことがありません。 それには秘密があったのです。 秘密は、こちらの記事に掲載しています。 ご覧になってください。

次の