インスタ タグ 付け 消す。 【インスタグラム】付けられた「タグ」を削除する方法 勝手なタグ付けをする迷惑スパムの拒否設定も紹介

【インスタグラム】迷惑なタグ付けスパムを拒否する設定方法まとめ【2020年最新版】

インスタ タグ 付け 消す

このページの目次 CLOSE• 1.インスタグラムで勝手にタグ付けされた…一体どうなる? インスタグラムの特徴とも言えるタグ付けは、冒頭でもお伝えした通り相手の許可無く勝手に貼り付けが可能です。 「 一緒に写っている人は、このユーザーだよ」 タグ付けの一例としてはこういった意味があり、閲覧者に分かりやすく説明を追加している感じですね。 タグはリンク表記になるので、ユーザーネームをタップすれば自動的に相手のプロフィール画面へ移動し、様々な情報を 確認できるのです。 では相手からタグ付けされたら、どのような変化が起こるのでしょうか? もし非公開設定になっていなければ、タグ付けを行ったユーザーのフォロワーから閲覧されるため、あなたの写真や動画などが一気に知れ渡る可能性があります。 また、そこから共通の趣味を持つ人が見つかるかもしれないので、 繋がりの輪がより広まるチャンスと言えるでしょう。 しかし、その一方で、全く知らない人でもタグ付けできてしまうので、自分の全く知らないところでタグ付けされるという不気味な気分を味わってしまいます。 特に、最近、当サイト管理者のLINEに、こんな声が届いています。 「勝手にタグ付けされて困っている。 タグ付けを消したい。 」 「プロフィール画面に知らない人の写真が表示されます。 消し方を教えてください。 」 「タグ付けできないようにする方法はないですか?」 このようなスパム的なタグ付けが横行しているのです。 しかも、知らない人から勝手にタグ付けされた場合、大人系の悪質なサイトへの誘導のためだったり、詐欺などの悪い事をしようとしたりしていることが多いです。 これらを拡散するために、無差別にタグ付けしてくるのです。 タグ付けされたからといって、アカウントの乗っ取られなどは起こらないにしても、あなたのアカウントが悪意ある宣伝に使われたり、あなたのことが不必要に知れ渡ってしまったりするので、避けたいですよね。 そこで、知らない人から勝手に タグ付けされた場合の 確認の仕方やタグ付けの 削除方法、タグ付けできないようにする 制限のやり方をお伝えしますね! 2.インスタグラムでタグ付けされたかを確認する方法 便利だけど少し厄介な機能であるタグ付けですが、タグ付けされたらどのように確認して対処するべきなのでしょうか? タグ付けされたら、まずは確認をしておきましょう。 確認方法は、該当するユーザーのプロフィールページへ移動し、画面中段にある「 タグ付け」タイコンをタップします。 すると「あなたが写っている写真」の画面に移動し、あなたのタグが付けられた写真の一覧が確認可能です。 もし相手が 非公開モードに設定している場合は、フォロワーのみがこの一覧を確認できます。 また、自身がタグ付けされたら、あなたのプロフィール画面の同じ項目のところに、数字が表示される場合があります。 このタグ付けされた写真の一覧を確認することにより、「誰かがあなたをタグ付けしましたよ」という意味になるので、そこからタグ付けされた写真まで進んでいきましょう。 3.インスタグラムでタグ付けされた場合の削除方法 身近な友人にタグ付けされるなら、特に問題はありませんし、少し嬉しい気持ちも沸き起こるかもしれません。 しかし、全く知らない人から スパム的に何度もタグ付けされたら、かなり不快ですよね? 現在のところ、設定によりますが、タグ付けは相手の許可はいらないので、簡単に付けることができてしまいます。 そのため、タグ付けの削除は投稿者以外で、タグ付けされた人も可能なので、不必要なタグ付けを確認したら削除しましょう。 以下から削除方法について紹介しますが、手順はiPhone、Android共に変わりません。 まずはインスタグラムアプリを起動し、トップページへ移動します。 そこから画面右下にある「 プロフィール」アイコンをタップし、プロフィールページへ飛びましょう。 すると画面中央右側に、「 タグ付け」アイコンがあるので、そちらをタップします。 「 あなたが写っている写真」のページへ移動し、タグ付けされた写真が一覧で表示されます。 削除したい写真をタップすると、写真のページへ飛ぶので、そこでもう1回写真をどこでもいいのでタップしてください。 すると「 タグマーク」が浮かび上がってくるので、あなたのタグを見つけてタップすると、次のように削除できる画面が表示されます。 ここで、「投稿から自分を削除」をタップすると、もう一度確認画面だ表示されるので「削除」をタップすれば削除できます。 又は、削除したい写真をタップして、自分のタグマークをタップした際、次のようにメニュー画面が表示されることがあります。 その際は、メニュー内にある「その他のオプション」をタップし、「写真から自分のタグを削除」を選択後、もう一度「 削除」をタップしてください。 これで削除は完了です。 4.何度も同じ人からタグ付けされたら…ブロックして対処する方法 タグ付けされたら、そのタグが不快なら削除を簡単にできます。 しかし同じ人から何度もタグ付けされたら、何度も削除をしなければならず、面倒に感じますよね。 インスタグラムでは知らない人でもタグ付けができてしまうので、それを回避する方法は限られています。 その方法とは「 該当するユーザーをブロックする」というもの。 ブロック方法は以下の手順で行いますが、iPhone、Android共に同じです。 まずは、何度もタグ付けをしてくるユーザーのプロフィールページまで移動し、画面右上にある「 ・・・」をタップします。 「・・・」をタップするとメニュー画面が表示されるので、そこから「 ブロックする」を選択してください。 又はこのように表示されます。 「 ブロックする」を選択してください。 たったこれだけでブロックが完了します。 ウザいタグ付けをしてくるユーザーに対しては、ブロックをしてそれ以降タグ付けされないようにしましょう。

次の

インスタでタグ付けされない設定方法!超簡単な知らない人やスパム対策!

インスタ タグ 付け 消す

「しばらくしてからもう一度実行してください」と表示されてタグ付けが行えない インスタの投稿で、画像にユーザーをタグ付けをしようとすると、 「コミュニティを守るため、特定のアクティビティは禁止されています。 」という内容のエラーメッセージが表示されてしまい、タグ付けが行えない不具合が確認されています。 複数のインスタアカウントを所持しているうち、メインアカでは問題なくタグ付けが行えるものの、 サブアカウントでタグ付けを行おうとした際にエラーが表示されるケースも確認されています。 タグ付けが行えないエラーを引き起こす原因として、次のものが考えられます。 アカウントが制限を受けている タグ付けを行う際、そのアクションが運営によってブロックされている可能性があります。 アクションがブロックされてしまう際は、インスタの利用ルールに違反する行為が見られた場合に アカウント制限になっていることが考えられます。 アカウント制限になってしまう原因としては、• 短時間に大量の「投稿、いいね、メンション、タグ付け、DM送信」を行う行為• センシティブな投稿を行った• 不愉快なコメントを送信した• 他ユーザーへの嫌がらせ• 他ユーザーからの報告 上記の行為によってアカウント制限になる可能性があります。 ユーザーの意図に反し、過剰な数の投稿やいいねによってスパムアカウントとして誤認されてしまうケースもあります。 ほとんどの場合は、タグ付けを含むアクティビティのブロックは時間経過によって解除される傾向があります。 解除されるまでの時間は、概ね 24時間後になっています。 インスタの不具合による影響 インスタの不具合によってエラーが発生しているケースがあります。 過去にも、一部のアクティビティが制限されてしまう事象が発生し、時間経過によって解消したことがあります。 自分以外のユーザーでも同様のエラーが確認されている場合は、インスタで不具合が発生している可能性が高いです。 こちらも時間経過によって解消されますが、問題の程度によって復旧まで時間が掛かってしまうことがあります。 タグ付けを行うユーザーネームを間違えている タグ付けを行いたいユーザーの ユーザーネームを誤っていると、検索結果に反映されないためタグ付けを行うことができません。 相手のユーザーネームの文字列をよく確認し、1文字ずつ確実に入力していきましょう。 候補に表示されるユーザーをタップすることで確実にタグ付けを行えます。 ユーザーネームが合っているのにも関わらず、検索結果に反映されない場合は次の原因が考えられます。 相手がタグ付けを許可しないにしている 投稿にタグ付けを行えない原因として、 相手側の設定が影響していることもあります。 相手が タグ付けを許可しない設定にしている場合、お互いにフォローしていてもタグ付けができません。 また、許可している設定の場合でも、 承認するまでタグ付けが行えない設定があります。 「設定」に進みます。 「タグ」を開きます。 フォローしている人• 誰にも許可しない 許可範囲を 「全員」もしくは「フォローしている人」であればタグ付けが行えますが、後者は相手が自分をフォローしていないとタグ付けできません。 手動承認設定にしている タグ付けを承認制にしている場合は、投稿時にタグ付けを行えても、 相手側にはタグ付けがされていません。 相手がタグ付けを承認しない限り、反映されません。 「設定」に進みます。 「タグ」を開きます。 また、承認設定は最下部の 「タグ付けを手動で承認」トグルをオフにすることで無効化できます。 トグルをオフにしましょう。 以降は承認なしでタグ付けが行えるようになります。 承認する際は、 「承認待ちタグ」を開きます。 「編集」をタップします。 選択後、 「追加」をタップします。 「プロフィールに追加」をタップします。 承認後、投稿にタグが付きます。 タグ付けされた後にタグ付けを削除した タグ付けが行えた後でも相手がタグ付けを削除することがあります。 気付いたときにタグ付けが外れている場合は、タグ付けを削除されたか相手のアカウントが削除されている可能性があります。 タグ付けを削除する前は表示されていますが、 相手側がタグを長押し、「削除」操作を行うとタグ付けが解消されます。 タグ付けの削除方法は、関連記事にて紹介しています。 関連記事• 相手にブロックされている・アカウントが削除されている タグ付けを行おうとしているユーザーが、 自分をブロックしているとタグ付けが行えません。 投稿画面でタグ付けが反映されていても、投稿後にはタグ付けが消失されてしまう挙動になります。 なお、Androidなどの機種では 「一致するユーザーが居ません。 」と表示される場合がありますが、何も表示されない場合もあります。 相手にブロックを解除してもらうまでタグ付けができないため、注意しましょう。 加えて、 相手のアカウントが削除されている場合も同様にタグ付けを行えません。 すでにタグ付けを行った投稿がある場合、その投稿に付いていたタグは消失します。 20人を超えるタグ付けを行っている ひとつの投稿に対し、 タグ付けを行える人数 ユーザー数 は20人までになっています。 20人を超えるタグ付けは行えないため、20人以上を超えるタグ付けを行いたい場合は投稿を2回以上に分けて投稿するようにしましょう。 エラーが発生しない予防策はあるのか 、アカウント制限による機能制限等は、 ユーザーのアカウントがスパムアカウントであると誤認されてしまうケースが多いため、短時間に多くの投稿を行ったり、ダイレクトメッセージの送信を行うなど、短時間にたくさんのアクションを行う行為はできるだけ避けた方が良いかもしれません。 スパムアカウント判定には、人工知能 AI によって自動的に判別されているため、誤認でアカウント制限になる可能性があります。 また、他ユーザーからの報告等によってアカウント制限になることもあります。 ストーリーでタグ付けを行えない原因 ストーリーで「メンション タグ付け 」ができない場合も先述の通り、相手側の設定やブロック、アカウント削除によって行えないことがあります。 メンションを付ける際に候補を選択することで追加できますが、ユーザーネームを入力しても表示されない場合があります。 「設定」を開きます。 「プライバシー設定」をタップします。 「メンション」を開きます。 「フォローしている人」もしくは「誰にも許可しない」にしていることでメンションを付けることができなくなるため、 「全員」もしくは「フォローしている人」のいずれかに変更しましょう。 ブロックもしくはアカウント削除でメンションが付けられない メンションを付けようとしているアカウントに ブロックされていたり、 アカウントが削除されているとメンションを付けることはできません。 メンションを付けることができる場合はタップするとプロフィール画面への遷移ができますが、 ブロックもしくはアカウント削除後はタップしても挙動がありません。 こちらも過去に投稿したストーリーで、削除されるまでの間にこれらのアクションがあった場合はメンションをタップしてもプロフィール画面への遷移は行えません。 対処法 タグ付けを行えない場合の対処法は、次の通りです。 アプリ版同様に、投稿アイコンをタップします。 「タグ付けをする」をタップします。 ユーザーネームで検索し、タグ付けを行います。 タグ付け完了後、投稿できるか確認してみましょう。 「データ使用量を軽減」を無効化にする 「データ使用量を軽減」を有効にしていると、タグ付けの動作に影響を与えていることも考えられます。 設定を有効にしている場合は、無効化にしてみましょう。 「設定」を開きます。 「モバイルデータの使用」を開きます。 「データ使用量を軽減」をオフにします。 オフ後、タグ付けを行えるか確認してみましょう。 アカウント制限に異議申し立てを行う アカウント制限に対し、異議申し立てを行うことで解消する場合があります。 24時間経過しても解消しない場合は、アカウント制限になっている可能性も含めて問い合わせを行いましょう。

次の

【インスタグラム】迷惑なタグ付けスパムを拒否する設定方法まとめ【2020年最新版】

インスタ タグ 付け 消す

インスタの3つのアップのやり方• 通常投稿• 一般的に「インスタに投稿する」と言えば、タイムライン(フィード画面)への「通常投稿」を指します。 写真を中心に「(自分のコメント)」や「ハッシュタグ」を付けた投稿で、見てくれた人が「」や「コメント」をくれたりするものです。 他には、24時間経ったら消えるというライブ感が特徴のやという投稿方法もあります。 画像を投稿する前に「スタンプ」「お絵かき」「」などで遊べる機能も人気です。 さらにもう一つ、「」という投稿方法も2018年6月から登場しました。 いわば「インスタ版YouTube」とも言えるもので、「縦型」で「長時間」の動画投稿に対応した機能なんですよ。 以上がインスタの3種類の投稿方法です。 今回は、最も一般的な「通常投稿」での投稿方法を紹介していきますね。 「」と「」は別記事で詳しくまとめているので、ぜひ読んでみてください。 でも、画像の加工やは出来ないなどの制限がいろいろあるので、断然スマホの方が使いやすいですよ! インスタの上げ方・手順を紹介!タイムラインへの投稿方法・編集・削除方法 では、実際のインスタのタイムラインへの「投稿方法・アップの仕方」や「編集・削除方法」を紹介していきますね! 今回は、もうインスタのアカウントを持っている人に向けた内容です。 まだアカウントが無い人は「」の記事を参考にしてアカウントを作ってから、この記事に戻ってきてくださいね。 ハッシュタグって、付けなきゃ投稿できないの? 答えは、「No」! ハッシュタグを付けても付けなくても投稿は可能ですよ。 インスタにあまり馴染みのない人には「インスタの投稿はハッシュタグ付けてアップしなきゃダメ」みたいなイメージがあるようですが、付けなくも全く構いません。 ハッシュタグどころか、(自分のコメント)すら付けなくても投稿okなんですよ。 ただ、 より多くの人に見てもらいたいならハッシュタグを付けることをおすすめします。 なぜなら、「ハッシュタグを付けないと自分のフォロワーにしか投稿が届かないから」です。 例えば、あなたのが5人しかいないとしたら、あなたの投稿はその5人にしか届きません。 ハッシュタグを付けて投稿したら、すぐにそのハッシュタグを検索してみてください。 (探す人がいないからですがw) きっとお気に入りのハッシュタグがあるので、いろいろ試してみてくださいね。 まとめ さいごに、今回ご紹介した「インスタの投稿方法」のポイントをまとめて並べておきますね。 インスタグラムの投稿とは「通常投稿」「ストーリーズ」「IGTV」の3種類!• 投稿は基本的に「スマホ」から。 (でも裏技で「パソコン」からも一応できる)• ハッシュタグは付けなくても投稿自体は可能 これでインスタグラムへのアップの仕方の基本はバッチリです。 まずはシンプルに「写真+キャプション」で投稿して、慣れたらハッシュタグをいろいろ付けていくとイイと思いますよ! スマホをよく使っているなら、フリマはメルカリの他にも使ってみましたか? 出品しなくても、買うだけならAmazon・楽天みたいに商品をポチッとするだけだし、 こちらの名前・住所も相手にはわかりません。 PayPay残高でそのままサクッとお買い物できますよ!.

次の