シトロエン c3。 新型シトロエンC3【買ったら注意の高額修理】とは?!

「シトロエンC3」の特別仕様車「セントジェームス」発売 【ニュース】

シトロエン c3

まずは走り出す前に、C3の簡単なおさらいから。 2002年に初代C3がデビューして以来、350万台以上がグローバルで販売されたシトロエンのベストセラーカーがC3だ。 初代、2代目と比較的丸みを帯びたデザインだったのに対し、3代目はそれを継承しつつも、かなりアグレッシブなデザインに生まれ変わった。 搭載されるエンジンは1. 6速AT(EAT6)と組み合わされ、1160kg(ガラスルーフ付きは+20kg)のボディを引っ張り上げる。 今回からC3にもいくつかアクティブセーフティ機能が搭載された。 >> 前置きはこのくらいにして走り出してみよう。 C3の置いてある場所からは、細い裏道をいくつか抜けて幹線道路に出なければならない。 その間、歩行者をはじめ、多くのことに気を付けなければならず、さらにはクルマに慣れていないため気が抜けないのだが、さすがはパリの裏道をも小気味よく走り抜けるC3だけあり、コンパクトなボディを生かしてスムーズに幹線道路までテスターを導いてくれた。 ここでおや?と思われた方もいるだろう。 そう、先代C3は悪評高きセミオートマチックで、発進停止がぎくしゃくするうえ、アイドルストップとの相性も悪く、こういったシチュエーションが最も苦手だったのだ。 >> しかし新型ではそんな心配はほぼ不要である。 それを除けば過去の悪癖はきれいさっぱり消え失せている。 エンジン性能は必要にして十分 さて、幹線道路に出て、アクセルを踏み込んでいくと、エンジン性能は必要にして十分であることがわかる。 2000rpmから2500rpmくらいでどんどんシフトアップしていくのだが、少しアクセルを踏み込めば、積極的にシフトダウンも行われるため、車線変更時の加速等も非常にやりやすい。 この印象は高速道路においても同様だ。 それなりにロードノイズは入ってくるものの、このセグメントのクルマとしては十分静かといえるだろう。

次の

C3/シトロエン|クルマレビュー

シトロエン c3

・デザイン(外装) はじめはおかしなデザインと思っておりましたが、これ以外ありえない!となってしまうほどハマっておりました。 人によってかっこいい、かわいい、変な顔…など色々な評価があると思いますが、その不思議さが愛らしいポイントなのかもしれません。 僕は「かわいい」と思っております。 他に見ないデザインなので、たまに他のc3と遭遇すると笑顔になれます。 京都だとサーブルのカラーが景観を損なうことなくイイ感じです。 ・居住性 運転席、助手席の座り心地はふわふわしていて疲れを感じさせません。 長距離移動をすることが多いですが、とても快適です。 ・CarPlay これは人によると思いますが、CarPlayを利用できます。 最近では国内車でもカローラで導入されていますが、いわゆるスマホ世代にはカーナビより使いやすいと思います。 Siriも使えます!.

次の

新型シトロエンC3はハイドロを超えた!? [シトロエン] All About

シトロエン c3

その斬新すぎるデザインが 街ゆく人の目と心を奪う オシャレなコンパクトカー・・・ 新型シトロエンC3! 斬新な外観のデザインに加え インテリアもシトロエンならではな 美的センスが光る雰囲気が ハンドルを握るたびに満足と 特別感をもたらしてくれるはず・・・ しかしあなたが新型シトロエンC3を 新車や新古車、中古で狙っているなら 注意したいポイントがあります! それはぶつけて壊すと 20万コースは覚悟の修理代が 降りかかってくるリスクのある部分! 新型シトロエンC3で注意したい ぶつけると高額修理覚悟の その部分とは・・・ リアゲート! 上に跳ね上がる リヤのハッチゲート。 どうぞご注意を・・・!! 新型シトロエンC3をお得に買うには? 値引きの期待ができない 新型シトロエンC3の新車や 新古車・未使用車・中古車。 注目のコンパクトカーの 新型シトロエンC3だけに 「えっ!そんな程度?!」 っていう値引き額にあなたの 大幅値引きの夢は打ち砕かれ・・・ そんな状況の中、 気になる新型シトロエンC3を 購入する際に値引き以上に 総額を大きく低減させる効果的な方法 があります^^ その方法とは・・・ いま乗っているクルマを高く下取らせること! いま乗っているクルマは 大きな資産であり高く買い取って もらえれば値引き以上のインパクト! 購入総額を大きく低減することが 可能になります。 愛車の下取り価格をアップ させることができれば ローンを組む上でも月々の出費を抑え 余分な金利分を減少させたりと いろいろと助かっちゃいますよね^^ ただし、 ディーラーと下取り交渉をする前に 注意する点が1点あります。 それは・・・ 自分のクルマの価値を知るということ。 あなたは自分のクルマが いくらの価値があると思いますか? 「10年落ち、10万kmだから20万円にもなればいいんじゃないかな~」 そんなふうに思っていて 自分のクルマの価値を知らないで 販売店に下取り額UPの交渉をしたら 大きな損をする可能性があります。 あなたが20万円くらいと 思ってた自分のクルマを 「25万円の下取り査定しますよ!」 なんていわれたら OKしちゃいますよね!? でも本当のあなたのクルマの価値が 60万円だったとしたら・・・?! 35万円も損することに なってしまいます!! この「自分のクルマの価値を知る」 ということはとても大切なことなので 覚えておくといいと思います^^ どうすればクルマの価値がわかるの? 中古車屋さんやクルマ買取店などを まわって1軒・1軒と見積をだして もらうのは現実的でありませんね! そこでおススメなのは、 インターネットの無料一括査定。 1回・1分程度の入力で 10社以上の買取価格がわかり、 自分のクルマの下取り相場を カンタンに知ることができます^^ 実際自分もクルマをインターネットで 一括査定をしたことがあるんですが、 けっこう衝撃的でした・・・ ホンダのアコードユーロRを 10年近く乗って9万kmオーバー。 30万ぐらいになればいいかな~ なんて思っていたんです。 この無料一括査定サービスは、 たった1分~2分程度の入力で あなたの愛車の価値がわかるので 気になる新型シトロエンC3を よりおトクに購入するために 無料一括査定で愛車の買い取り相場を 知っておいて損はないでしょう。 1~2分の入力で10万円トクするか、 それとも50万円もトクをするか。 はたまた自分の思い込みのせいで 後になって悔しい思いをするのか。

次の