マグカップ 茶渋。 カップや水筒がピカピカ♪頑固な茶渋の取り方&予防テク!

なかなか落ちない!頑固なコーヒー渋や茶渋の汚れの簡単な落とし方4選

マグカップ 茶渋

湯呑みやマグカップについた茶渋の簡単な取り方! 1日の始まりに、または1日の終わりに、毎日欠かさずお茶やコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか。 どんなにストレスが溜まっていても、どれだけ体が疲れていても、この瞬間だけはホッと一息吐ける至福の時間ですよね。 しかし、幸せな時間が終わりにやってくると、見えてくるのが「茶渋」です。 茶渋の正体はステインと呼ばれる成分で、それ自体は健康に影響はないと言われています。 ですが、湯のみやカップの底の方に、汚れのように溜まっている様子は見ていて気持ちのよいものではありません。 まして、リラックスをしている時間に見えてしまうと、それまでの幸せな気持ちが半減してしまったようなガッカリさを感じます。 そんな茶渋、あなたはどのように洗っていますか? 食器洗い洗剤でこすっても、こびりついた茶渋は簡単に落とせません。 洗っても落ちないものだから・・と諦めている方も多いようですが、実は茶渋は身近にあるもので簡単に落とすことができるのです! そこで今回は、茶渋の簡単な落とし方をご紹介したいと思います。 頑固な茶渋を簡単に落とす「漂白剤」のデメリット! 湯のみやマグカップなどに、お茶やコーヒー、紅茶の茶渋がついたら・・。 大抵の方は、まずは食器用洗剤で落とそうと試みます。 しかし、時間の経った茶渋は食器用洗剤ではなかなか落とせないもの。 そこで次に、漂白剤を用いて茶渋をとるのではないでしょうか。 漂白剤は、水に入れて浸しておくだけで簡単に頑固な茶渋を落としてくれる優れものですが、一方で塩素系漂白剤の場合、独特のツンとしたにおいや、酸性と混ぜると危険なため取扱いに注意が必要なこと、素材自体を傷めやすいなど、使用にあたってはデメリットもあります。 それに、湯飲みやカップは口に触れるものですから、できるだけ人工的に作られたものは使いたくないという方もいらっしゃいますよね。 また、漂白剤や洗剤は環境に優しいとは言えないことから、最近は使用を控える方も多いようです。 実は「塩」が茶渋を簡単に落とします!そのメリットは? 身近な調味料である 塩。 実はこの塩を使って、簡単に茶渋をとることができるのをご存知でしょうか。 塩は口に入れるものなので安全ですし、漂白剤のようなにおいや取扱いに困ることもありません。 茶渋が気になったらすぐにとることができるのも嬉しいですよね。 なお、この方法は茶渋をとるために使用するのは勿論ですが、赤ちゃん用の食器に使っても無害ですのでおすすめです。 「塩」で茶渋を落とす方法 塩が茶渋を落とす、と聞いてもにわかに信じられない方もいるのではないでしょうか。 それでは、具体的に塩で茶渋を落とす方法をご紹介しましょう。 <必要なもの> ・塩 ・スポンジ <やり方> 1. 茶渋をとりたい湯呑やカップに水と塩をひとつまみ入れます。 スポンジをカップの水で濡らしながら、カップの内側をこすります。 茶渋がとれない時は、その部分に直接指で塩をこすりつけてみましょう。 茶渋がとれたら洗い流します。 塩が研磨剤の役割の果たし、茶渋を取り除いてくれます。 「塩」で茶渋を落とすときの注意点 手や指に傷がある場合は、痛みやかゆみが起こる可能性もあるため、指でのこすり洗いはせず、手袋などをはめて作業を行うようにしましょう。 また、茶渋を長期間放置してしまった場合は、塩でこすっても茶渋がとれないことがあります。 塩がない場合は、違うもので茶渋を落とそう 塩がない、ということは一般的なご家庭ではあまりないとは思いますが、塩以外にも茶渋を落とす働きのある身近なものがありますので、一緒にご紹介させて頂きます。 塩でこすっても落とし切れなかったしつこい茶渋も、以下の方法でとることができます。 「重層」で茶渋を落とす方法 <必要なもの> ・重曹 ・水 ・スポンジ ・鍋 ・綿棒 <やり方> 【通常の茶渋の場合】 1. スポンジに重曹をつけ、茶渋が気になるところをそのまま磨きます。 茶渋がとれたら水で洗い流しましょう。 【頑固な茶渋の場合】 1. 鍋に水と重曹を入れ、さらにカップや湯飲みなど茶渋が気になるものを入れます。 鍋を沸騰させます。 重曹が入った水は急激に沸騰するため、あまり強火にしないで下さい。 沸騰したら火を止め、そのまま30分ほど放置します。 洗い流します。 重曹を水に入れて温めるとアルカリ性が強くなるため、手荒れを防ぐためにゴム手袋などをはめて作業をしましょう。 茶渋は水で簡単に洗い流せますが、急須の口や縁など茶渋が溜まってこびりついているところは、綿棒でこするとするっと茶渋が取れます。 重曹は、洗濯や住宅の掃除などに使われるタイプと、食品に入れて使うタイプの2種類があります。 買い求める際には、洗濯・掃除用ではなく、食品用を選ぶとより安心だと思います。 新しい食器用スポンジで落とす方法 <必要なもの> ・新しい食器用スポンジ ・水 <やり方> 1. 食器用スポンジは、ナイロンたわしがついているものかナイロンたわしを用意しましょう。 新しいナイロンたわしは、繊維固いため強くこすってもへたれず、綺麗に茶渋をとることができます。 茶渋が気になる部分にナイロンたわしをあて、少し強めこすります。 絵柄などがある場合は、強く擦りすぎると消えてしまうことがあるため注意しましょう。 茶渋がとれたら洗い流しましょう。 アクリルたわしで落とす方法 <必要なもの> ・アクリルたわし ・水 ・割り箸 <やり方> 1. アクリルたわしとは、アクリル毛糸を100%使用して編んだたわしです。 市販されていますが、アクリル毛糸さえあれば簡単に自作することもできます。 アクリルたわしに水で濡らしたら、茶渋が気になる部分をこすって下さい。 アクリルたわしがない場合は、アクリル毛糸を割り箸などに巻き付けたものでも効果があるようです。 まとめ せっかく美味しいお茶やコーヒーを飲むのですから、見苦しい茶渋はできるだけ早く取り除きたいもの。 しかも、漂白剤を使わずに体にも環境にも優しいものでできるというのですから、この方法を使わない手はありませんよね。 是非、今日から実践してみましょう。 お掃除や洗濯に関するその他の記事.

次の

カップや水筒がピカピカ♪頑固な茶渋の取り方&予防テク!

マグカップ 茶渋

マグカップで毎日お茶やコーヒーを飲む方は多いと思いますが、次第に底の方に渋が付いてくるのが悩みものですよね。 コーヒー渋や茶渋はスポンジやたわしでこすってもなかなか落ちないもので、なるべくであれば渋が付かないように予防したいものです。 そこで、今回はマグカップにコーヒー渋や茶渋が付かないようにする予防対策を紹介します。 以下の方法で渋の付着を防いで、きれいなマグカップを保ちましょう。 それではどうぞ! マグカップにコーヒー渋や茶渋が付かないように防ぐ予防対策4選 1.使った後はすぐに洗う マグカップについてしまうコーヒー渋や茶渋を予防するためには、まずは使ったらすぐに洗うようにすることを心がけることが重要です。 渋は基本的に長い時間放置することで、底の方に付着して頑固な汚れとなってしまいます。 そのため、まだこびり付いていない時に洗うことで予防できます。 マグカップは洗わないでそのまま放置するなんて使い方をする人も多いですが、なるべく使うごとに洗うようにしましょう。 お茶やコーヒーをまた注ぐなんて場合にも、水でゆすいでから使うようにすることがおすすめとなります。 2.すぐに洗えない場合には水に浸しておく しかし、すぐに洗えないという場合もあると思います。 例えば、朝ごはんの洗い物はいつも夜に帰ってきてから行うなんて場合です。 そんな場合には、そのまま放置はせずに、水に浸しておくようにしましょう。 水に浸しておくことでコーヒー渋・茶渋がこびりつくのを防ぐことができます。 時間があれば使ったらすぐに洗う、ない場合には水に浸しておくようにすることで、効果的に渋を予防することが可能です。

次の

マグカップの茶渋汚れを身近な物で簡単に落とす方法を実際に試してみた

マグカップ 茶渋

「ステイン」という言葉は「シミ・汚れ」という意味で、歯磨き粉のCMなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。 このように お茶に含まれるタンニンという着色成分と お湯の中のミネラル、 お茶や乳製品のタンパク質などが結合し、マグカップにくっつくことで茶渋となります。 水に溶けにくい物質に変化しているため、 普段通りに洗うだけでは落とすことは難しいです。 あまり気分がいいものではないですし、いざ来客のときなど焦ってしまいますよね。 実は見た目以外にも、 茶渋には雑菌が潜んでいると言われています。 すべてが身体に害を及ぼす殺菌ではないですが、悪い菌が繁殖しているかもしれません。 なるべくピカピカの状態にしておきたいですよね。 茶渋の簡単な落とし方• お湯1Lあたり5~10gの洗浄剤を溶かす• 汚れの度合いに応じて15分~1時間ほどつけ置きする• 水でよく洗い流す 使い方も簡単ですね。 どうしても落ちないときに使ってみてください。 茶渋の予防方法 簡単にお茶の汚れが落とせるとはいえ、やっぱり そもそも茶渋をつけたくないですよね。 茶渋を予防する方法がないか調べてみました! 飲み終わったら早めに洗う 何よりもまず、 お茶を飲んだマグカップは早めに洗うことが肝心です。 お茶の成分は時間が経つとどんどん茶渋へと変化してしまいます。 そのため、放置せずすぐ洗うように心がけましょう。 とはいえ、急いでいて洗えない時は マグカップに水を入れておくだけでも茶渋を防止できますよ。 そのまま放置すると雑菌がわいてしまうのでその日のうちには洗いましょう。 米のとぎ汁を使う 陶器のマグカップの場合、 米のとぎ汁で煮ることで茶渋を予防できます。 「目止め」と言って、お気に入りの陶器の食器を長く使うために使う前にしておいた方がいいお手入れ方法です。 土でできた陶器の表面は、目には見えませんがザラザラしています。 その表面を米のでんぷんで埋めることで、汚れを染みにくくさせるという方法です。

次の