ボートレース 江戸川 ライブ。 レースリプレイ|ボートレース平和島

レースリプレイ|ボートレース平和島

ボートレース 江戸川 ライブ

風攻略のポイント 強風レースで安定板を使用するときはアウトに注目! ボートレース江戸川は河川が海へ流れる河口のために、風の向きや強さが変わりやすいのが特徴です。 河口特有の強い風が吹くと水面も荒れてうねりのある波が発生します。 さらにはボートレース江戸川にはスタンド対面の大型スクリーンがないため風を遮るものがありません。 強風が吹く日は、明らかにイン勝率が落ちます。 江戸川競艇の特徴を頭に叩き込め 江戸川競艇の最大の特徴である水面と風を攻略するには、まずボートレース江戸川公式サイトのをじっくり何度も読んで頭に叩き込んでください。 季節ごとの1着勝率 江戸川 1 2 3 4 5 6 3-5月 51. 5 15. 7 14. 2 10. 2 8. 5 2. 2 6-8月 47. 6 21 11. 7 11. 9 4. 8 4. 9 9-11月 46. 8 19 14. 5 10. 7 6. 2 5 12-2月 46. 1 18. 7 16. 8 11. 1 5. 4 4. 3 競艇に必勝法は回収率に注目 パチスロの場合、高設定の台をつかみ打ち続ければ回収率が100%超えれば勝つことができます。 競艇にしても同じことが言えます。 回収率100%を超える買い方 以下の回収率をご覧ください。 一番人気の3連単舟券を買い続けると回収率 75%• 1-2-3の3連単舟券を買い続けると回収率 85・1%• 回収率100%を超えるには 方法は2つ。 鉄板レースの3連単 1つ目は1-2-3が確実に来そうな 鉄板レースの3連単を買うこと。 1号艇にA級選手がいてまくられる心配がないようなレースですね。 インコースが凹むレースの3連単 もう一つは 万舟券のレースを見極める方法。 それはずばりインコース勢が凹むレースにチャレンジすることです。 インコース勢が凹むパターンとしては 4コース カドからのまくり・まくり差しのパターンが一番の狙い目。 先日のまるかめ競艇場 香川県中部広域競艇事業組合 51周年記念4日目5Rで 554,930円の超万舟券が出たレースもまさにそうでした。 4コースにはA1級の渡邉選手。 インを抑えてくることは明白でした。 結果、3号艇服部選手が犠牲になります。 2号艇もバランスを崩して外に。 5号艇、6号艇がそれぞれ空いたスペースに入ってレースは5号艇6号艇優位のまま展開していきました。 4コースが外からまくりを入れると大穴が出やすいわけです。 競艇予想サイトの買い目情報で学ぶ 実際には4コースのまくりを予想するのは素人では難しいです。 選手の得意技・気質、選手同士の関係もありますから。 つまり選手データがあると回収率がグンと上がります。 こうしたノウハウと選手の特徴・決まり手をデータで蓄積しているのが競艇予想サイトです。 予想サイトで無料提供される買い目が一番勉強になります。 大穴狙いをマスターするなら、買い目を見て実際に舟券を購入してレース結果を何度も繰り返し見ることが大切です。 以下は私が競艇予想サイト で購入した買い目(見事的中!)です。 徳山競艇 12月17日 (初日)10R 競艇予想サイトも多くなってきていますが信頼あるサイトを選びましょう。

次の

ボートレース江戸川

ボートレース 江戸川 ライブ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の

BOAT RACE蒲郡 Official Site

ボートレース 江戸川 ライブ

豪華決戦の選抜1号艇は地元主砲の前沢! 今節は「G3第29回アサヒビールカップ」の6日間シリーズ(2準優制)。 V賞金が「200万円」と破格の企業杯で、計「12名」のA1級が参戦。 質量充実のラインナップで、まずは準優(ベスト12)入りを目指して、4日間の熱い予選バトルが繰り広げられる。 なお、昨日の前検日は「梅雨寒」の一日で、微風の吹く好水面の下で「タイム計測」+「S練習」が実施されたが、本日の初日も強い風は吹かぬ見込み。 さらに、潮位差の比較的小さな「若潮」のため、好コンディションにてシリーズの開幕を迎えられそうだ。 さて、初日メインの12R「江戸川選抜戦」は、選出された6名の内、4名が「SGタイトルホルダー」という豪華決戦となったが、1号艇に抜擢されたのは「地元の主砲」として大きな期待が懸かる前沢丈史。 当地戦は、現在のところ「6連続優出&1V」と無類の安定感を誇っている。 しかし、その前沢に話を聞いてみると「このエンジン、あまり良くないんじゃないかな…」と苦々しい表情を浮かべていた。 実際のところ、相棒の「67号機」は良く見ても中堅クラスで、直線の「パンチ力」に欠ける印象。 よって、初戦(12R)までの時間を有効活用して、上積みを図りたいところだ。 特に平尾は、全国でも指折りの「江戸川巧者」で、地元選手を凌駕するほど、当地の調整を知り尽くしている。 この中では「最近の調子はまあまあ良い。 ペラの感触も悪くないね」と言う坪井は「機出し」に自信あり気。 「伸び型」の調整も得意としており、ツボに嵌ると「快速モード」突入まであり得るだろう。 タッグを組む「33号機」は、前節に使用した秋山直之が「全然出てません…」とパワー不足を嘆いていた低調モーターで、抜本的に機を立て直す必要がありそうだ。 そして、今節は「エース機」と噂されている「30号機」が未使用だが、予選組で注目モーターを手にしたのは、松尾充(43号機)・竹本太樹(65号機)・金子貴志(51号機)の3者。 特に、S練習(7班)の1本目に、大外からグイグイ出て行った松尾の足色は抜群に映った。 松尾本人は「班では一緒くらいかな」と、まだ自身の舟足を掴み切れていない様子だったが、相棒は「エース機候補」とも言われたパワフルモーター。 従って、松尾の初日2走(5R5枠&11R1枠)には是非とも注目しておきたい!加えて、奥平拓也(3R4枠&7R1枠)・桑島和宏(4R1枠&11R4枠)・小林泰(2R2枠&11R5枠)の地元勢も、機歴的に期待できるモーターとのタッグ。 中でも、前節に齊藤仁が仕上げ切った「36号機」を手にした奥平は「握り込みがしっかりついてきたし、感触はいい!」と手応えを掴んでいた。 また、「ペラの形は自分と違うけど、乗りやすくて悪くないですよ」と話していたのは、前節からの連続参戦となる桑島。 特に、渡邉は「やっと江戸川の斡旋が入った。 今節と(8月の)大江戸賞も頑張りますよ!」と気合十分。 ただ、自身は近況の調子が一息なだけに、大好きな江戸川の水面で悪い流れをバッサリと断ち切りたい6日間だ!その他では、山下流心(1R5枠&8R2枠)と柘植政浩(7R3枠&11R6枠)も前検気配が上々で、初日から注目したい存在。 よって現時点では、山田・山崎ともに動きは重たいが、「変わり身」は十分見込めそう。 特に「江戸川実績」が極めて豊富な山崎は、調整の引き出しも多く、「一変」まであり得る!.

次の