シラカバ 花粉。 シラカバ花粉症は果物で出る?その症状と治療について

桃やリンゴで口が腫れる果物アレルギーはハンノキやシラカバ花粉が原因?~カバノキ科花粉症とは

シラカバ 花粉

花粉症の方は、食物アレルギーの一種、果物アレルギー(口腔アレルギー症候群)に対する注意も必要です 夏から秋は果物が豊富です。 旬の果物は美味しく、水分、ビタミンの補給によい食物です。 花粉症の人は花粉が飛んでいない時も食物アレルギーの一種の果物アレルギー(口腔アレルギー症候群)に対する注意が必要です。 花粉症の人は果物アレルギーを起こしやすいのです。 果物アレルギーは花粉症より強烈な場合も 花粉症の人は花粉症の時期に花粉を含んだ空気を吸い込むと、のどの奥の痒みや痛みなどの違和感を感じますが、この時期に気をつけたいのは果物アレルギー 果物過敏症)です。 口腔アレルギー症候群では、特定の果物(野菜)を口に入れると、花粉を吸い込んだ時と同じように、 のどの奥、唇、舌の痒みや痛みを覚えます。 さらに 吐き気や下痢などの消化器症状を起こします。 花粉症ではあまり起きない 喘息発作を起して、救急車を呼ぶ事態になることもあります。 それでは、具体的にどんな果物(野菜)に気をつけなければならないのか?どんな花粉症の人が、どの果物にアレルギーを起しやすいのか?詳しく見ていきましょう。 果物アレルギーを起こす果物と野菜 口腔アレルギー症候群のことを、一般には 果物アレルギーと呼びますが、実際は 野菜も含んでいます。 口から入ったアレルゲンと花粉症を起こす抗体が反応してアレルギー反応を引き起こします。 シラカバ花粉症はスギ花粉症がない北海道に多い花粉症です。 果物アレルギーを引き起こしやすい特徴を持っています。 特にバラ科の果物の対するアレルギーを引き起こしやすいです。 秋に多い ブタクサ花粉症の人はウリ類(スイカ、メロン、キュウリ)に対する注意が必要です。 果物側からみると メロン、リンゴが起こしやすい果物です。 リンゴの場合は、生リンゴではアレルギーが起きても、リンゴジュースやリンゴジャムは加熱してあるためにアレルゲンが変化していて、アレルギーが起こらない事があります。 自分に果物アレルギーを起こす果物を覚えて予防! 吸入性の花粉症と違ってアレルギーを起こす果物(野菜)がわかれば果物アレルギー予防可能です。 花粉症の人は果物アレルギーを起こし易いので注意が必要ですが、花粉症がない人でも起きる事があります。 何か果物(野菜)を食べた時に口に違和感を覚えた時はその果物(野菜)の種類をまず記憶しましょう。 バラ科果物の場合はリンゴ、モモ、サクランボ、洋ナシ、ナシ、スモモ、アンズ、イチゴ、ウメ、ビワなどは、共通のアレルゲンを持つので、どれかを食べて違和感を覚えた時は他のバラ科果物に対しても注意が必要です。

次の

花粉症の時期、いつからいつまで?地域別花粉カレンダー

シラカバ 花粉

暖かい春は待ち遠しいけれど、花粉症の人にとっては、鼻水や目のかゆみなどの症状に悩まされるつらい時期です。 本州で猛威を振るうスギ花粉とは異なり、北海道ではシラカバ花粉が多く飛散しています。 ここでは、シラカバ花粉とはどういうものか、花粉の症状を抑える効果的な対策などをご紹介します。 シラカバ花粉とは? カバノキ科のシラカバから飛散する花粉が「シラカバ花粉」です。 日本では主に北海道や東北で観測されています。 一般的なスギ花粉が1月ごろから飛散するのに対して、シラカバ花粉は4月上旬から6月上旬と、短い期間に集中して飛散するのが特徴です。 シラカバ花粉の症状は、鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどといった、ほかの樹木の花粉症状と似ていますが、特徴的なのは口腔アレルギーを引き起こす点でしょう。 シラカバ花粉に含まれるたんぱく質と果物に含まれるたんぱく質はよく似ているため、さくらんぼやリンゴ、キウイなどを食べると、まれに口の中が腫れたりかゆくなったりするので注意が必要です。 シラカバ花粉に悩まされる人は、ハンノキ花粉にも反応する傾向があります。 花粉の侵入をシャットアウト!「マスク」 花粉症対策としてよく使用されるマスクは、着用することで鼻の不快症状を軽減し、花粉の吸入量を3分の1から6分の1程度にまで減少する効果があるといわれています。 マスクを選ぶ際のポイントとしては、顔にぴったりとフィットするものや息のしやすいものを選ぶことです。 花粉はとても微細なので、ちょっとした隙間からも入り込んでしまいます。 顔にフィットしていないと、マスクを着用する効果が低下してしまいます。 より花粉の除去率を高めるためには、マスクの中にガーゼをあてる(インナーマスク)ことをおすすめします。 これだけで除去率が99%以上にのぼるというから驚きです。 また、衛生面の観点からも、洗って何度も使用するタイプのものではなく、使い捨てマスクがいいでしょう。 「目薬」で花粉を洗い流そう 目のかゆみや充血、目ヤニなどの花粉症状には目薬(点眼薬)が効果的です。 これらの症状は「季節性アレルギー結膜炎」と呼ばれ、花粉症状がひどくなる前から目薬を使用し始めると、症状がひどくなるのを抑えることができるという研究結果もあります。 症状がひどくない人は、ドラッグストアなどで購入できる市販の人工涙液を点すのもいいでしょう。 目薬や人工涙液によって、目の中に入った花粉を外へ洗い流すことができます。 また、花粉症の人によく見られるドライアイを軽減する効果も期待できますよ。 「保湿ティッシュ」や「ワセリン」も活用した徹底対策 花粉症がひどくなると、1日に何度も鼻をかむことによって、鼻の周辺が赤くなったりヒリヒリと痛くなったりします。 ひどくなると皮がむけてしまい、人前に出るのも気になってしまいますね。 毎日のことだからこそ、肌に優しい保湿ティッシュを使ってみてはいかがですか? 保湿ティッシュは、パルプ材から作られるティッシュに保湿剤を加えて、滑らかな肌触りを実現しています。 ティッシュ特有のカサカサとした触り心地ではないので、1日に何度でも使用することができます。 自宅用、会社用、移動用と、いくつか用意しておくと安心です。 ワセリンは、原料となる油を純度が高くなるよう精製した保湿剤で、肌の乾燥が気になる女性にも使用されている保湿アイテムです。 ワセリンは肌の内部にまで浸透せず、肌表面に留まる性質を持っています。 そのため、鼻の穴や目の周辺にワセリンを塗ることで花粉がくっつき、皮膚粘膜の中まで花粉が侵入することを防ぐことができます。 ドラッグストアで手軽に購入できるのもうれしいですね。 ワセリンは軟こうの原料としても使用されているので、安心して使うことができます。 外から帰って来たら、花粉と一緒にすぐに洗い流しましょう。 正しい対策を知ってつらい花粉症にサヨナラ! 毎年つらい花粉症に悩む人は、症状が悪化しないよう正しい花粉対策を知ることが大切です。 マスクや目薬、ワセリンなどを使って、花粉が体内に侵入するのを防ぐことは十分できます。 マスクに関しては、できるだけ性能のいいものを選ぶことがおすすめです。 ほかにも、「花粉の飛散が多いときにはなるべく外出しない」「帰宅したら玄関で上着やコートに着いた花粉を払い落とす」なども心がけましょう。 ちょっとしたことでつらい症状を軽減することができますよ。

次の

シラカバ花粉の飛散開始時期について

シラカバ 花粉

シラカバ花粉症の発生地域と時期 シラカバは東北から北海道に自生する樹木ですが、本州でも高地では良く見られます。 高原の湖の水面に映るシラカバは、絵になる美しい風景ですね。 そのシラカバの花粉も、アレルギーを起こすことがあります。 北海道には花粉症はないと言われますが、それはスギ花粉のことで(正確には北海道の南部ではスギ花粉が見られます)、実は春になるとくしゃみをしたり目がかゆくなったりする人が結構います。 たいていは、シラカバ花粉症かハンノキ花粉症です(両方の場合が多いと思います)。 シラカバ花粉症は、当然シラカバのある地域でしか起きません。 本州の高地と東北と北海道ですね。 花粉の時期は4月初めからですが、当然北に行くほど(気温の低い地域に行くほど)、花粉の飛ぶ時期は遅くなります。 だいたい6月末には収束します。 ハンノキ花粉症の発生地域と時期 ハンノキは全国で見られる樹木です。 特に丘陵地帯や湿原などに多いので、都会ではあまり見ない木ですね。 スギ花粉がそうであるように、都会にはなくても、風に乗って遠くまで飛んでしまうので、ハンノキ花粉症は全国的に見られる花粉症です。 花粉の時期は東北以南では1月から5月いっぱい、東北では2月から6月、北海道では3月から6月いっぱいくらいです。 ハンノキ花粉症は北海道に多いと言われますが、スギ花粉症のある地域では「目立たない」だけなのではないかという気がします。 一般的に、ハンノキ花粉症はスギ花粉症より少し早いと言われているので、もしスギ花粉症より少し早く症状が表れた場合は疑ってみると良いと思います。 スギ花粉症の人の20%はハンノキ花粉症も持っているという統計もあります。 花粉症対策(アレルギー対策)は、何に対しての反応かを知ることから始まりますからね。 スギ花粉症の人がハンノキ花粉症も併発している場合、症状がひどくなることも多いです(ダブルパンチですからね)。 スポンサードリンク カバノキ科花粉症なら食べ物に注意! 花粉症があると、食べ物にもアレルギーがあることがよくあります。 特にシラカバ・ハンノキ(カバノキ科)花粉症の場合は、約半数の人が食べ物にアレルギー(口腔アレルギー症候群)を持っていると言われています。 バラ科の果物が良く知られていますが、最近大豆、特に豆乳に対してアレルギーを起こす例が多く報告されています。 豆腐や納豆などの大豆製品では大丈夫なのに、豆乳にだけアレルギーを起こすことが多いようです。 豆乳は他の大豆製品に比べあまり加工がされていないから、ということのようですが、まだはっきりとはわからないようです。 豆乳は健康食品として人気があり、牛乳の代わりに使われたりしていますね。 花粉症が起きている時期は、 口腔アレルギー症候群が起きやすくなりますので、今まで食べ物にアレルギーを起こしたことがない人も、充分注意してください。 アレルギーは、突然出てくることもあるからです。 まとめ アレルギーに関しては、とにかく自分が何に対してアレルギーがあるのかを知り、その「アレルゲン」を遠ざける、というのが第一になります。 アレルギーかなと思ったら、専門医の診察を受けるようにしましょう。

次の