バサゲーム。 バサトランプゲームのルール・やり方や遊び方や危険理由

バサってどんなトランプゲーム?やってはいけない危険な遊び方やルールも紹介

バサゲーム

「バサ」というカードゲームの存在が話題になっています。 凄まじく面白いとの評判が広がる一方、その全貌を知る人は非常に少ないとも耳にしました。 実在するゲームか否かも怪しいフシがあり、非常に興味をそそられますね。 バサとは一体、どのような遊びなのでしょうか? 詳しく知ること自体が危険!? バサが注目を浴びるに至ったのは、お笑いコンビ「アルコ&ピース」のラジオで取り上げられたことがきっかけのようです。 そちらの内容によると、バサは「トランプゲーム」の一種であり、UNOのような専用カードを使用する遊びではないといいます。 となれば誰でも気軽に楽しむことができそうなものですが、芸人仲間にバサの話題を持ち込んだとされる岡野 陽一氏(元・お笑いコンビ巨匠)いわく、人生を狂わせるほどの面白さをはらんだゲームなので、詳しいルールは知らない方が良いとのこと。 まさに 「危険なほど面白いゲーム」というわけです! そのような背景があって、ゲームの概要をつまびらかにすること自体がタブー視されているのか、バサに関して調べを進めてみても、具体的な情報に行き着くことはできませんでした。 もはや都市伝説的な空恐ろしさがありますよね^^; SNSを通じ、岡野氏に対して詳細を開示するよう求める方々も見受けられますが、何ら返答はないままです。 スポンサーリンク? 本当に「バサ」は実在するの? こうなってくると、どうしても頭に浮かぶのは 「岡野氏による創作説」です。 ウソというよりも、オカルト的要素のある「ネタ」として、架空のカードゲームが仕立て上げられた可能性もゼロではないと感じました。 ところが入念にバサの情報を詮索していくと、2010年ごろには既に話題になっていた形跡が認められるんですよね…。 さすがに10年越しの「仕込み」というのは考えづらいです。 加えて、気になるゲームの内容に関する言及も幾つか見付かりました。 重複する部分もありますが、改めてまとめてみると以下のような具合です。 ・バサには「トランプ」を使用する ・「バサ返し」という恐ろしいルールがある ・大まかなゲームルールは麻雀や大富豪に近い ・非常に面白く、中毒性が高い これより詳しいことは判明しませんでしたね…。 それとは別に、「中東のゲームに、バサとそっくりな遊びがある」との情報も流れていました。 ゲーム名は 「Basra」といい、その起源はギリシャらしいのですが、やはり麻雀や大富豪に似たルールを持つといいます。 名前もバサとよく似ていますよね! のめり込み過ぎる人が続出したため、「レバノンでは政府が介入してプレイを禁止した」という怪情報がある点も気に掛かります。 この「Basra」というゲームが危険性を指摘されながらも密かに日本へ流入し、ローカルルールが加わりながら形を整えていったものが「バサ」という可能性はないでしょうか? ともあれ、岡野氏が何らかの鍵を握っていることは確かだと思うので、ゲームの概要だけでも共有してほしいですよね; スポンサーリンク?

次の

トランプゲーム「バサ」ができる工場の場所は?やり方やルール、危険な理由とは

バサゲーム

それだけ楽しいゲームであるなら世間に広がっていてもいい気がしますが、何と全然広がっていない。 そのあまりの楽しさから家族を失う人が現れたり、中東では中止の規制が入るほどのようです。 実際にハマった芸人たちは、のめり込み過ぎてしまい、みな芸人を辞めてしまうというほどの力を秘めているんだとか!! 「バサ」に関してググっても検索結果は1件のみ。 危険な匂いがしますね。。 一体どんなゲームなのでしょうか? このゲームではスペードの12がヤバイらしいです。 そしてハートの12も重要な役割を果たしているようです。 ギャンブル好きの芸人がハマっているゲームですから、ギャンブルゲームの可能性が高そうですよね。 1000万円も普通借金を作らないですよね?もしかしたらバサで多額の借金を背負ってしまったのかもしれません。。 以下、バサのルールについてネット上に上がっていた物を記載しますが、やるやらないは自己責任でお願いします。 そして、バサは英語翻訳するとバスラになるようです。 が海外版のサイトになっているようです。 また、にもバサのルールらしきサイトがありました。 Google翻訳をすれば中身を見ることができると思いますが、自己責任でお願いします笑。 中東で流行しているゲームですが、レバノンでは政府が介入し、プレイが禁止されていて興味本位で突っ込まない方がいいゲーム、と経験者は述べています。 上記Bastraのウィキペディアのサイトの日本語訳を以下に載せておくので、英語を翻訳するのが面倒な人はご覧下さい! 「ゲーム」 このゲームは52枚のカードデッキを使ってプレイしますが、2人、3人、4人でプレイすることができます。 4人バージョンでは、プレイヤーは1人でプレイすることも、2人のチームでプレイすることもできます。 最初に100点を獲得したチームまたはプレイヤーが勝者となります。 「プレイ」 ディーラーは、各プレイヤーに1枚のカードを配ることから始め、ディーラーの左のプレイヤーから始めて、各プレイヤーが4枚のカードを持つようになります。 その後、ディーラーは4枚のカードをテーブルの中央に置きます。 4枚のカードのうち1枚以上がジャックの場合、ディーラーはジャックをデックの一番下に戻し、デックの一番上から次のカードと入れ替えます。 プレイはディーラーの左隣のプレイヤーから始まり、全てのカードが出揃うまで続きます。 プレイヤーはボードからカードを集めるか、カードを釣り上げることができない場合はボードにカードを追加します。 カードが尽きた後、ディーラーは残りの山札からさらに4枚のカードを各プレイヤーに配ります。 ただし、ディーラーはオープニングハンドのように4枚のカードをボードに配ることはありません。 配られるカードがなくなるまで、ハンドはプレイアウトされます。 2人用バージョンでは各ラウンドに6つのハンドがありますが、3人用バージョンでは各ラウンドに4つのハンドがあり、4人用バージョンでは各ラウンドに3つのハンドがあります。 「スコアリング」 採点は以下の通りです。 数字の値が1のエースはそれぞれ1ポイントの価値があります。 ジャックはそれぞれ1ポイントの価値があります。 クラブの2は2ポイントの価値があります。 ダイヤモンドの10は3ポイントの価値があります。 与えられた手札の中で最も多くのカードを集めたプレイヤーまたはチームには3ポイントが与えられます。 同点の場合、各プレイヤーまたはチームは3ポイントを受け取ります。 ジャックの恩恵を受けずにプレイ中のカードを全て集めたプレイヤーまたはチームは10ポイント、またはバストラを獲得します。 カードの収集 ゲームの目的は、合計カードと様々なポイントの価値があるカードを集めることです。 カードの集め方は以下の通りです。 ペアリング。 例:7は7を取り、キングはキングを取り、6は6を2枚取りなど。 複数のカードは、カードの数字の値を足し合わせて集めることができます。 例えば、ボードには2、エース、5、4が表示されています。 プレーヤーは、同じ和の組み合わせを集めることもできます。 ペアリングと組み合わせ。 ペアリングとコンビネーション:ペアリングとコンビネーションでカードを取ることは、同じプレイでも起こりえます。 最後の手札には、未回収のカードがボード上に残っていることがよくあります。 これらのカードは、最後にカードを集めたプレイヤーやチームに与えられます。 「ジャック」 ジャックは、ボード上のすべてのカードを集めることができるので、最も強力なカードです。 しかし、ジャックが空のボードにプレイされた場合、ジャックは失われ、プレイヤーの誰かがジャックを回収できるまでプレイされたままになります。 「バスラ」 バスラは10点の価値があるので、このゲームで最も重要な得点プレイである。 バスラはプレイヤーがジャックの恩恵を受けずにボードをクリアすることに成功した場合に発生します。 例えば、盤面に7が表示されていて、プレイヤーが別の7でそれを回収した場合、そのプレイヤーまたはチームは10ポイントを受け取ることになります。 別のシナリオでは、盤面に3と2が表示されていて、プレイヤーがそれらを5と一緒に集めた場合、そのプレイヤーまたはチームも10ポイントを獲得します。 ジャックが単独でジャックを取った場合は、バスラは与えられません。 「集めたカードの配置」 プレーヤーは集めたカードをテーブルの自分の位置の近くに置きます。 バストラを記録するには、プレイヤーはバストラのカードを表向きにして、プレイヤーの集めたカードの山からはみ出して置きます。 ディーラーは、混乱を避けるために、集めたカードをデックから遠ざけるように注意しなければなりません。 ハンドが終わるまで、プレイヤーは自分の集めたカードを見てはいけません。 ハンドの終了時に、プレイヤーは自分のカードとポイントの合計を数えます。 「ゲーム終了」 1人のプレイヤーまたはチームが100点に達した時点でゲームは終了します。 まれに同点の場合 2人のプレイヤーまたはチームが100点を超えても終了する場合 には、プレイヤー同士の合意によって決定される様々な同点打開方法があります。 引き分けとすることもできますし、同点になるまで延長戦を行うこともできます。 または、プレイヤーは一定のポイント数(20、30、50)までゲームを延長することができます。

次の

バサという謎のトランプゲームのルールは?アルコ&ピースのラジオで話題!【アルピーdcg】

バサゲーム

禁断?のカードゲーム『バサ』とは何か? 「やりすぎ」内で語られた内容や、その他噂されていることをまとめると、バサの特徴とは以下のものがあげられます。 ・「バサラ」というカードゲームから派生した ・UNO(ウノ)と麻雀を足して2で割ったようなゲーム性 ・上がる時に「バサー!」とコールする ・「バサ返し」が怖くて「バサ」で上がることが怖くなる ・スペードの12は最強 ・ハートの12はスペードの12の対策になる ・大金をかけるギャンブルに多用されてきた ・大借金を抱えてしまったり、廃人となる人もいる ・レバノンでは政府が介入しプレー自体が禁止されている どうも、ゲーム性は普通に面白いというだけで危ないところは無さそうです。 ただ、「お金をかける」と途端に危険度が増し、身を崩す人が続出した、というのが中東で非合法認定された経緯のようです。 イスラムはもともとギャンブル禁止ですからね。 しかしゲーム自体を禁止してしまうとは、やはりゲームが持つ中毒性も強いのでしょうね・・・。 『バサ』のルール説明 危ないイメージが先行してしまっていますが、「バサ」自体は手軽で面白いカードゲームです。 わかりやすく解説してくれている動画があったのでご紹介します。 そしてそれプラス、地域によって独自のルールが付け加えられることがほとんど。 日本の遊びも同じ事が言えますね。 上記のイエメン型は最もベーシックなもので、とりあえずこのルールを把握しておけば「バサ」をプレーするのに支障はないでしょう。 「やりすぎ」で語られていた「バサ返し」も、ローカルルールの一つと言えます。 バサ返しについての詳細は調べても出てきませんでしたが、似たようなルールとして、カードゲーム「ページワン」における「ドボン返し」があります。 ドボンによる上がりは最終的に勝利者を確定するものではない。 ドボンされたプレイヤーの残った複数の手札の合計が、ドボンされたのと同じ数だった場合、ドボンを「返す」ことができる。 これをドボン返し、と呼ぶ。 (参考:Wikipedia) このドボン返しのルールを変形させてバサにも取り入れたのではないでしょうか。 「やりすぎ」内では、地域によって2倍、3倍、4倍となって跳ね返ると語られており、一度のバサ返しで最大20ポイントが相手に入ってしまうことに・・・。 これは、おいそれと「バサー!」とは言えませんね。

次の