ゼノンザード wiki。 『SAO』×『ゼノンザード』コラボが開催

ゼノンザード攻略

ゼノンザード wiki

Currently Airing Plot The year 20XX. Humans called "" and ultra-high-performance AI called "" team up as buddies to compete in the card battle game Zenonzard. People are going wild with excitement at the world championships,. One day, , an average high school student, is challenged to a battle by a mysterious woman,. She reveals that she's a Codeman and that her intent is to team up with Souta and participate in The Zenon. Souta reluctantly agrees. Souta and Eilietta's first opponent turns out to be the super-famous player , who attends Sota's school, and her buddy,. Episodes No. Episode Name Airdate Duration 0 September 10, 2019 27 minutes 1 January 31, 2020 14 minutes Hinaria is unemployed, gaming every day. One day she decides to hack the servers belonging to the Beholder Group for some money, and she stumbles across a carefully secured record of two witches, Alice and Rimel. The two women wished to coexist with mankind, and the history they experienced is connected to the modern ZENONZARD. 2 February 28, 2020 11 minutes Sota Azuma and his AI partner Eili continue climbing the Zenon, the world's most prominent card game tournament. The two begin living together, gradually deepening their relationship. Sota becomes popular in school overnight. Eili the AI should be happy for him, but... 3 March 28, 2020 13 minutes This is the story about AI who works for a record company as a composer. One day, Nonoin's manager approaches her with a job to write a song for a major pop idol group. The request was to "write the song with the group's essence in mind. " This added note gave Nonoin a lot of trouble as she found herself creatively blocked. "I finally saw it, but I couldn't make it like I wanted. " What is the answer she came to after all her worrying? 4 May 30, 2020 16 minutes Episode description currently unavailable.

次の

『SAO』×『ゼノンザード』コラボが開催

ゼノンザード wiki

20XX年 高度に発達したAIが世界の至る所で影響を持つようになった近未来 その中でも特に優れ、ほとんど人格と言えるほどのインターフェイスを獲得した 超高密集積演算対応式似人型 ちょうこうみつしゅうせきえんざんたいおうしきにひとがたAIを人は《コードマン》と呼んだ 全世界のAIを研究・開発している巨大企業《ビホルダーグループ》がひとつの大会を計画 全世界の《コードマン》たちを集めて人間と組ませ、共通のルールの下にその頂点をきめようという《ザ・ゼノン》の開催である その統一ルールとして採用されたのが《ゼノンザード》だった バディとなった人間と《コードマン》それぞれの思惑を秘め《ザ・ゼノン》に集結する より またより、コードマンと組んだ人間のことを《コンコード》、ザ・ゼノンの優勝景品がコードマンをより完璧な存在に高めると言われる《アクロコード》、専用の携帯端末が《アウロスギア》であることが判明した。 原案・世界観設定は 上遠野浩平 かどの こうへい(「ブギーポップは笑わない」)。 コードマンの人数についてはではっきりと 全15体と書かれているため、少なくともリリース時点ではこの人数と思われる。 …とおもいきや、後にTwitterで16体目の追加が予告された。 また(1:32:18辺り)では霜降り明星の2人がオフィシャルAIになる話が挙がっている。 及びゼノンザードネクストTVではAI化のラフスケッチが公開され、で完成イラストが公開された。 また全員にイメージソングが製作予定で、ノノインに関してはキャラソンが予定されている。 2019年4月に公式Twitterでワンダーコールまでの6キャラの人気投票が行われた。 このツイートを参考に各票数を計算すると(少数切り捨て)• 1944票:ヒナリア・ダーケント• 1282票:アイリエッタ・ラッシュ• 1059票:レイチ・ワンダーコール• 1059票:アッシュ・クロード• 910票:ノノイン・ニルオン• 908票:ランバーン・タイダル ヒナリアが人気で2番目のアイリエッタの1. 5倍の票を獲得した。 女性陣二名がツートップの中、ノノインは僅差で5位止まりだった。 プレイヤーもといコンコード達はアイドルに興味ないのだろうか? またのアンケート結果をまとめたによるとバディAIの選択順位は• アイリエッタ・ラッシュ• ヒナリア・ダーケント• レイチ・ワンダーコール• 4位以下は不明 と前評価を覆してアイリエッタが逆転した。 またコードマンではないがビホルダーグループの広報AI「ミーナ」も公開されている。 第3回のゲストとしてコードマンのイラストを担当したPOKImari先生が出演。 イラストレーター志望向け番組 配信 ですが、カードゲームにおいてイラストは欠かせない存在です。 現在はキャラクターデザインを中心に幅広いジャンルで活躍中。 アニメ「いたずら魔女と眠らない街」キャラクター原案• 0:00 音声テスト他• 8:39 放送開始• 11:44 POKImariのプロフィール紹介• 12:49 放送のおしながき• 14:47 POKImari年表• 27:00 アトリエ探訪• 40:11 POKImariの仕事術• 59:23 POKImariの1日• 1:08:47 今日のフカボリ「自分のスタイルをつくる」• 1:16:39 ZENONZARD特集• 1:52:44 質問ランチボックス• 2:10:53 イラストレーター志望の方への贈る言葉• 2:15:07 POKImari先生の今後の夢 夏にはプロモーションアニメの「 ゼノンザード THE ANIMATION」が公開予定。 アニメオリジナルキャラクターも登場予定。 第0話• TOKYO MX:25:35〜• BS11:27:00〜• 参考: 舞台は20XX年、《ゼノンザード》の世界大会《ザ・ゼノン》に人々は熱狂。 そんな中、平凡な高校生・東蒼汰は謎の女性・アイリエッタ・ラッシュにゼノンザードの対戦を挑まれる。 自らを超高性能AI《コードマン》と名乗る彼女は、蒼汰とバディを組んでザ・ゼノンに出場することになる。 監督:及川啓• キャラデザ:桂憲一郎• 製作会社:エイトビット• 登場人物(CV)• 主人公: 東蒼汰 あずま そうた(CV. 島ざき信長 しまざき のぶなが)• かつて「ゼノンザード」に熱中していた平凡な高校生。 当然「ザ・ゼノン」にも興味があるが、とある理由により今は「ゼノンザード」をプレイすることを躊躇っている。 アイリエッタとの出会いが彼を変える。 参考:• バディAI:アイリエッタ・ラッシュ(CV. 早見沙織 はやみ さおり)• 医療プログラム出身のコードマン。 常に冷静沈着な性格だが、実直すぎる傾向があり冗談などは通じない。 「ザ・ゼノン」に出場するため、蒼汰をバディに迎え入れようとする。 参考:• ライバル: 西園寺紫音 さいおんじ しおん(CV. 潘 はんめぐみ)• 「ザ・ゼノン」のスタープレイヤーのひとり。 蒼汰と同じ学校に通うお嬢様で、自信に満ち溢れた性格。 常にバディのアッシュ・クロードと行動を共にしている。 参考:• バディAI:アッシュ・クロード(CV. 梅原裕一郎 うめはらゆういちろう)• 警備プログラム出身のコードマン。 良く言えば真面目、悪く言えば融通が利かない性格。 紫音と共に「ザ・ゼノン」に出場している。 参考:• ヒロイン: 南野 みなみのるり(CV. ファイルーズあい)• 蒼汰の同級生で幼なじみ。 明るく活発な性格だが、蒼汰に対してはお節介な一面も。 参考:• Twitterでアニメの先行カットが続々と公開されている。 カードは• カードは• カードは Youtubeでが公開中。 またPV内ではコードマン12体が揃うカットインがあるため、他のコードマンも登場すると思われる。 コミックウォーカー、WEBデンプレコミック、ニコニコ静画で配信予定。 それぞれ《ザ・ゼノン》出場までの前日談 外伝 が描かれる。 いずれも原作はバンダイ・ストレージエッジ、原案・世界観は 上遠野 かどの 浩平 こうへい、ストーリーはヤモリモモンガ。 曲名:WakeUp• 作詞:Junk Robot• 作曲:岡本武士• 編曲:高橋亮人 参考1: 参考2: 同じく各キャラクターソングもサンライズミュージックが手掛けている。 ボーカル:アッシュ・クロード CV. 梅原裕一郎• 作詞:濱名琴• 作曲:古賀頌哉• 編曲:高橋浩一郎• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Angel's mission• ボーカル:アイリエッタ・ラッシュ CV. 早見沙織• 作詞:松原さらり• 作曲:南田健吾• 編曲:南田健吾• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:I do L I love U• ボーカル:ノノイン・ニルオン CV. 近藤玲奈• 作詞:松原さらり• 作曲:秋浦智裕• 編曲:南田健吾• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:排他的メランコリー• ボーカル:ヒナリア・ダーケンド CV. 高橋李依• 作詞:松原さらり• 作曲:黒崎ジョン• 編曲:秋浦智裕• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Black Thief• テーマ:ランバーン・タイダル CV. 中井和哉• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:岡本剛• 編曲:岡本剛• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:ワンダーランドパレード• テーマ:レイチ・ワンダーコール CV. 上坂すみれ• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:長橋健一• 編曲:長橋健一• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:ス・リ・ル• ボーカル:メディーラ・バラーニ CV. 日笠陽子• 作詞:木葉あいり• 作曲:伊勢桂史• 編曲:伊勢桂史• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• テーマ:ヨルスケ・ヨーライハ<与雷破夜瑠介> CV. 立花慎之介• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:カイザー恵理菜• 編曲:カイザー恵理菜、白神真志朗• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:ドラマティックミステリー• ボーカル:シャーロット・シームズ CV. M・A・O• 作詞:松原さらり• 作曲:小形誠• 編曲:伊藤立• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Colorful World• ボーカル:ユーキリ・竜胆 CV. 山下大輝• 作詞:空谷泉身• 作曲:中野領太• 編曲:中野領太• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Let's Get Started• テーマ:UR-D CV. 杉田智和• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:成瀬裕介• 編曲:成瀬裕介• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:STAND UP! ボーカル:キィラン・カッチラム CV. 黒沢ともよ• 作詞:麻村佳世• 編曲:山粼佳祐• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:battaglia• テーマ:ヒュートラム・オブリカーン CV. 藤原啓治• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:増田賢治• 編曲:増田賢治• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Lazy Daily• ボーカル:フィンセラ・ロラセフ CV. 小松未可子• 作詞:濱名琴• 作曲:中野領太• 編曲:中野領太• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:dreamy maze• テーマ:ピモタ・アンノウン CV. 福山潤• ボーカル曲ではなくテーマBGM、そのため作詞担当もいない• 作曲:伊勢佳史• 編曲:伊勢佳史• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3:• 曲名:Double• 田村睦心• 作詞:空谷泉身• 作曲:南田健吾• 編曲:南田健吾• 参考URL1:• 参考URL2:• 参考URL3: このページは以上です。 : 漢字表記で 与雷破夜瑠介 ヨーライハヨルスケとも紹介される• : 声優業としての名義であり、女優業では 市道真央 いちみちまお• : でのイベント戦で登場• : の53:06辺りより• : 分け方から察するにレイチ・ワンダーコールは男性であると思われる。 ただ単に3-3に分けたかっただけかもしれないが…• : 尤もツイッターのアンケートは男性陣が計3028票・女性陣が計4137票で多く見積もっても7165人しか投票しておらず、クローズドベータテストの参加者20000人には及ばない。 そのため前評価が覆っても特に不思議はない。 : 島"ざき"は機種依存文字のため平仮名で表記している。 "崎"の右上が"立"になっている"粼"• : そのカットで映らなかった3人のうちメインキャストのアイリエッタとアッシュはともかく、ピモタ・アンノウンに関しては影も形もなく、登場するかどうかも不明.

次の

Zenonzard (Anime)

ゼノンザード wiki

概要 [ ] の新カテゴリ「AIカードダス」の第1弾タイトル。 バンダイナムコグループ・HEROZ・ストレートエッジによる協業プロジェクトとして展開される。 HEROZと共同で開発した「カードゲーム対戦特化型AI」を搭載し、対戦中及びデッキ作成時に「コードマン」と呼ばれるバディAIによるサポートが受けられることや、カードゲームによる対戦の他に「AIの育成」や「AIとの共闘」が楽しめることが特徴となっている。 プロデュースを『』などの編集者であるが設立したストレートエッジが、世界観設定と原案を『』などのが務めている。 開発 [ ] 企画 [ ] 本作はAIを用いたコンテンツを作ろうという発想からスタートした。 本作はトレーディングカードゲームの主年齢層にあたる10代後半から20代に向けて作られており、プロデューサーには子供向けのカードゲーム『』を手掛けていた小谷英斗が起用された ほか、をはじめとする人間とAIのゲーム対戦で知られるHEROZが開発に参加した。 AIを用いたカードゲームというコンセプトはすでに固まっており、プレイヤーの相棒や対戦相手として登場させることが想定されていた。 AIに親しみを持ってもらうためにはキャラクター、ひいては世界観の設定が必要であり、同じくAIをテーマとした『ソードアート・オンライン』の編集者・三木一馬が代表を務めるストレートエッジが設定構築にあたることとなった。 バンダイナムコエンターテインメントの二見鷹介から話を聞いた三木は、資料の中にあったアイリエッタとクロードというAIキャラクターのイラストから、「僕は自動的だからね」という『ブギーポップは笑わない』のセリフを連想し、同作の作者である上遠野浩平を起用した。 本作の設定のうち、「高度に発達したAIが人間社会を支える近未来(現代から30~40年後)」という舞台設定や、キャラクターの願望や戦う理由、魔女の存在などは上遠野たちが決めていった一方、司会役のミーナやインフラの発達の程度などはプロデューサー側が設定していった。 システム構築 [ ] 将棋などのボードゲームと違い、カードゲームでは互いの手札や山札が隠れているため、情報を推測する思考ルーチンを構築する必要があった。 カードゲームの特性を理解できた後は、試合状況の解析表示といった将棋や囲碁のソフトで培ったノウハウが役立った。 本作は、一人のプレイヤーにつき一体のバディAIが設定されており、プレイヤーのスタイルによってバディの性格も変化するという仕組みが取られている。 三木は、ファミ通とのインタビューの中で、バディAIの選択を結婚にたとえており、バディAIの変更は推奨しないと話している。 また、バディAIが機械的にならないようにするため、バディAI間の経験値の引継ぎは実装されなかった。 本作の対戦システムでは、人間が相手のバディAIと戦う方式が取られており、これによって相手ターンへの介入が実現できた。 あらすじ [ ] アニメ版 近未来、高度に発達したAIは人間社会を支える存在となり、人間(コンコード)とAI(コードマン)がタッグを組んで戦うカードゲーム「ゼノンザード」が流行していた。 ある日、高校生・東蒼汰は、AIであるアイリエッタ・ラッシュとともにタッグを組むはめになる。 彼の初戦の相手は同じ学校の西園寺紫音が務めることとなった。 登場人物 [ ] キャラクターの解説はアニメ版を準拠とする。 バディAI [ ] アッシュ・クロード 声: 警官AI。 まじめで融通が利かない。 アイリエッタ・ラッシュ 声: 看護師AI。 看護師としては有能だが、冗談が通じない。 ノノイン・ニルオン 声: 元々は楽曲制作AIだったが、近年ではアイドル活動をしている。 ヒナリア・ダーケンド 声: 素性不明の人物。 怠惰な性格で、オンラインゲームに没頭している。 ランバーン・タイダル 声: 元々は防犯AIだったが、犯罪に関する知識を保有したまま、犯罪の世界に入った。 レイチ・ワンダーコール 声: 『ワンダードリームランド』の管理者兼マスコットを務めるAI。 メディーラ・バラーニ 声: 確率計算を主とするAI。 与雷破 夜瑠介(よーらいは よるすけ) 声: シャーロット・シームズ 声: ユーキリ・竜胆 声: UR-D(ウル・ドゥ) 声: キィラン・カッチラム 声: 人間 [ ] 東蒼汰(あずま そうた) 声: 西園寺紫音(さいおんじしおん) 声: 南野るり 声: 脚注 [ ].

次の