レンギョウ 花 言葉。 レンギョウの花言葉/春の喜びを表す、希望あふれる黄金のベル

レンギョウの花言葉

レンギョウ 花 言葉

秋に実る青色の果実ブルーベリー。 青色成分のアントシアニンやポリフェノールなどの成分が、眼精疲労回復や、がんの予防などに効果があるといわれ、健康食品としても注目されています。 学問的には、スノキ属スノキ亜属シアノコカス節というところに分類される青い実の果樹全般を総称して「ブルーベリー」と呼びますが、日本やアメリカで栽培され、食用にされているものは、北アメリカ原産の Vaccinium corymbosum ウァッキニウム・コリンボスム という品種がメインです。 一方、ヨーロッパで一般にブルーベリーと呼ばれているのは、アメリカでは「ビルベリー」と呼ばれる別節の品種のものが多いです。 花言葉はヨーロッパのほうが人気なので、ビルベリーもブルーベリーも含む、スノキ属の青い実がつく果樹全般に同じ花言葉が付いています。 もくじ• ブルーベリーの花言葉 ブルーベリー全般の花言葉 『実りある人生』 『信頼』 『好意』 『知性』 『親切』 『思いやり』 『幼い恋』 西洋の花言葉 『prayer(祈り)』(英) 『trahison(裏切り)」(仏) 『recherche de solitude(孤独を探す)』(仏) 『aveu de la tromperie(欺瞞の告白)』(仏) 『traicion(裏切り)』(西) ブルーベリーってどんな花? 釣鐘状の白い花 ブルーベリーの収穫期は秋ですが、花期はその数か月前、春の花が次々と開花する4月前後の暖かい陽気の頃となっています。 品種により形は異なりますが、どれもスズランのような釣鐘状の小さな花が、いくつか固まってやや下向きに咲きます。 花びらの色は概ね白ですが、花びらの縁が赤味を帯びて、全体的にピンク色の花に見える品種もあります。 可愛らしい花なので、果樹として栽培されているだけでなく、小さな鉢植えや、樹高の低めの木がガーデニング用としても使われています。 赤い実のブルーベリー? 日本で食用栽培されているブルーベリーの品種は、大きく分けると 「ハイブッシュ系」 「ラビットアイ系」 の2種類あります。 冒頭で紹介したコリンボスムは、亜種がたくさんありますが、ハイブッシュ系です。 もう一方のラビットアイ系は、ハイブッシュ系より小粒の実がなります。 青く熟す前に、まず赤くなり、それが兎の目のようなので、ラビットアイと呼ばれるようになりました。 品種改良された栽培種の中には、ハイブッシュ系とラビットアイ系を掛け合わせた品種も複数あり、中には完熟した実の色がピンク色になるものもあります。 これも一応ブルーベリーの仲間として、花言葉の範疇に入ります。 花言葉の由来 豊かに実る青い実 ブルーベリーの果実は、古くから食用にされてきました。 花言葉も実に由来するものが多いようです。 『実りある人生』 冬を越して春の到来を告げるように花が咲き、夏の暑さの中もたくましく葉を茂らせ、秋にはたわわに青い実を付けるブルーベリーを人生に例えた言葉です。 『信頼』 『好意』 『知性』 ブルーベリーの果実の中にはタネがなく、びっしりと果肉が詰まっているところが、豊かな恵みや喜び、信頼のイメージにつながる、と解釈する説があります。 また、春は花を愛で、秋には恵みの果実が得られ、2度の愉しみを与えてくれる樹である点も、豊かで優れもののイメージにつながっています。 謙虚で可憐な白い花 『親切』 『思いやり』 『prayer(祈り)』(英)』 これらは、• 実りある人生を支える思いからきている、とも• うつむき気味の小さな花の謙虚で可憐なイメージからきている、とも いわれています。 『幼い恋』 これは、うつむいている花のシャイなイメージからの連想でしょうか。 下向きの花と青紫色の実 『trahison(裏切り)」(仏) 『recherche de solitude(孤独を探す)』(仏) 『aveu de la tromperie(欺瞞の告白)』(仏) 『traicion(裏切り)』(西) 一方、ヨーロッパの花言葉は、ちょっと暗いイメージのものも並びます。 うつむくように咲く花と、青紫色の実から、「憂い」のイメージの言葉になったとみられています。 紫色は、西洋では涙の色とされているので、紫色の花や実が印象的な植物には、ブルーな心境を表す花言葉が付くことがよくあります。 ただ、ブルーベリーは自分の花粉を受精しても、結実しない習性があります。 庭木でも収穫を期待する場合は、同系統の2品種を植える必要があります。 1本だけでは実りません。 複数本植えられることが多いからこそ、たまにはひとりになりたくて、『孤独を探して』しまうのでしょうか・・・.

次の

レンギョウ:花

レンギョウ 花 言葉

レンギョウ 連翹 は、早春に小さな黄色の花を 枝いっぱいに咲かせる落葉低木で、暖かい春になると黃緑色の葉を付けます。 花名は枝先に黄色い小鳥の尾羽がずらっと並んでいるようなイメージから 「連翹 レンギョウ 」と名付けられたようです。 秋には実をつけ、その実に強い抗菌作用があるため、 古くは生薬として利用され、解毒・消炎効果があると言われています。 日本には薬用として平安時代初期に渡来したといわれていたり、 江戸時代に栽培の記録があることから、江戸時代に渡来したという説もあるようです。 また、日本原産の「ヤマトレンギョウ」もあります。 詩人で彫刻家の高村光太郎はこの花を愛したそうで、 彼の命日である4月2日は連翹忌と呼ばれるそうです。 丈夫で育てやすいため、生け垣や道路分離帯などにもよく植えられえており、 寒さにも強いことからオランダやドイツなどの寒い国でも多く見かけられます。 レンギョウ 連翹 の花言葉 【花言葉】希望・達せられた希望・遠い記憶・集中力・期待 レンギョウ 連翹 の別名・和名 ゴールデンベル・連翹 レンギョウ ・連翹空木 レンギョウウツギ イタチハゼ・イタチグサ レンギョウ 連翹 の誕生花 4月11日 レンギョウ 連翹 の基本情報 学名:Forsythia 学名の「Forsythia」は18世紀のイギリスの園芸家、 「ウィリアム・Forsyth フォーサイス 」の名前から付けられました。 植物分類:モクセイ科・レンギョウ属 原産地:中国 流通サイズ:1. 5~3m 開花期:3〜4月 花色:黄 レンギョウは、耐寒性・耐暑性に強い低木で、繁殖力が旺盛です。 冬越しなど季節に応じた手入れはほとんど必要ありません。 日当たりの良い場所に植えましょう。

次の

レンギョウの花言葉とは?その由来は何?

レンギョウ 花 言葉

レンギョウ(連翹)とは?どんな花や葉をつける? レンギョウは、モクセイ科・レンギョウ属の総称です。 落葉性の低木で、中国を原産としています。 日本へ渡ってきた時期は定かではありませんが実が漢方薬として古くから利用され、レンギョウの名は平安時代の書物で見ることもできます。 樹高は1. 5~3mほどに生長し、繁殖力が旺盛でたくさんの枝を垂れ下げながら伸ばしていきます。 花が早春の頃枝いっぱいに咲き乱れた後、幅広い卵型の葉っぱが芽吹いていきます。 花の後に付ける実は、漢方医学に利用され、解熱や消炎、利尿、鎮痛などの効果があるとされています。 レンギョウ(連翹)の見頃の季節と開花時期 レンギョウの開花期は3〜4月頃です。 冬を越えて春先に最盛期を迎えます。 普段は緑色の葉っぱで覆われていますが、葉っぱが目立たなくなるくらい黄色の花びらが満開に咲き誇ります。 花壇に黄色を加えたい方におすすめです。 レンギョウ(連翹)の種類や品種は? レンギョウの種類のほとんどは中国が原産です。 日本では、レンギョウの他にシナレンギョウ、チョウセンレンギョウの2つがよく植えられています。 他にも、ヤマトレンギョウとショウドジマレンギョウという限られた地域にしか自生していない種類もあります。 レンギョウ(連翹)の育て方のポイントは? 日当たりのよい場所に植え付け、3〜5年に1回は切り戻しをすることが、レンギョウを長く楽しむコツです。 耐寒性、耐暑性にすぐれた低木なので、冬越しなど季節に応じた手入れが必要ないのはうれしいポイント。 レンギョウ(連翹)の苗植え、植え替えの時期と方法は? 一般に種は市販されていないので、レンギョウは苗から育てはじめます。 11~3月が植え付けの適期で、鉢植えか地植えの好みの方法で育てましょう。 鉢植え 苗よりも1回り大きな鉢と、水もちがよい土を準備して植え付けていきます。 ぐらつかなくなったら、植え付け完了です。 その後は、根詰まりを防ぐため、2~3年に1回のペースで1~2月頃植え替えをするとよいですよ。 地植え 日当たりがよく、少し湿り気のある場所を選んで植え付けていきます。 苗よりも1回り大きな植え穴を掘って、苗を置いて土を入れていくだけでかまいません。 レンギョウ(連翹)の土作り、水やり、肥料の与え方 土作り 鉢植えは、赤玉土(小~中粒)7:腐葉土3の標準的な配合の土をベースに、3割くらい黒土を混ぜ込むとよいバランスになります。 地植えは、植え穴を掘った土に腐葉土をたっぷりと混ぜあわせましょう。 有機質をたっぷりと含み、水もちのよい土を好むので水持ちが悪いときは、腐葉土や黒土を追加してください。 水やり 地植えは、基本的に水やりは不要です。 よほど地面が乾燥した日が続いたときは水をたっぷり与えましょう。 鉢植えは、土の表面が乾いたら水やりをしてください。 夏は特に乾燥して水切れを起こしやすいので、朝と夕方の1日2回与えるくらいでもよいですよ。 肥料 植え付けるときに、腐葉土や堆肥を土に混ぜ込んだら、たくさんの肥料は必要ありません。 花が終わった5月と9~2月の間に1回ずつ株元にゆっくりと効く緩効性化成肥料を与えれば十分です。 レンギョウ(連翹)の剪定の時期と方法は? レンギョウの毎年12~3月に強い剪定、5月に弱い剪定をしていきます。 伸びすぎた枝や混みあった場所、からみ合った枝を整理していきます。 その後、木になる枝があれば、梅雨がくる前の5月に軽く切り詰めて風通しをよくします。 レンギョウ(連翹)の増やし方!挿し木の時期と方法は? レンギョウは、2~4月に挿し木で数を増やすことができます。 前の年に伸びた新しい枝を10~20cmの長さに切り取り、湿らせた赤玉土(小粒)や川砂に挿していきます。 日当たりのよい場所で、土が乾かないよう水やりをして管理すると、すぐに根を生やして生長し、翌年の春には花を咲かせるようになります。 レンギョウ(連翹)の栽培で注意する病気や害虫は? うどんこ病 梅雨時に株の周りが蒸れたり、枝葉が茂りすぎたりしていると、レンギョウにはうどんこ病が発生してしまいます。 かかると株全体が白い粉をかぶったようになり、光合成ができなくなって枯れてしまいます。 風通しをよくするために伸びすぎや茂りすぎている枝があれば、5月の剪定のときに軽く切り詰めていきましょう。 病気にかかっているところは切り落とし、殺菌剤を散布すると広がらずにすみますよ。 カイガラムシ 春~夏の間発生しやすいのがカイガラムシです。 成虫は薬剤が効きづらいので、幼虫のときに薬剤をまいて駆除するのがポイント。 また、マシン油乳剤や石灰硫黄剤を冬に塗布しておくと予防になります。 成虫を見つけたときは、歯ブラシなどで株から直接擦り落としてください。 レンギョウ(連翹)の花は春の季語 丈夫で繁殖力が高いレンギョウは、鉢植えや地植えなど場所を問わず育てられる低木です。 それほど大きくならず、手入れもたくさん必要ないことから、初心者でも栽培は簡単。 春先に咲き誇るレンギョウが近くにあると、春の訪れを感じるとともに気持ちも温かくなりそうですね。 生垣などに植え付けてもすてきですよ。 更新日: 2016年05月07日 初回公開日: 2016年05月07日.

次の