餃子 の 皮 強力粉。 備蓄するなら薄力粉!「皮から餃子」と「粉だけホットケーキ」の作り方|@DIME アットダイム

大袋の強力粉は、コストコのかくれた人気者♪その特徴とオススメの使い方!

餃子 の 皮 強力粉

あけましておめでとうございます。 ギョーザおやじです。 今回は餃子の皮の材料である小麦粉の話をしたいと思います。 小麦粉には薄力粉、中力粉、強力粉がありますがなんの違いかご存知ですか? 「力」の違いは小麦粉に含まれるグルテンタンパク質の量が多いほど「強く」なります。 グルテンの量が多くなるとしっかりとした食感ができ、水を加えて捏ねた時に強力粉ほど弾力がある生地に仕上がるんですね〜。 一般的に餃子には中力と強力の間の準強力粉を使います。 準強力粉は適度な弾力と湯で伸びが少ないこと、色がきれいで変色が少ないことが特徴なんですよ。 小麦粉はふつう、用途 製パン用、製麺用など によってブレンドされた物を購入します。 さらにおやじのとこでは数種類のブレンド小麦粉を仕上がりの味、色、硬さを理想の形にするためにさらにブレンドしてるんですよー。 ここでご家庭で餃子の皮を作りたい方においしい自家製餃子の皮の作り方を教えちゃいます。 耳たぶくらいの柔らかさになったら鏡餅のような形にして固く絞った濡れ布でくるみ室温で1時間放置します。 生地を棒状に転がし端から1cmくらいで切っていきます。 切った物を麺棒で円形に伸ばし皮の完成。 これで市販の皮とは比べ物にならない甘みのある餃子の皮ができます。 ぜひお試しあれ〜。

次の

備蓄するなら薄力粉!「皮から餃子」と「粉だけホットケーキ」の作り方|@DIME アットダイム

餃子 の 皮 強力粉

水餃子は強力粉を用いて、食塩ひとつまみ加えるのが最も美味しい。 薄力粉では確かに伸びがあるため具材を包みやすいことや薄くできるために焼き目がついてクリスピーな食感になります。 これを強力粉で再現すると具材を包みやすく、パリパリした食感で尚かつもっちりとした食い応えが出てきます。 強力粉に加える食塩はうどんを作る要領と同じで、塩分を多くすれば柔らかい皮になります。 あくまでも水餃子での技法です。 本来、中国には焼き餃子は存在しなかったのですが、今の中国や東南アジア諸国の架橋の方々が経営する店ではいろいろなかたちで焼き餃子もあります。 (焼き餃子は渋谷におられた中国の女性が最初に作り始めたようです。 諸説あります。 )水餃子は強力粉+食塩ひとつまみ、焼き餃子は中力粉のみでよろしいと思います。 私的にはいつも全て中力粉が多いですが、冬の水餃子だけは強力粉+食塩で皮を作り、タマネギ微塵、鳥挽肉、塩胡椒のあんを包みます。 焼き餃子も強力粉に水分多めで片栗粉を打ちながら(小麦粉を打つと皮が固くなります。 )できるだけよく伸ばしますと、食感は改めて再発見があります。 固定的な概念は、いわゆる「こだわり」で、それはそれで美味しいです。 この「こだわり」を捨てた料理が目先が変わって面白いです。

次の

全中連 家庭でできる美味しい中華 水餃子

餃子 の 皮 強力粉

私も餃子の皮は手作りしていますよ。 私の場合、水餃子なら強力粉、焼き餃子なら薄力粉と、作る餃子の種類で小麦粉を使い分けています。 強力粉を使って水餃子をつくると、ゆでた時の食感(あの独自のもちもち感)が薄力粉の時より増えます。 中身具のジューシーさを厚めの皮がふんわりと包んでくれてとても美味しいです。 逆に、フライパンで焼き餃子を作るときは、薄力粉で作ります。 これだと、あの皮のカリカリ感が強力粉の時より増えます。 皮のこんがりした部分の軽さをいかしたいなら、焼き餃子には是非薄力粉をお勧めしたいです。 両方を半量ずつ混ぜる方法などもありますが、基本的にどちらを使うかはやっぱり最終的に好みで別れると思います。 これからの長い餃子の皮作りライフ!粉の種類や、配合を変えて、ご家族の反応を見ながら頑張って我が家オリジナル!の皮作りが完成すると良いですね。 参考にならなかったらすみませんでした。。。 A ベストアンサー 小麦粉には「グルテン」とよばれるタンパク質の一種が、含まれています。 「グルテン」は含まれる割合によって(水を加えた時)ねばり、弾力が変わります。 先に述べられている方々と、少し、重複しますが、まとめておきます。 強力粉…グルテン35%以上。 食感はもちもち。 パン・中華麺・パスタ・ギョウザの皮などに使用。 中力粉…グルテン30%前後。 水と混ぜると伸びがよい。 うどん・そうめん・ビスケットなどに使用。 薄力粉…グルテン25%以下。 食感はさっくり。 一般的に小麦粉といえば薄力粉のこと。 天ぷらの衣・お好み焼き・ケーキ・カステラ・クッキーなどに使用。 強力粉と薄力粉の違いを、ひとことで言えば、「食感」になります。 強力粉と薄力粉を(1対1、もしくは、2対1、3対1で)混ぜるのは、 asuca さんの記述のとおり、食感の調整です。 (お好みで…。 ) しかし、ホントに料理って、「ギョーザ」ひとつとっても、奥が深いですネ…。 A ベストアンサー こんばんわ。 僕は、男性ですが、参考意見を書かせていただきます。 餃子とフライパンがくっつきフライ返しでガリガリやっては皮がフライパンにくっつき中身が丸見えの状態・・・という事で原因がわかりました。 十分にフライパンを熱くしていないとそうなります。 餃子と餃子もくっついており、うまく剥がれてくれません・・・という事ですが、これは、焼き方の問題があるのでは? 餃子専門店で働いていましたが、最初よく熱した鉄板(フライパン)の上に少量油をひき、餃子を並べて焼きます(多くても大丈夫)。 次に表面が焼け、焦げ色がついたら水を入れすぐふたを閉め蒸し焼きにします。 この時水を入れすぎてはダメですよ。 しばらくして(水分がだいぶ蒸発した頃:中身に火が通った頃)、ふたを開け残りの水分を蒸発させて、取り出せば美味しい餃子ができますよ。 十分にアドバイスできたか分かりませんが、頑張ってください。 A ベストアンサー おはようございます。 もち粉入りの皮は普通の皮よりもちもちしています。 食感の好きずきは人それぞれ違いますからお好みで選んで結構です。 主に関東以北ではもちもちとしたやや厚めの皮をプリンとした食感に仕上げるのが好まれているようです。 大きさも大きめでジャンボ餃子などと言うジャンルもあります。 (中身がハンバーグ位あります。 ) 関西では薄い皮をぱりっと焼く一口餃子が主流です。 大きさも女の人が軽く一口で食べられる位小さいです。 具のつめ方はきっちり詰め込みますと焼き上がりで破れる事が多くなり、見っとも無いので本職は6~7割に抑えるのが常識です。 水気は絞りすぎるとパサパサします。 個人的には軽く絞った程度のちょっと小龍包ぽいのが好きですが、この場合包んだしりから鍋(フライパン)に敷き即焼きに入らないと皮が水分で破れてしまうので、大量に包んでから後で焼こうという場合には向きません。 味付けが一番微妙で難しいので一回で決めようとせず、まず薄めに味付けをし試し焼きをして、試食なさるのが良いでしょう。 この時引き肉やキャベツor白菜、(又は両方)のグラム数を測ってレシピを付けておけば次回はもっとおいしくなるでしょう。 焼く時の注意は鍋の温度です。 冷たいうちに入れないで100度位に熱してから手早く並べます。 そうしないと皮が水分を無駄に含んで柔らかくなります。 なお一度にたくさん焼こうとすると必ず失敗しますので2人前(12~14個)位にしましょう。 これに対してお湯(水ではない)を150cc(コップ6分目)位入れ、湯気が出なくなるまで蓋をしておけば焼き上がりです。 鍋の厚みにもよりますが4分位でしょうか。 仕上げに鍋肌からサラダオイルで結構ですから、さらっと回して完成です。 おいしく出来ると良いですね。 がんばってください。 おはようございます。 もち粉入りの皮は普通の皮よりもちもちしています。 食感の好きずきは人それぞれ違いますからお好みで選んで結構です。 主に関東以北ではもちもちとしたやや厚めの皮をプリンとした食感に仕上げるのが好まれているようです。 大きさも大きめでジャンボ餃子などと言うジャンルもあります。 (中身がハンバーグ位あります。 ) 関西では薄い皮をぱりっと焼く一口餃子が主流です。 大きさも女の人が軽く一口で食べられる位小さいです。 具のつめ方はきっちり詰め込みますと焼き上がりで... A ベストアンサー 味噌は、赤でも白でも基本的に大豆と麹(米、麦、豆)で作られます。 ですので、違いは製法にあります。 赤味噌に使う麹は、米、豆がもっぱらです。 作るときに大豆を蒸しますがこのとき、大豆のタンパク質が分解され、アミノ酸に変わり、糖と反応することで赤褐色になります(メイラ-ド反応)。 加えて、何度かかき混ぜて、長期間熟成させるので、いっそう反応が進み、濃い褐色になるのです。 一方、白味噌は、使う麹は、米がもっぱらです。 また、大豆を茹でて作りますが、このとき、糖がお湯の中に流出するため、反応が抑えられます。 加えて、熟成期間が短く、攪拌することもないので、大豆の色が残った、白っぽい色になるのです。 ちなみに塩分は赤が10%、白が5%ほどです(赤が高いのは長期の熟成に耐えられるようにするため)。 一方、gあたりの栄養価は赤のほうが高いです(白は茹でるときに栄養分も流れてしまう)。 赤だしは、赤味噌にカツオや昆布のだしを混ぜたものですが、米や麦麹のものをただの「赤味噌」と言う代わり、とくに豆味噌のことを「赤だし」と呼んで区別する場合もあります。 味としては、一般的に赤味噌は塩気、白味噌は甘味が強いです。 ですが、赤味噌でも甘めのものもありますし、その逆も然りです。 ですので、特に使い分けと言うことはありません。 あれこれ試してみて、好みに合わせて使うといいでしょう。 なお、赤だしはもっぱら味噌汁に使われます。 味噌は、赤でも白でも基本的に大豆と麹(米、麦、豆)で作られます。 ですので、違いは製法にあります。 赤味噌に使う麹は、米、豆がもっぱらです。 作るときに大豆を蒸しますがこのとき、大豆のタンパク質が分解され、アミノ酸に変わり、糖と反応することで赤褐色になります(メイラ-ド反応)。 加えて、何度かかき混ぜて、長期間熟成させるので、いっそう反応が進み、濃い褐色になるのです。 一方、白味噌は、使う麹は、米がもっぱらです。 また、大豆を茹でて作りますが、このとき、糖がお湯の中に流... A ベストアンサー パン職人です。 ご安心ください。 gakinchoさんがスーパーで御覧になったドライイースト(予備発酵不要)が、すなわち、インスタントドライイーストです。 ドライイーストは、予備発酵させて使わなければならないものと、予備発酵をさせずに直接粉に混ぜて生地練りできるものがあります。 インスタントドライイーストとは、後者の手間なしタイプのものです。 面倒と言えば面倒です。 メーカーによって、表記が「インスタントドライイースト」だったり「ドライイースト(予備発酵不要)」だったりするので、混乱しちゃいますよね。 いつか、gakinchoさんが誰かにパン作りを教えてあげる事があったら、要注意点として教えてあげてください。 美味しいパンができると良いですね。

次の