中国 ドラマ 花 散る 宮廷 の 女 達。 花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯〜

中国ドラマ「花散る宮廷の女たち~愛と裏切りの生涯~」

中国 ドラマ 花 散る 宮廷 の 女 達

花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)原作・あらすじ 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』の原作あらすじをご紹介します。 200年以上に渡り、圧倒的な統制力で広大な中国大陸を支配下に置いていた清王朝の4代目皇帝・康熙帝(コウキテイ)が活躍していた17世紀末~18世紀初頭の中国大陸が本作の舞台。 皇帝の後継ぎ候補の筆頭だった皇太子・胤礽(リャオ・イェンロン)の妃を選抜する、という名目で、重臣の娘たちを集結させ、妃の選抜試験を行う事にした康熙帝。 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)ネタバレ・感想 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』のネタバレ感想をご紹介します。 恋人がいる状況でありながら、実家のメンツを保つため、皇太子・胤礽の妃を選抜する試験に参加し、他の妃候補を一蹴するパフォーマンスを披露した年姝媛。 胤礽のお気に入りとなった年姝媛ですけど、皇太子の妃に成り上がるつもりは全くなく、胤礽からの熱心なアプローチもあっさり拒否してしまいます。 でも、胤礽が年に一度しか開催されない大舞台・撃鞠試合に登場した際、皇太子の座を狙う敵勢力からの急襲に遭い、年姝媛が一連の事件の捜査にあたった事がきっかけとなり、年姝媛と胤礽の距離感が少しずつ縮まっていき…。 互いの気持ちがすれ違っていたところから、目の前に降りかかる困難を必死に乗り越え、それぞれの胸の内を知っていくうちに、互いがかけがえのない存在になっていく、という宮廷ラブストーリーお馴染みの展開を見せる『花散る宮廷の女たち』。 熱烈なラブコールを送る胤礽はもちろん、毛嫌いしていた胤礽の本質に触れる事で、胤礽に対する気持ちが徐々に変化していくヒロイン・年姝媛の心の揺れ動く様に注目しながら、ストーリーを追っていってください。 スポンサーリンク 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)見どころ 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』の見どころをチェックしていきましょう。 文武両道の才女・年姝媛と清王朝の皇太子・胤礽が運命の出会いを果たしてから、どんな関係性を築くのか、というところだけでなく、年姝媛の事を密かに想う清王朝第4皇子・胤禛(チェン・シャオドン)の振る舞いも大きな見どころになっています。 異母兄にあたり、後継者争いの先頭に立っていた胤礽に気を遣いながら…という窮屈な日々を過ごしている胤禛ですけど、胤礽が想いを寄せる年姝媛への恋心を断ち切る事ができず、想い人と異母兄との間で板挟み状態になってしまいます。 でも、皇太子の座をめぐる争いが激化し、胤礽を取り巻く状況が変化していくにつれて、年姝媛への想いを隠し切れなくなる胤禛。 一歩引いたところから年姝媛の事を見守っていた胤禛が、異母兄・胤礽と年姝媛をめぐっての恋愛バトルを展開するところからストーリーが一気に加速していきますので、どうぞご期待ください! 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)最終回結末予想 今回ご紹介している中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』は、執筆時点(2020年1月末ではまだBS12でのオンエアが終わっていませんので、結末の内容は最終回までのお楽しみ…という事になります。 ただ、康熙帝時代の清王朝の行く末を調べてみたところ、胤礽側のクーデターが失敗した後、失脚した胤礽は獄中で亡くなり、第4皇子の胤禛が5代目皇帝・雍正帝(ヨウセイテイ)に即位している事が判明しました。 異母兄に見劣る存在だった胤禛が皇帝の座まで成り上がる一方、後継ぎ争いをリードしていたはずの胤礽の立場が急激に悪化してしまう…という華やかさと物悲しさが同居するクライマックスが待ち受けているのでは?と予想しています。 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)キャスト・出演者 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』のキャスト・出演者をご紹介します。 他の追随を許さない美貌を持ち合わせているだけでなく、皇帝顔負けの芯の強さで様々な困難を乗り越えていく。 中国の名門・武漢大学出身の才女で、テレビ番組の司会を務めていたほか、歌手にもチャレンジするなど、幅広い分野で活躍している新時代の華流スターのレオ・リさんが年姝媛役にキャスティングされています。 皇太子として後継者争いの先頭に立っていた最中、妃選びの試験に参加した年姝媛に一目惚れする。 台湾出身の売れっ子モデルで、ブレイク予備軍のイケメン俳優としても注目を集めているリャオ・イェンロンさんが波乱万丈な人生を歩む胤礽役にキャスティングされています。 胤禛(インシン)役:チェン・シャオドン(鄭暁東) 2019. 19 郑皓原. 一身黑色西装,在现场一段诗朗诵。 In a black suit, a poem is recited on the scene. — Pop Music. musicpoplife 皇太子・胤礽の異母弟。 清王朝第4皇子という立場で、異母兄・胤礽が想いを寄せる年姝媛にどんどん惹かれていく。 後に、清王朝5代目皇帝・雍正帝へと成り上がっていく胤禛役を演じるのは、『花散る宮廷の女たち』出演をきっかけにして、知名度を一気に上げていったフレッシュな俳優チェン・シャオドンさんです。 スポンサーリンク 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)登場人物・相関図 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』の登場人物・キャスト相関図(中国語版)をご紹介します。 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)ネット上の反応 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』に対するネット上の反応をまとめます。 BS12で放送予定の「花散る宮廷の女たち」、あらすじ見たら年姝媛て出てきて姓が年?華妃娘娘!?と一気に盛り上がった。 あと「花と将軍」に出てた海威寧の鄭曉東がメインっぽいのも楽しみ。 — satoco satorythm 今日から始まる 花散る宮廷の女たち録画した。 全37話って長編ばかり見てると短く感じるね~ おもろいといいなぁ😊 — May May344424 BS12の『花散る宮廷の女たち』見たけど、丁度『皇后の記』と『瓔珞』のあいだあたりの時代なのね~。 康熙帝の頃の宮廷を舞台にした中国ドラマです。 宮廷のいさかい女 は神ドラマでしたし。 権力をめぐる争い、皇位争い、寵愛争い、人間ドラマはスケールが大きいほどいいですね。 — ちくさ 成長株とスイングで得た利益を米株へ chikusa2019 BS12でのオンエアが始まった2020年1月半ばから、作品に関するツイートが数多くなっていますので、華流ドラマファンの皆さんとTwitter上で感想をシェアしてみるのも良いかもしれませんね。 OP『錯流年』陳冰 ED『繁尘』沙宝亮 挿入歌『最短的诗』レオ・リ&黄榕生 花散る宮廷の女たち(中国ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス 中国ドラマ『花散る宮廷の女たち』の再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します。

次の

花散る宮廷の女たちの時代背景や史実は?!主題歌やテーマ曲も調査!

中国 ドラマ 花 散る 宮廷 の 女 達

皇帝は、重臣の娘たちを集めて選抜試験を行った。 公主の学友となり、ゆくゆくは皇子たちの妃候補になる子女を選出するためだった。 その中でも、武将として活躍する年羹堯の妹・年姝媛は文武ともに優れた才を発揮し、共に試験を通過した加蘭、凝秀らと宮廷に仕える身となる。 早々に皇太子に目をつけられて熱烈なアプローチを受ける年姝媛だが、すでに幼なじみと将来を誓っており、内心では一日も早く役目を終えて出ていきたいと思っていた。 しかし宮廷内で起こる様々な事件を皇太子と解決し、皇太子の本質に触れていくうちに、やがて二人は想い合う間柄になっていく。 一方、第四皇子もかねてから年姝媛を気にかけていたが、皇太子の権勢もあって年姝媛を遠くから見守るしかなかった。 しかし後継者争いが表面化してくると、その関係は思いがけぬ展開を見せることになって…。 いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜。 つまらなかった。 (直球ストレート) BS12ということで、録画データ量が多かったので早めにみてしまわなければHDDを圧迫してしまうので頑張って見ていたのですが、とりあえず再生するも、気がついたら寝ていたりして苦戦したドラマでした。 録画を開始して20分もすれば眠りに落ちてしまうので、もうガーッと早送りして視聴を終えました。 康熙帝の息子達の恋愛を題材にしたもので廃される皇太子が相手。 それもヒロインが年氏ということで設定は面白いと思うのですが、全体的にキャストが目を惹かない。 皇子たちも華がなく、ヒロイン達にも華がない。 なんなら親世代にも華がない。 華がないどころか、恵妃とかはものすごく突っ込めましたし。 康熙帝より明らかに見た目が年上だったし。 演技力とかでカバーというものもなく、カップルシーンでもドキドキするものもなく…。 皇太子が愚かという設定は残してあって、そこは面白いなと思いました。 女にばかりうつつを抜かしていて、そりゃ4皇子に出し抜かれるのも当然。 というよりも、皇子達の中で国を見据えて行動していたのは実質4皇子だけなので当然という結果で、そんな彼を非難するシーンですらこれくらいやってのける人じゃないとそもそも皇帝になったところでろくな政治はできないだろうなと。 そういう意味では、キャラクター設定はよかったかなと思います。 ヒロインが良家の娘さんなのにお供も連れずに皇子達と事件解決のために街をうろついたりしているのはものすごい違和感でした。 結果ヒロインも3人の男性のことで苦しんだようですが、どの相手とのストーリーも見ていて楽しいものもなく…。 ここからネタバレあるのでご注意ください ラストがどうなるのかだけとりあえず見終えてしまおうと頑張りましたが、予想では雍正帝即位から廃皇太子の死の真相&雍正帝の影での暗躍を知ってショックを受けた年姝媛が自死でENDかなと思っていたのですが、なんと驚きの後宮逃亡からの男児出産で終わり、空を見て何かを嘆く雍正帝という幕引きでした。 年姝媛も特に問題なく健康そうで、初恋の男の元でまあ幸せにやってくんでしょうかね。 なかなか納得いかないラスト、というかまあもういいや好きにして。 みたいな感じでした。 このドラマ、設定の目の付け所はよかったと思うのですが、それ以外が好みではなく私には残念な作品でした。 皇子達もあれだけいて「おっ」となる人が一人もいないというのも痛いところです。 モンゴル兄弟の方が可愛かった。 とりあえず、いつもはドラマ感想にイケメンがいると身長とか過去どんな作品出てるか、普段のお姿などチェックするのですが今作品の出演者に関しては全く食指が動かないので全スルーです。 元々のセット(紫禁城)が豪華なので、画は美しいのですがやはり内容も伴う見所のある作品が見たいですね。 今は結構楽しみに見ているドラマがあるので、余計比べてしまうのかもしれません。 ババアさんは一応最後まで観たんですね。 私は25話位でリタイアしてしまいました。 ヒロインが「孤高の花」で花家の娘役で出ていた女優さんなので応援しなくちゃと観ていたのですが中国ドラマにしては美男美女が出てこない。 心ときめく場面がない。 良家の子女が事件解決のため、街中彷徨くかとツッコミを入れたくなるドラマでしたね。 なんだか学芸会を見ているみたいと思ってしまうドラマでした。 途中から別のドラマを見ていてそちらがあまり面白くて、このドラマは録画してあったけど観る気も起きず、さようなら~~~。 終わったと言えば、「海上牧雲記」も終わってないけど、終わったドラマでしたね。 最初はすごく面白かったのに段々テンションが下がり、嫌いな鉄兄妹ばかりが目立ち、主演の3人もっと出してよと不満が募り・・・。 でも最後まで観たのはやはり寒江がどうなるか知りたかったから。 あの笑顔が良かったなあ。 こんにちは〜。 そうなんですよ、見るかどうかも結構悩んだのですが後でひょっとして見たくなったときにレンタルするのもなぁ…というケチ根性から…笑 私は前半は倍速視聴してたのですが、後半はもう字幕が読める程度の早送りでわーっと見たので、最後まで行けた感じですね。 中国は美男美女が多いのに、なぜこのキャストだったのか謎が残りますね。 真面目なストーリーにするにはアレですし、キャストで若手イケメン推しでもなさそうですし。 位置付けがちょっとわからないドラマでした。 「海上牧雲記」は本当に残念でしたね。 丁寧に作ってはあると思うのですが、少々かったるいというか。。 そう!私も鉄兄妹が嫌で嫌で。 早く退場してもらってスッキリしたかったのですがなんだかんだ生き残ってましたしね。 寒江はめちゃカッコ良かったです。 ですが、彼のカッコよさは「楚喬伝」の方で堪能できてたので。 あちらもまだ決着ついてませんが、まあなんとなく想像しやすいかな?とも。 「海上牧雲記」は本当にエピローグでしたからね。。。

次の

中国(華流)ドラマ【花散る宮廷の女たち】相関図とキャスト情報

中国 ドラマ 花 散る 宮廷 の 女 達

花散る宮廷の女たち 現在、観てる方、又は既に観た方教えて下さい。 その瞬間はドラマの中にありましたか?展開が急で、時々乗り遅れてちゃいます。 2、皇太子は今時の発達障害のある子なんでしょうか? ドラマなのはわかるけど、KY過ぎ、落ち着きなさ過ぎて… あまりにも顔と役柄がマッチし過ぎてそう見えちゃうんでしょうか? 他の皇子は美形とは行かなくても、辮髪の似合う小顔さんたちですよね? 偶然なのか、このドラマの男性俳優さんは小顔さんが多いですよね?狙っての配役なんでしょうか? 3、カツラというか髪型 初めて見た辮髪がジョン・ローンだったので、あれが普通だと思ってました。 辮髪って、美形かブサイクじゃないとしっくりこないんですね。 中途半端なイケメンだと不自然と言うか似合ってない気がしました。 陛下や高官のおじさん達の辮髪姿が似合い過ぎて驚きです。 頭の形が良くて、なおかつ馬面じゃなければいける髪型なのでしょうか? 現実の世界ではよっぽど美形じゃなければ、皇太子が一般的な辮髪姿ですよね…100年の中国のモノクロ写真を見てそう思いました。 3、クライマックスはいつ頃ですか? 私の中では、ヒロインが恋人の納蘭公子が花嫁を家に迎え入れる瞬間にやめて〜と邪魔するかと思いきや、ありえない位間近でガッツリ観ていた回でした。 止めに行ったかと思うくらい間近で見れる根性に驚きました。 この先、彼女は幸せになりますか? あらすじ検索したら、瑤君と八阿哥以外は両思いの相手とは結婚出来ないんですか? まさかの展開で驚きます。 4、納蘭性徳は重要人物だと思いきや、最初の方しか出ない役なのですね。 終わるまでに一度は出番がありますか? お久しぶりです!趙雲伝以来ですね。 お元気そうでなによりです。 「花散る宮廷の女たち」私も楽しく視聴しています。 なので4については解答できませんが・・・他について 1、彼らが顔見知りになったのは 蒙古の王子ウルグンが狩の最中に射られた事件の時です。 恵妃の策略で皇太子が犯人に仕立て上げられ その無実を晴らすために彼らが一致団結し(とくに六喜が活躍します。 ) 皇太子の無実が証明されます。 2、演出だと思います。 史実では皇太子は素行不良で二度も廃されるのですが ドラマではヒロインと恋仲になるので どこか一部でも魅力的な人物にしなくてはいけない なので「心優しい」部分をあえて出しているから ちぐはぐな印象を与えるのだと思います。 3、私も視聴中なのでクライマックスはわかりません ただ・・・史実を考慮すると ここからはネタバレになるかもなので嫌なら飛ばして下さい) *ヒロインは第四皇子の側室になります。 また父皇帝が亡き後皇位を継ぐのは第四皇子です。 なのでヒロインの気持ちが廃された皇太子から 第四皇子に移るところが少しでも描かれないとリアリティに欠けるので そこは描かれるのではないかと思っています。 あるいは 話数の関係上、廃皇太子がヒロインを捨てる形にすることで 彼女の今後の安泰を確保するのかもしれません。 だとしたらクライマックスはヒロインと廃皇太子の別れの場面になると思います。 * 髪型・・・そうですよね清時代の髪型は特徴ありすぎですよね。 私も素敵にみえたことがないので苦手でしたが・・・ 最近ちょっと見方が変わってきまして 現在他局で「月に咲く花の如く」ってドラマが放送されていますが (それも清朝の話です。 )そこに出ている男性陣はイケメンですよ。 お一人はあの有名なピーター・ホーさんなので まぁわかるとして ヒロインの相手(というか結ばれはしないので良きライバルというか)は あの髪型なのにハンサムに見えます。 また「花散る~」よりも出演者さん皆が実力のある方ばかりなので 話自体に見ごたえがあります。 機会があれば是非一度ご覧あれ!.

次の