カラー チェンジ ガーネット。 ガーネットとは?宝石専門チャンネル「GSTV」の宝石辞典

我が家にルースブーム到来 : ガーネット(カラーチェンジ)

カラー チェンジ ガーネット

ベキリーブルーガーネットってどんな宝石? ガーネットは実に多くの色がある宝石で、 ブルー以外の色はほとんどあるといわれていました。 しかし、実は ブルーのガーネットも存在していたのです。 それがこの ベキリーブルーと呼ばれるカラーチェンジガーネット。 蛍光灯下ではブルーグレーやブルーグリーンの色合いで、白熱灯下ではレッドやパープルに変色します。 アレキサンドライトと似た変色効果であることから、「アレキタイプガーネット」と呼ばれることもあります。 ちなみに、 マダガスカルのベキリー地区で発見されたことから、この名前が付けられたそうですが、 正式な宝石名ではないため、鑑別書には記載されません。 鑑別書には、「 カラーチェンジガーネット」または「 ガーネット(カラーチェンジタイプ)」などと記載されることが多いようです。 ベキリーブルーガーネットの魅力 インターネットで調べてもあまり具体的な特徴が書かれていないので、私が見つけたベキリーブルーガーネットの特徴をご紹介します。 チカチカとした赤いファイア 私がこのガーネットに魅了されたのは、チカチカと光るファイアのような輝きが時折見えること。 もともと、ベキリーブルーガーネットはかなり深いブルーなので、先日話をした業者も「 ベキリーブルーは真っ黒だよ」と言っていたほどに暗い色の宝石なんです。 その黒に近い深い深いブルーのあちこちから、 赤や白、ブルーのチカチカとした光が現れます。 中でも赤い光は地色とは逆の色なので、とても不思議な光景なんですよね。 ちなみに、室内であれば 蛍光灯と白熱灯が合わさったようなタイプの照明で赤く光るようですが、私の自宅の蛍光灯では見られません。 太陽光に当てた方がきちんと赤い煌きが見られるような気がします。 また、色が薄めのものと濃いものの2つが手元にあるのですが、比べると 色が薄い方がよりファイアが出やすい印象がありますね。 多色性が感じられる不思議さ ガーネットは多色性がない宝石のはずですが、このガーネットは実にいろいろな色が現れます。 ほんの少しの照明の差ですぐにカラーチェンジするので、 青と赤紫が混ざり合った複雑な色合いになっていることも少なくありません。 これもベキリーブルーガーネットの魅力の一つだと思います。 照明によっては グリーン寄りに見えたり、黒に近いブルーグレーに見えたりもします。 蛍光灯を強く当てると、藍色に近いブルーグレーなので、私がもっているルースは地色がブルーグレーなのだと思いますが、なかにはグリーン寄りのブルーもあるみたいですね。 見れば見るほど、本当は何色なのかが分からなくなる不思議な宝石です。 あえて、アレキサンドライトを選ばない理由 「カラーチェンジといえば」というくらいに有名なのはアレキサンドライトですが、私はあえてカラーチェンジガーネットを選びたいですね。 その 理由は「大きさ」。 さきほど紹介した赤いファイアは、アレキサンドライトでも見られるようですが、それは やはり大きさがあってこそ。 少なくとも私がもっている0. 1ct程度の小さなアレキサンドライトではその特徴は見られません。 そもそも、アレキサンドライトには大きな結晶は少なく、色の濃いものも非常にレアです。 運よく見つけられたとしても、恐らく私が手に入れられるような価格ではないでしょう。 永遠に見ていたい「いろいろな表情をみせる宝石」 ベキリー産のブルーガーネットは既に枯渇しているという噂もありますが、ブルー系のカラーチェンジガーネットを見かけることはあるため、他の産地からも見つかっているのかもしれません。 私がもっているルースのうち一つは 線状の黒いインクルージョンがいくつか見られるのですが、大好きな宝石はインクルージョンさえ愛しく感じられるのが不思議です。 いつかリングに加工して、あちこちの光源でもっといろいろな表情を見たいなあと考えています。 リカラット編集部 監修.

次の

カラーチェンジガーネットの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ | みんなのパワーストーン

カラー チェンジ ガーネット

ベキリーブルーガーネットってどんな宝石? ガーネットは実に多くの色がある宝石で、 ブルー以外の色はほとんどあるといわれていました。 しかし、実は ブルーのガーネットも存在していたのです。 それがこの ベキリーブルーと呼ばれるカラーチェンジガーネット。 蛍光灯下ではブルーグレーやブルーグリーンの色合いで、白熱灯下ではレッドやパープルに変色します。 アレキサンドライトと似た変色効果であることから、「アレキタイプガーネット」と呼ばれることもあります。 ちなみに、 マダガスカルのベキリー地区で発見されたことから、この名前が付けられたそうですが、 正式な宝石名ではないため、鑑別書には記載されません。 鑑別書には、「 カラーチェンジガーネット」または「 ガーネット(カラーチェンジタイプ)」などと記載されることが多いようです。 ベキリーブルーガーネットの魅力 インターネットで調べてもあまり具体的な特徴が書かれていないので、私が見つけたベキリーブルーガーネットの特徴をご紹介します。 チカチカとした赤いファイア 私がこのガーネットに魅了されたのは、チカチカと光るファイアのような輝きが時折見えること。 もともと、ベキリーブルーガーネットはかなり深いブルーなので、先日話をした業者も「 ベキリーブルーは真っ黒だよ」と言っていたほどに暗い色の宝石なんです。 その黒に近い深い深いブルーのあちこちから、 赤や白、ブルーのチカチカとした光が現れます。 中でも赤い光は地色とは逆の色なので、とても不思議な光景なんですよね。 ちなみに、室内であれば 蛍光灯と白熱灯が合わさったようなタイプの照明で赤く光るようですが、私の自宅の蛍光灯では見られません。 太陽光に当てた方がきちんと赤い煌きが見られるような気がします。 また、色が薄めのものと濃いものの2つが手元にあるのですが、比べると 色が薄い方がよりファイアが出やすい印象がありますね。 多色性が感じられる不思議さ ガーネットは多色性がない宝石のはずですが、このガーネットは実にいろいろな色が現れます。 ほんの少しの照明の差ですぐにカラーチェンジするので、 青と赤紫が混ざり合った複雑な色合いになっていることも少なくありません。 これもベキリーブルーガーネットの魅力の一つだと思います。 照明によっては グリーン寄りに見えたり、黒に近いブルーグレーに見えたりもします。 蛍光灯を強く当てると、藍色に近いブルーグレーなので、私がもっているルースは地色がブルーグレーなのだと思いますが、なかにはグリーン寄りのブルーもあるみたいですね。 見れば見るほど、本当は何色なのかが分からなくなる不思議な宝石です。 あえて、アレキサンドライトを選ばない理由 「カラーチェンジといえば」というくらいに有名なのはアレキサンドライトですが、私はあえてカラーチェンジガーネットを選びたいですね。 その 理由は「大きさ」。 さきほど紹介した赤いファイアは、アレキサンドライトでも見られるようですが、それは やはり大きさがあってこそ。 少なくとも私がもっている0. 1ct程度の小さなアレキサンドライトではその特徴は見られません。 そもそも、アレキサンドライトには大きな結晶は少なく、色の濃いものも非常にレアです。 運よく見つけられたとしても、恐らく私が手に入れられるような価格ではないでしょう。 永遠に見ていたい「いろいろな表情をみせる宝石」 ベキリー産のブルーガーネットは既に枯渇しているという噂もありますが、ブルー系のカラーチェンジガーネットを見かけることはあるため、他の産地からも見つかっているのかもしれません。 私がもっているルースのうち一つは 線状の黒いインクルージョンがいくつか見られるのですが、大好きな宝石はインクルージョンさえ愛しく感じられるのが不思議です。 いつかリングに加工して、あちこちの光源でもっといろいろな表情を見たいなあと考えています。 リカラット編集部 監修.

次の

ガーネットジュエリー|ジュエリーブランドBizoux(ビズー)公式

カラー チェンジ ガーネット

光によって、色が劇的に変化する宝石があります。 青から赤へ、グリーンからピンクへ・・ドラマティックに表情を変えるカラーチェンジストーンは、まさに自然が生んだ奇跡。 私たちを魅了する神秘のカラーストーンを、ご紹介します。 アレキサンドライト カラーチェンジストーンとして最も有名な「アレキサンドライト」。 アレキサンドライトは、クリソベルの変種です。 クリソベルは蜂蜜色の不透明な宝石ですが、クロムが混入することで姿は一変。 太陽光の下では、深いフォレストグリーン。 夜、白熱灯の下では、艶やかなバーガンディーへと変色します。 これは、太陽光と白熱灯の明かりに含まれる光の色により起こる現象。 アレキサンドライトは、太陽が持つ青色要素と白熱灯が持つ赤色要素の両方に反応するという特異な性質を持つため、劇的なカラーチェンジを遂げるのです。 この劇的な変色性から、アレキサンドライトは類のない希少な宝石として評価されており、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドについで5大宝石の最後の一つに数えられています。 太陽光の下でのアレキサンドライト。 森の泉を思わせる、深いフォレストグリーンです。 白熱灯の下では、フォレストグリーンから、鮮やかなバーガンディーへとカラーチェンジ。 まったく別の宝石にしか見えない鮮やかなカラーチェンジを見せるのです。 ベキリーブルーガーネット 最高級のアレキサンドライトに匹敵する劇的な変色性から、アレキタイプ・ガーネットとも呼ばれるガーネットが存在します。 その名は「ベキリーブルーガーネット」。 世界でもマダガスカル島・ベキリー地区でしか採れない、希少な青いガーネットです。 ブルーガーネット自体、なかなかお目にかかれない大変希少なもの。 そのうえ変色性まで兼ね備えたベキリーブルーガーネットは、非常に希少な宝石。 アレキサンドライトと同じ原理で、昼の太陽光の下では知的なブルー、夜の白熱灯下では鮮やかなレディッシュピンクに変化します。 太陽光の下でのベキリーブルーガーネット。 知的さを感じさせるブルーです。 白熱灯の下では、ブルーから、艶やかなレディッシュピンクへと、印象深いカラーチェンジを遂げます。 バラカガーネット グロッシュラーガーネットの一種である「バラカガーネット」。 産出量が少なく、希少なバラカガーネットの中に、極々まれに蛍光反応を持つものが存在します。 この新緑のようなミントグリーンが美しいバラカガーネットは、ブラックライトを当てるとその紫外線に反応し、ライトアップされた夜桜のような蛍光ピンクに。 まさに、自然が生んだ奇跡といえます。 地色は、みずみずしいミントグリーン。 ブラックライトを当てると、鮮烈なネオンピンクが浮き出るのです。 いかがでしたか?一つで二つの色を楽しめる、カラーチェンジストーン。 光によってでガラリと表情を変えるその姿は、ずっと眺めていたくなるほど魅力的です。 ぜひ、カラーチェンジストーンで印象的な装いを楽しんでみてくださいね。

次の