ウイルス 性 いぼ 木酢 液。 ウィルス性イボのこと(完治)

木酢液でいぼがついにとれた!?いぼ発見から2か月後の結果

ウイルス 性 いぼ 木酢 液

Contents• レーザー治療はウイルス性イボに超効果的 自分にイボが出来るまでは存在すら知らなかった ウイルス性疣贅(ゆうぜい)ですが、イボとしては結構一般的なものなんですよね。 皮膚科に行っても 「あぁ、ウイルス性のイボだね。 」と言われて、 液体窒素による冷凍凝固治療を受けるのが通常です。 ただ、この治療方法は問題があります。 足の裏など皮膚の厚い場所にできたイボには効果が薄い。 手の指など皮膚の薄い部分にできたものは数回で治る人もいるそうですがね… 医者の中には根気強く続ければ治るという人もいますが、実際私は半年以上通っていましたが治りませんでした。 嘘つきめ… ウイルス性疣贅(ゆうぜい)を治すには 治療中の人は知っていると思いますが、原因はヒトパピローマウイルスです。 私の知る限り、 ウイルスを直接壊せるのは抗がん剤の「ブレオマイシン」を注射する方法のみです。 しかし、ウイルスが原因なので少しでもウイルスが残っていると、また増殖し始めるという厄介な存在。 保険内の一般的な治療方法は3つ 通常の皮膚科で進められる治療方法は3つです。 液体窒素で冷凍凝固させる どこの皮膚科でも最初に行う治療は大体 「液体窒素による冷凍凝固」です。 方法は液体窒素に綿棒につけ、それを患部に押し付けて凍結させます。 凍結した皮膚は、じきに剥がれ落ちて、新しい皮膚が出てきます。 それを繰り返すことで治すというわけです。 ヨクイニンの服用 ヨクイニンというのはハトムギに含まれる成分で、肌の新陳代謝に有効な漢方です。 効果はあるとのことでしたが、実感はありませんでした。 どちらかと言うと補助的な感じで気休めなのかなと思いました。 切除 物理的に切り取る方法ですが、小さい皮膚科では対応していないことがあります。 局所麻酔を行いイボを切り取ります。 物理的にイボを切り取るので直る可能性は高いです。 ウイルスが残っていると再発するそうなのですが、それはしょうがないですね。 足裏に液体窒素を勧めない理由 何も知らない状態だと手軽で安い液体窒素を選びがちですが、悪いことは言いません。 足の裏の場合はやめてください。 足の裏は皮膚が厚いので、ウイルスのいる深さに到達するまで冷凍させなければいけないのです。 通常の綿棒で深くまで凍らせるには強く押し当てる必要がありますが、そうすると 広範囲に凍ってしまい強い痛みが出ます。 足の裏ですから歩くのにも支障が出ます。 しかも、つねに押されている状態だからなのか、あと一歩のところが取れないんです。 奥に奥に侵食されていく感じ。 費用に関しても、液体窒素は一回あたり1000円以下ですが、 何ヶ月か通うとなると結局高くつきます。 もしかして、成長の早い子供ならこの方法でも治るのかもしれないですが、あの痛みは相当です。 大人ならまだ我慢できますが、子供だったらと思うと可哀そうです。 何度も痛い思いをして、時間もとられ、しかも結局高かったなんて無駄です。 レーザーはピンキリですが、安いところを探せば10mm程度のイボが5000円以下で出来るところもあります。 しかもレーザーは周囲の血管が固まるので出血も少なく、メスで切除するよりも傷を最小限に抑えられるので回復も速いのです。 賢い選択をするべきです。 保険外で出来る治療 ちなみに保険外なら治療にもっと選択肢が増えます。 モノクロロ酢酸 皮膚細胞を腐食させる薬品です。 ウイルスに感染した皮膚細胞そのものを腐食させて除去する方法です。 だいたい2週間から3週間に1度のペースで治療します。 ブレオマイシン局所注射 抗がん剤の一種で、直接患部に注射するとヒトパピローマウイルスを殺すことができるそうです。 強い痛みを伴うことがあり、月一回程度のペースで治療をします。 SADBE療法 ウイルス性のイボが自然に治らない理由は、ヒトパピローマウイルスが人体に与える害が低いからです。 ウイルスを外敵だと認識しづらいので免疫が働かないのです。 SADBE療法は皮膚をかぶれさせる薬を塗り、そこの免疫力を高めてウイルスを排除する方法です。 かゆみが出ることが多く、こちらも一週間から2週間に1度のペースで治療します。 ベセルナクリーム ヒトパピローマウイルスと聞いて、性病の尖圭コンジローマを思い浮かべた人もいたのではないでしょうか。 このクリームは尖圭コンジローマの治療薬で、塗った部分の免疫力を高める作用があります。 比較的皮膚が薄い部位のイボに対して使用するので、足の裏などには効果があるのか?ちょっと疑問です。 怪しい治療 ネットで噂される怪しい治療法。 私も試したことがありますが、あまり効果はありませんでした。 一応紹介しておきます。 木酢液&竹酢液 木酢液や竹酢液に足を付けておくと、ズルっと皮がむけてきれいになります。 と同時に殺菌作用にも優れているため、ウイルスも壊せるという理論です。 実際、足の皮はきれいになりました。 しかし、イボは治りませんでした。 下手をすると皮膚が薄くなるわけですから、広がる可能性もありますよね。 ダクトテープ アメリカでは万能・無敵と言われるダクトテープ。 日本では馴染みが薄いですが、このテープをイボに貼り付けておくと治るというもの。 ふやけるくらいであまり効果はありませんでした。 消しゴム 小さな消しゴムをイボに押し当て、テープで固定するというもの。 ウイルスが繁殖しているところには毛細血管のような血の通り道ができることから、その血流を止めるという理論です。 小さくなったような気はしますが、決定的なことは起こりませんでした。 これで効果あるなら自宅でもできそうだし、非常に嬉しいことですね。 続報を知っている方がいたら教えてください。 まとめ 色々な治療法を提案しない病院は変更するべし 私はたまたまレーザー治療1回で治りましたが、人によっては複数回必要かもしれません。 ただ、最短で効率の良い治療方法を提案してくれる病院を探すことが大切だと思います。 例えば、液体窒素を使った方法一つとっても試行錯誤し、より効果的な方法を模索している先生もいます。 そういった先生のもとなら回復は認められるかもしれません。 しかし、一つの治療に執着して思考停止している病院も存在します。 そんな先生には何を聞いても無駄です。 「続ければ治る。 」 「この治療しかない。 」 「ヨクイニン飲んでみる?」 うるせぇよ… ということで、 経過に疑問があれば、色々な治療を受けてみることを 「強く」おすすめします。

次の

ウイルス性いぼ こうやって木酢液湿布をする!

ウイルス 性 いぼ 木酢 液

たびたびウイルス性イボができる小学生の息子たち。 病院に行くと液体窒素をするしかないと言われ、最初は液体窒素で治療した( )。 しかし、数か月行っても大きくなる一方で治らない時があり、その時から木酢液での治療に変更( )。 どちらの場合も治った。 しかし、今回木酢液を付けていたが増えてしまったので別の治療を調べ、ダクトテープが効くとのことで試してみた。 木酢液などと違い、日に日に変化しているのがはっきり分かる。 28日間ダクトテープを貼ったら完治した。 『ダクトテープ治療の効果・経過』について紹介する。 数か月放っておいたため、5mmほどになり、クレーターっぽく真ん中が凹んでいて、黒いブツブツもある。 一か月前ほどから、以前自宅で治療した時のように木酢液での治療を始めた。 夜寝る時に木酢液をしみ込ませたコットン(化粧水をつけるやつ)を絆創膏で貼り、昼間は今まで通り何もつけずにいるという方法。 すると、いつのまにかにどんどん増えて、8つくらいになってしまった。 最初にできたイボの両脇、親指、人差し指、中指(2つ)、薬指にできた。 指が曲がった時にイボのところにつくからか、今まで増えたことがなかったのに一気に小さいのが増えた。 まだ点くらいのだが、別の用事で皮膚科に行った時にみてもらったところ、やはりウィルス性のイボで、増えているから液体窒素をちゃんとやった方がいいと言われた。 2、ダクトテープによる治療とは? ウィルス性イボの治療について調べていると、ダクトテープというガムテープのようなのをイボに貼るという治療を見つけた。 ダクトテープとは、ガムテープより粘着度が強い粘着テープ。 ダクト(空調、排煙などのためのホース)の修理に使うものらしい。 ダクトテープならどれでもいいのかどうかは分からないが、効果があったと紹介されていたのと同じのを買ってみた。 お風呂以外の時間はずっと貼っておくという。 うちはスイミングをやっているので、スイミングの時も外していた。 最初に見たのは一般の方のブログだったので、こんなんで効果があるのか?と不安に思ったが、 のホームページにもダクトテープによるイボの治療のことが書かれていた。 一部の病院でも行われているようだ。 3、ダクトテープの貼り方 イボが隠れるようにただ貼ればいい。 けれども、うちの場合は指のあたりだからか汗をかいてすぐにはがれてしまう。 指のところは、ガーゼを固定する紙テープで一周ぐるっと止めれば取れなかったが、足の裏の部分はテープで留めてもテーピングで留めても取れてしまった。 考えた結果、固定するのに一番よかったのが5本指ソックス。 でも、寝ている間もずっと履いていなきゃいけなくなるので、指の方だけのを買って履かせた。 小2の子で21cmの靴を履いている子だが、22~24cmのでちょうどよかった。 これを履くようにしてから全く剥がれることがない。 学校に行くときはこの上から普通の靴下を履いている。 指先だけにはめるのもあったが、それだと抜けてしまいそうなので、足首にバンドがあるタイプのを買った。 最初は同じくバンドタイプで指先の空いているこちらのタイプを買ったが、イボの部分が思ったより先っぽの方だったので、固定したい部分がちょうど出てしまって無意味だった。 指先ではなく指の付け根辺りのイボにはこれでちょうどよかったので、指が先に治ったらこっちを使う予定。 浅く目立ちにくい感じに。 他の指もダクトテープで荒れるのか、皮がむけているところがある。 付け根の部分は芯のようなのが残っている様子だが、だいぶ浅い様子。 皮むけが激しい。 あとは明らかにイボと分かるのは丸のところだけ。 まだ芯はあるかも知れないけれど、イボっぽい感じは見当たらず。 中指もガサガサがひどいがイボっぽいのは分からない。 人差し指、薬指はほんとに芯もなさそうでどこにイボがあったのか分からない感じ。 付け根の部分の皮もカサカサしている。 指の皮むけが激しいのでとりあえず人差し指と薬指は貼るのをやめて皮膚の回復をみてみることに。 皮膚が回復してみてイボが見当たらなければ直治ったといえるのかも。 付け根と親指、中指のみ貼っておく。 液体窒素や木酢液の時と違って、日に日にイボが消えていくのがはっきりわかる。 もしかしたらイボがないかも知れないので、本日より全てダクトテープを貼らずに様子をみることに。 ヒルドイド軟膏(保湿クリーム)を塗った。 完治したと言える。 荒れた皮膚の回復を含めると2か月ほどかかったが、実際ダクトテープを貼っていたのは28日間。 嘘のようだがダクトテープにより1か月以内でウィルス性イボが消えた。 5、まとめ 液体窒素は痛いし病院に通わなければいけないし、下手なとこだと変わらないどころか悪化して大きくなっていくし最悪だった。 治った場合もあったが、なかなか変化が見られず数か月かかった。 木酢液は、皮膚がふやけるほどしなければ痛くはないが、染み込ませたものを毎日付けるのが面倒だし、効果が出るのに時間がかかる。 ダクトテープは貼るだけなので簡単。 小さい物は数日でなくなった。 5mmほどのクレーターのようなイボも、28日で消えた。 ただ皮がむけてガサガサしてくるので、どの段階でイボがなくなっているのか見極めるのが難しい。 28日目でやめてみたところ、51日くらいでガサガサだった皮膚もキレイになり、イボがなくなっているのがはっきりわかった。 木酢液や液体窒素に比べて見た目の変化が著しく、イボが消えていくのが分かる。 テープを買うだけで簡単にできるのでやってみる価値はあると思う。 けれども、こちらのテープは治療用として売っているわけではなく、あくまでダクト補修用のテープ。 「皮膚には貼らないでください」と書いてある。 貼る場合は自己責任で! 次イボができたら今度は増えないうちにまたダクトテープを貼ろうと思う。

次の

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)を自力で完治させた治療経過まとめ[自分でなんとかするWeb]

ウイルス 性 いぼ 木酢 液

木酢液を老人性イボの治療に使用している人の話を聞くと、大抵は木酢液が持つ「殺菌力」に期待していることがわかります。 また、ネットで「老人性イボに木酢液が効く」と書かれているサイトを調べてみても、そのほとんどが殺菌力を根拠にしています。 しかし前述の通り、老人性イボの改善において殺菌力はあまり関係がありません。 そのうえ老人性イボに木酢液の使用を推奨しているサイトの多くは殺菌力以外に信憑性のある根拠を持っていないことがほとんどです。 残念ですが、老人性イボに木酢液を塗ることに大した意味はないと考えてよいでしょう。 確かに一昔前までは、イボの治療に木酢液が使用されることがありました。 しかし当時でさえ木酢液を使った治療は民間療法の域を出ず、医学が進歩した現在では全く推奨されていない方法なのです。 病院での治療法 最も確実で手っ取り早い方法は、皮膚科を受診することです。 老人性イボには痛みがないので「わざわざ病院に行くほどでは…」と躊躇する方もいますが、皮膚科に行けば意外なほどすんなり治療してもらえます。 当たり前ですが、病院での治療において木酢液が使われることはありません。 病院で老人性イボを治療するにはいくつかの方法があります。 なかでも全国的に普及率が高いのが、液体窒素を使ってイボを焼き切る「」や、炭素ガスレーザーでイボを的確に切除する「」です。 どちらも施術したその日にイボが無くすことができるため、即効性という点で言えば病院での治療がベストです。 デメリットとしては、凍結治療の場合それなりに痛みを伴うことや、レーザー治療の場合は治療費がかさんでしまうこと等が挙げられます。 できる限り早く治したい場合はもちろんですが、自宅ではケアが困難なサイズの老人性イボができてしまった場合にも、一度病院で診てもらうことをオススメします。 イボケア化粧品を使う方法 自宅で老人性イボのケアを行うなら、木酢液を使うよりよっぽど効率的なのが「イボケア化粧品」です。 イボケア化粧品は肌のターンオーバーを促す成分を配合したもので、普段のスキンケアに使用することで新たな老人性イボの発生を抑える役割も期待できます。 イボケア化粧品にもメーカーごとにいくつかの種類がありますが、多くの製品に配合されているのが「」です。 ヨクイニンはハトムギの種子から抽出される成分で、肌のターンオーバーを促す効果が医学的にも認められています。 木酢液とは違い、ヨクイニンは皮膚科で処方箋として出されることもあります。 肌を内側から綺麗にすることで老人性イボにアプローチをかけるイボケア化粧品は、病院で治療するような即効性こそありませんが、木酢液よりもよっぽど高い効果の見込める自宅ケア方法です。 生活習慣の改善 老人性イボは加齢によって生じる皮膚疾患ですが、普段の生活習慣によっても発生リスクが大きく変わります。 日常生活を見直して、老人性イボの原因となる行動を控えるだけでも高い抑制効果が見込めるのです。 老人性イボの原因としてよく語られるのが、 紫外線・乾燥・摩擦の3つです。 日焼け止めも塗らずに日中に外出することが多かったり、保湿ケアを怠って肌を乾燥させたり、アクセサリーを着けっぱなしにして肌に摩擦を与えたりすると、若くても老人性イボができやすくなります。 身に覚えのある方は、まずこの3つの原因を避けるように心掛けてみましょう。 それ以外に、暴飲暴食や睡眠不足、ストレスなども関節的な原因になり得ます。 生活習慣が乱れると肌のターンオーバーが上手く行きにくくなるので、古い角質が溜まって老人性イボができてしまうのです。 それでも木酢液を老人性イボに使用したい方へ 殺菌効果という点以外に、皮膚に塗るメリットが無いとみられる木酢液。 老人性イボを治したいならもっと有益な方法がいくらでもあるはずなのですが、それでも老人性イボに木酢液を塗る方が後を絶ちません。 地域によっては木酢液を使った民間療法が未だに根付いていることがあるため、ある程度は仕方のないことだといえるでしょう。 どうしても木酢液を使用してみたいという方は、せめて使用方法を間違えないようにしてください。 本来、木酢液は直接皮膚に塗るには刺激が強すぎるため、扱い方を違えると治療どころか症状を悪化させる恐れもあるということを頭に入れておきましょう。 まず、使用する木酢液は添加物の入っていないものを選びます。 そして原液のまま使用するのではなく、水で4~5倍に希釈してから使用するようにします。 希釈した木酢液は、綿棒やコットンなどに染み込ませてからイボに当て、10分程度そのまま放置します。 もしも途中で痛みや違和感を感じた場合は、ただちに木酢液の使用を中止してください。 また、皮膚にキズがある場合は危険なので木酢液の使用は控えるようにしましょう。

次の