ヘアオイル メンズ おすすめ。 男もヘアケア!メンズトリートメントのおすすめランキング10選

【清潔感が上がる】メンズにおすすめのヘアオイル10選!選び方も!

ヘアオイル メンズ おすすめ

スポンサーリンク 「流さないトリートメント」をご存じでしょうか。 「アウトバストリートメント」とも言われており、髪をドライヤーの熱などのから守ったり、保湿するために、 ヘアオイルタイプや ヘアクリームタイプのものがあります。 今回は 「ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!」をテーマに美容師歴20年以上、オーナー兼現役美容師の私が、 メンズの使い方を中心に流さないトリートメントについて解説していこうと思います。 最後までどうぞよろしくお願いいたします。 【ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!】 ヘアオイルは男性の場合馴染みが少なかったり、使ってはいるけどいまいち実感が沸かないなど、 効果に関してよく分からないという話もよく聞きます。 そこで、ヘアオイルの 役割や効果、正しい使い方を順番に解説していきます。 基本的に主成分はオイルになりますので、 髪をコーティングします。 コーティングすることにより水分の蒸発を防ぎ、 乾燥を防止・保湿してくれます。 本来、髪の毛の 表面にはキューティクルがあり、髪の毛を守ってくれています。 そのキューティクルは7、8枚が重なり合っており、その間には本来、 油分があるのです。 その油分が、日々のシャンプーやドライヤー、紫外線、カラーやパーマなどで ダメージを重ねるごとに少なくなってしまうので、その油分を加える役割がヘアオイルと言う訳です。 ですので、ヘアオイルを使うと表面を覆ってくれますので、髪の状態がアップし本来の 保湿力を助け、乾燥しにくくなります。 イメージが湧いてきますよね。 ダメージすることにより、キューティクルの油分が失われるのは説明した通りで、そうするとキューティクル自体も整わなくなり、ツヤが出にくい状態になります。 ヘアオイルを使うことにより、油分を補うだけでなく、 キューティクルも整うのでツヤが出やすくなります。 男性の場合、そもそも髪のコンディションを気にする方も多くないと思いますので・・・毎日の積み重ねで徐々に傷んできますよね。 ) また最近ではメンズもヘアセットをする際の アイロンを使用する場合も多いです。 高温のアイロンを髪に当てるにも関わらずケアしていない人が多いと思います。 正しい使い方をすれば、変にベタついたり、効果が薄れたりする心配もありません。 見よう見まねで適当に使っている方も多いと思いますので、ぜひ参考にしてください。 ただしタオルドライが不足しているとうまくつかなかったり、ベタつくこともありますので、髪が長い人はしっかりとタオルドライするようにしましょう。 ・タオルドライに関しての記事です。 肩くらいまでのロングで、せいぜい1. 5プッシュでしょう。 2プッシュ、3プッシュすると、かなりベタベタしますので注意してください。 勿体ないです・・・。 一般的な男性のショートでしたら、 半プッシュでも多いかもしれません。 使っているうちに適量が分かってきますので、自分の髪の長さに合わせてベタつかずに効果が得られる量を把握しましょう。 両手のひらで 十分に伸ばしてから、全体に馴染ませます。 基本的には毛先を中心に徐々になじませていきます。 間違っても 頭皮に使うものではありませんので、注意しましょう。 あくまで薄く全体につけることを意識し、その中でも毛先を中心にという感覚です。 ヘアオイルの多くはシリコンを使っており、直ぐに ベタつきます。 シリコンは頭皮に付着しやすい特徴がありますので、覚えておきましょう。 全体に馴染ませた後は、普通にドライヤーで乾かします。 ・特にクセの出やすい部分には2度付け オイルは乾燥を防いでくれる特徴があります。 ですので、 クセの気になる部分には2度付けしてあげると、普段よりもクセが収まりやすいです。 通常通りにオイルを付けてから、ドライヤーで乾かして、 半乾きのところでもう一度オイルを付けます。 そうすることによって、2重にオイルでコーティングしてくれるのでクセが収まりやすくなると言う訳です。 ヘアオイルはドライヤーなどの熱の力によって定着しますので、1度ドライヤーを使い 半乾きにするのがポイントです。 ・ヘアクリームの上から、ヘアオイル 流さないトリートメントには「ヘアクリームタイプ」と「ヘアオイルタイプ」があります。 クセが強い、髪質がゴワゴワする、乾燥毛が酷い・・・などバサバサしやすい方は先にクリームタイプを付けて 、半乾きまで乾かしてから、 オイルタイプを使うとしっとりしながらツヤも出やすいです。 オイルの2度付けと同じで、 熱の力で定着しますので、オイルを使ってコーティングすることで、クリームの保湿力とオイルのツヤ感の両方の効果が望めます。 硬毛、剛毛、乾燥毛の方には特におすすめです。 順番はクリームが先になりますので、覚えておいてください。 ・ワックスと混ぜる 特にハードワックスと混ぜて使うことがあります。 ハードワックスだけだとパサつきが気になる場合、 直接ワックスに半プッシュ程度混ぜることによって、 ツヤのあるワックスに変わります。 若干、スタイリング力は落ちますので、覚えておきましょう。 基本的にワックスは、「のり(スタイリング力)」+「油分(オイル)」で出来ております。 ハードワックスになるほど、 油分が減って、のりの量が増えます。 そうすることでスタイリング力を上げています。 ですが、ヘアスタイルが変わるたびに、ワックスも買っていると次第にワックスだらけになります・・・。 この場合、 ハードワックスとオイルを持っていると、大体のヘアスタイルに対応できるし、大体の質感を出すことも出来ます。 タオルドライでワックスと使うのと合わせると 、かなり雰囲気を変えることもできるので、参考にしてみてください。 ・タオルドライ後のワックス記事 【まとめ】 メンズでもヘアオイルの役割や効果、重要性があることを紹介しました。 最近はドライヤーだけでなく、ヘアアイロンも使ってスタイリングする場合が多くなっていますので、熱から守る意識が必要になります。 また使い方は、頭皮につけないようにすれば簡単ですので、積極的に使ってみましょう! 1本持っていると使い方も様々で、質感も自由自在に変えることが出来ます。 ヘアスタイルごとに買うのではなく、自分で調整しながら楽しむのもスタイリングがうまくなるポイントですので、ぜひチャレンジしてください。 今回は「ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!」をテーマに解説していきました。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ヘアオイルはメンズもおススメ!使い方は簡単で、ツヤ感アップ!

ヘアオイル メンズ おすすめ

髪のパサつきやゴワつきを軽減し、熱や紫外線などのダメージから保護することもできる 「ヘアオイル」。 女性だけではなく、最近では美容意識の高い男性からも人気の商品です。 とはいえ、現状は「メンズ向け」と明記されている商品は少ないので、「男性向けヘアオイルの選び方は?」「自分にあうかどうかわからない…」とお悩みの方も多いでしょう。 そこで今回は、メンズ向けヘアオイルの選び方を解説するとともに、おすすめ商品10選を人気ランキング形式でご紹介。 モロッカンオイルやミルボン、N. (エヌドット)、リップス、大島椿など幅広いメーカーを徹底比較しました。 軟毛や剛毛、くせ毛に適したヘアオイルだけでなく、頭皮ケアにおすすめな商品も登場します! 出典: ヘアオイルとは、ドライヤー前のトリートメントや、スタイリングの仕上げに使用されるヘアケアアイテム。 植物性や鉱物性のオイルをベースとしていて、 髪にうるおいやツヤを与え、熱や紫外線などのダメージから毛髪を保護したり、補修することができます。 髪の毛は熱や乾燥、カラー・パーマなどさまざまな要因で傷んでしまいますから、ヘアオイルの使用に関しては 男女問わずメリットがあります。 これまでは主に女性を中心に使われていましたが、現在は男性の美容意識が高まっていることから、男女問わず注目を浴びている商品です。 使い方は 洗髪後にタオルドライをして、ドライヤーを使う前に髪につけるだけ。 手のひらに数滴たらして両手に馴染ませ、手ぐしでとかすようにオイルを行き渡らせていきます。 この際、頭皮や生え際に近い箇所につけてしまうとベトつきの原因になるので注意しましょう。 ダメージ保護のためには、 毛先に重点的にオイルをつけるのがおすすめですよ。 またスタイリング剤の仕上げとして使うことで、ツヤを出したり指通りをよくしたりできる商品も販売されています。 ちなみに、ヘアオイルは「洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)」の一種で、ほかにもクリームやミストタイプなどがあります。 ヘアオイルは 髪の保護効果が高い、ヘアクリームは 保湿力が高い、ヘアミストは 手軽に使えることがメリットです。 また、お風呂のなかで使用する「洗い流すトリートメント(インバストリートメント)」というものもあり、こちらは ダメージの補修効果が高いという特長があります。 ヘアオイル以外のトリートメントも気になる方は、以下の記事をあわせて参考にしてください。 出典: ヘアオイルの効果をしっかりと感じるためには、自分の髪質にあった商品を選ぶことが重要です。 男性に多い髪質としては、太くて硬い「剛毛」、細くて柔らかい「軟毛」、そして「くせ毛」の3つが挙げられます。 剛毛やくせ毛の方、また毛量が多い方には、少しトロみがある質感のヘアオイルがおすすめです。 重ための付け心地の方が、しっとりとしてまとまりのある仕上がりになるため、ゴワつきやボリュームを抑えることができますよ。 逆に 軟毛の方には、サラッとした軽い質感のヘアオイルがおすすめ。 軟毛の人が重たい質感のヘアオイルを使ってしまうと、髪がつぶれてしまい、スタイリングもうまくいきません。 そのため、サラサラとした仕上がりになる商品を選ぶとよいでしょう。 今回ランクインしている商品は、メーカーの公式ページ・ユーザーのクチコミなどを調査して 「適した髪質」をそれぞれまとめていますので、ぜひ参考にしてください。 出典: ヘアオイルを選ぶ際は、髪の乾燥やパサつき、ダメージなどの悩みにアプローチできる成分を配合しているかどうかを確認しましょう。 ヘアオイルの成分には、大きくわけて 植物性と 鉱物性があります。 植物性は椿オイルやホホバオイル、アルガンオイルなどの天然由来成分。 鉱物性の成分よりも髪の内部まで浸透しやすいため、 ダメージ補修・ヘアケア効果が高いという特長があります。 またダメージ補修については、髪の毛にタンパク質を補給するオイルケラチンやスクワランなどもおすすめです。 いっぽうの鉱物性は、ワセリンやシリコンなどの石油由来成分。 植物性のような浸透性はなく、髪の表面を保護する効果が高いため、 しっとりとしたまとまりのある仕上がりになります。 スタイリング時の ツヤ出しにも効果的です。 ちなみに、「石油由来」と聞くと髪に悪いイメージがあるかもしれませんが、昔よりも精製技術がはるかに向上している現在では、そのようなことはありません。 単純に植物性と鉱物性の違いは、 「髪の内部まで浸透するか」「髪の表面を保護するか」というだけで、肌への良し悪しを気にする必要はないでしょう。 メンズ向けヘアオイルの最新おすすめ人気ランキングTOP10 ここまでで解説してきたとおり、自分の髪質や悩みに合ったヘアオイルを選ぶことが大切です。 ほかにも、 香りを確認しておくのがおすすめです。 ヘアオイルをつけた後に整髪料や香水などを使う方は、香りがバッティングしないよう注意しましょう。 それでは、メンズ向けヘアオイルのおすすめ人気ランキングTOP10を発表していきます。 第10位|柳屋 あんず油 メーカー 柳屋本店 内容量 30ml 適した髪質 軟毛 適したお悩み 乾燥・パサつき、髪の傷み、切れ毛・枝毛 香り あんず しっとりしていてもベタつかず、油くさくないヘアオイル グリースでも有名な柳屋本店の「柳屋 あんず油」は、天然のあんず油を使用したヘアオイル。 使われている原材料はアンズ核油、肌荒れ防止に効果が期待できるトコフェロール、そして香料のみ。 オイルがキューティクルにしっかりと浸透し、毛髪環境を整えるとともに乾燥や紫外線からのダメージを防いでくれます。 また通常の使用方法のほかにも、髪をお湯で洗った後にオイルを髪全体に馴染ませて蒸しタオルでくるむことで、 ヘアパックとして使うことも可能。 クチコミでは、ベトつきの少なさや、キレイなツヤが出ることが高く評価されています。 粘度が低くサラッとした仕上がりなので、 軽めのヘアオイルを探している男性におすすめです。 メーカー mandom(マンダム) 内容量 200ml 適した髪質 剛毛 適したお悩み 乾燥・パサつき 香り 無香料 無香料で使いやすい!サラリとした質感も特長 マンダムの人気シリーズ、ルシードの「ヘアクリームオイル」は、ウォーターベースでサラッとした質感のヘアオイルです。 ベトつきが少なく水分が多めに含まれているので、 ヘアオイル初心者の方でも使いやすいことが大きなメリット。 オイル成分としてはシリコン成分やワセリンなどがバランスよく配合されていて、キューティクルをコーティングして 指通りをなめらかにしてくれます。 また保湿性と保水性に優れたDPGも配合されているので、パサつきやゴワつきの軽減も期待できます。 クチコミでは、まとまりのよさや、ゴワつき感の軽減に関して満足度の高いレビューが見られました。 ヘアオイルとしては珍しく無香料ですので、 香りのない商品を探している男性におすすめです。 メーカー milBon(ミルボン) 内容量 120ml 適した髪質 剛毛、くせ毛 適したお悩み 乾燥・パサつき、髪の傷み、切れ毛・枝毛、髪の広がり 香り トランスパレントフローラル 天然美容成分で髪の外も中もしっかりケア ミルボンが販売する「エルジューダ MO」は、美容室でもよく使われるヘアオイル。 希少な天然美容成分がぜいたくに使われていて、髪をしっかりケアできます。 毛髪補修成分としては、オリーブオイルの中に少しだけ含まれているスクワランを採用。 髪をうるおすだけでなく、 肌の弾力性を高め、肌荒れを軽減する効果も期待できます。 またスクワランに加えて、バオバブから抽出されたバオバブオイルも配合。 毛髪の内部をやわらかくする効果があるので、 太くてかたい髪質でも動かしやすい状態にしてくれます。 クチコミでは、サラッとした仕上がりが好評です。 太くてかたい髪質の方や、くせ毛の方におすすめです。 メーカー Davines(ダヴィネス) 内容量 135ml 適した髪質 軟毛、くせ毛 適したお悩み 乾燥・パサつき、髪の傷み、切れ毛・枝毛 香り ほんのりとした甘み ボリューム感を損なわずに、しなやかでツヤ感のある髪に! ダヴィネスの「オイ オイル L」は、髪の毛の引っかかりを軽減し、なめらかな仕上がりになるヘアオイル。 軽めの質感でベトつきにくく、とても使いやすい商品です。 シリコンと天然由来の成分をバランスよく配合しており、キューティクルをコーティングして ドライヤーの熱や乾燥から髪を保護します。 またヒマワリ種子油やベニノキ種子油などの 保湿力が高い成分も含まれているので、コーティングした髪の内部の水分を逃しません。 クチコミでは、指通りのよさがとても高く評価されています。 軽めのヘアオイルですので、 髪の毛のボリュームを保ったままケアをしたい男性におすすめです。 プラセンタエキス、オリーブ果実油、ホホバ種子油など、 さまざまな天然成分が使われています。 また傷んだ髪の毛にタンパク質を補給するオイルケラチンや、ミズクラゲから抽出した高い保湿力をもつ生コラーゲンなども配合されていて、 髪・肌問わずうるおいを与えパサつきや乾燥を軽減してくれます。 さらに紫外線をカットする成分も使われていますので、外出の多い方や、 外回りの仕事をしている男性にはとくにおすすめの商品です。 クチコミでは、髪のまとまりや指通りのよさに対しての満足度が高く、香りも評価されています。 保水力が高いアルガンの木から抽出したARオイルには、保湿性はもとより皮膚の状態を整えるオレイン酸やリノール酸も豊富に含まれています。 ARオイルは人の皮脂の成分に近く、肌にとても馴染みやすいという特長があり、そのため髪や頭皮以外の部分につけても保湿や肌質改善が期待できます。 またお風呂に数滴入れれば バスオイルとしても使用可能。 クチコミでは、肌質の改善に関して高評価が見られました。 全身に使えるので、 使い勝手のよいヘアオイルを探している男性におすすめです。 人間の皮脂にも含まれているオレイン酸トリグリセリドが豊富で、 髪や肌への刺激が少ないので敏感肌の人にもピッタリ。 ヘアオイルとしての使用はもちろん、顔のクレンジングやオイルパック、角栓ケアなどにも使えますので、 1本で多くの役割を果たすことができます。 クチコミでは、男女問わずパサつきや傷みの軽減、髪の広がりがおさまることなどについてとても高い評価を得ています。 肌が弱い男性や、日常的にフェイスケアをしたい方におすすめです。 上述した成分が傷んだ髪を補修し、コーティングすることでなめらかな仕上がりを実現します。 ドライヤーやヘアアイロンの熱にも強く、 カラーやパーマによる傷みのケアもバッチリおこなえます。 質感としてはサラッとしているので、重みもなく ヘアスタイリングのジャマになりません。 またオイルが手に残ってもベタつかず、とても使いやすいヘアオイルだといえるでしょう。 クチコミでは、サラサラとしたライトな仕上がりや、ベタつきの少なさが評価されています。 ライトな質感のヘアオイルを探しているメンズにおすすめです。 エヌドット ポリッシュオイル」は、さまざまな天然成分を配合して作られたオーガニックなヘアオイルです。 保湿力やうるおい、髪質の改善などが期待できるゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油など 10種類以上のオイル成分がバランスよく配合されているため、品質の高さは折り紙付き。 トリートメントとして使うだけでなくスタイリングの仕上げにつけるのにも向いていて、さらに肌の保湿用オイルにもなりますので、 汎用性の高さも大きな魅力です。 クチコミでは、髪のパサつきやゴワつきの軽減に関して満足度の高いクチコミが並んでいます。 ヘアオイルはオーガニックにこだわりたいといった男性におすすめです。 メーカー MOROCCANOIL(モロッカンオイル) 内容量 100ml 適した髪質 軟毛、剛毛、くせ毛 適したお悩み 乾燥・パサつき、髪の傷み、髪の広がり 香り バニラムスク 髪質を問わずに使える優秀なヘアオイル 「モロッカンオイル トリートメント」は、 美容室での採用実績も多く、信頼度の高い商品です。 髪の太さ・やわらかさ・傷み具合を問わずに使える守備範囲の広さや、品質の高さから第1位にセレクトしました。 本商品のほかにもアルガンオイルを使ったヘアオイルはたくさん登場していますが、モロッカンオイルでは アルガンオイルでも最高級のものを使用。 保湿成分である必須脂肪酸や、ビタミンEなどの美容成分がたっぷりと含まれています。 上記の成分が傷んだ髪の奥までしっかりと浸透し、パサつきやゴワつきを軽減。 髪の内部から環境を整えることで、 しなやかでまとまりのある髪が復活します。 クチコミでは、品質はもちろん、香りのよさも高く評価されています。 髪質を問わないので、どなたにもおすすめできます。

次の

【清潔感が上がる】メンズにおすすめのヘアオイル10選!選び方も!

ヘアオイル メンズ おすすめ

メンズ向けのヘアケアアイテムはワックス・ジェルなど多く出ていますが、 かっちりセットするだけでなく ナチュラルなアイテムが欲しいという時もありますよね。 最近ではオーガニックブームなのもあり、 ナチュラル志向な男性も増えています。 ヘアケアも天然成分のものなどが気になるけど、 男性はどれを使ったらいいのかよくわからない… という方も多いのではないでしょうか。 今回はそんなナチュラル志向の男性にもおすすめしたい、 天然成分を活かしたオーガニックブランドのヘアケアアイテムをご紹介します! メンズでも使える軽い質感・香りのものをピックアップしていきますので、 男性の皆さんはぜひ参考にしてくださいね! また、こちらの記事ではヘアオイルやシャンプーなども ご紹介していますので気になる方は参考にしてみてください! 目次• ナチュラル志向なメンズにおすすめ!オーガニックのヘアケアアイテム5選 オーガニックブランドのヘアケアアイテムは近年どんどん増えていて、 女性にはすでに多く取り入れられています。 自然なセット力のあるものやウェットなツヤの出るものなど質感も様々で、 天然成分オンリーのものは手や顔についても大丈夫という特徴も。 面倒くさがりな男性にも使いやすく、 どれも自然なアロマの香りなのでクセがないのでおすすめです。 そんなオーガニックブランドから、 特に男性におすすめなヘアオイルやバームをご紹介します! ナチュラル志向なメンズにおすすめ!オーガニックのヘアケアアイテム5選~イソップ ヘアオイル~ オーストラリアのコスメブランド・イソップは、 天然植物成分にこだわりナチュラルなアロマが香る上質なブランドです。 ナチュラル系ながらスタイリッシュなブランドイメージも特徴で、 パッケージもモダンなデザインなので男女問わず人気。 香りもユニセックスなものが多く、 こちらのヘアオイルもハーブやシトラス系の爽やかな香りです。 ホホバオイルやスイートアーモンドオイルが優しく髪を整え、 ゴワつきやすい男性の髪にもぴったりですよ。 ナチュラル志向なメンズにおすすめ!オーガニックのヘアケアアイテム5選~uka ヘアワックス プレイフルムーブ~ ナチュラルでセンスの良いヘアケアアイテムが揃うukaから、 こちらはしっかりめに動きをつけられるヘアワックスです。 ショートヘアで毛先に軽く束感や動きを出したいという男性には、 こちらがおすすめ。 ホホバオイル、シアバター、ミツロウ、マカデミアナッツオイルなどの 天然成分が、髪をいたわりながら自然な動きをつけてくれます。 ukaならではのこだわりのアロマブレンドも魅力で、 ローズマリー、オレンジ、レモン、ユーカリ、ラベンダー、 グレープフルーツ、レモングラス、ビターオレンジなど 何種類ものアロマが豊かに香ります。 男性もオーガニックヘアケアで爽やかにまとまる髪へ 男性にもおすすめな、 オーガニック系ブランドのナチュラルヘアケアアイテムをご紹介しました! 男性はショートヘアの場合、 女性に比べしっかり動きの出るアイテムやセット力を 求める場合も多いでしょう。 今回ご紹介したアイテムはガチッと固めるほどではないですが、 適度に動きが出てまとまりやツヤを出してくれます。 セット力を求める方はワックスタイプ、 セット力はなくても自然にツヤが出ればOKという方には オイルタイプがおすすめ。 オーガニック系のヘアケアアイテムは ナチュラルなハーブやシトラスの香りが多く、 香りのきついものは苦手という男性にもぴったりです。 爽やかにアロマの香るヘアケアで、 男性も気持ちよくヘアケアを楽しんでくださいね!•

次の