プリテンダー 意味。 Pretender/ヒゲダン 【歌詞の意味・解釈】

「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

プリテンダー 意味

1, 5 です。 私が引用したこのページの筆者は、ある時期以降のThe Pretendersの活動をそれほど評価していないように見受けられます。 そして、「Chrissie Hyndeのキャリアは必ずしも上昇曲線を描いてきているわけではない」ことの理由として、「The Pretenders はもはや実際に活動しているバンドというよりは(the Pretenders are no longer a real working band)、Hendeの歌のためのバックアップミュージシャンとしてむしろ機能しているという事実に多分よるものである」と述べています。 実際には、The Pretenders の名義で2003年にもまだ曲を出していますので、上記のことは形式上のバンドの形態を言っているのではなく、この筆者の視点からのバンドの中味のことを言っているのだと思われます。 私自身は、1981年頃までしかこのバンドを聴いてませんでしたので、このページの筆者の言説がどれほど妥当な門であるのかは判断できませんが。 Q ナット・キング・コールが歌っている「プリテンド(Pretend 」という曲があります。 この曲を亡き父が口ずさんでいたのを記憶しています。 日本語の歌詞で「恋というものはいつか心に花咲くものよ・・・」と。 その箇所しか覚えていません。 YouTubuで色々検索してみましたところ、 唯一、美空ひばりの日本語バージョンがありましたが歌詞が違います。 youtube. 悲しいときには笑顔忘れずに、笑顔は幸せに続く道よ。 いつか芽生える、あなたの胸に素敵な愛が、素敵な恋が。 切ないときには、そっと目を閉じて歌を歌えばこの世はあなたのもの。 ======= 「いつか芽生える・・・」の箇所が「恋というものは・・・」の、ように思うのですが? 歌っていた歌手は江利チエミのようにも思えるのですが? どなたか、「恋というものは・・・」の歌詞をご存知の方が おられたらお教えいただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。 ナット・キング・コールが歌っている「プリテンド(Pretend 」という曲があります。 この曲を亡き父が口ずさんでいたのを記憶しています。 日本語の歌詞で「恋というものはいつか心に花咲くものよ・・・」と。 その箇所しか覚えていません。 YouTubuで色々検索してみましたところ、 唯一、美空ひばりの日本語バージョンがありましたが歌詞が違います。 youtube. 悲しいときには笑顔忘れずに、笑顔... A ベストアンサー プリテンド。 懐かしい曲ですし今でも当時の曲は保存しているので何時も聞いています。 1952年にナット・コールをキングに押し上げた大ヒット曲ですね。 当時、ラジオのリクエスト番組には何時も何時も、プリテンドが・・。 お尋ねの歌詞、確かに覚えがあります。 記憶は定かではありませんが仰るとおり、江里チエミ、雪村いずみが歌っていたと思います。 日本の歌手のオリジナルは柳沢真一。 笈田敏夫もペギー葉山も歌っていましたね。 おそらくビンボー・ダナオもジエームス繁田も歌っていたかもしれません。 美空ひばりが確かに一連のアメリカンPOPを歌っていたのは知っていますがこのプリテンドを歌っていたのは存じ上げません。 歌詞が違うと言う事、歌手によって訳詩を変えて歌うと云う事はよく有ります。 黄泉の国にいらっしゃるお父上が何時も口ずさんでおられた一節はおそらく、江里チエミが歌っていたプリテンドの一節でしょう。 ただ、彼女の場合英語(進駐軍のキャンプを回っていたので英語の歌詞のほうが達者だった)の歌詞のほうがぴったり来るので、色々歌っていてもアメリカンPOP曲では日本語の歌詞はごく一部分のみ、さわりの部分を歌っていたと記憶しています。 (もう二,三節日本語があったかも) お父上はその後の歌詞を英語で歌ってらっしゃいませんでしたか? 私たちの年代はジャズ全盛時代、(アーティストが続々日本へ来た時代、食べるものも食べずその金を上京して聞きに行った時代です。 一番しびれたのはグレン・ミラー楽団)アメリカンPOP全盛時代の昭和20年代後半に青春を謳歌していますので、今でも多くの級友達はこれに加えタンゴですかね。 多分お父上もそうであったのでしょうね。 口から出てくるのは何時も当時の曲ですし、プリテンドは今でもきちんと歌えます。 (英語で) お役に立てなくてすみません。 プリテンド。 懐かしい曲ですし今でも当時の曲は保存しているので何時も聞いています。 1952年にナット・コールをキングに押し上げた大ヒット曲ですね。 当時、ラジオのリクエスト番組には何時も何時も、プリテンドが・・。 お尋ねの歌詞、確かに覚えがあります。 記憶は定かではありませんが仰るとおり、江里チエミ、雪村いずみが歌っていたと思います。 日本の歌手のオリジナルは柳沢真一。 笈田敏夫もペギー葉山も歌っていましたね。 おそらくビンボー・ダナオもジエームス繁田も歌っていたかもしれませ...

次の

【Official髭男dism】pretenderの読み方はプリテンダーとプレテンダーどっちなの?

プリテンダー 意味

The Great Pretender - The PlattersとFreddie solo の2つ 和訳 ザ・プラターズの「グレート・プリテンダー」ですが、後半ではフレディー・マーキュリー版も和訳しました。 歌い方次第で、雰囲気も和訳も変わるのは不思議。 プラターズ版と比べてみてはいかがでしょうか。 管理人のねこあるきは、クイーンを聴くよりずーっと前に、プラターズのとりこになり、かと言って収集できる余裕もなく、ひたすら同じものを聴き続けた懐かしい過去があります。 初めてプラターズの公演を見に行ったときは、ハーブ・リードが歌う「16トン "sixteen tons"」の重低音に、痺れる想いをしたものでした。 ハーブは2012年に亡くなっているのですね。 実に惜しい。 でも、誰もそれを知るすべもない Oh oh, yes I'm the great pretender 分かっている、僕はとんだ食わせ者 Adrift in a world of my own 自分だけの世界を漂って I've played the game but to my real shame 上辺だけの駆け引きを楽しんでいたつもりなのに 待っていた現実は落胆だった You've left me to grieve all alone 君が僕の元を去ってから、ぽつんと独り悲嘆に暮れる Too real is this feeling of make believe 本当に起こった事実は、否応なしに信じなきゃいけない Too real when I feel what my heart can't conceal ときに現実は、僕の本音を隠し切れなくする Yes I'm the great pretender いいよ、成りすましで結構じゃないか Just laughin' and gay like a clown 道化師のように、明るく笑おう I seem to be what I'm not, you see 本音がどうであろうと、僕は見た目通り I'm wearing my heart like a crown 泣きそうな心を無理に装って 王冠を乗せたかのように、華やかに Pretending that you're still around 君がまだ、傍にいる様に振舞っていないと 僕はダメになりそうだけど Too real is this feeling of make believe どうあっても事実を受け入れなきゃいけない Too real when I feel what my heart can't conceal ときに現実は、どう取り繕っても僕の本音をむき出しにするんだね Yes I'm the great pretender 分かってる、僕は強がりが過ぎるだけの男 Just laughin' and gay like the clown いくらでもお道化て、笑っていよう I seem to be what I'm not, you see 僕が何を思っていようといまいと、見たままさ I'm wearing my heart like a crown 今にも消えそうな心に、宝飾の王冠を乗せて 煌びやかに見せよう Pretending that you're still around 君がまだ、僕のそばにいると、自分に思い込ませて Still around 以上です。 顔で笑って、心で泣いて。 リードボーカルのトニーも、コーラスのメンバーも笑みを浮かべ、楽し気に歌う姿がこの曲の雰囲気にマッチしてすごく良いです。 フレディーがカバーしたときは、オラついたオーバーアクション、ドラァグクイーンの格好、ねこあるきの脳内はプラターズに染まっていただけに「この名曲になんてことを!」とわなないたのも、今は昔。 フレディーならやりそう、というところで落ち着きました。 ここから、フレディー版の和訳です。 なんだか「」が極限まできてしまった様に感じます。 おまけ。 フレディー版のPVメイキングと、登場する ドラァグ・クイーンたちの紹介です。 なんだかんだ楽しんでいるご様子。 ボーン・トゥ・ラブ・ユーのNGシーンも少し入っています。

次の

Pretender

プリテンダー 意味

Pretenderとシュタゲ(シュタインズゲート)の共通点を考察 歌詞の意味とシュタゲのストーリーがリンクしている Pretenderの歌詞とシュタゲにはかなり共通点があります。 まず一番にハッとするであろう箇所はここ。 この言葉、シュタゲを見ている人ならハッとする言葉だと思います。 しかも歌詞の中では 「出会える世界線 選べたらよかった」と歌っています。 これはシュタゲの中で主人公・岡部倫太郎が、ヒロイン・牧瀬紅莉栖が死んでしまう世界線からどうしても抜け出せず、救うことを諦める描写とモロにリンクします。 (幼馴染・マユリの命を救うためには、紅莉栖が死ぬ世界線に留まるしかなかった) 次にシュタゲとリンクするのは2番のこの歌詞。 グッバイ 繋いだ手の向こうにエンドライン 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 出典: 紅莉栖とせっかく気持ちが通じ合ったのに、その向こうにはエンドライン(終わり)がある。 何度タイムリープして終わりを引き伸ばしたって、心の奥底で選ぶしかないと分かっている未来、そこに紅莉栖はいない。 その事実が泣きたいほど苦しい。 出展 Pretenderのジャケット Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 正直「完全に一致」ですよね。 この時点で、絶対シュタゲのこと意識してるな、と思いました! Official髭男dism藤原はシュタゲの大ファンだった! これまでの共通点でなんとなとくはわかっていましたが、Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンのようです! Pretenderリリースに際してのインタビューでこのように語っていました。 藤原「ちなみにPretenderの中で<世界線>という単語を使っているんですけれども、僕は「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」というアニメの大ファンでして、このフレーズはそこからインスピレーションを受けたところもあります。 そのアニメはタイムトラベルをする話で、世界線というものが並んでいて、もしもこうなっていたら、次はこうなっていたという前提で進んでいく世界というものがあるんですね。 それで「シュタインズゲート」の中では、主人公がその<世界線>を越えて、世界を変えたいという思いで奮闘していくんです。 だから僕にとって<世界線>という言葉はとてもロマンチックなもので大好きな言葉なんです。 」 出典 この<世界線>という言葉のロマンチックさ、楽曲によーーく現れている気がしますよね。 ちょっと悲しげで、でもロマンチックな感じというか。 個人的にはすごくシュタゲが見返したくなってしまいました(笑) ジャケットの052519の数字の意味 Travelerにも登場 pretenderのジャケットはシュタゲのダイバージェンスメーターだという話を先程しましたが、ジャケットには「052519」という数字が並んでいます。 (アルバムTravelerにもpretenderの前奏として052519という曲が挿入されていました) Pretenderの歌詞とかジャケットから予測するに髭男って絶対シュタゲ好きよな — okatai ishimoto5837 この意味についても藤原さんがインタビューにて語っていました。 52519>なのでまだほど遠いですね(笑)。 」 出典 この数値もシュタゲの世界線変動に習ってつけたものだったんですね。 52519 052519 」がジャケットには描かれているということのようです。 君ともっと違う設定で、関係で、出会いたかったという気持ちがジャケットにまで表現されていたとは・・・エモすぎます。 まとめ 今回の記事をまとめると、• Pretenderの歌詞にはシュタゲとリンクしている部分が多数ある• Pretenderのジェケットには、シュタゲに登場したダイバージェンス・メーターが使われている• Official髭男dismの藤原さんはシュタゲの大ファンだったことがインタビューから判明した!• 52519 052519 」という意味が込められている という結論でした!.

次の