三人称 視点。 三人称一視点と一人称の違いとは?・ラノベ創作Q&A

小説の一人称視点&三人称視点の書き方|特徴と強みで使い分けよう

三人称 視点

この記事の目次• 色々な文章 小学生の時に書いた作文や、小論文・研究論文などの論述、メールやブログなどの文章、そして小説。 文章にはいろいろな種類があります。 これらの文書にはどんな特徴があるでしょうか。 作文:私は、昨日遠足に行きました。 楽しかったです。 論述:遠足は児童の発達のために集団で遠出をする行事です。 メール:昨日遠足に行ったんだ。 楽しかった。 小説1:私は昨日、遠足に行きました。 楽しかったです。 小説2:アカネは昨日遠足に行きました。 楽しそうでした。 それぞれ微妙に違いますね。 何が違うのでしょうか。 これらは「話し手」がちがうのです。 作文:私は、昨日遠足に行きました。 楽しかったです。 作文の話し手は「私=作者」です。 作者が自分に起きた出来事や、考え方を書いているのです。 論述:遠足は児童の発達のために集団で遠出をする行事です。 論述の話し手は、「世間一般」。 世間一般、などというと抽象的でイメージしにくいので、TVのニュースでアナウンサーが話している様子を想像すると良いでしょう。 「昨日、~で式典が行われました。 」というときのアナウンサーの立場は通常、世間一般です。 メール:昨日遠足に行ったんだ。 楽しかった。 メールは作文に似ています。 「私=作者」です。 ただ、メールの相手は作者のことをよく知っていたりしますので、情報が絞られ、文体が崩れていたりします。 例文でも「私」が省略されていますね。 小説は2つのパターンがあります。 小説1:私は昨日、遠足に行きました。 楽しかったです。 1つ目は一字一句作文と同じ文章です。 でも、作文の文章とは違います。 「私」と書いてあっても、主人公がアカネさんならば、「私=アカネ」ですし、タカシくんなら「私=タカシ」ですね。 作者自身が主人公になる場合もありますが、その場合は作者が小説の登場人物になっていると考えます。 実はこれが「一人称視点」と呼ばれる小説の文章です。 私が、僕が、俺が、ボクが、など、言い方は様々ですが、私=主人公の関係が成立しています。 もう一つの文章は、三人称視点と呼ばれます。 小説2:アカネは昨日遠足に行きました。 楽しそうでした。 小説っぽい文章だと感じた人もいるかもしれません。 物語を語っているのは、私でも、もちろんあなた(読者)でもない第三者、いわば「ナレーター」です。 ナレーターが第三者の視点から語ってゆく形式が三人称視点です。 小説には、この2つの視点があります。 どちらも得意な表現と、苦手な表現があり、どちらを選ぶのか、小説を書き始める一番最初に決めなくてはなりません。 なぜなら、途中から変更するのは大変だからです。 小説を書こうとしたときに最初にぶつかる、とはこのような理由からなのです。 次は2つの特徴をそれぞれ見ていきましょう。 一人称視点の特徴 一人称視点の得意なこと 主人公の心理を表現するのが得意です。 何しろ主人公自身が語っているのですから。 また、書き手にとっては書きやすいかもしれません。 自分が主人公になりきって書けばいいので、日記や作文のように書くことができます。 読者も、主人公になりきって読めばよいので、読みやすいでしょう。 一人称視点の苦手なこと 主人公以外の心理を直接描写できない 苦手なこともあります。 主人公が見たもの、聞いたこと、感じたことを書いてきますので、主人公以外が感じたものは書くことができません。 「ピーマンは食べたくない。 」 山田君はそう言った。 私は彼の言ったことは理解できた。 だれもあんなに苦いピーマンを食べたいとは思わないだろう。 とは書くことができても、 ピーマンは食べたくない。 山田君はそう思った。 私は彼の気持ちは理解できた。 だれもあんなに苦いピーマンを食べたいとは思わないだろう。 はNGです。 私が話しているので、山田君が思ったことを「思った」と書いてはいけません。 ただし、山田君が思ったであろうことを主人公が想像した事実を書くのは問題ないのです。 ピーマンは食べたくない。 山田君はそう思ったのだろう。 私は彼の気持ちは理解できた。 だれもあんなに苦いピーマンを食べたいとは思わないだろう。 主人公以外の気持ちを書きたければ、主人公が推測するか、本人に語らせるか、他の人から伝え聞くかしなければなりません。 登場人物が多い場合は、不便といえば不便です。 客観的な描写が難しい 描写というのは、文章で物事を「説明」することです。 例えばこのようなものです。 不気味な館だ。 その古めかしい洋館は、蔦に覆われ窓ガラスは割れていた。 古い洋館を描写しています。 上の文はなにも違和感がないと思いますが、実は難しい問題が隠れています。 一人称視点の場合、この文書を語っているのは主人公です。 主人公が見た館の様子を語っています。 しかし、この館が本当に不気味なのかはこの文章ではわかりません。 不気味と書いてあるじゃないか! そう思うかもしれません。 でもこの館は、本当は何の変哲もない古い洋館かもしれません。 主人公にとって、不気味に見えたというだけで、客観的に不気味だとは限らないのです。 主人公が怖がりなので、そう見えたかもしれませんし、気分が乗らないからそう見えたのかもしれません。 このように、主人公を通してしか描写できないのが、一人称視点の良いところでもあり、弱点でもあります。 それから、他にも問題があります。 主人公が気絶したら話が進まない 主人公の視点で話が進むのであれば、気絶してしまっては話が進められません。 そんなときはどうなるのでしょう。 答えは「気絶している間は、話が進まない」です。 気絶している間の話は他の人から伝え聞くような形式になるでしょう。 主人公の語彙力を超えてはいけない 主人公の視点なのですから、主人公が大人なのか、子供なのか、女なのか男なのかで、使う言葉が変わってきます。 幼稚園児が主人公の話で、 僕は、あの時ピーマンを食さなかった事実を、受け止められないでいる。 とは思いません。 普通の幼稚園生はたぶん文章を書けませんが、もし書くとしたら ぼくはあのときピーマンを食べなくてわるかったなと思った。 とでも書くでしょう。 人の思考は、使っている言語と密接に結びついています。 主人公が考えたことを描く場合は、主人公の語彙の範囲で書かなくてはいけません。 主人公がいない場面が書けない 気絶の例と近いですが、主人公がいない場所で起こったことは描写ができません。 主人公が学生だとして、遠く地球の裏側で起こった事件の始まりを描写することはできません。 描写するとしたら、他の登場人物から伝え聞いた、何かで情報を得た、という形をとる必要があります。 三人称視点の特徴 三人称視点は、登場人物の誰の視点でもない、物語を俯瞰するナレーターの視点です。 ナレーターは、登場人物たちに起こることを客観的に語っていきます。 三人称視点の得意なこと 客観的な描写ができる 先ほどの洋館の例でいえば、一人称の場合は、「不気味な洋館」と言っても客観的に「不気味」とは言い切れないということがお分かりいただけたかと思います。 それに対して、三人称で「不気味な洋館」と書いたら、誰が何と言おうと不気味なのです。 誰の意見でもなく、客観的な視点から見ているからです。 全ての登場人物の心理描写ができる 三人称視点では、いろいろな登場人物の心理描写ができます。 A君はまだいけると思った。 B君はダメだと思った。 二人の考えは全くの逆だったが、同じ方向に走り出していた。 このように、A君の考えも、B君の考えも書くことができます。 三人称視点は客観視点なので、登場人物の心理描写ができないと主張する人もいますが、結論から言うと、三人称の場合は心理描写をしてもしなくても自由なのです。 して普通の三人称を三人称一視点、三人称神視点とか三人称完全客観型などという用語も見かけます。 三人称視点で、複数の登場人物の心理描写はできます。 というより、心理描写をしようがしまいが、自由なのです。 心理描写を排して完全に客観で書くこともできますし、主人公の心理だけを書いて他の登場人物は書かない、全員の心理を書いてもいいのです。 三人称視点の苦手なこと 一人称視点より書くのが難しいと感じるかもしれません。 三人称は誰が何を感じて何をしているのかをイメージし、明確に読者に説明しなくてはなりません。 一人称視点なら、~だと思ったと書けば自動的に主人公の考えだとわかりますが、三人称の場合は、誰が考えているのかを説明しなければなりません。 客観性が一人称よりも高いので、読むのも一人称視点の小説に比べると少し努力が必要かもしれませんね。 WEBでよく見かける三人称の類型 WEB上では研究熱心な作者たちがいろいろな三人称視点の分類を作っています。 分析にはいいかもしれませんし、小説を作る場合も参考になるかもしれません。 ある一定のルールの上に文章を作るのは良いことです。 でも、あまり凝りぎるとよくわからなくなってしまう可能性がありますので、ほどほどにしたほうがよさそうです。 三人称一元視点or三人称一視点 一人称の「私」を登場人物名に置き換えたもので、主人公の心理描写はしていいが、他の登場人物の心理描写はしてはいけないというルールのようです。 タロウは鬼が憎いと思った。 キジもそう思っているようだ。 三人称神視点or三人称神視点多元型 どの人物の心理描写をしてもOKとする立場のようです。 あたかも全登場人物の心の中がわかるので、神視点と名付けられています。 タロウは鬼が憎いと思った。 キジもそう思った。 三人称神視点客観型 神様が雲の上から舞台を俯瞰しているイメージで描写されます。 遠くから見ているので、心理まではわからないという風に説明されます。 だれの心理描写もしてはいけません。 タロウは鬼が憎いと思ったようだ。 キジもそう思っているようだ。 二人称 二人称はあなた、つまり読者なのですから、二人称は存在しないといっていいでしょう。 時々、下記のような読者にかたち掛けている文や、 読者諸君、君たちは今こう思っただろう、彼女に幸あれと! 読者が主人公かのように語られている下記のような文章、 君は今、古い洋館の前に立っている。 威圧的なファサードに怖気づいていることだろう。 これを二人称だとする主張がありますが、この文章を語っているのは読者ではありませんから、二人称ではありません。 一人称か、三人称です。 視点について、特に三人称についてはいろいろな流派があって、みな主張が違い、おまけに三人称多元視点はだ駄目とか、神視点でも一元視点の方がいいとか、視点で優劣が設定されていたりします。 作品にプラスに働けば、どんな分類をしてもよいと思います。 しかし、あまり縛られすぎるのはよくありません。 基本的には三人称は自由度が高いとかんがえてよいでしょう。 裏技もあります 視点について理解できましたか? 最初にどちらの視点を選ぶか決めて小説を書いていきましょう。 文章の途中で視点が変わるのはNGです。 どちらかに絞りましょう。 しかし、裏技もあります。 章が変わるなど、明らかに文章が区切られている場合は、途中で視点を変更しても許されます。 この技を使えば、主人公の語りで日常が書かれてゆき、地球の裏側の話は三人称になる、ということが可能です。 よくあるのが、犯人の犯行の様子は三人称で書かれ、探偵である主人公のパートは一人称で書かれる形式です。 とはいえ、あまりに多くの視点を混ぜてしまうのは考え物です。 特に、複数の登場人物が一人称を使うと、収拾がつかなくなりがちです。 おすすめの記事 これで人称についてはずいぶん理解が進んだのではないかと思います。 人称が理解できたら参考になりそうな記事を載せておきますので、参考にしてくださいね。 まとめ 小説は自由です。 作者が伝えたいことが意図通りに読者に伝われば、形式に縛られる必要はないのです。 とはいえ、一人称、三人称くらいは守っていくことによって、読者も安心して読み進むことができるのです。 最低限のルールを守って素晴らしい作品を作ってくださいね。

次の

一人称・三人称視点の小説の違いを解説|もうエタるのはやめた!

三人称 視点

日本人には三人称視点TPSが人気らしい 日本で発売されるゲームは主人公が見える三人称視点のゲームが人気です。 欧米などは一人称視点のゲーム中心らしいですね。 というか、欧米のゲームって一人称視点のサバゲーのイメージが強いです。 なぜ日本人が三人称視点が好きなのか?の理由についていくつかあげてみました。 三人称視点だとどこに立っているのかわかる• 全体の動きが把握できる• 背後の様子が見える• 画面に酔わない• なんとなくぼんやりしていてもプレイ可能• 主人公が活躍している?姿が見える なんだか一人称視点のFPSが苦手な理由と通じていますね…。 一人称視点のFPSが嫌い、苦手な理由 日本では三人称視点ゲームが人気らしいですが、調べていくうちに一人称視点のゲームの嫌な部分、苦手な部分が原因で人気が無いのかもしれないと思いました。 一人称視点のゲームの嫌がられるポイントをまとめてみました。 足元が良く見えない• 自分の背後が全く見えない• 視野が狭い• 画面に酔う• 周りを敵に囲まれると見えずらい分、パニックになる• とにかく周りが良く見えない• 不安になる 一人称ゲーム、日本的感覚だと恐怖心が大きくなる 一人称視点のゲームが人気がでないのは「見えない」ことが理由として多数意見です。 そういえば欧米のホラーというのはスプラッタ系で血みどろとか、悪魔など直接的なものが怖い要素という話をアメリカアニメのシンプソンズで見ました。 バイオハザードとかやってみると、あの曲がり角にゾンビが…とか後ろから変な物音が聞こえる…というシチュエーションがよくあります。 そんなシーンの恐怖心は欧米人よりも日本人の方が敏感に感じ取ってしまうのかもしれません。 で、恐怖心を人一倍感じているのに周囲の状況はよくわからないわ、自分の足元は良く見えないわ(しかも歩いている感覚もない)敵に囲まれても逃げる場所さえもよく見えない…。 相当集中していないとプレイできないし、精神的にすり減ってしまうように感じます。 一人称視点のゲームがうまい人の特徴 怖いばかりで周囲の状況確認もままならない(日本人の感覚にとって)のに、一人称視点のゲームが上手い人もいます。 どんな人が一人称視点のゲームが上手なのか、上達するのかまとめました。 自分がどこにいればベストポジションなのか把握できる(強ポジション取り)• 集中して必死にプレイできる• 立ち回りが上手い• 立ち回りと同時にマップもよく見てる• いるかもしれない、あるかもしれないというポリシー(あの角に敵が、この下は地雷とか)• 常に冷静でいられる• ゲームに熱中できるほどの熱意がある• 地形、アイテム、高低差、効果音、様々な要素全てを五感で感じて行動できる• さらに画面すべてから見えるもの、隠れている部分の予測、音などのすべてから状況がどう変わっていくのか判断できることが必要です。 こうして一人称視点のゲームに必要な能力をまとめるとかなり高度な能力が求められているようです。 これだけの能力を発揮するとなるとゲーム自体が娯楽というより訓練寄りの作業になりますね。 ゲーム自体がストレスになりそうな難易度です。 一人称視点のゲームって、基本的に難しいのでゲーム自体が面白くないと続かないと思います。 何度もプレイしようと思えるほど面白さが必要です。 一人称視点のゲームで一番人気といえばです。

次の

Apex Legendsの射撃訓練場で三人称視点でプレイする方法!三人称視点で攻撃してくるBotと撃ち合うこともできます!

三人称 視点

市販されている多くの小説で採用されている視点で、 地の文 会話文でない文 の記述方法の一種です。 まず、「三人称」の部分は文字どおりですね。 彼や彼女、人名など、三人称を主語にした文です。 主語は、特定の人物に限定する必要はありません。 問題は「視点」です。 一元視点に限った話ではなく、 「1つの節で内面描写できる人数」によって分かれます。 0人なら客観視点やカメラ視点、2人以上なら神の視点。 そして一元視点は、1人に限定するというものです。 たとえば、次のような文があるとします。 ------- 「おはよう」 彼は眠気をこらえながら言った。 彼女はおかしそうに笑いながら応じる。 「おはよう。 眠そうだね」 ------- 「眠気をこらえながら」は「彼」の内面です。 他方、「おかしそうに」は内面ではありません。 あくまで、「外からはそう見える」だけですよね。 だから、これは一元視点だと判断できます。 では、今度はどうでしょう。 ------- 「おはよう」 彼は眠気をこらえながら言った。 彼女はその表情を面白く思いつつ、 「おはよう。 眠そうだね」 ------- 今度は、「彼女」の内面も入っていますよね。 これが神の視点 多元視点とも と呼ばれる視点です。 最後に客観視点 カメラ視点 ですが、 ------- 「おはよう」 彼は眠そうに目をこすりながら言った。 彼女はおかしそうに笑いながら応じる。 「おはよう。 眠そうだね」 ------- 2人とも、内面を直接描写はしていません。 ただ、この視点が用いられた作品は非常に少なく、 私が知る限りライトノベルの『キノの旅』くらいです。 厳密には、一部ほかの視点で記述された短編もある また、神の視点にもいくつかレベルがあります。 狭い神の視点は上記のとおりですが、広くなれば、 「未来から遡っての記述」や「作者の視点」も入ります。 未来からというのは、日記のような形式でもないのに、 「このときの彼には知る由もなかったが……」などと、 あとになって発覚した事実がいきなり入るケースです。 一元視点による記述でも、しばしば用いられます。 細かく見ていけば、まだ細分化できる部分もありますが、 大枠としては上記のように捉えておけば良いでしょう。 私はこれまで、不都合を感じたことはありませんし。 よし、俺は固有名詞を使って例文をつくるぞ。 トムは、台所から微かに聞こえる金属音を聞きつけた。 瞬時に湧き起こる食欲に突き動かされ、駆け出す。 台所に着いたトムの目に映ったものは、桃缶でしかなかった。 たぶん、これが三人称一元視点って奴だよ。 閉じられていた目が開かれ、四肢に力が漲る。 「あら、おはよう、桃缶だけど食べる?」 あれほど漲っていた力が抜け、尻尾が力なく垂れ落ちる。 トムは、悄然と先程まで微睡んでいた場所へと戻るのであった。 これが同シチュエーションの完全客観だな。 ちと難しいかもしれないけど、彼自身意識する事のない部分を取り上げる事ができるのが、客観の特徴だな。 あと、主観での描写では視点保持者にとって、意味をなさないもの 例文中「あら、おはよう、桃缶だけど食べる?」という日本語の音声 は省かれる傾向があるね。 読むにも、書くにも重要なのは主観か客観かであって人称はあまり重要じゃない ……ような気がする.

次の