デロンギ マグニフィカ。 【デロンギ マグニフィカ レビュー】全自動&お手入れラクラクのハイスペックコーヒーマシン

デロンギのマグニフィカS(ECAM23120)の口コミを本気レビュー!全自動のコーヒー・エスプレッソマシンを比較して選んだ理由とは|ギンイズム

デロンギ マグニフィカ

重さを測って• 豆を挽いて• 容器に詰めて• マシンで抽出• カップに移して• 道具をお掃除 という時間も、練度もかかる作業が必須。 ぶっちゃけ超めんどくさい。 でも、マグニフィカならなんのその! 水を入れて ボタンを押せば おいしいエスプレッソが出てくる! 豆を挽くのも量るのも、抽出作業もすべて自動。 時間も練度もいりません。 ドリンクバー並の手軽さで、お家でプロの味が楽しめちゃいます。 片付け、手入れもすべて自動 自動となるのは、淹れるときだけじゃありません。 なんと片付けまでもが全部自動。 淹れ終わったお豆のカスは、こんな感じでクッキー状に。 1ヶ所に集めてくれるので、溜めてゴミ箱に捨てるだけ。 そして電源操作時にノズルを自動でピッカピカに。 ON、OFFそれぞれでキレイに水洗してくれます。 実は過去に別の全自動コーヒーマシンをつかっていたこともあるんですが、そちらは数回使ってから使わなくなってしまいまして。 と、いうのもほかのマシンは「全自動」とはいうものの「掃除は手動」のものばかり。 僕の以前使っていたものもそのタイプのものでした。 掃除の手間って毎回発生しますし、なんならマシンを使うと洗うパーツが増えて余計に大変。 淹れるところは楽でも、 トータルすると手動で淹れたほうがはやいくらいになってしまって、数回使ってお蔵入りしてしまいました。 手間がない、という点でマグニフィカを超えるマシンはほかにないと思います。 普段の作業は2つのみ と、こんな感じで至れりつくせりのマグニフィカ。 逆に普段やることは?というと、• 水と豆を補充する• ゴミを捨てる の2つのみ。 たった2つのみです! どんなときでもプロの味 1杯1杯手間ひまかけて、手作業で淹れるコーヒーは確かにおいしい。 休日の朝、ハンドドリップで淹れたコーヒーなんて最っ高ですよね。 ですが、平日の朝や作業の合間、あの忙しい時間でもプロのバリスタが淹れたレベルのコーヒーが飲めるとなれば、すばらしいことだと思いませんか? 「 時間と味のトレードオフ」を取っ払ってくれる、それがマグニフィカなんです! 作れるのは1種。 だけじゃない さらにマグニフィカが作れるのは、ただのエスプレッソだけではありません。 カンタン操作でバラエティに富んだカフェメニューを作れちゃいます。 すっきり爽やか「ルンゴ」 「ちょっとエスプレッソは濃すぎる」、そんな人にはルンゴ。 エスプレッソを多めのお湯で抽出したもので、すっきりとしたキレがあります。 via: などなど、カフェでしか食べれなかった本格的なデザートだって、全部お家で味わえます。 淹れたエスプレッソがプロ級なので、料理初心者でも心配なし。 僕でもおいしいアフォガードを作れました。 つい食べすぎちゃうのがたまにきず。 カフェジャポーネ 「ドリップコーヒー好きの日本人にも満足してもらえるコーヒーを」。 イタリアはデロンギの開発者たちの、こんな粋な思いから誕生したのが「カフェジャポーネ」。 エスプレッソをドリップコーヒーっぽく蒸らしながら淹れた、という変わり種で独特の味がします。 ネットの意見では、おいしすぎてほとんどこればかり飲んでる!という人も多かったです。 自分の好みに寄せていく 各メニューのカスタム性がはんぱじゃなく高いのも、マグニフィカの特徴。 挽き具合• 水量 これらもすべて自分好みにできちゃいます。 今日のコーヒーは濃すぎたから、明日は薄くしてみようかな。 時間をかけて飲むタイプだから、温度は高めが嬉しいな。 こんな具合に「 1杯1杯味を見ながら自分好みに寄せていく」。 こんな贅沢ができるのは、お家コーヒーだからこそ。 人に淹れてもらう外のカフェでは、こうはいきませんよね。 しかもすべてが自動なので、調整幅は毎回正確に一定値。 自分の好みドンピシャを、毎度確実にサーブできます。 水の硬度まで設定 なんと自宅の水道水に合わせて「 水の硬度」までも設定可能。 おいしいエスプレッソにかける、職人のこだわりがみえてきます。 いい豆1杯 25円 はじめこそ「パソコンかっ!」ってぐらいの投資を要するマグニフィカですが、使いはじめるとコスパの良さが際立ってきます。 例えば、僕が毎日飲んでいるこちらのコーヒー。 訂正とお詫び 当初「スタバの豆」と記載していましたが、正確には「カークランドの豆をスタバでローストした豆」でした。 お詫びして訂正致します。 マグニフィカを買ってからというもの、僕のコーヒーライフは一変しました。 もちろんたまにはカフェでコーヒーを楽しむこともありますが、「おいしいコーヒー」と言われてパッと頭に浮かぶのが「 自分の家のコーヒー」になったことがマグニフィカを買って1番の変化かなと思います。 量が増えた まず、今まで「飲みたいな」と思っても淹れるのを諦めていたシチュエーションでも、迷わずコーヒーを飲むように。 なんせワンボタンで淹れられますから。 単純に今までの2倍は飲んでるなと思います。 買わなくなった それから、外で缶コーヒーやカップコーヒーを買うことがほとんどなくなりました。 自分好みにカスタムしたお家コーヒーがおいしくておいしくて。 常にタンブラーで持ち歩いているので、買う状況にならないんですね。 特に、を導入してからは買い控えが加速。 いつまでも温かい自分好みのコーヒーを嗜む。 こんな贅沢はありません。

次の

デロンギのマグニフィカS(ECAM23120)の口コミを本気レビュー!全自動のコーヒー・エスプレッソマシンを比較して選んだ理由とは|ギンイズム

デロンギ マグニフィカ

デロンギ マグニフィカ ESAM03110の外観と付属品 まずは外観や付属品などの基本情報を紹介します。 サイズ 幅280mm 奥行425mm 高さ365mm 本体重量 10. 5kg 使用水量 1. 8L 消費電力 1450W パッと見た感じでは、「うぉ!デカッ!」という印象。 ダンボールから取り出したときには、その存在感に圧倒されます。 本体はけっこう重いので、取り扱う際には注意してくださいね! 色は「黒」がおすすめ。 スタイリッシュでかっこよく、まわりの景観を損ねません。 全自動なので、他に用意すべきは「コーヒー豆」と「水」だけ。 ミルクフロッサーもついており、バリスタ顔負けのカフェラテやカプチーノが簡単に作れます。 ミルクメニューを楽しむときは、ミルクジャグも1つあると便利。 リンク デロンギ マグニフィカ ESAM03110はハイスペックコーヒーマシン デロンギ マグニフィカが「最高峰のコーヒーマシン」と呼ばれる理由がこちら。 コーヒーの命である香りを逃がさない• エスプレッソをベースにした豊富なメニュー• 抽出量・豆量も自在に調節可能• 二重構造高性能ミルクフロッサー付き• 豆から挽くと1杯あたり約15円というコスパの良さ 要するに、 高性能なのにコスパが良いということが伝わればOKです。 マシン本体を買うのに約4万円かかりますが、一度買ってしまえば5年、10年とつかえるほどハイスペックなので、余裕でもとが取れます。 中途半端なコーヒーマシンを買うよりは断然お得。 最高峰のコーヒーマシンにふさわしい、最高級のコーヒー豆については、別の記事で紹介しますね。 デロンギ マグニフィカ ESAM03110 レビュー【まとめ】 デロンギ マグニフィカの特徴を簡単にまとめると、• 全自動だから、豆と水を入れるだけでOK。 自動内部洗浄機能でお手入れラクラク• 5年、10年と使えるのでコスパも良い こんな感じですね。 コーヒーマシンの購入・買い替えを検討している人は、チェックしてみてください。

次の

デロンギ マグニフィカS ECAM23120とESAM03110Sを完全徹底レビュー 価格やメリットを紹介

デロンギ マグニフィカ

結局毎日使っています カフェや喫茶店に行く回数が激減 休日はもちろんですが、平日も働き方が自由になってきているので、午前や夕方に家で仕事をすることが多くなりました。 そんな生活スタイルの変化に伴い、デロンギはほぼ毎日使っています。 カフェや喫茶店に行く頻度も激減しました、良い傾向です。 スタバ等でノートPCを長時間使うと、どうしても座りっぱなしになってしまうんですよね。 健康にも悪そうですし、場所代も含まれた高いコーヒーを買わないといけないので。 リモワにこそ でも触れましたが、コスパは抜群。 ブルーボトルやスタバの豆を購入して家で同じ味を楽しめる。 以前は1日2回は外でコーヒーを購入していたけど、いまはリモートワークで家で。 スタバの豆だと約半額。 1ヶ月だと約10,000円、1年だと120,000円。 妻もよく使っているのでそれ以上に還元されているかも。 カフェジャポーネが美味しすぎてほぼそれしか使っていない。。 カフェジャポーネはハンドドリップ風の蒸らし機能で抽出するレギュラーコーヒー。 豆を蒸らして抽出し、さらに豆を二度に分けて挽くことで香り豊かなドリップ風コーヒーを実現。 1杯分を丁寧に作ってくれるこの機能、普通のコーヒーメーカーには出来ない芸当です。 ジャポーネというくらいなので日本の機種にしかない機能。 ヨーロッパではエスプレッソの方がポピュラーですからね。 エスプレッソ系は妻がラテやカプチーノを作って楽しんでいます。 は最もお得にカフェジャポーネを使える機種になっています。 除石灰メンテ:洗浄ボタンに赤い点滅マークが ある日使い終わると洗浄ボタンに赤い点滅マークが。 水に含まれる石灰質が内部に蓄積し故障原因となるのを防ぐアラートのようです。 以下掃除手順です。 除石灰清掃 除石灰剤で洗浄• を準備します。 購入時に付属していた純正品を使用。 給水タンクに除石灰劑と水1リットルを入れる• 赤く点滅する洗浄ボタンを5秒以上押すと洗浄モードスタート• カプチーノ等を作るときに使うミルクフロスターから洗浄液が出て来るのでその下に1. 洗浄が始まり、5分毎くらいにお湯が排出されます。 「給水ランプ」が点灯したら洗浄完了。 給水タンクをよくすすぎ、1. 1年間使用して、初めて石灰除去洗浄を行いました。 30分程度で済むので簡単。 日常使用でのメンテ:洗浄ボタン 抽出口も洗浄していないと詰まってしまいます。 水切れが起こるタイミングで洗浄ボタンを使用しています。 カップを抽出口の下に置いてボタンを押すと洗浄されます。 取説によるとミネラルウォーターより水道水の方が洗浄効果があるらしいです。 冷蔵庫の製氷機も同じですが、塩素による殺菌効果?でしょうか。 ほぼメンテフリーです。 たまに洗浄、1年に1回の石灰除去 複雑な機械のはずなのですが、故障もなく、洗浄も手軽。 本当にバランスが取れた良い製品だと思います。 ただ夏場だけは注意が必要で、カビの発生の原因となるのでコーヒーカスをこまめに捨てることが必要になります。 どうしても蒸れが起こる部分なので、コーヒーカスのケースにアルミ箔を引き、使い終わったらコーヒーカスのケースを外に出して内部の蒸れを防いでいます。 最近使っているグラス 最近コーヒーを飲むのに使っているのがこの。

次の