突発 性 難聴 めまい。 【体験談】突発性難聴のめまい・ふらつきを抑える日常生活でできる工夫とポイント

突発性難聴について

突発 性 難聴 めまい

Cross section of the cochlea. 分類および外部参照情報 - - - 突発性難聴(とっぱつせいなんちょう、英名:Sudden Deafness(SD)もしくはSudden Sensorineural Hearing Loss(SSHL))とは突発的におきる原因不明の急性感音である。 突発的な発症が特徴であり、「いつからかははっきりしないが、徐々に聞こえなくなった」ような難聴は突発性難聴ではない。 原因は不明で、有力な説として説、循環障害説などがいわれ、発症して約1カ月で聴力は固定してしまうため、早期発見、早期治療が非常に重要である。 2001年のの調査では、全国に年間3万5000人 人ロ100万人に対して275人 の患者がいると推定される。 強力なによって聴覚機構を構成する器官のやが障害を受け生じるとは区別される。 概要 [ ] 突発性難聴は1944年 De Kleynにより初めて報告された。 突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である。 発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である(たとえば「朝、起きたら」とか、「図書館に行く前はなんともなかったのに、図書館から帰ってきたら聞こえが悪くなっていた」とかである)。 ある程度の時間をかけて徐々に難聴が進んだようなケースは突発性難聴とはされない。 随伴症状として耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多く、半数程度の患者は発症の瞬間には強いめまいを伴う が強いめまいは1回だけであり、強いめまいを繰り返したらほかの疾患の可能性を考える。 原因は不明であり、かつ原因が不明であることを本症の定義とする。 したがって単一の疾患とは限らず、突発性・原因不明を条件とした感音性難聴を一括した疾患群である。 再発は無く、再発の場合は突発性難聴以外の他の疾患を疑う。 原因がわかるものは突発的な難聴であっても、本症とはせず、原因にしたがって診断名をつける。 当初は突発性難聴と診断されても、その後に原因が判明すれば診断名を変更する。 疫学 [ ] 2001年の調査では、全国受療者数は年間35,000人(人口100万人対で275. 0人)である。 発症率に男女差はない。 発症は50〜60歳代に多いが、小児の発症もあり、全年齢 で見ることができる。 遺伝的要素はみられない。 原因 [ ] 内耳などに障害が生じるの一種と考えられているが、原因は不明である。 原因が不明な突発性の難聴を本症と定義するためである。 内耳循環障害説では健康人の発症が多いことや、再発しないことが説明できず 、きわめて症状が似ている疾患に 感染によるムンプス難聴や感染による内耳炎があり、ウイルス原因説には矛盾はないため、感染説が有力とされている。 ムンプスで一側の高度難聴をきたすことはよく知られている。 薬剤 (感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからウイルス感染を原因とする説との血流が妨げられ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすという内耳循環障害説などがある。 患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする意見もある。 症状 [ ] 発症は聴力が低下した瞬間を確実に自覚できるほど即時的(突発的)である(たとえば、ある朝起きたら片耳が聞こえにくくなっていた、TVを見ていたら突然音声が聞き取れなくなりTVの故障かと思ったなど)。 症状は軽〜重度の難聴が主症状であり、ほとんどの患者でも伴う。 それに加えて耳閉感を伴うことも多い。 約半数の患者で強いめまいを伴うがめまいは反復することはない。 難聴であるにも関わらず一定の音量を超えた音が健常耳に比べ「異常に響き」耳への刺激感・苦痛になる(リクルートメント現象)を呈することもある。 ほとんどの場合片側のみに発症するが、稀に両側性となる場合もある。 検査 [ ] 問診と純音聴力検査が主である。 突然の難聴を症状とする他疾患の鑑別の為に諸検査も行われる。 聴神経腫瘍を鑑別するためのレントゲン撮影やMRI、内耳性感音性難聴であることを確認するためのABLBテスト、SISIテスト、自記オージオメトリー、内耳梅毒でないことを確認するための血液検査などである。 鑑別 [ ] 鑑別すべき疾患には、、、、やなど原因の推定される内耳へのウイルス感染症 、 、、、などがある。 低音障害型の難聴を繰り返した場合はメニエール病を、鼻をかむ・・力む・高山へのドライブ・飛行機の離着陸・ダイビングなどをきっかけとした場合や水が流れるような音の耳鳴、耳内に水の流れる感じのある場合あるいは、発症の瞬間にpop音(何かがはじけるような音)があるような場合は外リンパ瘻を疑う。 治療と予後 [ ] 適切な早期治療と安静が極めて重要である。 重度であれば入院での加療が望ましいとされ、治療方法は前述の仮説を想定したものが中心となる。 一般的には発症から1週間以内に治療されれば治療成績は比較的良好であるが、それ以降は治療成績は落ち、2週間を過ぎると治癒の確率は大幅に低下する とされている。 発症して約1カ月で聴力は固定してしまうため、3分の1が完治し、3分の1が回復しても難聴が残り、残りの3分の1は治らずに終わるといわれる。 治療方法はの投与(パルス療法という、最初に多量を服用し、少しずつ薬を減らしていき、治療が終わるまでこれを繰り返す用法を使う。 ほとんどの施設で第一選択になっている) 、あるいは血流改善剤( )、代謝促進剤( )、、注射等である。 難聴が極めて高度な場合、聴力が一ヶ月以内に回復しない場合、初期にめまいを伴うものは聴力予後が悪いといわれている。 診断基準 [ ] (厚生省・急性高度難聴に関する調査研究班、1975)による。 主症状• 突然の難聴• 文字通り即時的な難聴、または朝眼が覚めて気付くような難聴。 ただし、難聴 が発生したとき「就寝中」とか「作業中」とか、自分がその時何をしていたか が明言できるもの。 高度な感音難聴• 必ずしも高度である必要はないが、実際問題としては高度でないと突然難聴になったことに気付かないことが多い。 原因が不明、または不確実• つまり、原因が明白でないこと。 副症状• 耳鳴り• 難聴の発生と前後して耳鳴りを生ずることがある。 めまい、および吐き気、嘔吐• 難聴の発生と前後してめまいや、吐き気、嘔吐を伴うことがあるが、めまい発作を繰り返すことはない。 診断の基準• 確実例 : 主症状、副症状の全事項をみたすもの。 疑い例 : 主症状の1. および2. の事項をみたすもの。 の有無は一定せず。 聴力の改善、悪化の繰り返しはない。 一側性の場合が多いが、両側性に同時罹患する例もある。 以外に顕著な神経症状を伴うことはない。 出典・脚注 [ ]• 2020年6月12日閲覧。 De Kleyn A. Sudden complete or partial loss of function of the octavus-system in apparently normal persons. Acta Otolaryngol 1944; 32: 407-29. 切替 他『新耳鼻咽喉科学 第10版』、P185• 加我 他『新臨床耳鼻咽喉学 2巻-耳』、P438• Fukuda S, et al. An anti-mumps IgM antibody level in the serum of idiopathic sudden sensorineural hearing loss. Auris Nasus Larynx 2001;28(suppl. ): S3-5. 千田英二、佐藤信清、福田諭 ほか 、 Otology Japan. , 1992年 2巻 5号 p. 674-679, :• 2011. 09閲覧• 加我君孝、市村惠一、新美成二 編著『新臨床耳鼻咽喉学 2巻-耳』、中外医学社、2002、• 切替一郎 原著 野村恭也 編著『新耳鼻咽喉科学 第10版』、南山堂、2004、 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

突発性難聴の症状・原因・治療法|頭痛・めまいの症状からわかる病気一覧

突発 性 難聴 めまい

耳鳴りとほかの症状を起こす病気には何があるか 病気がない健康な人でも、音がない 静かな環境で耳鳴りが聞こえることがあります。 音がない部屋に入ったとき、静かな夜にベッドに入ったとき、耳を手で塞いだときなどに耳鳴りを経験した人は多いと思います。 このような状況での、一時的な耳鳴りは正常です。 病気が原因で耳鳴りが聞こえる場合について、「」で説明しています。 耳鳴りが唯一の症状となっている場合もありますが、耳鳴りと同時にほかの症状が出ていれば、原因を知る手がかりとなります。 このページではめまいと頭痛に注目して、症状の組み合わせに対応して考えられる病気の中から一部の例を挙げて説明します。 耳鳴りとめまいを起こす病気の例として以下が考えられます。 耳鳴りと頭痛を起こす病気の例として以下が考えられます。 ラムゼイハント症候群• 以下ではそれぞれの病気の特徴などを説明します。 メニエール病 は、耳鳴りとともに目の前がグルグル回転するように感じる 激しいめまいの 発作を起こします。 の主な症状を挙げます。 めまい• 耳鳴り• 耳が詰まった感じ(耳閉感)• 吐き気• 嘔吐 このような発作を何度も繰り返すのがの典型的な症状です。 の原因は内リンパ水腫( 内耳にあるリンパ液が増えすぎた状態)です。 内耳は耳の奥の部分にあたり、音を脳に伝える働きのほか、身体の傾きや加速度を感じる働きを持っています。 内耳の正常な機能によって身体は平衡を保っていられるのですが、では内耳の異常のため、音についての症状(耳鳴り、)と平衡についての症状(めまい)が一緒に出ます。 内リンパ水腫が起こるそもそもの原因ははっきりわかっていません。 に対しては、症状を軽くすることや発作の再発を減らすことを目的に、薬や手術の治療があります。 の症状に当てはまると思ったら、で診察を受けてください。 詳しくは「」で説明しています。 聴神経腫瘍(脳腫瘍) 音が脳に伝わる経路にができて、・耳鳴りとめまいが起こることがあります。 グルグル回転する感じよりも、ふわふわとするめまいのことが多いです。 めまいの特徴がはっきりしないこともあります。 通常は ゆっくりと症状が進行していきます。 音は内耳で電気信号に変換され、音の信号は蝸牛神経という神経を通じて脳に送られます。 内耳には身体の回転や加速度を感じている部分もあり、その信号は 前庭神経から脳に送られます。 前庭神経と蝸牛神経は脳に近い側で束になっているので、まとめて前庭蝸牛神経、聴神経、内耳神経とも呼ばれます。 加速・回転の信号と音の信号は聴神経を通って脳にたどり着きます。 聴神経に 腫瘍ができると、加速・回転の信号と音の信号の両方が影響されることにより、耳鳴りとめまいが一緒に現れることがあります。 腫瘍は週から月の単位でゆっくりと大きくなっていくので、症状が出る場合もしだいに進行することが多いです。 めまい・耳鳴りが長く続いている場合は、医療機関で診察を受けてください。 自律神経失調症 は、ストレスなどと関係して、頭痛や肩こりなど身体のあちこちに症状が現れる病気です。 の症状は人によって大きく違いますが、出やすい症状の一部の例としては以下のものがあります。 身体の症状• 首の痛み、首こり、肩こり• 背中の痛み、背中のこり、腰痛• 食欲不振• 手足の冷え• 生理不順• 生理痛• めまい• だるさ• 精神の症状• うつ、気分の落ち込み、意欲の低下• 不眠 どの症状も、出る人もいるし出ない人もいます。 はで診ています。 の治療では 抗不安薬や睡眠薬が使われます。 自律神経調整薬と呼ばれる薬もあります。 ストレスを軽減するために、 認知行動療法など様々な心理療法も行われます。 更年期障害 の症状として頭痛と耳鳴りが同時に出ることも考えられます。 女性の体の中の エストロゲンという女性 ホルモンの量は、40代半ばごろから急激に減っていき、50歳頃で閉経になります。 閉経前後の突然の変化によってが起こります。 で以下のような症状が出る場合があります。 ほてり、のぼせ、発汗• イライラ、不安、気分が落ち込む、うつ• 集中力の低下、意欲がわかない• 物忘れ• 頭痛、頭が重い感じ• 目が乾く、疲れ目• 首の痛み、首こり、肩こり• 背中・腰の筋肉痛、こり、腰痛• めまい、ふらつき、立ちくらみ• 耳鳴り• 疲れやすい、だるい、 倦怠感• 動悸、 頻脈、胸の痛み• 息切れ、息苦しさ• 吐き気、嘔吐、食欲不振、、下痢• 手足のしびれ、手足の冷え、震え、力が入らない、関節痛• むくみ• 生理不順、性交時痛、、 外陰部のかゆみ• 尿が出にくい、残尿、 頻尿、尿失禁 はで診ています。 治療としてはホルモン剤などを使う方法があります。 片頭痛 ()は激しい頭痛を特徴とする病気ですが、「前兆」と呼ばれる症状の中で耳鳴りを感じる人もいます。 の典型的な症状は以下のようなものです。 吐き気・嘔吐を伴う• ズキズキ・ガンガンと拍動するような痛み• 頭痛は頭の右側か左側だけ片側に出る• 頭痛の発作が月に1回から数回繰り返す 人によって症状の出方が少しずつ違います。 一部の人で、頭痛の発作の前に「前兆」と総称される症状が現れます。 の前兆も人によって違い、 閃輝暗点(せんきあんてん)と呼ばれる光の点のようなものが見える症状が有名ですが、ほかの視覚の症状が出る人も、耳鳴りのような聴覚の症状が出る人もいます。 の原因について、頭の血管の収縮と拡張などによるとする説がありますが、はっきりとはわかっていません。 の発作を繰り返している人では、以下のきっかけで痛みが引き起こされることがあります。 ストレス、ストレスからの解放• 睡眠不足、寝すぎ• 生理(月経)• 低気圧、台風 の特徴に当てはまると思ったら、で診察を受けてください。 発作の頻度が多いときに、発作を予防する薬もあります。 頭痛ダイアリーを活用して、自分にとって発作のきっかけになりやすい物事を見つけ出すことも、きっかけを避けることにつながる場合があります。

次の

耳が聞こえない原因はストレス?突発性難聴の症状と治療について【医師監修】

突発 性 難聴 めまい

もっと見る 突然起こるめまいは、『突発性難聴』の恐れがあります。 いろいろな場面で起こり得る『めまい』ですが、「大したことない」と放っておくと、聴力を失うことさえあります。 こちらの記事では、突発性難聴がどんな病気か、なぜめまいが生じるのかについて解説します。 突発性難聴とは 1. どんな病気? 『突発性難聴』は、 突然耳が聞こえなくなる、または聞こえにくくなる病気です。 ストレスやウイルス感染など…突発性難聴にかかる要因 突発性難聴の原因は未だ解明されていません。 しかし、要因としては『過度なストレス』や『服用している薬』、『ウイルス感染』、『血行不良によって栄養が届かない』こと、などが考えられます。 また、そのほか『頭部の外傷』や飛行機に乗ったときなどに起こる、耳の奥の部位『内耳の気圧変化』によっても起こるリスクがあります。 これらの要因で、音を脳に伝える神経に障害が起き、聞こえが悪くなります。 40~60代に多いが、子供もかかる 特に40~60代に多くみられますが、稀に子供がかかることもあります。 突発性難聴の症状 難聴や耳鳴り、耳がつまったような感じなど 突発性難聴は、通常片方の耳に起こりますが、稀に両耳に発症することもあります。 『難聴』の症状は、発症から数分~3時間以内の短期間で進行していきます。 難聴の症状が出る前の前兆として、『耳鳴り』が起こることも多く、これによって耳の異変に気づく人も多くいます。 そのほか、『耳が詰まったような感じ』や『吐き気』、『嘔吐』などを感じる人もいます。 めまいの程度は人によってさまざま 『めまい』の症状を感じることもありますが、その程度は人によってさまざまです。 ふわふわと雲の上を歩いているような感じがしたり、ぐるぐると景色が回っているように感じたりします。 めまいは数分でおさまることもあれば、数日にわたって続くこともあります。 突発性難聴にかかった3割の人がめまいを感じます。 症状は一過性で、繰り返すことはない 突発性難聴による症状は一過性です。 改善と悪化を繰り返したり、再発したりすることは通常ありません。 ただし、その後の聴力の回復が難しいケースもあります。 なぜ突発性難聴でめまいが起こるの? 突発性難聴は、耳の最も奥にある『内耳』に何らかの障害が起こることで発症します。 その内耳には、平衡感覚をつかさどる『三半規管』という部位があります。 突発性難聴によって、 三半規管が、正常に働かなくなり、平衡感覚に支障をきたすことで、めまいが生じます。 めまいを伴う突発性難聴の対処法 1. なるべく早く耳鼻咽喉科を受診! 突発性難聴にかかったら、『耳鼻咽喉科』を受診しましょう。 突発性難聴は、 治療を早く始めることが非常に大切です。 放っておくと聴力を失うこともあります。 症状に気が付いたら、すぐに医療機関を受診しましょう。 検査方法 まずは、難聴やめまいの原因を調べます。 問診とともに、外耳道や鼓膜に異常がないかを診ます。 また、血液検査によって、ウイルスなどに感染していないかを調べます。 聴力検査もおこない、その結果によって、CT検査やMRI検査、平衡感覚検査などの精密検査を実施します。 治療法と完治の可能性 突発性難聴は、先に解説したように原因が解明されていないため、確実な治療法はありません。 安静にし、ストレスや疲労の解消につとめる 安静にすることが大切です。 突発性難聴の要因といわれる、ストレスや疲労、睡眠不足などの解消につとめます。 ステロイド剤や血管拡張剤を用いた治療 それに加えて、炎症を抑える『ステロイド剤』や、末梢神経を正常に働かせる『ビタミンB12製剤』、血流障害を改善する『血管拡張剤』など、症状をみながら、薬を用いて治療します。 症状によっては、入院して安静を保ちながら治療することもあります。 遅くとも症状があらわれてから2週間以内には、治療を開始する必要があります。 そのほかの人には、聞こえづらさや耳鳴りなど、何らかの後遺症が残ります。 まとめ めまいの症状があったら、できるだけ早く病院へ 突発性難聴は、誰にでも起こりうる病気です。 めまいが起きたからといって、必ずしも突発性難聴ではありません。 しかし、症状があったらできるだけ早く病院へ行くことが大切です。 たった1回のめまいでも、病気が潜むサインかもしれません。 そのほかの病気の可能性も! 突発性難聴であれば、治療を始めるのは早ければ早いほど良いです。 また、『メニエール病』や『聴神経腫瘍』など、他にもめまいを起こす病気があります。 めまいの原因をつき止めるためにも、異常を感じたら医療機関を受診しましょう。

次の